« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.29

感想いっぱい(^^;;

水曜日ー。

週末から「NANACA†CRASH!!」にはまっちゃってアニメ感想が溜まりまくり(^^;; 今日はしっかり時間を取って書いたので、とっとと感想に行きましょー(笑)
木曜・土曜・日曜・月曜(半分)をどうぞー♪
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「ぺとぺとさん」 11話

ぺと子の動向よりもくぐるが気になって仕方ない(笑)

シンゴの家から出て行くことになったぺと子一家なんだけど、移り住む先の友里先生のお寺で「化けダニ」が発生していて、虫嫌いなぺと子はまたシンゴの家にやっかいになることに。戻ったぺと子はくぐると一緒にお風呂に入ったり、縁側でスイカを食べたりするんだけど、横にいるくぐるの気持ちが手に取るように分かって、微笑ましかったです(笑) くぐるもシンゴが好きなんだけど、シンゴはぺと子が好きでぺと子もシンゴが好きで・・・って、報われないくぐるなんだけど、報われないキャラ好きなウチとしてはどうしても放っておけないッスよーw

そして、ちょちょ丸主催の「いもてん」のお試し版が開催されるんだけど、お試し版ってこともあって、ただの縁日(よりも酷いw)にしか見えないんだけど、ちゃんとが接待してくれるのはイイネ(笑)

結局ぺと子はちょちょ丸の誘いに乗って博多で専属契約をすることになるんだけど、ぺと子はくぐるとシンゴを思っての行動だったのかなー? シンゴはどうするんだろう??

その辺りが最終回の展開になるんだと思うから、今から楽しみですー♪
 
 
 
☆ 「苺ましまろ」 9話

千佳は地味だけど、その普通さが可愛い(笑)

今回は珍しく千佳が主役のお話。キャストクレジットとかでは真っ先に名前が挙がる千佳なんだけど、メインキャラの中では一番地味で目立たない子だったりするんだよねー。どうしたって奇抜な行動をする美羽や、超ラブリーな茉莉アナに目が行きがちだけど、千佳だって捨てたもんじゃないですよーw

美羽にいきなり「太った」と指摘されたのを気にして、直後に体重計に乗るトコとか、知らずに甘いモノをたくさん取っていた時のリアクションとか、ケーキをガマンする根性とか、見所いっぱい・・・って、どれも普通ジャン(爆)!!

でも、その普通さが可愛いし、CVの千葉紗子も雰囲気を上手く出してるから良い感じ♪ そいや、苺ましまろのキャストって、上手い配役だよなー。どれもキャラに合ってて、コミックとか読んでても声が浮かんでくるし、萌え度倍増って感じですな(笑)

あ、、お話の方は、ダイエットの為に外で遊んだり、お風呂で体操してみたりするんだけど、結局体重が増えたのは成長して身長も伸びたから(笑) そりゃ少6だもん、背も伸びれば体重も増えるよなーw

そんなわけで、千佳の話はもなく終わりました(笑)
ま、千佳だし、こんなもんか(爆)
<いや、千佳も好きだよ。ホントだよーw
 
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 23話

あ、、あれ? 原作と違うような・・??

前回「猫の目」に現れた星史郎は、小狼を探してる風なんだけど、その場にいたファイに襲いかかって・・・ファイ、死んじゃいました(^^;;<いや、生きてるだろうけど。
そのまま、サクラの羽根のチカラを解放して桜都国に異変を起こして、街の住人たちが次々と消えていってしまう。これは桜都国がネットの中にあるバーチャルな世界だからなんだけど、この辺は草薙とかの会話から推測出来ますね。始めにNPCから消えて行くわけだけど、ログインしているユーザーは自らログアウトしなければ桜都国には居続けられるみたいですね。<護刃とか龍王とか残ってたし。

急いで「猫の目」に駆け付けた小狼と黒鋼は、残っていたモコナから事情を聞くんだけど、サクラ姫の姿もそこにはなく、小狼が星史郎に連れ去られたと思いこんで、星史郎の後を追うことになる。黒鋼はとりあえず待機(笑)
で、星史郎の元に辿り着いた小狼は、星史郎に戦いを挑むんだけど・・・、やられちゃいましたよー(;^_^A アセアセ…

うーん、、、ファイも小狼もやられちゃって、サクラは行方不明。残ったのは黒鋼とモコナだけなんだけど、あの2人でこの状況を打破出来るのでしょうか? 原作では語られていなかった部分が追加されたり、展開も少し違った感じにになってきてるので、先が全然読めないんだけど、どう始末を付けるのか楽しみですー。
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 13話

ぱにぽにX・・・ガイキング?(笑)

アニメをテレ東でやるみたいだからその宣伝か?
何故か桃月学園に番長連合が押しかけてきて、桃月学園の番長であるベキ子を出せと脅すんだけど、いつからベキ子が番長になったんだ(笑)? 誤解を解くために一条さんが話をしにいくんだけど、案の定余計に話をややこしくして帰ってきましたよ(笑)

で、ベキ子が番長たちに追われることになるんだけど、そこは桃月学園。濃いキャラいっぱいのこの学園では、番長ごときにやられるほどヤワじゃありませんw ウシのヒロスケ鈴音のチョップで轟沈(これは原作の流れだなw)しちゃうし、女忍者みたいなのは一条にやられちゃいました(笑)

でも、残ったマジンガーZもどきな番長が強くて、学校を壊されてみんなアボーン・・・で、「」となってEDまで流れちゃったんだけど、時計を見るとまだまだ残り時間がたっぷりある罠w
いったいどんなエピローグが残ってるのかと期待してたら、「ぱにぽにX」ですか(^^;; 学校からロボが出てきてマジンガー番長と対決するんだけど、もう超展開過ぎて付いていけませんよ(;^_^A アセアセ…

ま、勢いだけはあるから、この調子で2クール目もがんがってくださいw
 
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「奥さまは魔法少女」 13話(最終回)

なんの感動もない最終回でした(^^;;

キスしても魔法少女のままだし、最後までよく分からない話だったなー。嬉子クルージェの可能性を信じることが出来ずに、自分の我が儘のためだけに動いていただけ。最後にそれに気付くことは出来たけど、あんな取って付けたような展開じゃ誰も納得しないでしょ(^^;;

結局、クルージェが自分で考え自分で結論を出して、ワンダーランドを作り替えることはしないで、このままあの世界を守っていくことになるんだけど、学校だけはちゃんと作り直すトコは偉いですな。

は、ラストで旦那の前にでてナニを言うのかと思えば、「嬉子さんをください」って・・・・・。最後までドキュンな男だったな(^^;; ってか、あんな場所で言うことじゃないだろー。もう少し思慮のある男だと思ったけど嬉子の馬鹿さ加減が伝染したのかな?

とにかく、最後まで嬉子のダメさが抜けなかったのが敗因。序盤はまだ見れたけど、中盤以降から嬉子のダメさが際だってきて最後の最後まで挽回することが出来なかったのが痛かった。。。ワンダーランドとリルムという2つの世界の設定や、キスをすると魔法が消えるっていう設定もうまく生かし切れず(最後にキスの設定自体破綻)、ほんとどうしようもない話でした(^^;;

総合評価=40点

うーん、、、当初は期待していた分だけ落胆が激しいですね。やっぱ、17才にヒロインはもう無理があるのかな? いや、、これで話が面白ければそれでもよかったんだろうけど、話があまりにも酷かったから17才もダメダメに思えてきて、最後は鼻につくようにまでなってしまった・・・。
作画も途中かなり酷い時もあったし、、、うーん、完全に企画倒れでしょうね。ま、もうHDDから全消去したから、綺麗さっぱり忘れましょう(爆)
 
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 26話

シリウス生きてたーーー(笑)!!!

