« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

かみちゅ! 第1話

水曜日ー。

先週・今週と、最終回を迎えるアニメが多くなってきましたねー。さらに新番組もそろそろ始まる時期になってきて、これから本格的に忙しくなりますなー(^^;;

ってなわけで、今日は他にネタもないので早速アニメ感想に行きましょー。
新番「かみちゅ!」を含む、月曜・火曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 13話

トーマとオトハのキスは萌えない・・・(笑)

堕天使族の羽根を奪還するべく、ディーバ基地へ攻撃を仕掛けてきたトーマオトハアポロたちが乗ったアクエリオンがコレに対抗するんだけど、なんとトーマはアポロの親友であるバロンを連れてきてました(^^;;

バロンを助けようとするアポロは、基地を覆うように張られていたバリアを壊してしまうんだけど、不動がこれを肯定したのでコレはコレでOKなのかな? ま、確かに友を思わないヤツはいらないよなー(笑)
なんとかバロンを助け出したまではよかったんだけど、バロンが入れられていた檻は爆弾が仕掛けられていて、バロン・・・あっけなくアボーンしてしまいました(^^;;

コレに切れたアポロは、貼り付けられたアクエリオンの両腕を引きちぎり、足らない部分を他の機体で補って、トーマに襲いかかるんだけど、肝心のトーマはさくっと逃げ出しちゃって、目的である羽根の元へ向かってしまいました(笑)

それを見たアポロとシルヴィアは、身一つで追うんだけど・・・そんなコト出来たのかー(笑)!! 一人取り残されたピエールは合体も解けちゃって、ちょっと哀れでした(^^;;
でも、すぐに麗花つぐみが駆け付けて、さらに合体までしちゃったから、実は美味しかったのかも(笑)

トーマは羽根の在処まですぐに辿り着いて、それを追ったアポロもすぐに追いつくんだけど、猪突猛進なアポロはトーマに弾かれて身動きが取れなくなってしまう。その間、シリウスシルヴィアも駆け付けるんだけど、やっぱりトーマにやられて身動きが出来なくなっいます(^^;;
アポロはなんとか自力で動けるようになったんだけど、またすぐ捕まっちゃって・・・。そんなアポロにトーマは、バロンを生き返らせる代わりにシリウスとシルヴィアを生け贄に出せなんて言い出すんだけど、これをあっさり拒否するアポロは格好良かったよー♪

でも、ここでシリウス・シルヴィア兄妹の正体が判明。この兄妹はセリアンとアポロニアスの子孫だったんですねー!! って、バレバレだと思うんですけど(^^;;
しかも、人間じゃないって言っても半分は人間の血が流れてるんだし・・別に卑下するようなコトじゃないと思うんだけどなぁ。。。

とりあえず、ココでトーマは退場。目的の羽根は消滅させたから長居する必要は無いんですよね。ピエールたちの乗ったアクエリオンにやられたオトハと合流して立ち去るんだけど、ディーバとしてはなかなか手痛い被害でしたねー(^^;;;

今回は前半の山場だけあって、いろいろと見所は多かったし面白かったですねー。アポロが結構良いヤツなのが好印象だし、シルヴィアも可愛い♪

これは後半も期待かもー(^^)v
 
 
 
☆ 「勇者王ガオガイガーFINAL -GGG-」 13話(最終回)

最後まで熱かった・・・・。

OVAとして発売されたモノに、オリジナル要素を含んで再編集された今作。初めの数話はがんばって感想を書いてたんだけど、よくよく考えたらウチはTVシリーズはもちろん、OVAも見てないんですよねー(笑)
なので、話の半分も分からなくて感想も途中で書くのを断念したんだけど、放送だけは見続けてました。

3重連太陽系でのソール11遊星主との戦いをメインに描いていた今シリーズなんだけど、、、何度戦ってもすぐに敵は復活するし、毎回毎回負けてばっかりで、ちょっと逆転したと思ったら、またすぐに復活されて窮地に立たされる展開には、ちょっと萎え
さらにベターマンとか出てきちゃって話はより一層分かりにくくなるし、やっぱり原作を知らない身にはかなり辛いモノでした。

それでも見続けていられたのは、要所要所で活躍する勇者ロボたちが格好良かったから。やっぱり戦闘シーンは見応えあるし、凱の熱い魂はカッコイイ♪
ラストも、きちんと決着を付けて平和を取り戻した・・までは良いんだけど、大人たちが帰還出来ないのはちょっと可哀想だったかも(^^;;

総合評価=65点

多分、TVシリーズを見ていたら違った評価になるんだろうけど、今作しか見てないウチにはやはり荷が重かったようです。感動するポイントが分からなかった(^^;;
機会があったらTVシリーズも見たいんだけど、今のペースだと旧作を見る余裕はほとんどないから、いつになることやら・・・。

情けない評価でスミマセンでした(^^;;
 
 
 
☆ 「こみっくパーティーRevolution」 13話(最終回)

瑞希のヌード、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

って、黒瑞希じゃん(^^;; しかも肝心なトコは全然見えてないしー(笑)

ってなわけで、「こみパR」も今回で最終回。一体どんな最終話かと期待してみたんだけど・・・、なるほど、そう来ましたかー(^^;;

冒頭、和樹が今度の春こみパになることが決定。それをさんに告げられるんだけど、喜んだのもつかの間で回りのみんなから期待される分、未だかつて無いプレッシャーに襲われる和樹。
そんな和樹に近づくが2つ。1つはもちろん瑞希なんだけど、もう1つの影も・・・瑞希? いつもと違う服装の瑞希は声まで違っちゃってて、なんだか雰囲気も違う。そんな「瑞希とは違う何か」に和樹は徐々に傾倒していってしまい、ヌードを描くことになるんだけど、どうやらこの黒瑞希は和樹に同人じゃなくちゃんとした絵画の道を歩ませようとしてるようですなぁ。。。

和樹も和樹で、そんな黒瑞希の言うことを真に受けて同人の原稿はほとんど手つかず。そんな和樹を心配していつもの仲間が和樹のアパートまで押しかけるんだけど、この辺からなにやらどうも妙な雰囲気になってきました(^^;;
どうやら、和樹が見ている黒瑞希は現実には存在せず、壁への強烈なプレッシャーから和樹が生み出した幻影だったのですねー。そこに本物の瑞希が窓を破って登場!! しかもカードマスターピーチの早着替えも披露しての登場ですよー(笑)

カードマスターピーチに扮した瑞希が黒瑞希と対峙するんだけど、思いの外黒瑞希のパワーは強力で苦戦を強いられる瑞希。そんな時、大志が現れて和樹にカツを入れるんだけど、、あれってカツになるのかな(笑)?
でもまぁ、それで正気を取り戻した和樹。黒瑞希のパワーも落ちてきて、これで一気にケリが付きましたー♪

春こみパ当日。原稿も無事上がって壁スペースで瑞希と一緒に同人の売り子をする和樹はホントシアワセそうでした(^^)v
って、ラストに「To be continued...」ってなってたけど、まだまだ続くのかー(笑)?

総合評価=80点

初めの4話はOVAで発売されたモノの再編集版。残りの9話は完全オリジナルという、珍しい放映形態だったこの作品。オリジナルがOVAの出来にどれだけ肉薄出来るかがになってたと思うんだけど、残りの9話もOVAとそれほど変わらないクオリティで見せてくれたのは嬉しかったなー。特に予算のないアニメだと極端にクオリティが落ちることが多いんだけど、最小限のダウンで済んでいたのには好印象ですねー。

シナリオの方も、各話が独立した話になっていてバラエティ豊か。「GA」ばりの投げっぱなしも見せてくれたし、こういうノリが大好きな自分にはツボでした。元々こみパ好きだったし、期待したとおりの出来で大満足です♪

さーて、DVD予約してくるかー(笑)
 
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 13話

サイトーに命令する少佐、格好良すぎーーー!!
タチコマもラブリーーー!!!

今回はサイトーの過去話。大統領の警護を引き続き続行してる9課なんだけど、サイトーは空き時間に新入りを交えて賭けポーカーに興じる。一人勝ちするサイトーにタチコマが「なんでサイトーさんだけ勝つの?」と尋ねると、サイトーは自らの過去を話し始める。

傭兵だったサイトーはメキシコで反政府軍に雇われていたんだけど、戦局は国連軍に傾いていて引くには潮時。そんな時に国連特殊部隊が戦術核を持ち込んだという情報が入り、逆転の手段としてその核を奪取することを計画。

って、特殊部隊にいるのは、少佐イシカワバトーじゃないかーーー!!
若き日の3人がなんか凄く新鮮で、よかったですー♪

戦いは、サイトーの正確な射撃と、それを手がかりにサイトーの居場所を推測する少佐の駆け引きになるんだけど、追いつめられたのはサイトーの方。いよいよ少佐と対峙した時、サイトーは自分の負けを確信しながらも最後の賭けに出たんだけど・・・やっぱり少佐には敵いませんねー(^^;; そして少佐はひと言。

私の部下になれ

くぅーーー、カッコイイーーーー!!!
やっぱ少佐は最高です♪

ってなわけで、今のサイトーがあるってコトですな。ポーカーが強いのも、少佐との心理戦を生き抜いた自信から来るんでしょうね。

っとと、、次回はもしかしてタチコマ祭り!? OVA通りなら15話「機械たちの午後 PAT.」ってコトになるんだけど・・・お願いだから飛ばさないでくれーーー(笑)!!
 
 
 
☆ 「かみちゅ!」 1話

ゆりえ台風が可愛かったw

今期最初の新番組ですー。あの「R.O.D」スタッフが手がけるっていうこともあり、結構期待してました。といっても、原作は知らないし、どんな話なのかも公式HPだけではイマイチ分かりにくかったので、全ては1話を見てから。。と思っていたんですが・・・。

その1話が凄かった(笑)!

冒頭で唐突に「私、神様になっちゃった」ですよ(^^;; なんの事前説明も無いまま、いきなりネタばらしから来るなんて、思ってもみなかったので結構ショックでした(笑) さらに、動きまくる作画にスゲー細かい演技付け。このクオリティって劇場レベルじゃないですか・・(;^_^A アセアセ…

話の方は、そのままの雰囲気でトコトコと進み、神社の娘とか主人公の憧れの少年とかも、初回から一気に登場。主要メンバーを一気に1話で出してくるとは、なかなか気っぷが良いですねー。
台風のシーンは「うしおととら」かと思ったけど、あれはあれでファンタジー色が強く出ていてよかったかな?

とにかく世界観がまだ全然分からないんだけど、雰囲気は悪くないと思います。神様がフツウにいる世界で、突如神様になってしまった少女。それを取り巻く人々の生活がこれから描かれていくんだろうけど、この初回の雰囲気からして、公式HPに書いてあるような「痛快アクションコメディ」にホントになるのかなぁ(笑)? 「痛快アクションコメディ」というなら、もっとスピード感溢れる演出の方がいいのでは・・(;^_^A アセアセ…

初回評価=75点

作画は一級品。細かい演技付けは、こだわりの舛成監督らしい演出でした。キャラも結構愛らしくて可愛い(キャラ原案である羽音さんの雰囲気はまるでなくなってるけどw)し、設定も目新しくて良い感じ。。。なんだけど、やっぱり説明不足の感が否めないですねー。そりゃ、初回から何でもかんでも説明しろとは言わないけど、よく分からない分微妙な空気が流れてしまってる感じでした(^^;;

でも、これから先への期待感は十分にありますよー。あの作画が最後まで持つとは考えにくいけど、倉田さんのシナリオだしねー♪

ってなわけで、今後も鋭意視聴していきますよー!!
感想も書くと思います♪

先週まで悲しい思いをした時間帯だけに、今期はシアワセな思いをさせてください(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

ドラマCD「AIR」発売決定!!

月曜日ー。

風邪は・・・相変わらず。良くもならず悪くもならず・・ただ少し熱が出てきたかも(^^;;<微熱だけどね。

ウチは普段「秀丸エディタ」っていうテキストエディタを使って、このblogの文章を書いてるんだけど、さっき「まほらば」の感想を書いてる時に落ちやがりました(T_T)
滅多に落ちることのない(っていうか、今まで文章書き中に落ちたことはなかった)エディタだから、安心してたのに・・・_| ̄|○

なので、一から書き直しをしていたらこんな時間になっちゃいました。風邪、当分治りそうにないかも・・・(;^_^A アセアセ…

今日はニュースが一つ。

ドラマCD「AIR」発売決定!!

決定!!って、発売自体はもっと前から決まってたのかな? ちょっと情報が無くていつ発売が決まったのかよく分かりませんでした(^^;;<6/22〜23日あたり?
販売もアニメイトTV通販のみなのか、他店でも扱うのかもよく分かりませんが、とりあえず現時点ではアニメイト通販(店舗売りもあるだろうけど)のみでしか紹介されてないようです。<amazonには無かった。

まぁ、別にアニメイトで買うことは全然いいんですよ。いつもメイトで買ってるしねーw
問題なのはその枚数。1枚3000円で9枚発売、しかも3枚同時発売・・・って、いきなり9k飛ぶのかーーー(;^_^A アセアセ…

この夏はただでさえ1マソもする劇場版「AIR」のDVDも出るのに、この出費はイタイかも・・・。でも、買うんだけどねー(爆)

とりあえず、今度のメイト行脚の時に店舗でも予約出来るか確認してこよっと♪
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
書き直して若干短めになった日曜分をどうぞ♪
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「まほらば 〜Heartful days〜」 25・26話(最終回)

いよいよ最終回ですー。最終回は1時間SPの2話一挙放送!! これで期待するなって方が無理ですよねー♪

まずは25話から。

前回、白鳥クンの事故の一報を聞いて倒れてしまったちゃん。意識が戻ったのは良いんだけど、何故か他の人格が入れ替わり立ち替わり出てきて、肝心の梢ちゃんには一向に戻る気配はない。梢ちゃんの身を案じた白鳥クンは学校にも行かずに付きっきりでいるんだけど、ちゃんの方は部屋に閉じこもったきりで出てこない(^^;;

やっと出てきた珠ちゃんは、なにかを思い詰めたような雰囲気で白鳥クンに詰め寄ります。ここで珠ちゃんは梢ちゃんへの想いを白鳥クンにぶちまけるんだけど、その想いは凄く深くて痛烈なモノ。それを受けた白鳥クンは、意外にもあっさりとそれを受け入れてなお、自分も梢ちゃんを守り抜くと宣言し、珠ちゃんはそれを聞いて自分の負けを痛感するんだけど、、、別に勝った負けたじゃないような・・(笑)

って、このシーンは原作でもあったんだけど、アニメの方は幾分マイルドになってますねー。ま、多重人格って設定を使えない分仕方ないのかな?

傷心の珠ちゃんは一人寂しく洗面所で伏せてるんだけど、そこに通りがかったさんが珠ちゃんを慰めてあげる。くー、やっぱ桃さん最高ーーー!!!

白鳥クンは、梢ちゃんを喜ばす宣言をしたまでは良かったんだけど、その方法を思案してるんだけど、いきなり良い方法が浮かぶわけが・・・って、浮かんじゃったよ(笑) そう、絵本を見せてあげることを思いついたのですー!!

で、そのまま最終話

白鳥クンが思いついたストーリーは、今まで何度も出てきた「うめぼし姫」。ここで今までの伏線が生きてくるわけですねー。ある程度物語を仕上げてから、梢ちゃん(早紀ちゃんだったり、魚ちゃんだったり、千百合ちゃんだったり、なっちゃんだったりするけどw)に見せて聞かせてあげるんだけど、ころころと人格が入れ替わる梢ちゃんは見ていて楽しかったですー♪

そして、作ったトコを見せ終わるんだけど、まだまだ話は未完結。さすがにこのままじゃ終われない・・・と、梢ちゃんからアイデアを貰ったりして、徐々に話が完結に近づいていくんだけど、仲間が増えたり、王子様が出てきたり、洪水に巻き込まれたりと、なかなか波瀾万丈な物語です(笑)

そして、物語のラスト

現実の梢ちゃんと同じように、うめぼし姫も5人のウチ1人だけ目が覚めない。そこで王子様が目覚めのキスをして、最後のうめぼし姫を目覚めさせるんだけど、その話を聞いた梢ちゃんも、、、復活!! やっと5人が揃いましたー♪

そして、梢ちゃんの誕生日。今まで出てきたキャラが総出で誕生パーティを開くんだけど、もうこのほのぼの感は最高ですねー。みんなニコニコ、ハッピーエンドって大好きですー(笑)

「うめぼし姫」の後半部分からずっとしながら見てました。白鳥クンの頑張りとか遠くで見守ってる鳴滝荘の面々のココロ優しさとかが凄く素直に伝わってきて、もう泣かずにはいられない。
結局別離フラグの立っていたさんも灰原さん(最後はちょっと格好良すぎw?)も、そのまま残ることになったし、黒崎親子水無月家と仲良しになったし・・・で、もう万々歳ですよねー。白鳥クンの告白シーンはやらなくて正解だったかも(笑)

総合評価=80点

原作を見事にアニメ化しましたねー。アニメ化にあたって若干の設定変更があったけど、それも危惧したほど影響してなかったし、なにより全編に流れるのほほんとした空気が最高でした♪ ほのぼの、のほほん、まったり、、ってな雰囲気がこのアニメの総括かも(笑)

うん、面白かったですー♪
 
 
 
☆ 「こいこい7」 13話(最終回)

最後の最後までバカアニメでしたー!!!<褒めてるんだよw

冒頭で、前回の続きが流れるんだけど・・・敵の手に落ちたヤヨイが羽根を広げ叫んだ後に出てきたのは、哲朗の母親

って、タイトルコールの後に事態は一変してますよー!!