前回、絶対死んだと思っていたシリウスが、冒頭であっさり生きてるのにはビックリしましたよw ま、死んだとしてもどうせ生き返るとは思ってたから結果は同じなんだけどね(笑)

裏切られたと分かったシリウスが戻ってきて、アポロ・シリウス・麗花で合体するんだけど・・・あれ?ピエールは?<置き去りでしたw
で、そのままトーマと戦うんだけど、戦ってる最中にアクエリオンが太陽の翼として覚醒を始め、生命の木に花が芽吹くんだけど、何か様子がおかしい。このまま生命の木が受胎すれば万事解決だったわけなんだけど、急に枯れ始めちゃって・・・。

生命の木は地球その物と直結しているらしくて、生命の木が枯れると地球も破滅してしまう。せっかく太陽の翼を取り戻したアクエリオンだったんだけど、乗ってるのが羽根なしだけでは、真のチカラは発揮出来なかったみたいです(^^;;
かなりヤバイ事態になってるんだけど、アポロ・シリウス・トーマは争いを止めず、3機のベクター機で戦いまくってるます。そんな3人の不協和音をシルヴィアが繋ぐんだけど、この辺はまぁ予想通りっちゃ予想通りかな? 全裸なシルヴィアは萌えた(笑)

あ、、そいや、別の場所では麗花とピエールと・・・何故かリーナが、オトハと戦ってましたw それにしても、何故あの場でリーナだったんだろう? テレポートでしか来れなかったからってのもあるんだろうけど、その後の解説用ってのが最大の理由かも(笑)

手と手を合わせてシアワセーってな感じで、シルヴィアに諭された3人は、堕天使と羽根なしの垣根を越えた創聖合体をするんだけど、なんか意外と盛り上がらなかったかも(^^;; 英語版OPがバックで流れてるんだけど、あそこは普通にOPか「荒野のヒース」の方が良かったかも・・・ってか、「荒野のヒース」だったらたぶん泣いてたと思う(笑)

創聖合体して真のチカラを手に入れたアクエリオンは、そのまま割れかけた地球を「無限合體拳」で縫い合わせて、地球の破滅を防いだんだけど・・・あれ? もしかしてアクエリオンはそのまま生き埋めデツカ(笑)? アポロがシルヴィアと最後のキスをして、「1万2千年後に会おう」とか言ってたあたりから、なんとなくイヤな予感はしてたんだけど、やっぱりですか(^^;;

でも、これで地球は無事「世界のはじまりの日」を迎えられたわけで、一応大団円。意外とあっさりとしてたけど、まぁ悪くはない終わり方だったんじゃないかな?

総合評価=80点

開始当初は壮大なテーマ故にどうなるかと心配した作品だったけど、途中の突き抜けたバカ話が面白くて目が離せない作品になりましたねー。ホント楽しませてもらいましたよ♪ ラストはちょっと物足りない部分もあるけど、尻切れでもなかったし、伏線もそれなりに回収出来たんじゃないかな?

とりあえず、シルヴィア萌えってコトでヨシとしましょうか(笑)
 
 
ううーー、、、月曜は残り2本あるんだけど・・・残りはまた後日(^^;;
明日は朝から姪っ子連れてディズニーランドに行かなきゃいけないの・・・。うう、、早起きなんてキライだー!! ってか寝る時間あるのか(笑)?<6時半出発らしい(;^_^A アセアセ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.27

まだまだNANACA†CRASH!!(笑)

月曜日ー。

あああ、、、今日も延々と「NANACA†CRASH!!」をやり続けてしまった・・・(^^;;

散々やり続けてみたんだけど、今日の最高記録は8829.03m止まり。でもだいぶコツを掴んだ感じもあるので、もうちょっとやり込めば目標の30000mまではいけるかも。。。と淡い期待を抱いておりますw

そんなわけで、今日はずっと「NANACA†CRASH!!」をやっていたのでネタはなし。ってか更新する時間も削ってしまってるので、アニメ感想が遅れまくってる罠(;^_^A アセアセ…

うーん、今週から最終回ラッシュだし、来週からは新番ラッシュだっていう、この大事な時期に何やってるんだろう(笑)? でも楽しいから止められなのだーーー(爆)!!
 
 
てなわけで、アニメ感想水曜分ですー♪
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「フルメタル・パニック!The Second Raid」 9話

半裸のかなめ萌えーーー!!

とか、言ってられないくらいハードな展開だった(;^_^A アセアセ…

宗介が居なくなってから疑心暗鬼の生活が続くんだけど、この状況を甘んじて受け入れるほどかなめは弱くないんだよねー。装備一式集めて、尾行を撒くように夜の街に身を潜めるんだけど、そんな時に変な中年男に声を掛けられて、なんとホテルに入っちゃいましたよ(^^;; ま、それも尾行を撒く為の行動だったんだけど、とっとと中年男を縛り上げて、発信器の可能性から身につけてるモノを全部外して、バスローブ1枚で決戦の地へ赴くかなめ・・・くぅーーーかっこいいーーー!!!

かなめの予想したとおりの場所に監視者は居たんだけど、かなめと話してる最中に横から出てきた双子の片割れに撃たれちゃいました(^^;; そのままかなめとの戦闘になるんだけど、さすが相手はプロ。そう簡単に逃げられる相手でも勝てる相手でもないッスよねー。それでも起死回生に使った罠が功を奏して、なんとか電気ショックを与えることが出来たんだけど、さらにレナードが現れて・・・。

レナードはテッサの兄なんだけど、死んだことになってたはずなんだけど、いつの間にか敵組織のい一員ですか(笑) ま、その辺は理由があるだろうからこの際置いておいて・・・。このレナード、いきなりかなめに告白して、キスしちゃいましたよー!!!

もちろんかなめはファーストキスだったわけで、レナードの前では平然を装っていたんだけど、レナードが去ってから唇が紅くなるほど擦って涙を浮かべる様は・・・泣けた。。。
しかもこの辺の描写がめちゃくちゃ細かくて、情感がさらに倍(笑) さすが京アニですなー♪

この鬱展開をどう打破してくるのか今から楽しみですー(笑)
 
 
 
☆ 「極上生徒会」 25話

全員勢揃いはお約束過ぎ(笑)

本家に戻った奏会長に会いたい一心で集まった極上生徒会メンバーは、本家の近くで作戦会議を開くんだけど、結局りのの「どうしても会いたい」という言葉で強行突破を選ぶ。まず遊撃のれいん小百合が表門から正面突破を計るんだけど、これは陽動。他にもなぜだか分からないけど、今まで出てきた出演者が次々と現れて陽動に回ってくれてるんだけど、あれはりのの能力が自然に発露したってコトなんだろうなー。勢揃いはお約束だけど、やっぱ盛り上がるので、安易だけど悪くないと思います(笑)

で、りのたちはヒミツの通路から奏会長の元を目指すんだけど、こっちにも迎撃部隊が居て、それぞれ応戦するんだけど、結局残ったのはりの一人。しかも奏会長はすでに離れに移動していて姿は見えない・・・(^^;;

でも、奏会長が自らのチカラを発揮してみんなに語りかけてからは事態は一転。さらにりのの真のチカラも発動までしちゃいましたよ(笑)

うーん、、、とりあえず、みんな会長に会えたから目的は達成出来たし会長も自らの考えを変えるに至ったわけだけど、なんかすっきりしないのは何故だろう? 神宮司家のチカラがどんなモノかも何となく分かったし張られた伏線はだいぶ消化してきてるはずなのになぁ・・・・。

とりあえず、次回は最終回。どんなラストになるのか楽しみにしてますよー♪
 
 
 
☆ 「タイドライン・ブルー」 10話

やっぱイスラが最萌えキャラでFAっしょー!!

前回包囲されたユリシーズをどうやって救うのかが焦点だと思っていたんだけど、なんかあっさり包囲を突破して修理してましたね(^^;; 一応潜水艇での帰還とか、浮きドックでの騒音とかもあったけど、いくら何でもあれはあっさり解決しすぎだよな(笑)

ま、その辺のリアリティを追求してたら日が暮れるので、話を本編に戻すと、無事ユリシーズに帰還したキール・ティーン・ジョゼは、グールドに浮きドックの件を伝えて、すぐに修理に向かう。浮きドックでの作業は順調に進むし、そこでの生活も悪くないモノだったんだけど、案の定新国連の巡回機に見つかっちゃって浮きドックを去ることに・・・。って、見つかるの遅すぎだろw

てっきりイスラは浮きドックに残るのかと思ったら、ちゃんと乗り込んでいて一安心。ってか、イスラって人を見る目はあるわ、面倒見はいいわで、もう最高ですよねー。ツンデレ系のジョゼも捨てがたいけど、あの母性本能が滲み溢れているイスラの前では色あせちゃいますよー(笑)

そして決戦の場はメタセコイヤの群生地・・・。ってコトになるんだけど、予定では残り3話あるはずなんだけど、ちゃんと全部放映されるんだろうか?(;^_^A アセアセ…

すげー、不安だ(;^_^A アセアセ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.26

NANACA†CRASH!!

日曜日ー。

チャットで教えてもらったFLASHゲームが面白い♪

NANACA†CRASH!!

前にも似た感じでペンギンを飛ばすヤツとかあったんだけど、あれはただ単に角度と強さだけだったんだけど、こっちは飛ばした後もイロイロと工夫が出来るので、その分奥が深いって言うかなんていうか・・・(笑)

基本的には飛ばして、オニャノコキャラにぶつけて再加速って感じなんだけど、上下のエアリアルを効果的に使って、ある条件を満たすと発動するキャラ固有のスペシャル技なんかを出したり出来るので、プレイ中に結構熱くなれたりしますw
特に 眼鏡っ子美里のSPや七香SP(曜子付き状態で下二桁が00mの時にぶつかると発動)は、かなり出にくい分それなりの飛距離が期待出来る大技。これが出た時は脳汁漏れまくりですw

3時間くらい延々とプレイしてたんだけど、今のところ最高飛距離が「13220.86m」。2chのスレなんかを見ると3万m台くらいは出せるようなので、まだまだ精進しないとダメかも(;^_^A アセアセ…<15万出した人もいるとか・・・。

あ、、このゲームの元ネタがエロゲの「CROSS † CHANNEL」なんだけど、全く知らないゲームでした(笑) 始めは「NANACA†CRASH!!」のオリジナルキャラかと思ってたしーw キャラ設定もそのまんまみたいなので、美里先輩のシナリオがすげーやりたくなった罠(笑)<ツンデレ系の曜子も気になるw

PS2版も出てるらしいんだけど、やっぱヤルならPC版でしょ。どっかに中古で売ってないかなー?<さすがに新品で買う気はない(笑)

とりあえず、目標は3万メートル!!
3万出すまではがんがるぞー(笑)!!
 
 
さてさて、アニメ感想・・・と行きたいところですが、「NANACA†CRASH!!」のやりすぎで時間がない(笑) 明日まとめて書きますー(^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.24

劇場版イニシャルD&SHINOBI

金曜日ー。

昨日は、恵比寿で眼鏡フレームの展示会。休日返上で早起きして行ってきたんだけど、それほど目新しいモノがなくてショボーン。ってか、新型サンプルがほとんど上がってない状態の展示会は正直つまらんです。一応パネルで設計案が並べられてたけど、フレームは手に取らないとその本質は分からないですよ。微妙な色合いとかも分からないしねー。

なので、今回は新型はあまり仕入れず旧型(と言っても発表から半年以内)を中心で仕入れてきました。それでも発送は順次年内ってコトだから、実際届くのはいつになるやら(笑)

その後は、川崎で映画鑑賞

チャット仲間と申し合わせて、「イニシャルD」と「SHINOBI」を見てきましたー♪ どっちもアニメ化されてる作品だからってコトでのセレクト。初めは「イニD」だけの予定だったんだけど、バジリスク好きな某Sさんが「SHINOBI」も見たいーって言ってて、ウチもちょっと興味があったので2本連続視聴という形になりました♪

まず「イニシャルD

思ったよりちゃんと作ってましたねー(笑) の変貌ブリや拓海のオヤジのグダグダっぷりとか、微妙に原作と変わってた部分もあったけど、概ね原作通りなつきの援交もちゃんとあったしねw
それよりなにより、やはりバトルシーン実車でマジドリフトしてる姿を映画館の大スクリーンで見るのはやっぱ迫力ありますよね。アニメじゃあの迫力は出せないだろうなー。スピード感の出し方なんかは多少早回しをしてるだろうけど、あの滑らせ方はさすが高橋レーシングですなw

いろいろとツッコミ所満載の映画だったけど、ホントあのバトルシーンを見るだけでも価値ありって感じ。途中のドラマパートはあってもなくても良いくらいですw<タンは可愛かったけど(笑)
DVD出たら買っても良いかも。んで、編集してバトルシーンだけ延々と流し続けてみたいなー(笑)

次は「SHINOBI

実はアニメ版のバジリスク、録画はしてるんだけど、全然消化出来てなかったりします。それでも10話くらいまでは見てるので、話の基本設定は分かってるから、期待して見たんだけど・・・。

確かに忍同士のバトルは見応えあったし、背景やCGなんかは掛けた金額分のクオリティは出てるんだけど、全体的に薄味なんだよねー。弦之介以外に選ばれた8人の人物描写がほとんどないから、戦っていても感慨がない・・・・ってのは、2時間っていう尺だから仕方ないとは思うんだけど、肝心の朧と弦之介の恋愛模様まで薄味なのはどうかと・・・(^^;;

多分・・ってか絶対に一般向け映画だと思うんだけど、それならそうと割り切って、もっと朧と弦之介の悲恋をしっかり描いた方が良かったんじゃないかと思う。ちょっと勿体ない出来の作品でした。

でも、おかげで撮り溜めていたアニメを消化する決意が出来たので、見た価値はあったかな(笑)?
 
 
一応点数を付けると・・・。

「イニシャルD」=75点
「SHINOBI」=55点

ってトコでしょうか。イニDは原作好きなら見ても損はないかもデス♪
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
火曜分をどうぞ。
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 24話

素子クゼが良い感じ?

出島への攻撃が激しさを増す中、バトーたちは陸自の特殊部隊の追撃を受けながらも必死にプルトニウムを運ぶ。少佐クゼの居場所を突き止め無事接触に成功。前回クゼがECM搭載機を撃ち落としたので通信も復活して、良い感じで進むなーと思ってたら、出島海上に配備していたイージス艦からミサイル攻撃ですか(;^_^A アセアセ…

クゼと一緒に自衛軍に投降しようとに向かった少佐なんだけど、爆撃をもろに喰らっちゃって瓦礫の下に閉じこめられちゃいましたよ(^^;; 出口もなく、少佐は足を挟まれている状態なので身動きも取れない、かなり厳しい状況なんだけど、その分クゼとじっくり話をすることが出来て、少佐もクゼの考えを理解することが出来たかな?

プルトニウムを運ぶバトーたちは、必死に追撃をかわすんだけどついに追いつめられてしまう。しかし、すでに軟禁されていた総理を救出することに成功していたので、事情が変わっていて、追っ手にプルトニウムを引き渡すことで、この事態の収拾を付けられる可能性が出てきました。追ってきていたのがバトーのコトを知っていたので、この取り引きも無事終わって、こっちもOKかな?