なんかいきなり南の島にいるこいこいメンバー。何故か前回敵役だった白いのと黒いのも一緒だし、さらに謎なのが山田さんと佐藤さんまで一緒に居るんだよね(^^;;
そこにいつもの如くミヤ様率いる五光会メンバーも現れて、またいつものようにバトルってますよ(;^_^A アセアセ…
今回のミヤ様はヤマトパロ。最後の最後までいつものノリを貫いてました(笑)

さらに温泉まで出てきて、みんな全裸(チクビないけどw)になって入浴シーンですかー。さらにさらに、そのまま全裸(チクビないけどw)で五光会との最終決戦!! みんな裸(チクビないけどw)で何やってるんだよーーーー(爆)!!

結局、哲朗パパン哲朗ママンの謎も解けぬまま、五光会がいつものようにこいこい7にやられて終わっちゃったんだけど・・・・、こんなラストで良いのでしょうか?

いや、いーーーんです!! by 川平慈英w

この投げっぱなし感こそ、こいこいクオリティ!!
このバカパロ感こそ、こいこいクオリティ!!
この無駄なエロ描写こそ、こいこいクオリティ!!

前回の感想で、シリアスのまま終わったら寂しい・・とか書いたけど、なんか願いが届いた感じでスゲー嬉しかったですよー(笑) ウチが見たかった「こいこい」がそこにありました♪

総合評価=70点

最後までバカを貫き通したスタッフに感謝作画とかシナリオ構成とかそんなコトはもうどうでも良くて、1クールをバカパロエロくないエロ勢いだけで乗り切るパワーにただただ脱帽。なんかもう評価の次元を越えてます(^^;;

決して良作でもないし、人様に進める作品でもないんだけど、点数だけは好評価なのには理由なんてありません。ただ好きなだけですw

あ、あと、、、最後まで百合を貫き通した山田さんと佐藤さんにを捧げますー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.27

ジゴロウ&おねてぃ桟橋、存続危機!!

日曜日ー。

風邪は相変わらずな感じです(^^;; といっても、別にはないしそれほど酷くないんだけど、がいたい・・・。喉スプレー常備でなんとか乗り切ってるんだけど、煙草は止められませんw
あと部屋の温度調節が難しいんですよねー。扇風機だけだと暑いし、クーラー付けると寒いし(笑) クーラーも28度とかに設定してるんだけど、それでも寒いんだよねー。むぅ・・どうにかならんものかのう。。。
 
 
ま、それはいいとして、今日はニュースが1つ。

☆ 「『saku saku』からジゴロウが消える・・・
リンクは2ch、dat落ちしてたらスマソ(^^;;

長年『saku saku』のメインパーソナリティを務めてきたジゴロウが、7/1の放送をもって姿を消すようです・・・。公式サイトの告知で明らかになったこの事態。どうやら著作権トラブルが背景にあるようですなぁ・・。
それでも、デザイナー会社dice-kのblogではこんなコトも書かれてるし、何がなんだか良くわかりません(^^;;

今調べてみたら、商標登録の権利者が「バンプレスト」になってるから、TVKとバンプレストとの間に何かトラブルがあったのかも・・・。<dice-kは蚊帳の外か?

ま、どれも憶測でしかないので、今週の放送は欠かさずチェックしないと・・・。ジゴロウ最後の勇姿をしっかり目に焼き付けておきましょー!!

参考URL:
さくっとSakuSaku(サクサク)」 (非公認ファンページ)
特許庁・無料商標情報検索サービス
 
 
も一つネタを。

☆ 「みずほ桟橋」「いちご桟橋」が存続の危機に立っています。

手前味噌で申し訳ないんですが、大手ニュースサイトの「Tentative Name」さんで取り上げられて急にアクセスが増えたのでビックリしました(笑) いやー、バブルって凄いねー(^^;;
でも、お陰で募金のコトがたくさんの人に知られたので、このアクセス増は純粋に嬉しかったりします。でも、更新したの結構前だったりして・・(笑)

あの桟橋は、アニメではもちろんリアルでもいろいろと思い出深い桟橋なので、どうしても恒久的に残して欲しいんですよね。ウチもGWに行った時にしっかり募金させて頂きました。夏場はあんまし木崎湖に行く機会がないから次に募金するとしたらになると思うだけど、その際もしっかり募金したいと思います♪

なので、みなさんも行く機会がありましたら是非お願いしますーm(__)m

管理をしてくださってる「木崎湖キャンプ場」の方も、この募金で集まった資金をきちんと桟橋のために使ってくださるとおっしゃってますので、安心して募金してください♪
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
まほらば」最終回の余韻も覚めやらぬまま、木曜・土曜分をどうぞー!!
<って、「まほらば」はないのかよっ!・・・明日書きます(^^;;
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「これが私の御主人様」 11話

義貴が・・・死んだ(;^_^A アセアセ…

いずみたちが出て行ってしまい後に残された義貴安奈たん。義貴はいつもの強がりも言わずに安奈たんに出て行って良いと告げると、安奈たんも迷わず出て行ってしまいました(^^;;; しかも階段から転げ落ちちゃてるし・・・踏んだり蹴ったりですな(笑)

一方いずみはアイドルとして着実に成果を上げていて、写真集発売の記念イベントのすぐ後にミニコンサートまで開かれる模様。でもスケジュールがハードなのか、それとも義貴が気になるのかどうにもテンションが上がらない。そこにママンかりんが応援に駆け付けるんだけど、それでもいずみのテンションは上がらず・・・。

そこに、怪しげなが乱入するんだけど、これがなんと安奈たんでしたーw って、安奈たん、なんで犬なんかになってたんだろう(^^;;

安奈たんも合流して、これでいずみもヒートアップ!! って展開になるのかと思ったら、やっぱり不調(^^;; ポチもなんだかずっと沈んだままで、かりんも心配してるんだけど、みつきはそれでも強引にいずみをステージに上げて、さらに安奈たんも投入するんだけど・・・なんかこの辺のみつきはみつきらしくなくて、ちょっとイヤンな感じでした。。。
いずみの方も安奈たん乱入でステージ自体は盛り上がるって一応終了。楽屋で休んでるいずみに誠一郎が義貴の現状を告げるんだけど、なんと義貴、破算したようです(^^;;

えーー、義貴が破算って、なんかすげー納得いかないんですけどー(^^;;

だって、義貴と言えば一生使っても使い切れない額の遺産があって、無駄に金を使いまくって、いずみにバカ高いツボやら絵画やらを破壊させても痛くもかゆくもないってのが売りの男が破算なんて、納得いかねーーー(笑)!!

そこに、いきなりポチがみつきを喰わえて乱入。一瞬ポチが凶悪化したのかと思ったけど、みつきを傷つけるつもりはなくてどこかに連れて行きたい様子。そのままポチの後を追うと、辿り着いた先は義貴邸。どうやらポチは義貴が恋しくて仕方がなかったんですねー(笑)<って、そんなことは無いと思うけどw たぶんポチは義貴邸でのドタバタエロエロが懐かしかったんだろうな(笑)

で、ポチが無理矢理開けた門の先に待っていたモノは・・・義貴ではなく、多可美さんでした。って、多可美さんのCV川澄かよーー!! いや、物凄く合ってるんですけどねw
しかも何故か話の流れで、いずみと多可美さんが義貴邸を賭けて勝負することになっちゃいましたヨー(笑)

でも、これでいずみが次回義貴邸を奪回して、義貴も生き返れば(なぜか天国逝っちゃってますw)最終回としてはなかなか盛り上がりそうデスねー。

最終回、期待してますヨー♪
 
 
 
☆ 「フタコイ オルタナティブ」 12話

カリ城デツカ?(;^_^A アセアセ…

沙羅奪還のためにドイツに向かった恋太郎双樹。が、二人が旅だった後のニコタマに危機が迫っていた。イカファイヤー量産のためにニコタマ買収を続けていたワダツミ機関がいよいよ実力行使してきました。商店街の人たちはこれに対して徹底抗戦を続けるんだけど、敵の送ってきた重機は強力で・・・。

一方、沙羅の方は公彦と結婚式を挙げている最中。公彦ってば意外と良いヤツで別に「カリ城」みたいに声を出せなくして無理矢理式を挙げようっていうんじゃないし、沙羅もそれなりに納得してる様子。でも、二人ともこの結婚に隠された重大なヒミツは知らなかったんですよね。。。

結局、この結婚もワダツミ機関が仕組んだモノで、別に遺言なんて関係なかったようですなぁ。二人が結婚することによって交わされるモノになにやら重要ながあったようですが、この際そんなコトはどうでも良くて、今回の目玉はやっぱり恋太郎たちの突入でしょー(笑)!!

結婚式場に突入した恋太郎と双樹。大量のイカに邪魔されるんだけど、そこに助っ人として現れた霧島のおっさんとか、ゴスロリ仮面inドイツとかが現れて凄いことになってましたw この辺は1話のノリに近くなってて見応えはあったし爽快感も結構あったなー。
沙羅たちもこの結婚が仕組まれたことだと気付いて逃げ出すんだけど、城の上の方に追いつめられちゃってさぁ大変。そこに恋太郎たちも駆け付けるんだけど、2つある城の上部の別の方に出ちゃって・・・(^^;;

ここで、恋太郎が双樹をその場に残すために双樹にキスするんだけど、やっと恋太郎からキスしましたねー。沙羅には内緒のキスってのがまた萌ゆる(笑)!!<あとで沙羅にもするんだろうけどw

次回いよいよ最終回を迎えるわけですが、この調子で沙羅奪還&ニコタマ復活でハッピーエンドかなー? 最後に残りの双子たちにももう1度出番を与えて欲しい気もするけど、それはちょっと期待薄かも(;^_^A アセアセ…

ってか、千草姉妹だけでも復活キボンヌ!!w
 
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 12話

幼サクラ姫はマジ萌ゆる・・・(笑)

前回の「ナユタヤ国」から新たにモコナが運んだ先は、森の中に広がるの畔だった。そこでモコナは強い気配を湖の中に感じて、小狼が湖の中に探しに出かけるんだけど、それを畔で待っていたサクラの前に巨大なが姿を現し、サクラに「おまえはなぜここにいる?」と問いかけをする。

それを聞いたサクラは質問に答えられず、そのまま意識を失い夢の中へと入っていくんだけど、ここで見た夢は小狼と初めて出会った時の思い出。一方の小狼も湖の中でこの巨大な魚と出会い、サクラと思い出を思い出すんだけど、やっぱり幼なじみってイイよなー。二人の過去を見ると、その想いの強さが分かりますし、これから先の苦難も乗り越えられるってもんデスよー。

結局、湖の底にはミニチュアながあるだけでサクラ姫の羽根は無くて、今回のダイブは徒労に終わるんだけど、湖の中で見た風景や小狼とサクラの距離など、かなり意味のある1話でした。

次回はまた新たな国のお話ですねー。
この話は結構覚えてるので、今から楽しみですー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.24

メイトで買い物ー♪

金曜日ー。

昨日は更新した後、予告通りメイトに買い物に行ってきたんだけど、どうも調子がおかしい。予定通りの買い物を済ませて、その後ちらっとスロを打ってたんだけど、なんかが痛くて体もだるい・・・。

どうやら風邪を引いたっぽいです(^^;;

確かにここ最近朝方まで起きてることが多かったし、昨日もサッカーで6時まで起きてたんですよねー。寝不足から来る過労と、ここ最近の気温の変化も重なれば体調に異変を来すのは当然と言えば当然ですねー。もう若くないってコトを自覚しないとダメかも・・・(;^_^A アセアセ…

ま、幸いそれほど酷い風邪じゃないので昨日早めに休んで、今日も帰ってきてからちょっと寝たらだいぶ良くなったので、明日の仕事にも影響は出ないかな? 良かった良かった♪
 
 
おっと、昨日のメイト購入物をご報告ー。
 
 
・ CD

「ツバサ・クロニクル」 OP
「OVAきらめきプロジェクト」 OP
「極上生徒会」 キャラCD(りの&奏)
「OVAいちご100%」 キャラCD 西野つかさ
「Zガンダム」 復刻版OP集

・ DVD

「忘却の旋律」 12巻
「これが私の御主人様」 1巻

・ コミック

「エウレカセブン」 1巻(DVD付き初回限定)
「ぱにぽに」 7巻(初回限定)
「げんしけん」 6巻(同人誌付き)

以上で、約22k程でしたー。「御主人様」のDVDは初め買うつもりは無かったんだけど、今期買うつもりだった「いちご」のDVD発売が今冬に伸びたし、同じく買うつもりだった「こみパR」もBOX売りになったので、ちょっと余裕が出来たから買ってみました(笑) って、こんなコトをするから毎月の出費が減らないんだよなー(^^;;
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
体力が残ってるウチに書けるトコまで書きます(笑)
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「極上生徒会」 12話

幼い楓会長萌えー♪

毎月第3日曜日になると、決まって外出する奏会長。今回もいつものように奈々穂を連れて外出するんだけど、その行き先は他の極上メンバーは知らないようですねー。久遠が隠密を使って調べさせるのも分かる気がするかも。

で、当の奏会長が向かった先は神宮司家の本家。ここで奏は祖父と面会するんだけど、その間護衛役の奈々穂は離れの部屋に案内される。ここで奈々穂は実のと再会するんだけど、どうやら神宮司家の者にはなにやらチカラがあるようで、奈々穂の家は代々その護衛役を務めていたようです。

奈々穂も幼い頃から奏の護衛をするべく鍛えられるんだけど、厳しい修行のせいでまだ見ぬ奏を憎んでしまう。そんな想いを抱えたまま初めての奏との面会。そこで奏は奈々穂に対して「自由にしていい」と命令する。思いがけず自由を与えられた奈々穂は奏に感謝し、自由を謳歌するんだけど、ふと奏の寂しげな表情を思い出してしまう。いても立ってもいられなくなって神宮司家へ向かった奈々穂だけど、そこで屋敷から逃げ出す奏に遭遇する。そのまま二人で逃げて辿り着いた先はとある神社の境内。そこで二人は打ち解け、奏は神宮司家で頑張ることを誓い、奈々穂はそんな奏を守ることを誓う。

いやー、なかなかいい話でしたねー。神宮司家のチカラってのがどんなモノかよく分からないけど、奏会長が使った金縛りのようなモノであれば超常のチカラってコトになるのかなー?

そんな奏会長と奈々穂が戻ってきた極上寮・・・って、ボロボロになってるー!! 廃墟と化した極上寮の中から現れたのは、ボロボロになってるわりには普通なりのと、、、みなもだーー(笑)!!

来週はこの原因が明かされるわけだけど、極上は2クールかな? 後番の予定もないし、まだまだ話も終わりそうにないし多分確定だと思います。ますます楽しみになってきたかもー♪
 
 
っとと、、今日はここまで。
まただるくなってきたので・・・(^^;;
残りはまた後日書きますー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.23

いちご100% 最終回

コンフェデ杯@ブラジル戦を見ながら更新しようと思ってたんだけど、何度やってもココログのログイン画面が出なくてスゲー悲しかったです(^^;;<今は直ってるんだけど、あれは何だったんだろう・・・。

結局そのままコンフェデ杯を最後まで見たんだけど、最後に追いついた日本に底力を感じましたねー。あのゴールシーンは起きてて良かったと本気で思いましたヨー♪ 朝の5時半に大騒ぎしてました(笑)

結果2−2の引き分けで、決勝トーナメント進出にはならなかったけど十分成果のある試合だったんじゃないかな? これはW杯本戦も楽しみかも(^^)v
 
 
ってなわけで、アニメ感想行きましょー。
月曜・火曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 12話

アポロとシルヴィアの過去世が明らかに!!

ジャングルの遺跡から発見された謎の琥珀。その中には堕天使族のモノと思われる羽根が入っていた。早速ディーバに持ち込まれた羽根なんだけど、堕天使族の記憶が封印されている可能性が高いので、不動はだれにもこの羽根に触れてはイケナイとみんなに告げるんだけど、見ただけでおかしくなってしまったシリウスリーナはそのまま放置ですか(笑)?