後は、少佐があの瓦礫から脱出してクゼを自衛軍に引き渡せば事態は収拾するんだけど、少佐はナニを思ったか、クゼの考えに自分も一緒について行こうとしてますよ(^^; そりゃ幼い頃に出会っていて、彼のコトを気に掛けていたのは分かるんだけど、少佐にそんな少女チックな一面があったとは驚きですなぁ。いや・・それがむちゃくちゃ萌えるんだけどねーーー(爆)

で、それを聞いたバトーが、一人では行かせやしない!! って必死に少佐の元に駆け付けようとするんだけど、さすがバトー♪ 素子スキーなバトーはこうでなくっちゃね(笑)

次回、いよいよ最終回。前半は分かりにくかった話が多かったけど、ここにきてだいぶ話も簡単になってきたし十分盛り上がっているので、どういう結末が待っているか、今から楽しみですー♪
 
 
 
☆ 「かみちゅ!」 11話

結局コタツから一回も出なかったんじゃ・・・(笑)

お正月三が日も終わって、ゆりえは自宅のコタツで朝を迎える。三が日の間神社で死ぬほど働いてたみたいだから、それくらいのグータラは許そう・・・と思ってたんだけど、朝食の用意をタマにさせたり、TVを付けるのに新聞紙を使ったり(かみちゅ世界は80年代という設定なのでリモコン付きTVはまだ普及してないのか?)で、まったくコタツから出ようとしない(笑)

そのまま延々とコタツで過ごすゆりえなんだけど、年賀状に健児からのものが入ってなくてショボーン(笑) なので、のおみくじでからかったりしてたんだけど、その弟が健児からの年賀状を持ってきてくれて、一気に機嫌を直すゆりえが超ラブリーでしたw

最後に他の八百万の神様たちからも年賀状がどっさり届いて、今年も1年騒がしい1年になりそうですねー♪

今回は、ゆりえがコタツから一歩も出なかったってこともあって、1話なみに細かい描写が盛りだくさん。地味になりそうな話を作画のクオリティでしっかりとドラマに仕立ててました。こういうコトが出来るチカラのあるスタッフが作る作品はやっぱ格別ですなー♪

ゆりえのタレ顔、可愛すぎーーー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.22

スロエヴァ打ってきたー!!

水曜日ー。

予告通りパチスロ新世紀エヴァンゲリオンを打ってきましたよー♪

打ったのは昨日の火曜日。そう、祭日を除いた最速導入日です!! 事前にネットで調べていた店舗以外に、まともに勝負出来そうな店にも入っていたので、仕事が終わってから直行しました。が、案の定満席状態で仕方なく「南国育ち」を軽く打ってたんですが、しばらくしたら店内アナウンスでエヴァに空き台が出たとのこと。
でも、新台に座るには抽選があるらしく、カウンター前にはすでに3人くらいの列が出来てました(^^;;

結局5人くらいで抽選を受けることになったんだけど、1/5なんて引けるわけもなく敢えなく敗退。で、また南国を打ってたらすぐに当たっちゃって(笑) は飛ばなかったけど、持ちコインが300枚ほどの時にまたアナウンスが・・・。
今度は3人くらいの抽選だったんだけど、これも敗退。でもまたすぐに抽選があって・・・って、なんで新台なのにそんなに台が開くんだ?

この時点で気付くベキだったのかもしれません。

3度目の抽選で何とかヒットして、意気揚々と望んだ初打ちの結果は散々たるモノでした・・・(T_T)
 
 
以下、ファーストインプレッション

・ コイン持ち

5号機になってコイン持ちが良くなったって話なんだけど、マジでやたら回ります。1kで平均45回くらいかな? 小役のオチが良い時は70回くらい平気で回ります(笑)

打ち始めの回転数が172だったんだけど、10k投資した時点での回転数が676。20k投資した時点で1072って、初当たりまでにいくら使ってるんだよ・・_| ̄|○

そりゃすげー参考になるデータは取れたけど、もうこの時点で回収は不可能。結局当たったのは26k投資の1382。正直心の中では泣いてましたよ・・・。「残酷な天使のテーゼ」が流れてもなんの感慨もなかった(T_T)

・ ビッグ中

技術介入性は噂通りほとんどなし。目押し難度もそれほど高くないからある程度目押し出来れば取りこぼさないし、ホント黙々と消化するだけ。払い出し総枚数が規定の数値(エヴァは466枚以上)に達すると勝手に終わります。が、実際の純増枚数は350枚程度。払い出し枚数が少ないベルとかスイカとかチェリーとかは引くだけになるっぽいですねー(^^;;

・ 通常時

ウチは赤7落としで消化してたんだけど、帰って調べたら黄7を中・下段の方が効率よさそうですね(^^;; ま、どっちもフラグ察知は出来るし目押しが正確ならスイカもチェリーもこぼさないので、お好きな方でw

・ 演出

・・・9割方意味ないです(笑) 一応スロ版になってパチにはなかった演出がかなり豊富に用意されてるんだけど、どれも信頼度が低すぎて話にならない。次回予告も全く熱くないし、パチで熱かった予告や演出もことごとくハズレ。多分演出で熱いのはプレミア系しかないんじゃないかなぁ?<打ち込んでいないので何とも言えませんが・・。
結局フラグ察知は小役はずれのリーチ目ですねー。液晶で告知した小役が外れてボーナスってパターンがほとんどでした。
 
 
・ 総評

正直微妙な台だと思いました。初打ちで負けたっていうマイナス要因パチ版も初打ちで負けたなぁ(^^;;)もあるんだけど、それを差し引いても微妙な感じ。コイン持ちは良いんだけどその分確率が低いので、どうしても通常時が単調になってしまう。演出で盛り上げてはいるものの、出目でほとんど判断出来てしまうので、ちょっと熱い演出が出てもそれほど盛り上がらない罠(^^;;
それと、確率分母がでかいとそれだけ振り幅も大きくなってしまうので、大ハマリの危険は(高設定だとしても)常時つきまとってしまう。そのハマリ分を当日内で回収しようとしてもマターリ展開なこの機種は、追いつかないで終わってしまうことが多くなりそう。うーん、、、微妙・・・(;^_^A アセアセ…

あ、、、「エヴァ」ってコトを全然加味してなかったですね(^^;;
打ったのはレイパネル。パネル上の綾波はやっぱ可愛くて愛おしかったです(爆) 演出も綾波メインの演出が多かったので、その辺はGOOD。風呂上がりの小役告知演出とか、頬赤らめ演出とかはマジで萌え死ねます
ただ・・・それが出玉に直結しないのは、リオで散々経験済みだけど、やっぱ悲しいよね(^^;; でも、リオに比べたら財布に優しいかもw 10kで450−500回は回せるんだし、その分演出はたくさん見れるしねー(笑)<それってどうなのさw?
 
 
一応結果を出しますと・・・。

1210 BIG 26k
426 BIG 2k
257 BIG
184 BIG
250 止め

総ゲーム数:2327
BIG確率:581.75(ヒキ弱すぎ・・)
総投資:28k
回収:7k

(南国は5k投資の5k回収でチャラw)

実働3時間ちょっとでこの結果でした。初回の大ハマリがなければそこそこだったんだけどなー(^^;; この機種を打つ点で注意する点を自分なりにまとめてみると

・ 初期投資が10kを越えないこと。
・ 稼働時間に余裕があること。
・ 高設定狙いは当然

ってな感じですかねー。投資金額は10k超えると回収が厳しくなるのと、稼働時間はマターリ展開を考えると必須ですね。あと、低設定は確実に死ねるので、出来るだけ回避するのは当然デスな(笑)

一応閉店まで残ってたんだけど、一番当たってる台でBIG回数22回程度(ウチの台は18回でした)。終日稼働してこの回数。コイン持ちを差し引いても寂しい所ですよね(^^;;

うーん、、、5号機に未来はあるのか?
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
月曜分をどうぞ♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「奥さまは魔法少女」 12話

予定調和っていうか、なんていうか・・・。

リルムに戻った嬉子は、長老の怒りを買って牢獄に囚われてしまうんだけど、これは頭を冷やさせるための長老の親心だったのかな? 初めはいろんな葛藤をさせられるんだけど、母親が出てきて優しく諭しりして徐々に自分を見つけていく。

一方嬉子から指輪を預かったさやかも評議会や仲間の催促で葛藤を続けるんだけど、クラスメートのオトコノコの想いを聞いて、自分のを見つけたようですねー。

は、居なくなった嬉子の面影を探して街中を彷徨うんだけど、もう完全にっちゃってますなw 幻を見続けて失意の中下宿へと戻るんだけど、そこにもやはり嬉子は居なくて・・・、ついに切れて叫んじゃいましたよ(笑)
そしたら、牢獄に居た嬉子が愛のチカラで巽の元へジャーンプ!! いやー、愛のチカラって偉大ですね(藁

なんかもう予定調和って言うかなんて言うか、全然盛り上がりませんよ(^^;; 巽との恋愛も積み重ねがないから薄っぺらいモノでしかないし、今まで我が儘放題だった嬉子が母親の話を聞いてまともに納得出来たとも思えないし・・・、とにかく今までの話の流れが悪すぎて、感情移入が全く出来ない罠。

最終回も何の感慨もなく終わるんだろうなー(^^;;
 
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 25話

シ、シリウスがーーーー!!!!

前回つぐみがこじ開けた天空のゲート。アポロたちが入る前にグレン率いる強攻型ベクターマシンが先に入っちゃったんだけど、ザコ敵を倒してくれるならそれでもイイかと思ったりして(笑)
案の定、堕天翅たちの猛攻を受けるんだけど、強攻型が頑張ってくれてるのでアポロたちはすんなり入場♪<あ、前回でチカラを使い果たしてしまったつぐみの代わりにピエールが乗ってますw

堕天翅の防衛で出てきたのは両翅。これにグレンが対応するんだけど、闘ってる最中に麗花の呼びかけで自己を取り戻して、すげー燃える展開です。でも、思った通り最後は自爆しちゃってちょっと可哀想だったかな? 両翅をちゃんと仕留めてくれたのは良かったけど・・・。

一方アポロたちは攫われたシルヴィアを探すんだけど、そのシルヴィアは囮みたいな形で檻の中にとらわれの身。それを見つけたアポロは早速救い出そうとするんだけど、そこに立ちはだかるのは、やはりシリウス(^^;; でも、アポロとシリウスが戦ってるところにしゃしゃり出てきたのはトーマで、ここからが今回の真骨頂ですかねー。

アポロニアスの魂を持っていたのは、やはりアポロで案の定シリウスは当て馬(笑) シルヴィアと二人でセリアンの魂の光と影を分け合ったって感じみたい。で、トーマの目当てはアポロニアスだから、シリウスは捨て駒な訳なんだけど・・・、ホントに殺しちゃいましたよ(;^_^A アセアセ…

まぁ、今更シリウスが死んでもそれほどショックではないんだけど、きっと最後に復活するんだろうな(笑)

あ、、あと今回はそれ以外にも、不動の正体が明らかになったんだけど、あれは何の意味があるんだろう? 第3のエレメントだったって言われても、だからナニ?としか思えないし、そういう設定があるなら少しでも第3のエレメントについて触れておくべきだったんじゃないかな? アクオンにしては珍しく伏線足らずでした(^^;;

で、次回はいよいよ最終回
どんなラストが待っているのか今から楽しみですー♪
アポロとシルヴィアがシアワセになるといいな(^^)v
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 12話

カルメンファサリナの戦いが見たかったのに・・・(T_T)

旅の目的をなくしてしまったウェンディと、大きな手がかりを得て鬼の形相でかぎ爪の男を追うヴァン。二人の話は別れたまま進むんだけど、裏ではかぎ爪の男の同士たちによる鎧再起動計画が着々と進んでいた。

ヴァンは昔世話になった男ガドヴェドと再会するんだけど、その男はヴァンの婚約者と一緒にヴァンを鎧に乗れるように改造して命を助けた恩人。しかし現在ガドヴェドはかぎ爪の男の仲間になっていて、ヴァンも仲間に引き入れようとするんだけど、もちろんヴァンはこれを拒否。そして二人は戦うことに・・・。

一方ウェンディは、一人ターミナル駅を彷徨うんだけど、最上階?にある庭園でとある男と出会う。その男は優しい言葉で理想を語り始めるんだけど・・・もうこの辺からこいつがかぎ爪じゃないかと疑心暗鬼のまま見てたんだけど、やっぱりこいつがかぎ爪でしたねー(^^;;

でも、今回でだいぶ話が分かってきたかな? 設定が分かってくるとやっぱ面白くなるよねー。
それぞれの役割も見えてきたし、かぎ爪の男の理想ってのも分かった。でも、こいつ優しげな言葉で話すわりには人殺しとか平気でしてるんだよねー(^^;; ウェンディもそれを知ってるから、かぎ爪の男と分かった瞬間凄い形相してたし(笑)

次回、決戦必至なんだけど、これって2クールだよね?(^^;;
 
 
 
☆ 「あかほり外道アワーらぶげ」 12話

詩乃たんのピンチで終わるとは何事だーーー!!!

冒頭から、変な宇宙人の大群から始まったんだけど、最後の敵は宇宙の侵略者ってコトなのかなー? ギガアント大帝率いるデスアント帝国が地球の何かを奪いに来るらしいんだけど、「ピー」が掛かっていてナニが欲しいのかよく分からない。でも、それを持っているのが外道乙女隊ってことで、ちょっとビックリした(笑) だって、絶対ラブフェロだと思ってたんだもん(^^;;

次々と攫われてしまう乙女隊なんだけど、展開云々よりダブル飯塚のパワーの方が凄かったな(笑) で、デスアント帝国の攻撃でやっと目覚めたラブフェロが怒濤のパワーで、乙女隊を救いに来てくれるんだけど、本音は眠ってるトコを起こされたから怒ってただけ(^^;; でも、凄いパワーだったから、そのままギガアントを倒すかと思ったら・・・・、清水愛が金に目がくらんでギガアントと結婚の約束をしちゃいましたよ(爆)

いやー、最終回間際になってまとめてくるとは思ってたけど、ここまでバカな話だとは・・・(^^;; 正直、たいして面白くはないんだけど、そのパワーだけは認めましょうw

最終回、ピンチに陥った乙女隊の活躍を期待してますよー!!
<ラブフェロはいらないから。マジでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

パチスロ版エヴァンゲリオン

月曜日ー。

今日はパチスロ版エヴァ最速導入日だったんですが、祭日と言うこともあって近所のホールはどこも新装してませんでした(^^;;
明日はちょっと離れたホールには入るみたいなんだけど、そのホールは正直あまり良い印象のない店なのでちょっと微妙なトコです(笑)

このパチスロ版エヴァなんだけど、パロットに続く5号機第2弾の機種。パロットはパチンコとスロットの融合を目指した台で、自分も数千円打ってみましたが面白さが見つけられずにそれ以来打ってないんだけど、すでに客が飛んでるので、実際ダメな台だったってコトでしょうね(笑)

で、このエヴァはスロット台として初めて出る5号機で、注目も高いんだけど・・・スペックが辛すぎ。BIG確率が設定6で1/358で設定1が1/452なんて、鬼のような低確率ですなぁ(;^_^A アセアセ…

まぁ、今までの機種よりコイン持ちが良くなるみたいだから、一概には言えないんだろうけど機械割を見てもちょっと厳しそう。一応設定3で100%越えてるから(店側の設定にも寄るけど)長時間勝負になればある程度は行けるのかもしれないけど、その長時間勝負はなかなか出来ないし・・・。これなら中間設定以上のジャグラーとか打ってたほうがよっぽど楽しめるかも(笑)

うーん、、あんまし良い面が見えてこないけど、それでも新台、しかもエヴァ。筐体が3種類あってそれぞれ演出が違うとか、レイチャンスなるものが存在するとか、面白そうな要素もあるし、勝ち負けを度外視してでも絶対に打つでしょうねー(爆)

さて、初打ちがいつになるコトやら・・・。こうご期待(笑)!!
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
木曜・土曜・日曜分を一気にどうぞー!!
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「ぺとぺとさん」 10話

和賀くんの立ち位置がよく分からん(笑)

前回行方不明になったカンナも無事保護されて、焦点はぺと子のに移るんだけど、父も別に大したことしてないので、いったいどんな展開になるのかと思ったら、カンナ親子の問題に発展しました。

カンナは兄さんに会うためにプチ家出をしたんだけど、兄のシアワセを望んでいたカンナは本当に今の彼女とシアワセに暮らしているのか心配で仕方なかったみたい。で、家まで行って兄さんが彼女と本当に幸せに暮らしているコトを悟って、今度は逆に寂しくなっちゃったのかな?
カンナの父親はそんな想いもつゆ知らずに仕事一筋だったので、カンナの不満はそこにもあったようで、父親と口論になるんだけど、そこに座敷童の和賀君が現れて、カンナの想いを代弁してくれるんだけど・・・和賀君の情報通っぷりには感心しますよねー(笑)

カンナの気持ちを分かった父親も納得してこれで一件落着

これで終わりか? と思ったらちょちょ丸が最後に凄い提案をしました(笑) ぺと子に専属契約を申し出るんだけど、ぺと子はあっさり了承。って、お前、じゃねえだろーーー(爆)!!