でも、触れてはイケナイと言われると触れたくなるのが世の常ですw 早速アポロシルヴィアが忍び込んで羽根の元へとやってくるんだけど、この時の二人の呼吸がなかなか良かったです♪ で、羽根の前にやってきた二人は早速羽根に触れるんだけど、その時に異変が!!
羽根に触れた二人に過去世が現れて再会をするんだけど、この時語られた二人の過去ってのが興味深かったですねー。元々殺戮の天使であったアポロニアスと人間であるセリアンが出会って恋に落ち、アポロニアスが一族の裏切り者として囚われてしまう。トーマはセリアンをダシに使ってアポロニアスを改心させようとするんだけど、アポロニアスは自らの羽根と引き替えにセリアンを救う。

うわー、ココでOPの歌詞と絡めてきますかー!! OPの歌詞は内容に沿ったモノだと思ってましたが、こうまで一致させられると感慨も深くなりますねー。元々出来の良いOPだから効果も倍増だし♪

とまぁ、これでシルヴィアもアポロがアポロニアスと確信出来たし二人の仲もより一層深まったかな? ツンデレに拍車が掛かるかもー(笑)

次回は、羽根を奪還しに来たトーマとの決戦。前半の山場ですなー。エロ合体は無いけど、存分に盛り上げてくれると嬉しいな♪
 
 
 
☆ 「こみっくパーティーRevolution」 12話

和樹と彩タソはお似合いだなぁー(^^;;;

ってなわけで、今回は将来に一抹の不安を感じた和樹タソの勧めで編集長のトコに雑誌編集の見学に行くんだけど、瑞希玲子と一緒にアニメ誌の編集見学に来てました(笑) って、このアニメ誌の副編集長・・・長瀬一族かよーーー(爆)!!

和樹たちは作家と編集の打ち合わせに同席したり、落としそうな作家の元へ出向いてアシスタントをしたり。瑞希たちは長瀬一族の副編集長に付き合ってイラストの引き取りや逃げ回っているライターの捕獲とかで様々な経験を積むんだけど、これくらいのライトなネタの方が現実味があって好印象かも。あまりにも濃いネタだと逆に引くからねー(笑)

でも、いろいろな経験をしたわりには、和樹の出した結論はまだまだ同人で頑張りたいって言うなんの捻りもないモノ。まぁ、これはこれで和樹の出した一つの結論だし、まだまだやりたいことがあるってのも分かるから、特に否定もしないデス。

今回はラス前と言うこともあって、わりとシリアスな向きだったんだけど、ペアに選んだのが彩タソってのは正解でしたね。もちろん瑞希と一緒にを探していくっていうのも悪くはないんだけど、しっとりとした雰囲気を出すには彩タソの方が断然良かったし。

とか言ってたら、次回はいきなり瑞希のヌードですかw

やっぱりラストはヒロインで締めるのかなー? 今シリーズはこういった結論を出さない番外的な位置づけだと思ってたから、ちょっと意外かも。最後までドタバタでも何も文句はないんだけどなー(笑)
 
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 12話

パズ少佐と寝たのかーー!?
<いや、寝てないと信じてます(笑)

前回集団自決をした「個別の11人」。その中でただ一人生き残ったクゼに捜査の焦点を合わせた9課なんだけど、手がかりである造顔師の元へ向かったまでは良かったんだけど、その造顔師は殺された直後だった。しかも監視カメラに写されていたのは9課のメンバーであるパズ(;^_^A アセアセ…

もちろんパズがそんなコトをしているわけもなく、パズに成り代わった犯人を捜すんだけど、パズを追っていた県警の刑事も殺されたりして事態は混迷。しかし原因はパズの過去にあったようで・・・。

パズは過去に関係のあった女性と会うんだけど、やっぱり犯人はこいつ(笑) 過去の恋愛のもつれからパズを憎むようになり、パズそっくりの擬体に脳核を移して犯行を犯し、パズをおびき寄せる作戦だったようです。そしてバズと対峙した彼女はバズを殺そうと斬りかかるんだけど、バズも負けられません。最後は、パズが彼女の脳にナイフを突き刺して終わるんだけど、全く姿が同じ二人だったので、ホントにパズが勝ったのかどうか・・・(^^;;

結局答えは出ないまま終わっちゃったけど、アレはパズだと信じていいのかなー?

なんか2ndになって、9課メンバーの過去に焦点が当たることが多くなってるのかな? でもコレはコレで登場人物の掘り下げにもなるし面白いからどんどんやってください。って、次回はサイトーの過去かー。今から楽しみです♪
 
 
 
☆ 「いちご100%」 12話(最終回)

伝説のTVシリーズ、未完(爆)!!

いやー、終わった終わった。毎週悲しい作画を見せてくれたTVシリーズも今回がラストです・・・って、全然終わってねぇーーーー!!!!

前半タソの書いた新作映画の脚本が上がってきて、みんなでそれをチェックするんだけど、綾タソの脚本が悪いわけはなく一発OK。でもヒロインのイメージは前作で主役を務めたさつきのイメージではなく思惑にくれる淳平。そこに美鈴から「参考になるかも。。」と、チケットを貰った映画を見に行くんだけど、その帰りにつかさと再会。。。

で、そのまま後半になだれ込むんだけど、未だにヒロインのイメージが固まらない淳平に外村兄が綾タソのシナリオにダメ出しを出すんだけど、それを綾タソに聞かれちゃってさぁ大変(笑) そのまま綾タソは走り去ってしまってみんなで探すんだけど、綾タソの行く場所なんて1つだよねw
案の定、綾タソは屋上にいるんだけど、そこに現れたのは淳平。初めてあった時と同じシチュエーションで上から降ってくる綾タソを受け止める淳平なんだけど、あのときの綾タソはエロ過ぎデツ♪
で、二人でまた夢を語り合うんだけど、このシーンはいいよねー。お互いが同じ夢を持って歩んでいこうとする姿は胸を打たれます・・ってか主に綾タソだけになんだけどねー(笑)

そんなわけで、そのまま綾タソのシナリオで作ることになったんだけど、肝心のヒロインがまだ決まらない。そんな中美鈴がイメージにぴったりの子を見つけたらしくて、みんなでその子を見に行くんだけど、向かってる方向はつかさがバイトしているケーキ屋。ちょうどやってきたつかさを見た瞬間、みんなのイメージも固まってつかさにヒロインのお願いをするんだけど、それを聞いたつかさがちらっと綾タソの方を見たのが印象深かったなー。綾タソもそれに対してにっこり笑って快くお願いするんだけど・・・それが失敗の始まりだと今は気付いてないんだよね(^^;;

って、ここで終わりかー!!!

やっぱり中途半端で終わりましたね。今回が最終回だと知った時からこの結末は見えていたんだけど、なんの解決もなく決着もなく終わるってのも凄いよな(笑) ま、原作はまだ続いてるし・・・って最近の原作のコトはあんまし語りたくないんだけど(^^;;
とりあえず、アニメとしてはOVAがまだまだ出るようなので、こっちに期待するってコトで良いのかな?

あ、、あとこのシリーズのDVD今冬発売予定らしいです。すぐ出ると思ってたから録画分消しちゃってるよー(;^_^A アセアセ…
ま、きっと半年掛けてじっくり作画修正してくれる。。と思いたいです(笑) 「ネギま」だって、こんなとかこんなに綺麗に修正してるんだから、きっとやってくれるはず!! ってか、やらなかったら詐欺だよーーー!!!

そんなわけで、「いちご100%」の総合評価は・・・。

総合評価=85点

綾タソ加点が50点ほど入ってますw
って、加点しすぎ?(;^_^A アセアセ…

実際はIZUMOと大して変わらない出来。シナリオも飛ばしまくってるからキャラの彫り込みなんて出来てないし、作画レベルはかなり酷かった。止め絵とアップだけはなんとか見れたけど動画になると途端に酷くなるのは勘弁してほしかったなぁ。元々中身のない話なんだし(笑)

ま、とにかく終わったので、あとはOVAなりDVDに期待しますか。TV版を黒歴史にしないためにも、DVDでの修正・・・マジでおながいしますm(__)m
 
 
さーて、メイトにでも行ってくるかー(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.06.21

感想率調査 発表!!

月曜日ー。

先日出した感想率調査のまとめが発表されましたー♪

第6回感想率調査(2005/06/20) ― 感想率調査 ―

今回もいろいろと興味深い結果になってますねー。某チャットでも熱い議論(?)が交わされてます(笑) ま、細かいコメントはまたの機会にするとして、膨大なデータをまとめ上げた光希桃さん、お疲れ様でしたー!!
 
 
とと、、今日はそれに合わせて7月度の新番組をまとめてみましたー。

2005年 7月 新番組リスト

うわ、来期もいっぱいだな・・・(;^_^A アセアセ…
とりあえず、一押しは「ぱにぽに」かなー(笑)?
<原作大好きなんですよw 「まろまゆ」も蝶サイコー!!

他にはR.O.Dスタッフの「かみちゅ」とか、「奥様は魔法少女」かなー? なんにせよ、開始が楽しみです♪
 
さて、アニメ感想ですー。
日曜分をどうぞ♪
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「まほらば 〜Heartful days〜」 24話

梢ちゃんが大事DAIJIー!!

前回灰原さんとさんに届いた知らせは鳴滝荘に大きな波紋を呼んだ。灰原さんは作家コンテストの最終選考に残り、桃さんは渡米している彼からアメリカに来て欲しい・・って、灰原さんはまだしも桃さんが渡米しちゃったらダメじゃん(;^_^A アセアセ…
梢ちゃんはみんなのシアワセを喜ぶんだけど、やっぱりちょっと複雑だよね。前回みんなと一緒にずっといたいって言ってた矢先だし・・・。

白鳥クンはそんなことお構いなしに、なんか一人で盛り上がってますw 梢ちゃんの誕生日プレゼントを買うためにバイト先を探してるんだけど、梢ちゃんの進言であっさり解決。商店街の八百屋さんでバイトすることになるんだけど、バイト初心者の白鳥クンにはだいぶきつかったようで、帰り道にふらふらしちゃって、事故に遭ってしまいました(;^_^A アセアセ…

その連絡を受けたのが梢ちゃん。白鳥クンが事故と聞いた途端にぶっ倒れちゃいましたよー!!
結局白鳥クンの事故は全然たいしたことなくて、事故って言うより勘違い(笑)? もちろんピンピンしてるわけですが、白鳥クンが鳴滝荘に戻ってきても未だ梢ちゃんの意識は戻らず。。。

そんな中、梢ちゃんの過去が明かされます。梢ちゃんの両親が梢ちゃんの当てた福引きで行った旅行先で事故にあって亡くなってしまい、その責任を感じた梢ちゃんは自分を責め続け、生まれたのが4人の別人格・・・。って、このネタばらしは原作でもまだやってないんじゃなかったっけ?

ま、それはいいとして、やっと目覚めた梢ちゃんなんだけど、どうにも様子がおかしい。千百合ちゃんだったり早紀ちゃんだったりちゃんだったり、ちゃんだっり・・・(笑) 肝心の梢ちゃんは一向に出てこなくて、どうやら本来の人格である梢ちゃんは未だにに閉じこもったままのようです(;^_^A アセアセ…

次回は1時間SPの最終回。様々な想いが交錯した中、どうまとめてくるのか今から楽しみですー♪
 
 
 
☆ 「こいこい7」 12話

佐藤さんと山田さんは何処だべさーーー!!

哲朗パパンが本格侵攻・・・って、なんかこうなってくると見る気が失せてくるんですけど・・(笑) こいこい7五光会のラストバトルも物足りないまま終わっちゃったし、眼帯ちゃんの出番は少ないし・・・で、ホント見所無し。

でも、多分この展開が今までの伏線なんだろうねー。こいこい7の存在意義やその出自、ヤヨイも含めて大きな謎が解明されてきて、その流れのままラストを迎えるつもりなんだろうけど、ここに来て原作派も取り込もうとでも言うのでしょうか?(;^_^A アセアセ…

でも、原作派は初めの数話で見切ってると思うんだけどなー(笑)

そんなこいこいもあと1話。多分このままシリアスな展開で終わるんだろうけど、最後までいつものバカパロを貫いて欲しかったなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.20

F−1アメリカGPがー!!

日曜日ー。

なんかF−1が凄いことになってるー(笑)!!

サッカーコンフェデ杯ギリシャ戦(無事勝利!)が終わって、チャンネルをF−1に切り替えたんですが、なにかがおかしい。フォーメーションラップではきちんと走っていた車が次々とピットインしちゃってます(^^;;

なんとミシュランタイヤを使ってるチームが全てレースをボイコットですよ(^^;;

アメリカGPはインディ500で有名なサーキットで行われるんですが、そのオーバルコースを一部利用してるんですよね。で、このオーバルコースでミシュランタイヤの消耗が激しく、安全が確保出来なくてFIAにシケインを設けるコトを提案したんだけど、それを却下されてそのままボイコットしたらしいです。
今シーズンのF−1ではミシュラン勢が多数を占めていて、もう1つのメーカーであるブリジストンを選択してるのはフェラーリ・ジョーダン・ミナルディの3チームだけ。ミシュラン勢がいなくなったコース上ではこの3チーム6台しか走ってません(笑)

レースはチャンピオンシップポイントが加算される正式レースとして認められたようなんですが、このまま行ったら弱小チームのジョーダンかミナルディが表彰台にあがっちゃいますヨーw<今さっきチェッカーが振られて、フェラーリの1・2と、3位にジョーダンが入りました。スゲー(笑)

いやー、伝説に残るレース。で見れて良かった・・・(笑)
 
 
っとと、、サッカーとF−1見てたらこんな時間(^^;;
アニメ感想行きますよー♪
最終回の2本を含んだ土曜分をどうぞ。
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 11話

誕生日でのサクラ姫、激萌えーー(笑)!!

前回タンバルを追いつめた小狼なんだけど、サクラ姫チュニャンを人質に取られてしまい、操られた街の人たちに殴られまくり(^^;; でもサクラのおかしな言動に気が付き、捕らわれているのは偽物だと発覚。いやー、さすが小狼。呼び捨てにされただけで気付くなんてフツウ出来ないッスよー。ま、それ以外にも変な言動はあったんだけど、アレがキーポイントでしたね。でも、あれって小狼にとっては悲しいことなんだよね・・・。自分の置かれてる立場を痛切に感じてなければ分からない。。。そんな小狼が大好きですーw!!

で、偽物と分かった途端に反抗に出るわけだけど、それでも町の人は殴れない。そこに現れたのが母様からもらったを携えたチュニャンとサクラ。この鏡で町の人の呪縛を解放し、さらにフェイ黒鋼も駆け付けて勝負が付きましたね。
でも、タンバルは最後の最後にまた卑怯な駆け引きを仕掛ける。チュニャンの母様を生き返らせる変わりに見逃して欲しいなんて言い出すんだけど、チュニャンは母様の言葉をしっかり受け継ぎ、タンバルの駆け引きを拒否。チュニャン、本当に強くなったねー。

結局タンバルはそのすぐ後に現れたキィシムに捕らわれちゃいました(笑) これからずっとキィシムの元で苦しみ続けるのかなw

これで「ナユタヤ国」での出来事も一件落着。街も平和を取り戻し、領主を決めずに街の自治をするコトになったし万事OKですなー。
小狼たちはさっそく次の次元へ向かうんだけど、も楽しみですなー♪
 
 
 
☆ 「英國戀物語エマ」 12話(最終話)

列車の中で流したエマさんのにもらい泣き・・・。

ついにロンドンを離れることを決意したエマさん。ケリーさんとの出会いを思い出しながら長年暮らした家を後にするんだけど、前回エマさんの過去話で語られなかったケリーさんとの出会いや交流をココで持ってきましたかー。なんかもうすでにココで泣いちゃいましたよ(^^;;

ウィリアムはエマさんの過去をアルに聞いて、どうしていいか分からなくなった様子。しばらく部屋に閉じこもってたんだけど、気分転換にハキムの元へ行くんだけど、ハキムからエマさんが生まれ故郷に帰ると聞いて大慌て。急いでエマさんの元へ行こうとするんだけど、馬小屋にはエレノアがーーー(笑)!!
そいえば、前回ウィリアムパパンが遠乗りに誘ってたよな(^^;; ウィリアムが出てくるのを待っていたエレノアなんだけど、やっと出てきたウィリアムはエレノアなんて眼中にないんだよね・・・。それでもエレノアは必死に自分の思いを伝えるんだけど、それがまたいじらしいんだよねー。やっぱエレノアは良い子ですー♪

エマさんは大衆馬車に乗って駅へと向かうんだけど、ウィリアムの乗った馬車とすれ違った時、ちょっとしたタイミングの差でお互い気が付かないまま。。。このまま会わずに終わるのかー?
喧噪の駅の中、エマさんは切符も買って・・・って、メルダース夫人ターシャ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! アニメじゃ絶対出番がないと思ってたからこれは嬉しい誤算ですなー。

エマさんは花売りの少女からスズランの花を買ってホームを歩く。そこに、いったんはケリー邸まで行き、そこでエマのメッセージを見つけたウィリアムがやっと来ましたヨー。原作では会わないまま別れるので、もうこの展開には超興奮(笑)!!
そのまま逆転満塁ホームランか!?・・・と思ったんだけど、エマさんはウィリアムに別れの言葉を告げ、そのまま列車に乗り込んでしまいました・・・(^^;;
取り残されたウィリアムは途方に暮れてエマが買ったのと同じスズランを買ってとぼとぼと帰路につき、エマは列車の中でを流し、もう2度と会えない想いを噛みしめるのでありました。。。
ラストシーンでターシャがエマさんに話しかけて、スズランの花言葉を教えてあげるんだけど、これは次への伏線だと思って良いのかな?

とにかくこれで全12話終わったわけですが・・・、全然終わってねーー!!!

結局階級の差を超えられなかった二人。エマさんがウィリアムに最後に言ったセリフが印象的でしたね・・・。一応エマさんの気持ちの整理はアレで付いたのが分かるから、このアニメ作品の一つの結末としてアリなのかもしれないけど、やっぱり納得いかないよなー。原作を知っている人はこの先があるのは分かってるからそんなに文句はないかもしれないんだけど、アニメしか見てなかった人がこのラストを見て納得出来るかどうか、かなり微妙なところ(^^;;

総合評価=75点

ラストのコトさえなければ、原作の雰囲気を上手く出していたし、19世紀末の英国の描写も秀逸シナリオの組み立ても悪くなかったし、文句らしい文句はないですねー。ただ、やっぱりラストが尻切れなのがなぁ・・・。現時点で続編があるのかどうか分からないのもちょっと微妙。原作の話数からして続編を見越したシナリオの組み立てだとは思うんだけど、それが確定してないってのは大きなマイナスですよね。

これで続編が作られなかったら、アニメは黒歴史になるかも(^^;; ってか、マジでおながいします。続編しっかり作ってくださいーー!!
 
 
 
☆ 「IZUMO〜猛き剣の閃記」 12話(最終話)

最後までグダグダだったな(^^;;

一応最終回なので総括的な意味も含めて書きますー。1話見た時点からダメダメ感が漂っていたIZUMOですが、最後までダメダメでしたw
せっかく萌えそうなオニャノコがいっぱいいるのに、話は最後まで男同士の戦いに終始してたし、世界観もよく分からないまま(^^;;
結局最後まで何がしたいのかよく分からないアニメでしたねー。

総合評価=30点

作画は後半多少持ち直したところもあったけど、前半の酷すぎる作画にはもう閉口。に切ったはずがに切れてるってなんだヨー(笑)<逆だったっけか? シナリオも最後まで取って付けたようなシナリオだったしなぁ・・・。
唯一の見所だったプールの回はそれなりに面白かったんだから、素材を生かし切れなかったのは否めないですな。

ま、もう2度と見ることはないでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

日本のおかず10選(笑)

金曜日ー。

昨日は休みだったんだけど、夕方からお出かけ。姉夫婦と、婚約した妹カップルとで食事会だったんだけど、その後カラオケに・・・。いや、カラオケに行くのは別に良いんだけど、一般人とのカラオケって疲れるんですよねー。え、なんでかって?

そりゃ、アニソンを目一杯歌えないから(爆)

姉妹だし、別に隠してる訳じゃないから別に歌っても良いんだろうけど、その場の雰囲気ってのもありますし、やっぱり気を遣っちゃいますよねー(^^;; ウチもいい大人だし(笑)
そんなわけで、帰ってきたのが夜中の2時過ぎ。さすがにその時間に帰ってきてから更新する気力は残ってませんでした(笑)
 
 
ってなわけで、通常更新より1日開いてしまったわけですが、その割にネタがない(笑) そんな中、一つのニュースが飛び込んできましたー!!

日本のおかず10選

リンク先はバブルwが羨ましい某ktmさんのblogです。なんとあの金朋が「初夏に食べたいおかず」に対するインタビューに答えていたそうです(^^;; 映像にして2秒くらいなんだけど、しっかり声も映像も本人と分かるものだったようですヨー。関東では月曜に再放送があるようなので、金朋ファンの方は要チェックですよー!!

って、ファンの人ならすでにktmさんトコで情報入手済みのような・・・(笑)
 
 
さて、アニメ感想ですー。
なんか、ダラダラと書いてたらえらい長文になってしまった(笑)
水曜・木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「極上生徒会」 11話

JAPANパワー、侮りがたし(笑)!!

宮神学園フットサル部の部員が全員夏風邪でダウンしてしまい、翌日に予定されていた絢爛学園との練習試合が中止の危機に。それを聞きつけた絢爛学園生徒会が極上生徒会に乗り込んでくるんだけど、絢爛学園の生徒会長奏会長の姿が見えないことをいいことに、奏会長のことを「高慢ちきで鼻持ちならない女」なんて言っちゃってます(^^;;
そのすぐ後に奏会長がやって来るんだけど、どうやら絢爛の会長のセリフを聞いていたようで、しっかり根に持ってますよ(;^_^A アセアセ… しかも不敵に笑みを浮かべちゃって、スゲー怖い(笑)

そんな会長の至上命令もあって、極上生徒会メンバーがフットサルの試合に出ることになるんだけど、そもそも人数も足りてないしスキルもない(^^;; 遊撃の面々なら運動は出来るだろうかと思ったんだけど、まともに動けるのは奈々穂くらいで、他はもう全滅(笑) 隠密は隠密で絢爛学園の動向を探ってくると言って出て行っちゃったから、管理人さんまで担ぎ出しての大騒ぎw
でも、いくら練習しても全然ダメな極上メンバー。そこで助っ人が現れるんだけど、意気揚々と「JAPAN」のロゴと共に現れたのはゆきみ先生♪ 今までほとんど出番がなかったゆきみ先生なんだけど、ここで大活躍か!! と思いきや、たいした出番もなくすぐに試合当日に(笑)

12時間だけどしっかり練習した自負もあり気合いを入れて試合に臨むんだけど、敵は審判を味方に引き入れていて、とんでもないジャッジで次々と主要メンバーが退場させられてしまい、点差も開くばかり。しかも最後に残ったメンバーはりのまゆらで、この二人じゃどう考えたって逆転は出来ないよねー(^^;; 相手はさらに謎の留学生を引っ張り出してきて凶悪なまでの破壊力だったし(笑)
そんな劣勢をどう挽回するのか! このままだと奏会長が「高慢ちきで鼻持ちならない女」になってしまうぞー!!

と、なにやら裏で暗躍するが・・・(笑)

なんか四角いプッチャンを駆使して管理人さんを巧みにおびき寄せてたんだけど、あのプッチャン、まんまジゴロウなんですけどー(^^;;
そんな時、謎の留学生の必殺シュートを受けてまゆらが負傷してしまう。残されたのはりの一人。「絶体絶命だー!!」と思われた時、奈々歩の裾を引っ張る管理人さんがー(笑)!! まゆらと交代してりのをキーパーにした途端、「えへ、えへ」とにこやかに笑いながら次々と得点していく管理人さん。一同驚愕の中、管理人さんの胸には「JAPAN」の文字がーーー!!

って、本物の管理人さんは体育館の外でニセプッチャンと会話してるし、こいつは誰なんだ? と思ったら、すぐにネタバレ。第3の隠密、矩継琴葉の変装した姿だったんですねー。って、背丈も声も変わってるぞー(笑)
未だに姿を現さない琴葉なんだけど、実は影では何度か出てきてるんだよね。早くホントの姿が見たいとこですなぁ。

そんなこんなで、絢爛学園とのフットサル練習試合も無事勝利。これで奏会長が「高慢ちきで鼻持ちならない女」にはならずに済んだようです♪

今回も笑い所満載でスゲー楽しめましたー。「JAPAN」の使い方が上手い上手い(笑) 管理人さんの存在も萌え笑えるし、元々ニセジゴロウのさらにニセモノまで出てきて見所満載。いやー、面白かったです♪
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「これが私の御主人様」 10話

こんな展開は望んでないぞーーー(笑)!!

今回は大きく分けて前半と後半で2本のお話でした。ってか、原作は別のネタだったのをいずみの芸能界デビューと合わせて上手く1つにまとめてましたねー。

デビューイベントと本契約の契約金で晴れて義貴への借金を全て返済することが出来たいずみ。そんないずみに強烈な想いを寄せていた安奈たんは、何故か義貴に猛アタックをするんだけど、なにかがおかしい。そこで、毎度の勝負となるわけですが・・・安奈たんボロ出し過ぎですw
さくっとネタバレしちゃうと、義貴をおとりに使っていずみのジェラシーを期待したって訳なんだけど・・・元々その気のないいずみにヤキモチを焼かせようったって無理だよね(笑)

で、後半はついに誠一郎登場。いずみの芸能界デビューは全部この誠一郎が仕組んだことなんだけど、本契約も終わったので堂々の登場ですなw そのままいずみを迎え入れようとするんだけど、普通の人にみつきが靡くわけもなく、これまた勝負に(笑)

題材はどれだけオタ資質があるかってコトだったんだけど、この誠一郎。義貴に全然負けてませんw ってか勝ってるしー(笑)
誠一郎って中身はまんま義貴。勝負もあっけなく誠一郎の3連勝で終わり、このままいずみは誠一郎の元へ・・と思われたんだけど、誠一郎の意外な趣味が発覚w

義貴になくて誠一郎にある性癖・・それは女装でしたー(笑)!!

いや、女装趣味は別に悪くないよー。ウチの回りにもいっぱいいるし・・・(^^;; って、それはいいとして、誠一郎の女装趣味を聞いて引きまくる女性陣。このまま義貴の逆転勝利!!・・・って確信(原作だとそのまま義貴勝利で終わり)してたんだけど、みつきのとんでもないひと言から自体は一転。そのままポチを連れて誠一郎の元へ走ってしまいました(;^_^A アセアセ…

いずみももちろんみつきに従って誠一郎の元へと行くんだけど、義貴の家を去る時の複雑な表情がなんとも・・・。誠一郎に与えられたマンションの一室でもふさぎ込んだ様子で明らかに浮かない様子。さらにみつきが隠し撮りした写真にはなんとまで浮かべてるじゃないですかー!!

うーん、、、なんかアニメは違う方へ向かっているようですな(^^;; 原作じゃ死んだって二人がくっつくコトなんて有り得ないと明言してたのに、こんな展開になるとは・・・。
ま、まだいずみが義貴ラブってわけでもないだろうけど、ちょっと気になりますなー。はやくいつものノリの戻ってください(笑)
 
 
 
☆ 「フタコイ オルタナティブ」 11話

ぶっ込んでいくんで、夜露死苦ー!!

鬼浜はイイネー。かっ飛びZONE最高ですw<知ってる人いるかな(;^_^A アセアセ…

ってなわけで、イカファイヤー大暴れですw

冒頭でイカファイヤーの出自が語られたわけですが、GHQだの財閥解体だの、なんだか取って付けたような話だったけど、アレがニコタマ再開発白鐘姉妹公彦にまで影響を及ぼしてるんだよねー。意外と深く・・・はないか(^^;;

そんなイカファイヤーに恋太郎が立ち向かうんだけど、銃も爆弾も効かない相手にどう対処するのかと思ったら、ただ単に追いついて抜かせば良いだけなのね(^^;; でも、それが大変で白バイを駆って追いかけるんだけどイカスミ攻撃に敢えなく撃沈。意気消沈してるトコに警官コンビが現れてハッパを掛けてくれる。さらに恋太郎が元ヘッドだった(らしい)暴走族も現れて、イケイケゴーゴー!!ですなー(笑)

で、そのままの勢いでイカファイヤーをぶっちぎり!これでイカファイヤーとの決着も付きましたー。ま、恋太郎もそれなりの負傷をして病院のベッドで目が覚めたわけだけど・・そんな病院の待合室に・・・。

音速丸、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

なんかちらっとだけ音速丸が出てましたw 一緒にいた眼帯少女は誰だったのかなー?

あ、そうそう。なんで恋太郎がここまでイカファイヤーとの対決に拘ったかというと、イカファイヤーが白鐘姉妹に手を出そうとしたってのもあるんだけど、ここで一発決めてまた3人でやり直したいって願いが強くあったから。これで晴れて沙羅を取り戻しに行けるって訳ですな。

ってことで、恋太郎と双樹はプロペラ機に乗ってドイツに旅立ったのでした。。。って、恋太郎、飛行機操縦出来たのかヨー!! しかもアレでドイツまで行く気かヨー!!

ま、イカがアリなんだから何でもアリか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.16

感想率調査、出したー!

水曜日ー。

こないだ暑い暑いとかいって扇風機を稼働したばっかりなのに、今日は1日ですかー。まぁ梅雨時期なのでなんの不思議もないし、暑いのが超苦手なウチとしても涼しいに越したことないんですけどね(笑)

あ、今日やっと「感想率調査」を出しましたー。先週中に仕上げるつもりだったんだけど、なんだかんだと忙しくて今週までずれ込んじゃいました(^^;; 締め切りまで日があって助かりましたヨー(笑)

これで後は集計結果待ちです。
光希桃さん、がんがってくださーい!!
 
 
さて、今日は他にネタもないのでさくっとアニメ感想行きましょー!
月曜・火曜分をどうぞ♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 11話

不幸最低拳、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

今回は麗花のお話。いつも不幸な彼女なんだけど、その不幸が彼女自身だけに留まらず回りまで不幸にしてしまうと言う最強なモノ(^^;;

今回もその不幸のせい(かどうか分からないけど)でグレンが負傷・・・って、こいつ今まで出番あったっけ? なんで怪我してるのかもよく分からないんですけどー(笑)
グレンの怪我に責任を感じる麗花なんだけど、それ以外にも回りにいろいろ不幸をまき散らしちゃって、ついにディーバから出て行く決意をして列車に乗り込むんだけど、その列車がある湖に差し掛かったところで緊急停車。何事かと思って外に出ると、そこにはアポロ・シルヴィア・シリウスの乗ったベクターマシンの姿が。

湖に高次元エネルギーを感知して駆け付けたんだけど、敵の姿は見えない。探索してるウチに湖に取り込まれちゃって、パイロットである3人の体の自由がきかなくなってしまう。それを見た麗花は、意を決して湖に飛び込みシリウスと交代してベクターマシンに乗り込む。そして、そのまま一気に合体までするんだけど・・・シルヴィアたん、「いやー、キモチワルイー!!」ってのはないんじゃないかい(笑)?
ま、合体することによって、いままで麗花が見てきた感じてきたモノが一緒に流れ込んできたようだから、キモチワルイってのはわからないでもないけどさぁ(^^;;
で、合体に気をよくした麗花が繰り出したが・・・

不幸最低拳!!www

「不幸どんぞこ拳」と読みますw って、ホント麗花って可哀想なキャラだよなー。せっかくの必殺技が「どんぞこ」なんて・・・(;^_^A アセアセ…

敵も一蹴して麗花もディーバに戻ることになって一件落着・・・と思いきや、前述のグレンが移送されていなくなっちゃいました(笑) なんか変なオチだったけど、あれが今後の伏線になりうるのかどうか、微妙なトコですねー。
 
 
 
☆ 「こみっくパーティーRevolution」 11話

投げっぱなし、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

同人界にまつわる伝説の同人誌「毒同人」。そんな毒同人がタソ・パンダちゃん様の元へ届けられるんだけど、その届き方もちょっとホラーチック。届いた毒同人を読んだ3人のリアクションはみんな同じで、一様に凄い表情で固まってしまってます(^^;;

そんなこんなで、和樹の元へみんなが集まるんだけど、肝心の和樹はその正体を知らなくて大志が解説に現れるんだけど、どうやら元凶は和樹が通う大学内に隠されているようで、和樹は瑞希玲子を連れて、旧サークル会館にある漫研へと向かいました。

そこでみたモノは・・・・・しょーもない学校の怪談(笑)

天井にぶら下がってる出がらしのティーパックやら、ブックドラフト(コレは基本w)やら全然大したことのないエピソードを必死に盛り上げようとしてる大志たちがちょっと哀れでしたw

漫研の部室に到着した一行。なんか部屋から聞きお覚えのある声がするんですけどー(^^;; なんと、毒同人を書いていたのはすばるでしたー(笑)

って、そんなオチかよ!!w

すばるの書く同人がなぜ他の同人作家にダメージを与えたのか、なんとなく想像が付くんだけど明確な提示はなかったし、ラストも投げっぱなし。なんか「GA」を思い出したよ(笑)
一応、毒電波とかだして「」と掛けてたのかもしれないけど、そんな雰囲気は微塵もありませんでした(^^;;

うーん、、、こみパRの明日はどっちだ(笑)!?
<いや、そんなこみパが大好きなんだけどねーw
 
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 11話

素子分が足らないーーー(爆)!!

前回あれだけ補充したはずの素子分。すでに欠乏してきてるので今回もいっぱい補充するぞー!と意気込んでいたのですが、ちょっと足りなかったですw

ちょっと前にカワシマっていう男を捕まえ損ねたんだけど、その時に回収した外部記憶のサルベージを進める少佐たち。そこに課長から緊急連絡があって、総理を襲ったクゼがまた姿を現したコトを知る。
そこで、サルベージはイシカワたちに任せてクゼを追うことにしたんだけど、その間にも着々と集合する「個別の11人」。クゼもその集団に合流して出発してしまって、少佐たちが集合場所に駆け付けた時はすでにその場所には誰もいなくなってました(^^;;;

一方論文「個別の11人」の原本を探すトグサ。課長の紹介で確実にあった場所へと赴くんだけど、あったはずの論文は消えてなくってました(^^;; これもゴーダの先回りなのかな?