ま、それを言ったら話が続かなくなるので心に閉まっておきますw
 
 
 
☆ 「苺ましまろ」 8話

美羽がかなりイタイ子に・・・(;^_^A アセアセ…

みんなでお祭りに行くことになるんだけど、学校始まってからのお祭りって時期的に微妙だよね(笑)<秋祭りにはまだ早いし。
それでも、みんなノリノリで浴衣とか着ちゃっていざお祭りへレッツゴー!! ってな訳なんだけど、アナは浴衣を持っていないらしく美羽の浴衣を無理矢理剥いでアナに着せたり、出発前からドタバタしてますなー。

で、お祭り会場につく5人なんだけど、美羽が金を持ってきてないらしくて、凄い値切り方をしたり、家から持ってきた廃品をバザーに出したりするんだけど、あれじゃまるで痛い子だよ(;^_^A アセアセ… 伸姉たちも周りの視線を気にしてるし、家の中でヤル分にはいいけど、外でやられると痛いよなー(笑)

さらに美羽は櫓に登って太鼓まで叩き出しちゃって、あれにはさすがに伸姉も切れてた(笑) 楽しみにしていた花火も間近では見れなくなっちゃうし、踏んだり蹴ったりだよなー(;^_^A アセアセ…

でも、行動だけ取ったらマジで痛い子な美羽も、やっぱり可愛くて憎めないトコがこの作品の魅力なのかも。アナ茉莉はもちろん可愛いしねー♪<千佳はどうしたw

最後に線香花火で締めるトコもヨシ。ドタバタのまんまでは終わらないこの余韻があるから、美羽の痛い子ぶりも印象に残りにくいのかもね(笑)
 
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 22話

すもも清水愛だとは・・・(;^_^A アセアセ…

ついに小狼の前に現れた星史郎。やっぱり小狼のことを知っているようで、語りかけたりもするんだけど、小狼たちはすぐに逃げ帰ってきたようです(^^;; ま、勝ち目もないしサクラ姫も心配だしねー。
って、戻ってきてからの小狼は星史郎のコトばっかり考えていてサクラ姫に余計な心配を掛けさせてるし、ダメジャン(笑)

イロイロと情報を合わせたところ、新種の鬼イの一番は同じ存在じゃないかってコトになるんだけど、その情報を持って市役所に行ったところ、新種の鬼の存在は確認されていないのに、鬼を従えた存在はいるそうで、さらに詳しい情報を得るために市役所からとある場所を教えられる。
そこに向かった黒鋼と小狼は、あまたの鬼と闘いながらも最終地点へとたどり着くんだけど・・・。

すもも、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

いきなり小狼に飛びつくすももなんだけど、声が清水愛とはまた狙ってきましたねー(笑) ちょびっツの時のくまいもとこも良かったけど、清水愛は破壊力ありすぎですw

結果、イの一番と新種の鬼が別物だと分かったんだけど、新種の鬼は干渉するモノってコトで、どうやら飛王が送ってきた刺客なのかな? でも小狼とも面識あるし、詳しくは先の展開を見ないと何とも言えないけど、とりあえずこの世界のモノではないのは確かですね。

で、そんな新種の鬼星史郎が猫の目にやってきて・・・。

うわー、次回どうなっちゃうんだろう? って結果は知ってるんだけど、結構楽しみだったりします♪
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 12話

ミカエルを出すなら、玲にコスプレさせろー(笑)!!

前半は原作ネタで攻めてきたと思ったら、後半はいきなりオリジナル展開ですか(^^;; ベキ子に夢がないって話で来たから、おお!とか思ったんだけどなー。それでも、一条さんの夢とか早乙女の夢とか出てきて、久しぶりにちょっと原作ネタで熱くなれました(笑)

後半はみんなで姫子の夢の中へ入るんだけど、まぁ姫子の夢の中ってコトでだいたい想像は付くよね(笑) ミカエルが出てきたのは嬉しかったけど、ちょっとキャラが薄くなってたのが残念。カニの味がカニカマだったり玲がおっぱいミサイル出したり、それなりに笑えるトコもあってなかなか楽しめました♪

あと、今回もやっぱり黒板ネタが一番面白かった。本編よりも黒板ネタの文章ばっかり追ってるしなー(笑) 「一万年と二十年前から」(二千年ではないw)には大爆笑しちゃったよw<他にも笑える小ネタたくさん♪

慣れたってのもあるんだろうけど、オリジナルもだいぶ見れるようになってきたし、この調子で2クール目も行きましょー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

10月新番組リスト

日曜日ー。

ちょっと時間が出来たので、来期の新番をまとめてみました。いつものように情報元は「MOON PHASE」さんです。

2005年 10月 新番組リスト

いやー、来期もまた本数多いですねー。まぁ半年に一度の本格改変ですから仕方ないんだけど、4月の時より本数が多い・・・。これでも一応取捨択一をして、初めから見るつもりのないモノとかは入れてないんだけど、総数26本ですか(;^_^A アセアセ…<1本はOVA先行放送だからシリーズモノではないけど、それでも25本(笑)

最近アニメを見る時間が少し減ってきているので、今見ている作品+この本数の処理はちょっと厳しいかもしれません。初回で切る作品が結構出るかも(;^_^A アセアセ…

って、見る前からテンション低くなってても仕方ないので、来期の注目作品をいくつかあげてみましょう。<リストにもを付けてます
 
 
・ 地獄少女

話は全然知らないんだけど、CV能登ってコトだけで注目作にw 公式HPがだいぶ前から準備されていて事前の知名度も高かったし、EDも能登が歌うってコトでさらに注目度が高まりました(笑)
放映局がキッズとアニマックスとMXという、微妙なラインナップなのも面白い。とりあえずキッズでリアル視聴してアニマックスで録画補完って感じかな? ちょっと面倒だけど、作品が面白ければOKってことで行きましょー♪

・ ARIA The ANIMATION

これも原作よく知りません。ドラマCDも出てるんだけどまだ聞いてないし実際よく知らない作品なんだけど、周りで面白いらしいって情報が入ってるので注目作に(笑)
原作絵は結構綺麗だから、その辺をどうアニメ化するかクオリティが気になるところですね。話は全然知らないので、原作厨にはならなくて済むかな?

・ 舞-乙HiME

言わずとしれた「舞-HiME」の続編。舞-HiMEがかなりイイ出来だったので、当然これも期待なんだけど、設定からなにからだいぶ変わってるみたいなので、その辺がどうなるか楽しみでもあり不安でもあり・・・。
相変わらずテレ東なので、お色気シーンは期待出来ないけど、前作と同等のクオリティで作ってくれるなら十分良作になりうるパワーはあるだろうから、十分期待の作品です♪

・ 魔法少女リリカルなのはA's

これも言わずとしれた「なのは」の続編。前作はDVD全巻購入するほどはまった作品なので、期待するなと言う方が無理w 前作と今作を繋ぐサウンドドラマもばっちり聞いてるのでモーマンタイ。
またなのはフェイトの泣ける友情話が見れると思うだけ鳥肌モンですぜー!!

・ 銀盤カレイドスコープ

カレイドスター・・じゃないよね(笑) 銀盤ってことでスケートモノなのかな? 実はこれも全然知らない作品なんだけど、公式HPを見る限りちょっと笑えるタイプの作品みたいなので、その辺を期待材料にしてみました。キャラも可愛いしねw

・ ローゼンメイデン トロイメント

これも続編。前作の終わりがちょっと尻切れ感(ってほど酷くはなかったけど)があったので、この続編は嬉しい限りですねー。またあの凛々しい真紅が見れるだけでも十分なのに、水銀燈の復活まであるみたいで言うことナシです。今度はBS-iできちんと録画保存しよっと♪
 
 
他にも、「東鳩2」(Rではないw)とか「ガンパレオーケストラ」とか「シャナ」や「BLOOD+」とか注目作品はいくつかあるし、意外と良作が揃いそうな予感。ま、始まってみないと分からないですが(笑)

そんなわけで、来期もがんばって行きましょー!!
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
水曜分をどうぞ。
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「フルメタル・パニック!The Second Raid」 8話

ブチ切れテッサがまた萌ゆる・・(笑)

かなめの元を去った宗介はメリダ島に帰還して、テッサへ帰還報告をするんだけど、やっぱり急にかなめ護衛の任を解かれたことに不満たらたら。テッサもそれを強く感じて悔しくなって逆ギレ(笑) いやー、テッサの逆ギレはコワイねー。言ってることは正論だし、さらにのリーサルウェポンまで追加されちゃ、宗介に対抗する術はないよなーw

で、クルツと基地内のバーで一息ついているところに、新キャラのクルーゾー登場。<いや、さっきから出てたんだけどねw マッカランの後釜で派遣されたようなんだけど、そうは言わずにいきなりマッカランを罵倒し始めちゃいましたよ(^^;; クルツもこれには切れて殴りかかるんだけど返り討ち。宗介も反論するんだけど、クルーゾーはASでの模擬戦を申し出る。

アーバレストに乗り込む宗介はクルーゾーの真意が分からないまま闘うことになるんだけど、意外に・・というかめちゃくちゃ強いクルーゾーに歯が立たない(^^;; そのまま弄ばれるように負けてしまって、目覚めたのは病院のベッドの上。
そこにもクルーゾーが現れて、さらに追い打ちをかけるように宗介に告げる。

「お前はあのアーバレストを嫌悪している」

いやー、確かにその通りだよなー。ラムダドライバは全然自分の意志通りにならないのに、初めての搭乗者ってだけの理由で降りることも適わず、かなめ護衛の任まで解かれちゃったんだから嫌悪しない訳はないよな(笑)

結局クルーゾーは実はいい人ってかマオ姉さんとも面識がある古株の人だったみたいですね。これで宗介が目覚めてくれればいいんだけどなー。
 
 
 
☆ 「極上生徒会」 24話

ちょっと泣いちゃった・・・(;^_^A アセアセ…

宮神学園での体育祭が生徒会主体で開かれるので、みんな大忙し。りのだけは暇そうなんだけど、それは仕事を与えてもいつものドジッぷりで台無しにしてしまうから、あえて仕事を与えない方向だったようですな(笑)

そんな中、奏会長のお祖父様が亡くなってしまんだけど、神宮司家の当主であったお祖父様が亡くなったことで、奏にその役回りが回ってくることは必至。奏も半ばあきらめ顔で本家へと赴くんだけど、体育祭当日にやっと姿を見せた奏会長は全校生徒の前で自主退学するというコトを告げる・・・。

って、、、いきなり過ぎじゃ・・・(;^_^A アセアセ…

まぁ、こうなるであろうコトは伏線がきちんと張ってあったので別段不思議でもないんですが、周りの感情を考えるとねー。でも、これがまた先の話への展望へと繋がるわけで、やっぱ黒田超先生は上手いな・・と思ってしまう罠(笑)

結果的に置き去りにされたりのたち生徒会の面々は、奏会長に会いたい一心で集結して本家へと乗り込むことになるんだけど、この辺の流れが結構泣かせるんだよねー。

最終回まであと2回。ラストまでがんばれー♪
 
 
 
☆ 「タイドライン・ブルー」 9話

今回はイスラ分をきちんと補充出来た(笑)

前回乗り込んだ移動ドックであっさり見つかってしまったキールは、ボスと対面してもその立場は変わらずに生死の境を行ったり来たりの状態(笑) でも、ボスを落とせば何とかなりそうな感じもあるので、必死に説得するんだけどなかなか聞き入れてもらえず、最後の切り札として「賭け」を申し出る。

すると、賭け好きのボスはちょっと食いついてきて、さらに隠れていたジョゼも賭け品の後押しをして良い感じ。で、肝心の賭けの行方は背水の陣だったキールに軍配が上がるんだけど、船員たちがイカサマだと騒ぎ出してキールの命は風前の灯火。
そこにティーンが銃を持って現れて子供を人質に取るんだけど、キールはこれに猛反発。ボスもこの勝負が正統なモノだったとみんなに言い聞かせて、ティーンの暴走はひとまず収まって一安心でした。

その後ティーンは新国連側にある地図の存在を語り始めるんだけど、その際キールとティーンが過ごした宇宙ステーションでの出来事とかがカットインしてきてだいぶ話の骨組みが分かってきたかなー?

一方ユリシーズの方は未だ凱旋門に突っ込んだままで動けない状態。乗組員もだいぶ疲弊してきてこのままではヤバイ・・・。そんな中でイスラが元気に働いていて癒されますなー。やっぱイスラは良い子です♪
新国連側も地図でユリシーズの場所を解読してゾクゾクとパリに集まりつつあるんだけど、キールたちとどっちが先に辿り着くかが焦点になるかと思ったら、キールたちが着いた頃にはすでに包囲されちゃってたみたいですね(;^_^A アセアセ…

うーん、、あの包囲の中どうやってユリシーズを直すんだろう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.17

新型PSP

金曜日ー。

昨日はいつものようにメイトで買い物。といっても、メイトで買うモノは大してなかったんだよねー。で、町田にいったついでにヨドバシをちょろっと覗いて来たんですよ。目的は新色PSPゲームボーイミクロ。どっちもそれほど欲しい訳じゃなくて、とりあえず実機が見たいってだけだったんだけど・・・。

まずゲームボーイミクロ
いや、マジ小さいッスね。CMとかだとFCのコントローラくらいの大きさみたいな感じだったけど、アレよりさらに小さい感じ。特に液晶画面は「ホントにこの画面でゲームやるのか?」ってくらい小さくて、正直アレでゲームをやる気にはなれませんよ(^^;;
中身はGBAってコトだけど、GBASPで十分でしょw ターゲットが何処なのかイマイチ分かりにくい商品でした。

次は白PSP
黒も締まった黒で格好良かったPSPだけど、白もこれまたカッコイイ(笑) 任天堂の泥臭いデザインもキライじゃないけど、やっぱスマートさで言ったら雲泥の差ですなw
で、このPSP。型番が悪評高き初期型PSPと一緒なので、中身が変わってないのかと思ったら、基盤こそ同じモノのイロイロと修正が入ってるみたいですねー。それを知ったのが帰ってきてからだったので、もし昨日の時点で知ってたら買ってたかも(笑)

あ、、でも、プレイングデモで置いてあった攻殻のゲームがロード長すぎで、ちょっとがっかりした(^^;; 他のもあんなにロードが長いんじゃちょっとなぁー。

PSP、欲しいのは欲しいんだけど今ひとつ購入に踏み切れないヘタレな店長でしたw

あ、、メイトでの購入物はこちら。

・ CD
「奥様は女子高生」 OP
「ハチミツとクローバー」 OST

その他コミック数冊で5kちょっとだったかな? 「ガンダムさん」がやっと買えてホッとしてますw
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
とりあえず火曜分をどうぞ♪
<とりあえずって何だ?
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 23話

不意に更迭された総理が萌ゆる(笑)

ついに始まってしまった難民自衛軍との戦闘。閣議でも出島への空爆が承認されてしまい、このままでは戦争突入は避けられない。総理の更迭も決まっちゃって、課長も軟禁状態で八方ふさがりなんだけど、現場の少佐が頑張ってくれるさ(笑)!!