集結した「個別の11人」は各々が挙げた功績を語り合うんだけど、それらを聞くと今まが全て伏線だってコトが分かりますねー。一人だけ白い服を着てるクゼだけはちょっと異質だったけど、やっぱりこいつだけはなんか違うっぽいねー。
そしてビルの屋上へとやってきた面々は、TV中継でよく分からない主張を述べた後、全員が各々を斬り合って集団自殺しました(;^_^A アセアセ…

いやー、を持ってたのは気付いてたけど、まさかあんな風に斬り合うとは思いませんでした(^^;; 同じようにウィルスが発症したらしいトグサが向かった先の事務所でも似たように自殺をしようとした人間もいたし、あれは計画されていた事象なんでしょうねー。で、それを裏で操ってるのがゴーダ・・・で良いのかな?

最後クゼだけ立ち去ったように見えたけど、その辺も含めて今後が楽しみですー♪
 
 
 
☆ 「いちご100%」 11話

綾タソのシャワーシーン、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

前半。新学年の始まりですー!!さぁ美鈴の本格登場ですよー♪
クラス分けで別々のクラスになってしまったタソだけど、ステキングな笑顔で微笑みかける綾タソはスゲー萌え(笑)
放課後部室に出向いた淳平なんだけど、そこに美鈴登場♪ いやー、やっぱ美鈴はイイネー。あのツンツンしたトコが最高。淳平にも強い態度で出て後から来たさつきにもけんか腰で・・ってホントにケンカになっちゃいましたよ(^^;; パンツ見えまくりの格闘シーンはお決まりですなw
そんなわけで美鈴も部活に入部して、これでまたオニャノコが増えましたヨー。美鈴は珍しく淳平に靡かない「いちご」の聖域なので、大事に愛でて行きましょう(爆)

で、後半は淳平の誕生日話。さつきの誕生日にバイト先まで出向いてプレゼントを渡した淳平なんだけど、その後の公園デートでのさつきの胸は・・・でかすぎ(笑)!! セーターの上からも分かるあの巨ニュウは、さすが「いちご」で一番の巨ニュウですなw<あれ?黒川センセのがでかかったっけ?(笑)
今度は淳平の誕生日なんだけど、こいつ何勘違いしたのかなんか一人で決意してますよw そんなことも知らずに綾タソはシャワー(初めはさつきのシャワーシーンかと思ったけど、綾タソだったので余計に萌えたw)で身を清めてるし、さつきもさつきでウキウキしてます。
で、当日。まずはさつきがプレゼントを渡そうとしたんだけど、なんと淳平は断ってますよ(^^;; こいつ自分が何様だと思ってるんだ? さつきもかなり食い下がるんだけど、それでも一向に受け取らない淳平。さすがのさつきも切れて学校早退しちゃいましたよ(^^;;
そのくせ綾タソのプレゼントはちゃんと受け取ってるんだよねー。まぁ初めは固持してたけどさぁ・・・。で、自分の過ちにやっと気付いた淳平はさつきの元へ走ってやっとプレゼントを受け取るんだけど、これじゃ綾タソが完全に当て馬じゃねーかヨー!!!

やっぱ、淳平は死んでください

今回作画がかなり良かった(いや、、今までのレベルに比べてねw)んだけど、お色気シーンになると途端にヘタレるのはなんででしょ? 一番の見せ所なのになー(笑)
でも、やっぱ作画が良いと嬉しいよね。外村妹なんて萌えまくりデスよーw せめてこのレベルを毎週保ってくれてたら、DVD買うのも苦じゃないんだけどなー(^^;;

DVDでの作画修正に期待は・・・・するだけ無駄だよね。_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

OVA3本ご紹介ー♪

月曜日ー。

なんか暑いッスねー。日中はまだそれほどでもないし外はそれなりに涼しいんだろうけど、深夜にPCの前に座ってるとじっとりとが滲んできます。ってか、この部屋の中だけ異様に暑いんだよなー(^^;;

原因は分かってるんですよ。PCやモニタから出る廃熱やTVも結構熱くなる。電化製品をこれだけ使ってれば室温も上がるのは当然ですよね(笑)
なので今日から扇風機を稼働しました。気温自体はそれほど高くないので扇風機で風を回してやれば結構快適♪ さすがにこの時期からクーラーは使いたくないので、今月いっぱいはコレで乗り切るぞー!!
 
 
さて、今日は溜まってるビデオを消化してました。その中にOVAの先行放送が何本かあったのでご紹介しますー。
 
 
☆ 「きらめき☆プロジェクト」 1話

ktmさんが必死になって勧めてたので、キッズの先行放送を録画してみました(笑)
CMで何度も流れていたので作品名自体は知ってたし、ファンシーなロボが活躍するってのも何となく分かってたんですが・・・。

予想の斜め上を行ってましたw

いやー、確かにファンシーロボだし凄い登場の仕方をしてたんだけど、それ以上に末っ子のネネ(CV:豊口めぐみ)の戦いっぷりがツボw 敵?キャラも変なキャラで笑えたし、バカアニメとしては最高ですねー(笑)
今回は登場だけで終わってしまったファンシーロボの戦いぶりも気になりますし、次回も楽しみにしておきましょう♪
 
 
☆ 「トップをねらえ2」 3話

言わずとしれた名作「トップをねらえ」の続?編も今回で3話目です。今回はチコ(CV:沢城みゆき)が大活躍でした♪ ロリ属性のないウチでもCVがみゆきちなら別ですな(笑)

出だしで自分のバスターマシンを壊してしまったチコ。大規模な掃討作戦が開始される折に新たなバスターマシンが搬入されるんだけど、その登場権を巡ってノノと勝負するコトに・・なるかと思ったら、勝負らしい勝負ってのはなかったですね(^^;;
結局、チコの過去や思いを汲んでノノが譲った形になったんだけど、あれはあれで良かったかなー?

戦闘シーンは相変わらず見応えありましたねー。今回ノノの活躍っぽい活躍はあんまりなかったんだけど、逆に脇役に徹したお陰でノノっていうキャラクターが生きてました。後はラルクの掘り下げをもう少し欲しいところかな? これはまた次回以降に期待しましょー♪
 
 
☆ 「僕は妹に恋をする

少女コミック」連載中の、禁断の恋愛コミックをアニメ化・・・ってコトらしいんですが、もちろん原作は知りませんw なんでも兄妹でヤっちゃうらしくて、さらにそれがエロいって話を聞いていたので、一応録画(笑)

って、全然エロくないやん(^^;;

そりゃ確かにシチュエーション的には、双子の妹とに落ちてしまう(ヤっちゃうw)とか、禁忌を犯していると言う背徳感もあって面白いんだけど、肝心なそのが大して魅力的でもなければ萌えもしない(爆) 元々妹属性の薄い萌え店長的には、全然ツボに入りませんでした(^^;;
逆に、兄弟の間に割ってはいる友華(CV:川上とも子)の方がよっぽど魅力的で良かったですよー(笑)<キャラデザは大して萌えなかったけどw

も結構早足で進んでいくので余韻もなにもないし・・って、ちょっと調べたら元々原作コミックのおまけに付いていたアニメの総集編+新規部分を付けたモノだったんですね(^^;;

ま、これはネタアニメ以外のナニモノでもないですねー(^^;;
見てはないかもしれないけど、もないと思います(笑)
 
 
とまぁ、OVA3本を紹介しましたが、お勧めはやっぱり「トップ2」、次点で「きらめき」。そのずっと後方に「僕妹」ってトコでしょうか。あ、、多分に個人的趣味が入ってますので、あしからずー(^^;;
 
 
さてさて、通常のアニメ感想行きますよー。
日曜分をどうぞ♪
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「まほらば 〜Heartful days〜」 23話

さんの衣装がすげーツボ(笑)

ロングスカートなんだけど、きっちりスリットが入ってるトコがもう最高!! 桃さんはいつも楽しませてくれますよねー。ってか、桃さんマジで愛してます(笑)

ってなわけで、今回は紅葉狩りです。鳴滝荘のメンバー総出で電車に乗って近くの紅葉スポットに向かうんだけど、前回気力を使い果たしてしまった沙夜子さんは真っ白だし、白鳥クンが持つ荷物は異様に重いし・・で、出だしから躓いてます(笑) さらに黒崎親子が電車に乗り遅れる場面もあって、幸先悪いッスよねーw<原作桃さん携帯ちゃんが投げるトコはカットされてたけど(^^;;;

それでも紅葉で綺麗な公園に着いてからはほのぼのした展開に・・はならないか(^^; 桃さんは早速ビール片手に騒いでるし、黒崎親子は銀杏拾いで食費節約を狙ってるしで、まぁいつも通りっちゃいつも通りなんですけどねー(笑)
その後も鬼ごっこしたりして、より一層住人のが深まっていくんだけど、珠ちゃんの執拗な白鳥くん排除は今後の伏線になるのかな?

帰り道の電車内で、いつかはみんなとも別れなければならないことを予感するちゃんと、それを聞いていつまでも一緒にいると宣言する白鳥クン。それってほとんど告白やん(笑) ま、鈍い梢ちゃんは気付いてないんだけどー。
でも、ホントにいつまでもみんなと一緒に暮らしたいって言う梢ちゃんの気持ちは分かりますよね。あれだけみんな仲が良くて楽しく暮らしてるんだし。。

でも、そんな幸せな生活は長くは続かないのがお決まりのパターン。ラストで、桃さんにはエアメール、灰原さんにはファックスと、別れを予感させるアイテムの連続登場でした(^^;;

なるほど、、、次回へのヒキはそう来ましたかー。これで別離フラグが立ったわけだけど、残り3話(だよね?最終回は1時間SPだよね?)でどうまとめてくるか、今から楽しみですー♪
 
 
 
☆ 「こいこい7」 11話

久しぶりのこいこいクオリティ

ココ何話かシリアス(ってほどでもないけどw)な話が続いたので、なんかこういうパロって久しぶりな感じですなー(笑)

ミヤ様が女装哲朗への思いを断ち切って、再びこいこい7の前に立ちはだかるんだけど、なんと人質に眼帯ちゃんを取ってますw これを奪還すべくメンバーは必死になるんだけど、相手は和洋中3人娘。「バビル2世」をモチーフにしたバトルが繰り広げられるんだけど、ポセイドン・ロプロス・ロデムに扮した和洋中がショボ過ぎー(笑)
たいした苦労もなく眼帯ちゃんの元へたどり着けたし、ラスボスのミヤ様もいつもと違って負けを認めるという体たらく(^^;;;

うーん。。。こんなんでいいのかー(笑)

まぁミヤ様もその後、和洋中や屁糞蔓の君に諭されて学園の平和を守り抜くと誓ったりして良い感じだったので許しましょうw
で、その屁糞蔓の君なんだけど、この子も謎の組織と繋がってるみたいですねー。ヲリエ先生と校長もなにやら危惧してるし、、、ラスボスは哲朗パパンで確定かな?

こいこいは残り2話あるみたいなのですが、残り2話はまたシリアス系な話に逆戻りかなー? 最後までバカを貫き通して欲しかったけど、ま、仕方ないか(^^;; ヤヨイたちの謎とかも残ってるしねー(笑)

それにしても、今回の佐藤さんと山田さん。全く話に関係ないカットで出てきたよー(^^;;
ま、佐藤さんの下着姿には萌えましたが(笑) あの後山田さんに何処までやられたのか気になるところですーw

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.13

sakusakuDVD見たー♪

日曜日ー。

寝ぼけた頭で朝起きてシャワーを浴びて、さぁ服を着よう・・と靴下に手を伸ばした時、よろけてしまって、壁に左手親指を強打してしまいました(^^;;
ぶつけた時もスゲー痛くて泣きそうだったんだけど、幸いが剥がれたとかはなくて、ちょっと内出血してるくらいなので、スイカに比べたら全然マシなんだけど、やっぱり痛い(笑)

みなさんも寝ぼけた時の靴下拾いには気を付けましょうw
<って、そんなのお前だけだー(爆)!!
 
 
さて、最近にわかサクサカーな萌え店長。ついにDVDを買っちゃいました(笑) しばらくヌケサクだったんだけど、「極上」のプッチャンを見てなんかまたがついちゃったんですよねーw

で、そのDVDの内容がまた濃い(笑)!!

収録時間が本編111分+特典44分という大ボリュームジゴロウ満載w さらに本編にはジゴロウ&ご意見番のオーディオコメンタリー付きという徹底ぶり(笑) サクサカーでまだDVD買ってないって人は今すぐ買いましょう(笑)!!
ウチも今日は仕事から帰ってずっとこのDVD見てましたヨー♪ 間違いなく買って損のない1本です(^^)v

saku saku DVD Ver.1.0
amazonはこちら
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
土曜分をどうぞ♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 10話

キィシムがエロかった(笑)

タンバルの居城へ侵入した小狼たち。キィシムに足止めされるんだけど、ファイ黒鋼の助けもあって小狼モコナは一足先にタンバルの元を目指すんだけど、その小狼に立ちはだかるのがタンバルの息子。こいつはタンバルに呪術を施されていて異様にマッチョになってるんだけど、結局大して役にも立たずにやられちゃいました(笑)

残されたファイと黒鋼もキィシムの術を破って、キィシムに施されていたタンバルの呪詛も解き放つことに成功。キィシムってば黒鋼にキスなんかしちゃって、いい人でしたw

一方のサクラはというと、街の人たちと城に向かいたいチュニャンを強い口調で引き留め、とある場所へと向かうんだけど、このサクラ、案の定チュニャンの母親チェニャンが乗り移ってました(笑)
ここでチェニャンから呪術の本当の使い道とを託されるチュニャンなんだけど、この鏡が次回の決戦のになりそうですねー。

そして城へと向かおうとするサクラとチュニャンの前に、街の人たちのリーダー的存在である空汰が現れるんだけど、これはタンバルの呪詛に掛かっている操り人形。そんな空汰に二人はあっけなく捕まってしまう(^^;;

息子を倒した小狼は、いよいよタンバルの元へとやってくるんだけど、そこには捕まった二人と操られている街の人たちが待ち受けていた!!

いやー、盛り上がってますねー。サクラが捕まってるのを見てキレる小狼は格好良かったよー(笑)
次回は決着編。この八方ふさがりな状況をどう打破するのか楽しみですー♪
 
 
 
☆ 「英國戀物語エマ」 11話

幼なエマさんの姿に・・・。

前回盛大なラブシーンを演じたウィリアムエマさん。これで原作からかなり離れた展開になるのかと思ったら・・・今回はまた原作に戻ってました(^^;;

ジョーンズ邸からロンドンに戻ったエマアルの家で一晩を過ごす。翌日ウィリアムはメイドたちの制止を振り切ってケリー邸を訪ねるんだけど、もちろんそこにはエマの姿はなく、変わりにアルと出会う。
そのままアルの家へと向かうウィリアムなんだけど、途中で花を打っている少女に出くわす。これが後々の伏線になるのかと思ったら、そうでもなかった罠(笑) そして、アルの家でエマを待つことにするんだけど、その間アルからエマの過去を聞くコトに。

エマさんは海沿いの村で生まれ幼い頃に両親を亡くし、叔父夫婦のやっかいになっていたんだけど、暮らしは貧しく、エマも海で貝を捕りそれを街で売ることで家計の足しになるように働いていた。そんなある日、いつものように貝を捕り街へ売りに行くように命じられたエマが街への道のりの途中で人さらいにあってしまう。
そのままロンドンまで連れてこられ、売春宿に売られそうになるところを間一髪逃げ出したまでは良かったんだけど、もちろん一文無しなので食べるところも寝るところもないので必死に働き口を探すんだけど、もちろんすぐに見つかるはずもなく、何件か回った末にとあるお屋敷でやっと簡単な仕事と食事を得ることが出来た。昼間はコペントガーデンで仕入れた花を売り歩き、夜はお屋敷で働いて幼いエマは育っていったのである。
原作だとこのあとケリーさんとの出会いがあるんだけど、アニメではカットされてました(T_T)

ウィリアムがアルの元でエマの過去を聞いている間、エマは何をしていたかというと、ロンドンの町並みを一人歩いてウィリアムとの思い出を噛みしめていました。このエマさんの行動・・・やっぱりロンドンを出て行く覚悟をしていたのかな?
そして、エマの衝撃の過去を聞いたウィリアムは、エマの帰りを待たずに一人帰路に着く。

うー、、結局なにも変わってないじゃーん(笑)

しかも、次回は最終回だっていうし、なんの片も付いてない状態で最終回を迎えるのは非常に不安です(^^;; ハッピーエンドで終わるとは思うんだけど、エレノア嬢のコトとかその他諸々を放ったままでラストを迎えるはちょっとなぁ・・・。
でも、やっぱりあの二人にはシアワセになって欲しいし・・・、なんか凄い複雑な気持ちです(;^_^A アセアセ…

今までの出来が良かっただけに、すっきり終わって欲しいなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

劇場版Zガンダム 見てきたー!

金曜日ー。

昨日は「劇場版機動戦士Zガンダム」を見てきましたー♪

ktmさんと一緒に行こうってコトになりまして、川崎まで行ってきました。19時に川崎に待ち合わせだったので、その前にメイトで買い物もしてきましたヨー(笑)

メイト買い物分

・ CD
「絶対少年」 OP
「魔法先生ネギま」 5月度OP
「PS版 舞-HiME」 OP
「これが私の御主人様」 OST
「舞-HiME」 キャラクターアルバム2
「硝子の靡風」 KOTOKO 2ndアルバム

結局「ハピマテ」はメイトで買っちゃいました(^^;; amazonに注文してたんだけど、納期が掛かりすぎてキャンセルしたんだよねー。あと「いちご」の最新刊と「まろまゆ」の1巻を買って、13kほどのお買い物。こないだ集計取ったばっかりなのに、早速散財してますよー(;^_^A アセアセ…

その後川崎に向かったんですが、途中で何度か道を間違えて酷い目に(^^;; もうあのナビはホントに分かりにくい・・。高速の分岐くらいまともに表示してくれよー(T_T)
それでもなんとか待ち合わせ時間の30分前には到着出来たので良かったです。で、早速映画館に向かって「」を視聴したわけですが・・・。

いや、おもしろかった!!

TV版はほとんどみてなかったんだけど、初めの数話は見ていたので冒頭の飛ばしっぷりにもなんとかついて行けたし、シャアが格好良く描かれてるのも好印象。元々ファーストは大好きだったから、ファーストのキャラが出てくるだけでキャーキャー言ってましたしー(笑)
カミーユは思ったほどウザイキャラじゃなかったですねー。聞くところによるとTVとはだいぶ違った味付けになってるようで、それが良い方向に向いてたのかな? ちょっと甘えっ子なとこもあったけど、ちゃんと先輩方を敬っててシンちゃんとは大違いですw
それに、新規作画部分の超絶作画!! 旧作画と比べるとその差は一目瞭然なんだけど、それでもわざとぼかしを入れたりして苦心してるのは分かりますよね。ホントに格好良くて、特にMS戦は見所満載でスゲー楽しめました♪

そんなわけで、「劇場版Zガンダム」の評価は・・・。

80点!!

さすがに元を多少知らないと分かりにくい話ですが、ウチみたいに「ファースト+Zの初めの数話+聞き及んでいた情報」でも十分分かりましたし、上手く纏まってたと思います。ラストのアムロシャアの再会シーンは鳥肌モンでしたヨー!!

まだ見てないって人は早く見に行きましょー(笑)
 
 
さて、、いろいろ物議を醸している例のDELLの件ですが・・・。なんと、買えるようになっちゃいました(^^;;

昨日の昼間にこんなメールが来てたので、もうすっかり諦めていたんですが、今日になって登録先にしていた店の方(自宅はほぼ無人なので連絡先はいつも店にしてるw)に電話があったらしくて、その際のやり取りでなんだか買えるようになったようです(笑)
ウチが眼科出向してる際に電話があったようなのですが、その電話にでた店の者がDELLの担当者と口論になったらしくて、最終的にウチが医療機関に出向してるってコトを伝えたら、「それなら・・・」とOKになったらしいです(^^;;

って、ウチは別に医療機関じゃないぞー(^^;; 出向してるってだけで、別に全く関係ない組織だし、そんなんでホントに良いのか? ま、売ってくれるというなら喜んで買うけどさぁ(笑)

でも、回りには買いたくても買えなかった人がたくさんいるわけで・・なんか悪いなぁ。今後も医療機関向けの情報はDELLから回ってくるらしいので、いい出物があったらみんなにも紹介してあげよう。<変わりに買うくらいは平気だよね(笑)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
水曜・木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「極上生徒会」 10話

水着祭り、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!・・・のかな?(^^;;

到来!! 宮神学園にもプール開きの季節が来るんだけど、このプールが曲者らしい(笑) どうやら学園の生徒目当てで近隣の男子生徒が忍び込みを企むらしくて、その対応に極上生徒会も頭を悩ませてるんですよねー。

それでも奏会長が楽しみにしているプールを中止にすることは出来ないので、対策会議が開かれるんだけど、そこで隠密が集めた宮神学園の人気ランキングは発表されました(笑)

1位はもちろん奏会長。2位は副会長(隠密)の久遠。3位はなんと遊撃の小百合!! ま、眼鏡っ子で実はナイスバディってな話だから納得かも(笑) 上位はそんな感じで、残りは順当に聖奈琴葉とか入るんだけど、いつまでも名前を呼ばれないれいんや、りのと同じ順位で悔しがる奈々穂とかが笑えましたw<管理人さんが12位ってのも凄いな(笑)

で、肝心の対策なんだけど、紆余曲折の末に情報操作をしてプール開きを中止するという偽情報を流すことになったんだけど、それを知らずにが奏会長がりののために用意したヘンチクリンな水着を着て男子生徒の前に現れるんだけど・・・あの視線は寒かったねー(^^;;

結局、生徒たちは豪華客船をチャーターしてそのデッキ上にあるプールで楽しむことになって一件落着♪ みんなの水着姿もここでやっと披露されて萌え度MAX!! そして、ついに奏会長の登場ってコトでひときわ盛り上がるんだけど、登場した会長の姿は・・・、あのヘンチクリンな水着の色違いでした(;^_^A アセアセ…

今回は笑いもあり萌えもありでスゲー満足な1話でした。
それにしても、奏会長のセンスはわからんなぁ(笑)
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「これが私の御主人様」 9話

こっちも水着祭り、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

アイドルになる決心をしたいずみは、グラビア撮影のためにリゾートにやってくるんだけど、思った通り撮影は上手く進まない。そこに義貴安奈が現れていつものドタバタに早変わりなんだけど、さらに金髪美女のアリシアとメスワニにエレンが現れて原作ノリになってきましたねー。

ポチがエレンに一目惚れしちゃうんだけど、それを利用してアリシアに近づこうとする義貴。アリシアはそんな義貴の思いを知ってか知らずか義貴を自室に招待するんだけど、それをいずみが必死に止めようとする。それにしても、別にいずみに被害が加わるわけでもないのに、あれだけ必死に止めようとするのはなんだろうねー。やっぱ正妻だから(笑)?

そして、いずみの制止を振り切ってアリシアの元へ辿り着いた義貴とポチは、その後恐怖の体験をすることに・・(笑) そう、アリシアとエレンは究極の女王様だったのだ! そしてそれにいずみも加わってをふるいまくるんだけど、あのイキイキとしたいずみはアレはアレで萌えましたw
でも、いずみって実は究極のだと思うんだよねー。そりゃ借金というはあるけど、なんだかんだと言いながらも義貴の言いつけをきちんと守るし、みつきの陰謀や黒さもちょっと考えれば分かりそうなものなのに、気が付かない・・っていうか思考することすらしてないし。ま、Sな部分もあるんだろうけど、本質は絶対だと思うぞ(笑)

と、原作ネタはココまで。この後はいずみのデビューイベントが控えてるんだけど、やっぱりコレは納得いかないよなー。義貴じゃないけど、やっぱりいずみは一メイドであって欲しいし(笑)
そこで、義貴・安奈・いずみパパン・ポチがデビューイベントを邪魔しようとするんだけど、必死に逃げるいずみにアリシアが手助けをして、、、って、女王様の格好でイベントに出ちゃったよ(^^;; 案の定ファンには引かれるんだけど、ポチが乱入にて獣姦チックになったとこで、ファンも戻ってきて一件落着・・・なのか(笑)?

ラストのいずみの借金が異様に減ってたんだけど、みつきがいつの間にか3000万近くも稼いでたのね(^^;; ってか、どうやってそんなに稼いだんだ? アイドルイベント1回でそんなに稼げるとは思えないぞー(笑)!!
やっぱ、裏サイトでいずみの18禁画像を売りまくってるのかなw? ウチにも買わせろーーー(爆)!!
 
 
 
☆ 「フタコイ オルタナティブ」 10話

恋太郎はいつまでグジグジしてるだろう。。。

結局ホテルでは何もなかったのかな? 普段通りに双樹と接する恋太郎なんだけど、そんな恋太郎に双樹はまた自分を探して欲しいと依頼するんだけど、、、なんでそんなに探して貰いたいんだろうねぇ。さっぱりわからん・・・・。

そんな双樹を放って恋太郎は変な着ぐるみを着て、地上げに遭っているニコタマ商店街を守る為のビラを撒くんだけど、そこにイカファイヤーが登場。アパートを焼いたのはこいつの仕業だったんですなー。今回は顔見せ程度で去っていったんだけど、ラスボスはこいつなのか(笑)?

居候させてもらっている杉作のおばちゃんトコに戻る恋太郎を迎えたのは、ニコタマ商店街の面々。探偵事務所開設2周年ってコトでお祝いされる恋太郎なんだけど、双樹の姿が見えないと騒ぎ出す面々に押し出されるように双樹捜索にでる。
バイクで必死に辺りを探すんだけど、双樹の姿は見あたらない。それでも必死に探す中、乗っていたバイクが転倒してしまうんだけど、それでも探すことを諦めない恋太郎は、怪我した足を引きずって、多摩川の河原でついに双樹発見

って、毎回同じ展開見せられてもねぇ・・・。

と、ココでイカファイヤーが再登場!!
ニコタマの街をまた火の海にしようと暴れてますー(笑)
必死に逃げる商店街の人々に混じって恋太郎と双樹の姿も見えるんだけど、恋太郎は何を思ったか逃げずにイカ怪人の方へ行こうとしてますヨー。これで次週は恋太郎vsイカファイヤーの構図になるのかな?

最後はちゃんと盛り上がってくれると・・信じたいです(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.09

W杯出場決定!!

水曜日ー!

今日はもう真っ直ぐ帰宅ですよー。なんでかって、そりゃサッカーの代表戦があるから!!

今日の北朝鮮戦で勝ちor引き分けで来年のドイツW杯出場が決まるという大事な一戦。全裸正座待機・・・はしなかったけど、それなりに期待は大きい試合です。普段は12時前後から人が集まり始める某チャットも、今日ばかりは7時過ぎになるとかなりの人数が集まってきたので、チャットしながらみんなで観戦しました♪

そして、柳沢ゴール!!

もうみんなで「ゴール!」の連呼。そしてトドメの大黒の一発!! 完璧な勝利でしたねー♪ ラス前にちょっとイヤなシーンがあったけど、勝てば官軍ですなw

これでW杯出場を1番乗りで決めた日本代表。
本戦でもがんばってくださいー♪
 
 
さて、先日話題にしたDELLの激安PC&液晶。なんか今になって買えなくなったという人が結構出てるみたいですね・・・(^^;;;
web上の注文までは上手くいっても、振込で時間が掛かったりして予定台数を超えてしまったり、カード決済でマルチオーダーステータスにも登録されていたにもかかわらず突然それが消えたりしてる人もいるみたいです。かくいう私も、未だにマルチオーダーステータスに反映されてません(^^;;<火曜午前中振り込み
DELLもさすがに今回は損失額が大きくなりすぎてビビッてるのかな? 注文数が半端じゃなかったらしいし・・・。液晶の方はそれでも発送されるらしいけど、PCに期待してた人の方が多いだろうし、ちょっとなんだかなぁ・・・って感じですね。

ま、受注システムのを付いたような注文方法だし、断られてもそう強く言えないトコがツライトコですなぁ(;^_^A アセアセ…
 
 
さてさてアニメ感想ですー。一気に書き上げたかったんだけどサッカーやDELLの件でいろいろ調べてたので時間がなくなっちゃいました(^^;;
なので、火曜分だけどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 10話

攻殻で泣くとは・・・・(^^;;

9課の新人採用試験。少佐がターゲットになって新人に尾行させるんだけど、いきなり少佐の尾行ってのは荷が重すぎるよねー。案の定、ほとんどがあっさり尾行を振り切られちゃうんだけど、最終組のテストの最中で急に少佐が消えてしまう。尾行のサポートをしていたバトーたちも追い切れずに少佐は完全に行方不明(^^;;

で、当の少佐はというと、自分も今どこにいるのかが分からないんですよね(笑) ゴーストをハッキングされた可能性を模索する少佐なんだけど、見たこともない町並みに強い違和感を覚えながらも目的地であろう1つの店舗にたどり着く。
そこで、不思議な2体の子供の擬体と謎の老婆と出会うんだけど、この時はまだ謎のままで、老婆が店を閉めるというので渋々その場を後にする少佐。

店を出たらフツウの空間に戻っていて、その時はまるで夢のような感覚を持つ少佐。それでも何か思うことがあったのか、もう1度その場所へ行きたくて翌日に同じルートを辿って、また謎の店舗までたどり着く。
今度は謎の老婆もちゃんと話をしてくれて、2体の擬体について詳しい話を聞くことが出来たんだけど、その老婆が語った物語が泣けました・・・。

飛行機事故で左手以外の自由を失った少年。そして同じく生き残った重傷の少女。少年は少女のために折り鶴を折り始めるんだけど、意識の戻らない少女には届くはずもなく少女は遠いところに行ってしまったと告げられる。
それでも少年は来る日も来る日も鶴を折り続けるんだけど、そんな中若い医師が少年に完全擬体の話を持ちかける。擬体になれば動かなくなった他の手足も動くようになるし、ベッドからも抜け出せるというんだけれど、少年は鶴を折り続け、擬体になったら折り鶴を折れないからと言って拒否し続ける。
そこで若い医師は同じ子供の擬体を使っている少女を連れてきてココロを開かせようとする。そして少女が少年の折り鶴を折り始めるんだけどやはり失敗してしまう。少年はその姿を見てやっぱり擬体化を諦めるんだけど、その日以来少女は少年の前から姿を消してしまう。「今度は私があなたのために折り鶴を練習するね・・・」という言葉を残して・・・。
そう、その少女が少年が死んでしまったと思いこんでいた少女だったのである。それを知った少年はその後全身擬体化をして辛いリハビリにも耐えてその少女を捜すんだけど、結局少女は見つからず終い・・・。で、大学の研究所で少女の擬体を発見して、この店に持ち込んだという。。。。

こうして物語は、老婆の一人語りの形で進められるんだけど、バックに流れる「i do」の悲しげなBGMに折り鶴の丁寧な作画。その少女は少佐だったんですが、擬体の少女が出てきたあたりから気づき始めたんだけど、それに気付いてからはもうが止まりませんでした。

2ndになって微妙な話が多かったけど、この回が見れただけでも2ndをやった意味がありますよね。マジ良かったデスー(∋_∈)//
 
 
 
☆ 「いちご100%」 10話

ホワイトデーのお返しで涙する綾タソ、、、激萌えっ!!

前半と一緒にホワイトデーのプレゼントを買いに行く淳平なんだけど、初めに買ったプレゼントの価格差はもちろん綾タソが高い方だよね(笑)?
その帰り道につかさタソと出会うんだけど、そこで初めて家の前に置いてあったチョコがつかさタソからのモノだと気付いた淳平は、立ち去るつかさタソを追いかけてお礼をいうんだけど、久しぶりにみたつかさに惚れ直す淳平はダメダメだよなー。いまさら逃がした(逃がしてないけどw)魚は大きいと思っても、もう戻らないんだよねw<いや、戻るんだけど・・・(^^;;
そしてホワイトデー当日。唯と一緒に買ったプレゼントは勢いで唯にあげてしまったので、慌ててコンビニで買ったプレゼントを綾タソとさつきに渡すんだけど、お前ホントいい加減だな(-_-メ)
それでも、そんな安物のプレゼントを貰ってするのが綾タソの良いところ!! ってか、あの涙を見て何とも思わない淳平は死んでください・・・。さつきにも同じプレゼントを渡すんだけど、こっちはまぁフツウに喜ぶだけw<いや、十分凄い喜び方だったけど、やっぱあの涙に比べたら弱いよなー(笑)

やっぱ、綾タソは最高だーーー!!!

で、後半。なぜか淳平と綾タソがデートすることになってるんだけど、一体いつそんな約束を取り付けたんだ(笑) ま、アニメは相当端折ってるから今更そんなこと言っても仕方ないかw で、二人で映画を見に行くんだけど、この映画館でついに外村妹登場!!

外村妹は「いちご」の聖域であり良心ですw

っとまぁ、それはいいんだけど、淳平たちが見ていた映画を外村妹(名前は美鈴ねw)がぼろくそに貶して雰囲気は険悪。その後も淳平は外村妹の言っていたことが気になってデートに集中出来なくて・・・。せっかく二人で入ったファーストフード店でも話が盛り上がらなくて(これは外村妹のせいじゃなく淳平のスキル不足だけどw)、微妙な雰囲気になりかけた時に綾タソが助け船を出してくれました♪
いやー、やっぱ綾タソはいいねー。淳平もそんな綾タソに惚れ直したようで・・・って、お前前半じゃつかさタソにメロメロだったじゃねぇかーーーー!!

ホント、、こいつ、殺してイイですか?

今回、作画はいつもの通り。アップ絵は見れるんだけどそれ以外はまるっきりダメ・・・。せっかくの外村妹の登場も微妙な作画だったし。
うーん、、だいぶ慣れたけど、やっぱり悲しいですなぁ・・・。

ネギま」が羨ましい・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

一周年!!

火曜日ー。

普段更新しないはずの火曜になんで更新するかというと、タイトルにもあるとおり当blogは6/8をもって、満一周年を迎えました♪
いやー、開設当初はココまで続くとは思いませんでしたよー。元々飽きっぽい性格だし、回りからは3日続けばいい方なんて言われてましたが、1年持ちましたヨーw

で、一周年なので、なにか大きなネタを・・・・と、思ったんだけど、なんもありませーん(笑) っていうか、数日前まですっかり忘れてたんですよね(^^;;
かといって、なにもやらないのも寂しいので、某ktmさんから良い(?)アイデアをいただいたので、早速それをやってみましょう!!