そんな少佐たちは隙をついて出島にはなんとかたどり着いたんだけど、出島に配備された無人ヘリの攻撃と、陸自精鋭の追っ手に追われて大変。それでも何とかプルトニウムを持ち出すことに成功したし、少佐はクゼの近くまで迫ってる。うーん、良い感じですな♪
クゼもジャミング電波を出していた飛行機を撃墜出来たので、出島内での事態は好転してるかも。

あとは、課長がどこまでコトの真相に迫れるかだねー。怪しい動きをしている米帝内調の繋がりが分かれば事態は解決しそうだけど、あと2話、楽しみにしてますよー♪
 
 
 
☆ 「かみちゅ!」 10話

弁天様萌えw

10月は神無月。10月に全国の神様が出雲に集まって会議をするので日本中神様がいなくなってしまう、ってことで「神無月」って言うんだけど、ゆりえもその一員って訳ですなー(笑)
一ヶ月間出雲の学校に転校することを余儀なくされたゆりえは、仕方なく転校するんだけど、元々引っ込み思案で恥ずかしがり屋な性格のゆりえが、こんな短期間でクラスに馴染めるわけもなく・・・。他の生徒も出雲だけあって神様を敬う心でゆりえに接するから、は全然埋まらないんだよね(^^;;

それでもゆりえは必死に神様の勤めを果たしたり、間近に迫った中間テストの勉強をしたりと頑張ってたんだけど、転校先の学校の方が授業が進んでいたりしてテストの結果は散々・・・。なんとか一人で頑張ってきたゆりえも、この結果をみてさらに落ち込んじゃって完全にホームシックにかかっちゃいました(^^;; でもそこに弁天様が現れて、助言とも励ましとも取れないような言葉を掛けるんだけど、それがゆりえには深く染みいって勇気づけられる。ってか、弁天様萌え(笑)

そして長いようで短かった1ヶ月が終わり、ゆりえは元の中学へ戻るため出雲のクラスメイトにお別れの挨拶をするんだけど、ここがもう感動!! ちゃんと自分の至らなさを告白して、それをみんなに謝るんだけど、こんなに素直に自分の気持ちをぶつけることが出来るゆりえは凄い。そして、クラスメイトも自分たちも至らないことがあったとゆりえに告げて、次に来た時はみんな友達!!って・・・くぅーー泣けるーーー!!

そして、最後尾道に戻ってきたゆりえを光恵が出迎えるんだけど、ここも良かったよー(T_T) 3人の友情がひしひしと伝わってきて、もう感動

表情豊かなゆりえに、もうメロメロですー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

持ち家ゲットー♪

水曜日ー。

今日もUOネタです(^^;;

昨日、念願の持ち家をゲットすることが出来ました!! チャット仲間でUOの先輩である某Kちんが土地をいくつか探してきてくれて、その中でも一番立地が良くて土地も広い場所に家を建てることが出来ました。9x9なのでそれほど広い訳ではないんだけど、一人で住むには十分な広さ。まだ全く手つかずの状態なんだけど、これから内装を頑張りたいと思いますー♪

でも、内装って掛かるんだよねー(笑) まず9x9の2階建ての基礎を作るのに50kほど掛かるし、外壁や内壁、ドアや階段とかもそれぞれ個別にお金がかかる。それなりに見栄えのする家を建てるのには数十万の金が飛んでいくんですよー(^^;;

今のところ金を稼ぐためには狩りをするしかないわけで、これからもしばらくメインキャラでの狩りの日々が続くかな? UOMLから導入されたエルフの新キャラも作ってみたいけど、当分そんな暇はなさそう。ま、狩りはスキルも上がるから一石二鳥でもあるんだけどねー。がんがりますよ!!
 
 
さてさて、最近UOばっかで他にネタもないのでアニメ感想に行きますー。
UOやってもアニメはしっかり見てますよw
月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「奥さまは魔法少女」 11話

だけ逃がそうとする傲慢さに辟易・・・。

魔法少女の姿で旦那の元を訪れた嬉子は、旦那に自分のヒミツを打ち明けるんだけど、今更そんなこと言われてたってねぇ(^^;; 旦那もすっぱり嬉子のことは諦めるんだけど、旦那はさすがに大人だよなー。

嬉子はの元に戻って、ナニをするかと思ったら・・・巽一人を街から遠ざけようとしてますよw うあー、なんて身勝手なんでしょ。街には他にもたくさん住んでるって言うのにねぇ。自分が命に代えてでも街を救うって決意をするなら、そのまま側に置いても良いのにw

結局巽は戻って来ちゃって苦労は水の泡。って、そうしないと話盛り上がらないしねーw クルージェも途中参戦してきて、クルージェ自ら封印していた魔法のチカラを解放したり、二人一緒の攻撃とかは結構盛り上がって評議会の攻撃を何とか凌ぐことに成功したみたいです。

でも嬉子は巽を逃がそうとしたで存在を消されてしまうようですなー。で、次回直談判。。。って、往生際が悪いなぁ(^^;;

いや、でも側面側面を見ればもちろん嬉子のしようとしているコトや、その想いの深さはは分かるんだよね。なので、嬉子側に感情移入しようと思えば出来なくはないんだけど、尻軽で軽薄な嬉子の行動には共感出来ない罠w

のこり2話でこの負の遺産を精算できるのかな?
 
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 24話

し、、シルヴィアがーーーー!!!!

シリウスという新たなコマを手に入れて、ついに堕天翅の総攻撃が始まるんだけど、その攻撃方法がですか(笑) 天空のゲートから雪みたいなのを無数に降らせてそれに触れた人間のプラーナを吸い取るって戦法なんだけど、ここまで無差別に吸い出されちゃディーバとしても手も足も出ないよなー。

それでも最終決戦に向けて、メンバーはそれぞれの過ごし方をするんだけど、シルヴィアアポロがすげー良い雰囲気でぐっと来たよ♪ でも、キスする寸前に姿の見えないシリウスにシルヴィアをさらわれてしまって、さぁ大変。でも新国連軍の殲滅部隊がすでに動いているし、不動が不在なのでディーバは身動きが取れない。そこで、ジェロームが起った(笑)!! いやー、初めてジェロームが格好良かったデスよw

シルヴィアを取り戻すために、アポロ・麗花・つぐみで出撃するんだけど、麗花は雪を肩に浴びてしまって不調だしアポロも無限拳が跳ね返されて意気消沈・・・。そこで一人気を吐いたのがつぐみ。初めはいつも通り引っ込み思案で自信なさげな感じだったんだけど、みんなの励まし(ってか、麗花との愛か?w)でついに本当の自分に目覚めることが出来ましたー。

そして、必殺技「爆愛無限光」炸裂!!

無限拳でも開くことの出来なかった天空へのゲートがこれで陥落。一気に攻め込もうとするアクエリオンなんだけど、その横から強攻型アクエリオンがさっさとゲートへ入っちゃいました(^^;;

まんまと利用されちゃったアポロたち・・。次回は決戦必至か!?
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 11話

やっとになった・・・。

ターミナル駅は出会いと別れの場所。ヴァンたちもやっとの思いでゾネットに辿り着いたんだけど、ウェンディはそこで探し求めていた兄と再会する。なんとか兄ミハエルを捕まえたウェンディは一緒に帰ろうと懇願するが、ミハエルはもう昔のミハエルではなかった。自分をさらったかぎ爪の男同士と呼び、今の自