で、それは何かというと・・・。

この1年でどれだけダメ出費をしたか!!

ですw
毎月毎月アニメイト等で散財しまくってる金額がいったい1年でいくらになるのか・・・。ちょっと想像しただけでも怖いデスよねー(笑) それを発表しようというのも正気の沙汰とは思えませんw でも他にネタもないしー(;^_^A アセアセ…

ってなわけで、早速発表です。この1年で使った金額は・・・。

総計約460,000円なりー!!

うーん、微妙な額ですね(^^;; 思ったより少ない? それでも、月に38kほどは溶かしてるわけで、決して少ないこともないか・・・。
しかもこの金額は、DVD・CD・コミック・エロゲwだけの金額であって、それ以外にもHDDレコとかPC関連とかに使ってる金額を入れたらもっともっともっと逝くわけで・・・(^^;;;
 
 
ってなわけで、こんなんでましたw
使ってる人はもっと使ってるだろうけど、だいたい一ヶ月でDVD3〜4枚、CDいっぱい、コミックそこそこを買ってるとこのくらいになりますねー。これが1つの指針になれば幸いです(笑)
 
 
ってか、、、貯金しようよ・・・(;^_^A アセアセ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.07

DELL、サーバPCも買っちゃったw

月曜日ー。

昨日紹介したDELL裏技。昼に店舗用にもう1台液晶を注文しようと思ったら、すでに対策されてました(^^;;<クーポンがなくなってた。
でも、PCの方はまだ行けたので、勢いで買っちゃいました(笑) ま、あの値段だし、自宅で使わなくても店で使うかもしれないので、使用方法は届いてから考えますw
 
 
さて、今日は特にネタもないのでさくっとアニメ感想行きましょー♪ っていうか、もう肩こりが酷くて限界なのです(;^_^A アセアセ…
日曜・月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「こいこい7」 10話

だべさ」のないヒフミは魅力半減・・・でもなかった罠(笑)

なぜか冒頭からキャラが変わってしまっているヒフミ。勉強も出来るし大人しいし口調もまとも(笑) いったいなんでこんなになってしまったかは、アキヲ眼帯ちゃんが知っているらしいんだけど詳細不明。そんなヒフミに和洋中の一人である和子が嫉妬心を抱いてますw

ヒフミの謎を握ってる二人は山奥でなにかを探してるんだけど、それはヒフミを変えた原因であるマンドラゴラ。これを不用意に引き抜いたら最後、性格が変わってしまい、さらに記憶も徐々になくしてしまうらしい(笑)<スゲー設定だなw
これを直すには生のマンドラゴラを食べさせるコトで、二人(眼帯ちゃんはやる気なさげだけどw)はそれを必死に探してる訳ですねー♪

当のヒフミはそんなことも知らずに、股間哲朗の顔に当てたり、写真部の部室で山田さんと佐藤さんにいじられたり、哲朗に半ケツ見られたりと、サービスしまくりデスw
それにしても、山田さんと佐藤さんのスパッツに対するこだわりはステキだねー(笑) やっぱ最強キャラだ♪

そんなヒフミも徐々に記憶が薄れていって一番大事なアキヲのことを忘れてしまいます。この二人は幼なじみで小さい頃からいつも一緒だったので、繋がりも人一倍強いんだけど、それを忘れさせるのがマンドラゴラの効果なのかな?
そこを和子に付け入られて、ついに捕まってしまったヒフミは、ここでもサービス満載(笑) いきなりナースコスでパンチラしまくりとは恐れ入りましたw さらに変なロボ(ジャイアントロボのパロ?)も出てきて、ヒフミに恥ずかしいポーズをさせるんだけど、ここでヒフミのガマンが限界に達したのか記憶が戻りアキヲを呼ぶと、それに答えるアキヲの姿が!!

いやー、来ると分かっていてもちゃんと来るところが良いですねー。そしてお姫様を助けるが如くヒフミを救出するとこもカコイイ♪ 百合っぽいんだけど、百合っぽくないトコも良いですな(笑)

そして取ってきたマンドラゴラをヒフミに食べさせて、「だべさー」復活♪ やっぱヒフミは「だべさ」がないとねー(笑) って、あれ? なんか忘れてるような・・・。って眼帯ちゃん置いてきてるよーw

一人でマンドラゴラを抜きまくって喜んでる眼帯ちゃん。萌えマスター
 
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 10話

ばっかりの合体なんていらない・・・・(笑)

なんか今回は微妙な1話だったなー。なので、感想も短めに(^^;;

冒頭、シリウスアポロが剣の勝負をするんだけど、アポロが卑怯な手を使って勝ちを収める。それに気をよくしたのか、直後の現れた神話獣の迎撃に向かった際に命令を無視して無理矢理トップを取るんだけど、神話獣が思いの外強くてシルヴィアが大ダメージを受けてしまう。

責任を感じたアポロと、それを許せないシリウスがまたケンカするんだけど、またケンカ中に神話獣襲来。いったんはシリウスがトップになって合体するんだけど、機体のダメージがまだ残っていてすぐにTOP交代(笑) 再度の合体前になにかを掴んだようだけど、アポロがトップになっても苦戦は変わらず、またアポロとシリウスがいがみ合いを始めるんだけど、これがなんだか知らないけど新技に繋がりました(^^;; その名も・・・。

無限交差拳」(笑)

うーん、、、微妙(^^;;
笑えもしないし格好良くもないし、もちろん萌えない(笑)
うがー、こんな甘いモノじゃ満足出来ないぞー(爆)!!

とりあえず敵は撃破出来たけど、なんだか微妙なお話でした。唯一の見所はシルヴィアのココロの変化くらいかな?
とにかく合体台詞のないアクオンなんて、魅力半減もイイトコですな・・・。次回は予告で麗花さまが凄かったので、期待してますよー(笑)!!
 
 
 
☆ 「こみっくパーティーRevolution」 10話

温泉パンダだけいつも作画が悪いのは何故だ(笑)?

ふとしたことから出会ったちゃん様あさひ。二人は意気投合して・・っていうか、ちゃん様が一方的に友達宣言をするんだけど、あさひも友達が欲しかったようなので、まぁOK
二人で写メ撮って待ち受けにしたり、メールのやり取りしたりするんだけど、人付き合いに慣れていないあさひのぎこちなさが可愛いねー♪ ちゃん様もなんだかんだいって嬉しがってるし(笑)

そんな二人が休日にショッピングに出かけるんだけど、そこであさひのファンと出くわしちゃって、ちゃん様は蔑ろにされてショックを受ける。って、そりゃ天下のカードマスターピーチCV桜井あさひとちゃん様じゃ、いくらこみパ界では人気同人作家といっても敵いませんわなー(^^;;

そこでちゃん様。自分の力を見せるためにこみパの売り子にあさひを招待するんだけど、開場後すぐにあさひの正体がばれちゃって、大パニックに(^^;; 結局サークルブースは閉鎖。ちゃん様は失意の中和樹たちの元へやってくるんだけど、ちゃん様は仲間の元へ戻れば気が晴れるだろうけど、あさひはそうもいかないよね・・・。
そんな一人屋上で佇むあさひを和樹が見つけて、慰めてあげるんだけど、ホントこいつは良い役だよなー(笑)

で、当のあさひは、和樹に励まされて元気を取り戻したかと思ったんだけど、ちゃん様にひと言謝りのメールを入れただけで、一人寂しく帰路についちゃう・・・。って、それで良いのかー!? と、思ったら、ちゃんと最後に良いシーンが残されてましたねー♪

あさひが向かったのは夕陽が綺麗な海岸。そこで一人佇むんだけど、後ろから見覚えのある姿が向かってきて、夕陽に向かって「バカヤロー!」と叫ぶバカが一人(笑)
そう、ちゃん様ですー♪ ちゃんとあさひを追いかけてココまで来たんだねー。そしてすぐに仲直りして、さらに恋の話まで(笑) うんうん、いい締めでした♪

初めはこの二人のカップリング、本物のアイドルと自称アイドルとではそのは大きいかと思ったけど、、こうも綺麗にまとめられると脱帽ですねー。末永くいい友達で居てほしいモノですなぁ♪


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.06

感想率調査 始まる♪

日曜日ー。

今日はネタがいっぱいですー♪
まずはこちらから。

2005春 感想率調査 はじめるよー

もはや恒例となった光希桃さんの感想率調査。いよいよ2005年春番組の集計が開始されました。ウチは過去2回ほど参加させて頂いてるんですが、毎回興味深いデータが集まるのでとても参考になりますし、そんな貴重な調査に参加出来ること自体、光栄なコトですね♪
もちろん今回もがんばって参加させて頂きます。データの提出には結構時間が掛かるのですが、今週1日はこの作業に費やす所存でございますので、よろしくご期待くださいませー(^^)v
 
 
お次はこちら

DELLの19インチ液晶モニタが2万円&PCも2万円

DELLはたまーにネットショップにが開くんですよねー。以前も24型液晶にPCがタダで付いてくるなんて大きいモノもありました(笑)
あのときは価格が高かったので手が出なかったんだけど、今回のは爆安!! 19インチ液晶が20kでサーバ用PCが22kなんて、ちょっとしたお小遣いで買えちゃう額ですよーw

そんな訳で、さくっと購入してしまいました(笑)

買ったのは19インチ液晶の方。前々からサブモニタが欲しかったので、この価格ならもう即決です。性能的にメインで使うのはちょっと厳しいけど、サブとして使うなら十分でしょー♪

と、某チャットで購入報告&紹介をしたら、次々と購入者が出てきました(笑) 液晶だけでなくPCと同時購入って人もたくさん居たんだけど、確かにサーバPCの方もあのスペックで22kならマジで安いですよねー。ウチも欲しくなってきたかも(^^;;
そんなわけで、某チャットからPC・液晶同時購入者が4人、液晶購入者が2人も出てしまいましたw これで不具合多発したら目も当てられないな・・(;^_^A アセアセ… 何事もないよう祈りましょう(笑)

あ、、この技は6/6までですから、自分も欲しい!!って人はお早めにー♪
 
 
最後に・・・。

金曜深夜の「サッカーW杯最終予選第4戦バーレーン戦」。結局最後まで見ちゃいましたよー(笑) キックオフのあとしばらくしたら寝ようと思ってたのに、小笠原のゴールで火がついちゃって、そのままラストまで観戦。さすがにチャットは前半終了時に落ちたけど、結局寝たのが4時過ぎで3時間も寝られなかった罠(^^;; 5時間寝ないとツライのにー(笑)

でも、勝って良かったですねー。これで次戦の北朝鮮戦で引き分け以上なら3大会連続のW杯出場決定ですし、かなりドイツが近くなりました。北朝鮮戦に主力3人が出られないけど、なんとかなるでしょー♪ ってか、何とかしてください(笑)
 
 
さてさて、アニメ感想です。
土曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 9話

チュニャンが異様に萌えるんですけど・・w

悪の領主タンバルの力の源がサクラの羽根であると推測したファイ。だとすれば城には羽根があるはず・・・と小狼は意気込むんだけど、その城には強力な結界が張られていて手も足も出ない。そこでモコナ侑子に助力を仰ぐことを提案。って、モコナに「提案」とかって言葉を使うのはちょっと気が引けるなw

侑子はファイの杖と交換で奇妙な黒い玉を授けるんだけど、さすが侑子。ちゃんと城の結界を破って見事侵入成功。でも城の中も術が掛けられていて行けども行けどもタンバルの元には辿り着かない。そこでファイがカン?を頼りに探し出した壁を黒鋼が壊して、道を付くんだけど、そこに待ち受けていたのは妖しいオンナ

キィシムと名乗るそのオンナは、小狼たちを術の施された空間へ導くんだけど、そこか浮かんでる水玉に触れると火傷をしてしまうという危険なトコロ。キィシムの攻撃をすり抜けて、なんとか小狼とモコナだけを先に進めることには成功したんだけど、残されたファイと黒鋼は結構ヤバイかもー(^^;;

一方のサクラチュニャンは、街の人たちが決起して城へ攻め入るコトを聞いて、チュニャンが自分もも一緒に行くと言い張るんだけど、それをサクラが妙な口調で止めるんだよね。あの口調はチュニャンの母親が乗り移ってると考えても良いのかな? 前回対峙してたしね。

次回は決着編になるのかな? 前回も書いたけど、話をすっかり忘れてるので結構展開とか面白く見てます(笑) やっぱCLAMP作品はアニメのが面白いよなーw
 
 
 
☆ 「英國戀物語エマ」 10話

オリジナル展開、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ケリーさんを失ったエマさん。失意の中ウィリアムの自宅へと赴くんだけど、原作みたく待ち合わせをしていたわけじゃないのねー。それをハキムが気付いて屋敷内に導くんだけど、ジョーンズ家の豪邸を見て圧倒されるエマ。いままであんな豪邸は見たことなかっただろうから、そのショックは容易に分かりますねー(^^;;

客間に通されたエマを一目見ようと、ウィリアムの姉弟たちが押し寄せるんだけど、ハキムが現れてクモの子を散らすように退散する姿は微笑ましかったですねー。コリン置き去りだったけどw
ハキムはエマにウィリアムを待つように説得するんだけど、その間姉弟たちは喧々噪々。特にヴィヴィーが凄くて、「一言言ってやる!」と意気込んで出かけたんだけど、階段の手すりを滑り降りるなんて、とてもレディとは思えないおてんばぶり(笑) でも、それがまた可愛いんだけどねー♪ ホント上原ともみ・・じゃなかった、水橋かおりはこういう勝ち気な妹キャラやらせたら天下一品だねー。「ふたご姫」でも良い味だしてるし♪

で、当のエマなんだけど、ハキムの制止も聞かずに席を立ってしまう。このままウィリアムと会わなくて良いのか? そのまま故郷へ戻ってしまうのか? とドキドキしてたんだけど、外に出たとき見覚えのある姿が・・・!!

いやー、ここでエマとウィリアムを会わせるとは、やってくれますねー。原作ではそのまま出会わずにエマさんは汽車にのって旅立ってしまうんだけど、アニメではこうきましたか。確かに残り話数考えるとメルダース家のエピソードを入れるのは不可能だしねー(^^;;

っとと、、本編に話を戻すと、ここでエマとウィリアムが抱き合うところをジョーンズ家のほぼ全ての人間が目にすることになるんだけど、当然家長であるパパンも目撃したわけで、次にパパンが取る行動は・・・って、いきなり平手で来ましたか(笑)
パパンのひと言でエマは立ち去るんだけど、追いかけるウィリアムの遅すぎw ってか、ウィリアム家ってかなりの郊外にあるはずなのに、そこから徒歩で帰らせるウィリアムには呆れましたよ(笑)

エマはそのままアルの元へ行くんだけど、これで次回はエマの過去話になるのかな? 原作とかなり違う展開(っていうかもう一つの可能性?)になってきたので、先が全く読めないので、かなり楽しみになってきました。
エレノアはどうするのか?とか、家督はどうするのか?とか、ウィリアムのママンは出てこないのか?とか、メルダース夫人の裸体は見れないのか?とか、めっちゃ気になりますよーー(笑)!!
<後半は趣味デスw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.04

感想いっぱい夢いっぱい?

金曜日ー。

さぁ、これからW杯最終予選の第4戦、バーレーン戦が始まりますよー。開始時間が(日本時間で)遅いので明日が早いウチにとって結構きついんだけど、明日に響かない程度に観戦しますー(笑)
 
 
っと、観戦モードに入りますので早めの更新。
溜まってたアニメ感想行きますよー♪


・ 水曜日
 
 
☆ 「極上生徒会」 9話

小百合の幼女時代に萌えーー!!

突如バイクに乗って現れた美女君塚優子は、極上生徒会の遊撃、飛田小百合に縁のある者だった。彼女の襲来で、小百合とその幼なじみであるれいんの様子がおかしくなったコトに不審を抱いた極上メンバーが早速調査を開始。確かに優子が現れてからの二人はなんか深刻顔をすることが多いし、二人で抱き合っちゃったりしちゃって、なんとも百合チックでした(笑)

隠密の聖奈さんが事情を聞きに小百合の実家を訪れるんだけど、聖奈さんはああいう役はホント似合うよねー(笑)
コトの真相は、小百合が優子の父親との試合の時に大きな怪我を負わせてしまったコトが原因のようです(初めは殺したのかと思ったけど、怪我で良かったw) 小百合はそれを憂いて実家を飛び出したトコロを奏会長に拾われた・・と。一応真相は分かったけど、解決の糸口は小百合本人に委ねるしかありませんね(^^;;

で、当の小百合はれいんの励ましもあり自分をちゃんと取り戻し、優子と対峙することになるんだけど、やっぱり実力差は歴然。小百合の圧勝で無事一件落着ー。優子も元々本気で敵討ちに来たわけじゃなくて、小百合に自分を取り戻して欲しかった気持ちの方が強かったみたいだしね♪ って、その割にはこてんぱんにやられちゃって、小百合もあそこまで痛めつけることはなかったんじゃ・・・(^^;;

とまぁ、今回は小百合のエピソードに終始したわけですが、なんか最近ジゴロウの出番が少ないような・・・(笑) もっとジゴロウの活躍キボンヌーー!!
あ、来週は水着祭りっぽいので、ちょっと期待ageですw
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「これが私の御主人様」 8話

けなげないずみにちょっと泣けた・・・(嘘

他のみんなが揃って外出しちゃって、屋敷にひとりぼっちのいずみ。この時こそ!と羽根を伸ばせばいいのに、こういう状況になれてないのか間が持たないんだよね。そんないずみが愛おしくて仕方ないですw

そんないずみの元に、末の妹のかりんが会いに来ました。なんでもパパンが交通事故で大怪我をしてママンがその看病に付きっきりなってしまってかりんの世話が出来ないからと、いずみの元へ寄こしたらしいんだけど・・・ここは義貴邸。果てしなく低いストライクゾーンを持つ御主人様の居る屋敷は危険この上ありません(笑)

でも、いまはそんな義貴も出かけているので、屋敷内をポチと一緒に巡らせたりして良いお姉ちゃんしてますねー♪ ポチもかりんには手を出さない良識を持っているので安心だしw<いろいろ壊さないように見張ってるのは大変そうだったけどw

平和な時間は短いモノで、しばらく帰らないはずの義貴があっさり帰って来ちゃいますw ついでにみつき安奈も戻ってきて、いよいよフルメンバー勢揃い♪ 案の定かりんの姿を見た義貴は幼女メイドに仕立てるべくかりんをさらうんだけど、いずみと安奈の強力タッグに敢えなく撃沈(笑) ブラ攻撃は卑怯だよなーw

そして、いつまでも妹たちをこんな危険なトコロに置いておけないと、ついにいずみが立ち上がる!! かりんの勧めもあり、芸能界入りを正式に発表しましたー。いやー、やる気ですねー。でも、その裏で糸を引いてるのが誠一郎とは・・・(;^_^A アセアセ…

今回はかりんの登場にあわせて、前回の伏線をさらに進めた感じのお話でした。半分くらいオリジナルになってたけど、面白かったからモーマンタイ♪
なんかいずみがすげー健気で良い子だから、もうちょっとシアワセをあげたい気もするんだけど、義貴の鬼畜っぷりも好きだから微妙なところ(笑) まぁ、神まっつーはいずみをシアワセにする気なんてこれっぽっちもないだろうし、いずみの狼狽ぶりを楽しみにしましょうかw

おっと、こっちも次回は水着祭り
いずみのこぼれんばかりの巨ニュウを存分に堪能しましょー!!
 
 
 
☆ 「フタコイ オルタナティブ」 9話

双樹のシャワーシーンはエロかった・・・。

けど、やっぱり恋太郎の青臭さが鼻につく罠。やりたいことは何となく分かるし、その表現方法としても間違ってはいないんだろうけど、思考自体が甘いっていうか、なんていうか・・・。そんなに3Pはダメデツカ(笑)?

前回恋太郎の元を去った白鐘姉妹沙羅はそのまま公彦の元へ行き、双樹は恋太郎の元へ戻ってくるんだけど、もう昔のようには笑えない。それでも必死に明るく振る舞おうとする二人が余計に寂しくて・・・。さらに事務所が放火にあって、住む場所までなくなってしまう罠(^^;
でも、こう綺麗さっぱり変わっちゃうと、吹っ切りやすいとも言えなくもないかな? 双樹と二人で夜の新宿を遊び歩いて行き着いた先はラブホテル。このまま双樹とヤっちゃうのかと思ったら、恋太郎は思考の罠に掛かっちゃってダメポー
沙羅と双樹、二人を抱くことの出来なかったコトを悔やむのは分かるけど、空を飛べる飛べないは関係ないんじゃないか(笑)? まぁ、ああいう行き場のない後悔をするときって、全く関係ない事象を照らし合わせたりすることはあるし、そういう思考になるのは分かるんだけど、それを延々やられてもなだけ・・・(;^_^A アセアセ…

それでも恋太郎はその思考の中から「やり直しの要求」という一つの結論を出したので、一つの解決を見るんだけど、このやり直しの要求ってのは話を元に戻すってコト?
いままでリアル系の話を進めておきながら、創作モノの必殺技である「巻き戻し」を使うとなるとちょっと興ざめ。そうじゃなくて、きっちり沙羅を公彦から取り戻して前のような3人での生活を目指すのなら、ちゃんと恋太郎を応援しますよー。

なんにせよ、残り4話。きっちり終わって欲しいモノです(^^;;


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.03

ゴルフGTI

木曜日ー。

今日はおやすみー♪ でも予定がいろいろとあったので、普段よりちょっと早起きしてまずはを切りに。それからメイトに行って「AIR」のDVDを引き取りついでにコミックの新刊を数冊と、「エウレカ」のOPを買ってきました。

その後が今日のメインイベント!!

フツウならここで、今の時節柄「Zガンダム」の映画でも見に行くんだけど、ウチは違います。ってか、「」自体あんまし見てないので映画を一人で見ても意味不明になりそうだから、詳しい人と一緒に行く機会を狙ってますw

で、何をしたかというと、フォルクスワーゲンのディーラーに行ってきましたー♪
目当ては最近CMでよくながれるゴルフの「GTI」デス。CMで見たフロントマスクがやけに格好良くってちょっと気になったので、「これは実物を見てみなくては・・・」と思い、近所にあるディーラーに行ってきました。

さっそく展示してある「GTI」に近寄ったところ、すぐさま営業マン登場。今日は平日だし雨が降っていたコトもあり、他にお客さんは誰一人もいなかったので、当然と言えば当然なんだけど、聞きたいこともいろいろあったしウチ的にはOK♪ ってかディーラーに行って営業マンが付かなかったら寂しいしね(笑)

外装とか内装とかいろいろチェックしてきたんだけど、外装はやっぱイイですねー。昔のゴルフに比べるとだいぶ大きい感じはしますが、その分値段なりの高級感が出てきた感じ。CMで気になったフロントグリルは、実際見るとその威圧感はかなりのモノですねー。アレは・・イイかも♪
内装は、いかにもVWって感じの無骨な作りなんだけど、意外と細かい気配りもしてあったりして良い感じ。ビックリしたのは栓抜きが付いてたことw ドリンクホルダーも兼ねるラゲッジスペースにあったんだけど・・今時栓抜きが必要な場面ってほとんどないような・・・(^^;;

一通り見たので、さぁ試乗でもしようかー!! と思ったんだけど、まだ試乗車がないらしくて、敢えなく撃沈(^^;; 新型ミッション直噴ターボのフィーリングを試してみたかったのになぁ・・・。悲しいので試乗車が入ったら連絡くれるようにお願いして帰路につきました。
 
 
とまぁ、「GTI」の第一印象はかなり良かったです。今のレガシィの車検の残りがあと1年ちょっとあるので、すぐに欲しいってコトはないんだけど、今からゆっくり候補を選んでいこうと思っていた中、この「GTI」はいきなりトップ候補に躍り出ましたねー♪
価格的にも十分手が届く(っていうか、レガシィと大して変わらんw)ので、後は乗り味を早くチェックしたいですねー。

あ、、、一応欠点もいくつか。

まずは燃費。直噴になったので結構期待してたんですが、街乗りでリッター8kmくらいみたいです。それでも前の型よりは良くなってるみたいですが、これはちょっと期待はずれ。直噴ってそんなに燃費良くならないんですね(^^;; それでもいまのレガシィよりは走るんだけど(笑)
あと、やっぱり外国産車の最大のネックが、ウィンカーとワイパーの位置。ま、これはゴルフに限らずなんだけど・・・右ハンドルでもこれだけは必ず左右逆なんですよねー。前にも外車を試乗した時に、何度も間違えてスゲー恥ずかしい思いをしました(笑) 要は慣れなんだろうけど、ちょっと気になりますよね(^^;;<書いてる時にワーゲン乗ってる某ktmさんにいろいろ聞いたら、2〜3日で慣れるそうです。杞憂でしたね(笑)

ま、まだあと1年あるからゆっくり考えましょう。
とりあえず試乗を楽しみにしますー(^^)
 
 
さて、、明日がちょっと早いので今日はコレにてー。
アニメ感想は明日書きます(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

JAGUAR降臨!!

水曜日ー。

昨日の深夜、いちご待機するためにテレ朝を付けてたんですが、そこに衝撃映像が(笑)!!!

それは「やぐちひとり」っていう矢口真里劇団ひとりがやってる番組なんだけど、そこにゲストで出てたのが・・・

JAGUAR」!!

いやー、まだ生きてたんですねー。<失礼なw
ウチが高校の頃にすげー内輪(友達の中でも2〜3人w)で一時期超盛り上がったアーティスト(って言って良いのか?)なんだけど、それももう15年くらい前。すっかり記憶から消え失せていたんだけど、あのインパクトのあるお姿を見たら、バババっと当時の記憶が蘇りました(笑)

JAGUAR」は自らの資金でCDを作って、さらに自らの資金でU局の枠を買って、冠番組である「ハロージャガー」を放映してたりした凄い人w
当時「ハロージャガー」のインパクトのある作りに惚れ込んだモノですが、2005年に華麗なる復活を遂げたようです(笑)

今は千葉テレビをメインに活動しているようですが、相変わらずは自前で買ってるみたい(笑)
ってか、凄い資金力だよなーw 調べたところ「洋服直しの村上」の売り上げをつぎ込んでるみたいなんだけど、ってことはジャガーの本名は村上さん(笑)?

今度出るCDももちろん自費出版なんだけど、凄いことにamazonに登録されてるんですよ!!

TIME MACHINE (CD-EXTRA仕様)

さぁ、みんなもジャガーを聞いてみよう(笑)!!

お、、「アニオタフォース」さんでも取り上げられてるぞw

今晩の「やぐちひとり」

おお、「レディス4」にも出てたのかー!!
これはまた・・・衝撃映像だ(;^_^A アセアセ…
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
月・火曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 9話

ピエールの夢はの夢(笑)

夢の中に現れる神話獣に対抗するべく、みんなで眠りにつく特訓を始めるんだけど、次々に夢に喰われちゃって、意識不明に陥ってしまう。そんな中、アポロピエールシルヴィアクロエはその夢から逃れて意識を取り戻して、みんなを取り戻すためにベクターマシンに乗り込むんだけど、相手は夢の中なんだよねー(^^;;

それでもベクターマシンの中で眠りにつくと、ちゃんとその世界に出てこれてアポロと神話獣が対峙するんだけど、相手は夢を知り尽くしてるし、取り込んだシリウスを当て駒にしてきたりと、なかなか凶悪(笑) それでも夢の中にベクターマシンを呼ぶことに成功してからは形勢逆転・・・とまでは行かなくて、やっぱり苦戦
そこで、何かに気付いたシルヴィアを先に乗っていたクロエとチェンジしするんだけど、合体台詞は相変わらずエロいよねーw

んぁ!! もう、夢みたいーーー!!

夢と戦って、夢みたいとはこれ如何に(笑)?
夢と現実がを通して繋がってると確信したシルヴィアが、湖面に映った月を貫いて敵を実体化。そのまま撃破しましたー♪

これで一件落着かと思ったら、アクエリオンが戻ってこない。夢と現の狭間に迷い込んだか・・・とか言うから、もしかして前後編か? なんて思ったら、不動の「飯!」のひと言で復活(爆)

うーん、、、やっぱネタアニメだよな(^^;;;;
 
 
 
☆ 「こみっくパーティーRevolution」 9話

さんのコスプレ・・・超激萌えーーーー!!!!

ひょんなことから、みんなでキャンプに行くことになった和樹一同。初めは、てっきり海にでも行くのかと思って「水着祭りかーー!!」とか一瞬喜んだんだけど、目的地はでした(^^;;

で、目的地のキャンプ場に着いた一行なんだけど、大志が肝心の食料を全部忘れてきてしまって大慌て。急いでまで降りようとしたんだけど、なぜかまたキャンプ場に戻ってきてしまいます(^^;; そう、このキャンプ場は富士の樹海の如く入ってきた人を迷わせて二度と出られなくなると言う曰く付きのキャンプ場だったのです(笑)!! って、大志はどっからそんなトコを探してきたんだか・・(^^;;

困り果てた時に怪しい人影が現れるんだけど、それはここでサバゲーをやっていたという人たち。こいつらに帰り道を聞くんだけど、勝負に勝たないと教えられないと言われ、渋々サバゲー大会に(笑)
向こうはサバゲーのプロ。こっちは素人の集まりで、勝機はないと思われたんだけど、大志のコスプレ作戦で敵の数を減らすことに成功♪ 南さんのコスプレ姿は眼福でしたー(笑) これで勝機が見えたかに思えたんだけど、相手側にロリにしか興味のない隊長がいて、次々にやられてしまいました(^^;;

残り一人になった大志チーム。あれ?まだ誰か残ってたっけ??って、マジで思ってたんだけど、そうそう彩タソを忘れてましたー(笑) ってか劇中でもその存在感の無さからステルス人間なんて呼ばれちゃってるしーw でも、その存在感の無さ故に全ての敵を殲滅出来たのは凄いよな(笑)
ってなわけで、サバゲーチームを無事撃破。コレで帰れる・・・はずだったんだけど、結局このサバゲーチームも帰路を知らずに彷徨ってたようですね(^^;;

って、ダメジャン
しかもオチは千紗たんだし、投げっぱなしだーー(笑)!!
GAを思い出した罠(笑)
 
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 9話

トグサのあの青臭いトコが好き

トグサが仕事の帰り道にとある事件に遭遇してしまうんだけど、トグサってよくよくこういうのに巻き込まれるよね(笑)
で、その事件なんだけど、女性が怪しいに追われていてかなり危険な状態。ついに追いつめられて銃口を向けられた時にトグサが助けに入るんだけど、男はトグサの制止も聞かず銃を降ろさない。そこでトグサが発砲して、なんとか男を止めるんだけど、その男は最後にその女性を撃ち殺してしまう・・・。

結局、この件でトグサは拘留されてしまうんだけど、ココからは裁判劇でしたねー。被告の男と、証人として呼ばれたトグサなんだんだけど、被告の弁護人が執拗にトグサを攻める。トグサを攻めて事件を事故扱いにしようとする魂胆なんだろうけど、この攻め方がスゲーいやらしくてむかつくんだよねー。トグサもコレに切れて、9課を辞めるとか言い出しちゃうんだけど、そこに少佐が介入してきて・・・(笑)

って、あのセリフまんま少佐の口調だったから、すぐに分かりましたねーw それもきちんと裏を取ったセリフだから、相手もひるんで手を引いたし(笑)

裏で糸を引いていたのがゴーダだったのは予想通り。にしても、ホントに執拗な9課責めだよなー。早くなんとかして欲しいモノです・・・。
 
 
 
☆ 「いちご100%」 9話

抱きしめられた綾タソの涙・・超絶萌えーーー!!!

あの涙は綾タソ本質だよなー。もうあんなのを見せられちゃったら、いくらつかさが可愛かろうと、さつきが巨ニュウだろうと、が水樹奈々CVだろうと、敵いっこありませんねー。やっぱ、綾タソは偉大だ・・・。

前半バレンタイン話ですー。相変わらずすっ飛ばしてますが、原作ストックはいっぱいあるし、印象的なエピソードだけピックアップするってのもアリかな・・・と最近は前向きに考えておりますw
今回のキモはやっぱり綾タソ。きちんとチョコも渡せたしぐっと距離が近くなった感じでラブリーですなー。話の本筋はさつきなんだけど、完全にさつきを喰ってましたねー♪
って、それはウチが綾萌えだからかもしれないな(^^;;

後半は前半のバレンタインエピソードを受けて、それぞれのキャラの距離をまた新たに出してきたんだけど、さつきは自分のチョコが食べられたと勘違いして喜んでるし、つかさはつかさで唯から話を聞いて喜んでるんだけど、今回のメインは完全に綾タソ(笑)
小説の続きを二人っきりの部室で淳平に見せるんだけど、そこで淳平が暴挙に出る!!  いきなり腕を掴んで抱きしめるなんて・・・俺の綾タソになんてことするんだーーー(爆)!!!
なんとかチャイムの音に救われたんだけど、抱きしめられた時の綾タソのは最高でした。って、、フツウならココまでしたら二人はくっつくんだろうけど、そうはいかないのがいちごクオリティ(笑) この後も淳平はつかさとかさつきとかに行ったり来たりで・・・マジこいつ殺してイイですかw?

あ、、、今回の作画、前半はまぁまぁ見れたんだけど、肝心の後半がもうボロボロ・・・。せっかくの綾タソクライマックスシーンも微妙な作画で、脳内補完するのに忙しかったです(^^;; 頼むから、丸投げはやめてくれ・・・・_| ̄|○

おっと、気を取り直して・・・。さぁ、次回はいよいよ外村妹の登場ですよー。外村妹は「いちご」の聖域w 作画も予告を見る限りはまずまず・・って、いつもアップ絵だけはそこそこイイからあんまし期待しちゃいけない罠(笑)

マッドハウス・・・ホントに狂っちゃたのかな(;^_^A アセアセ…
CCさくら」の頃が懐かしい・・・・_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »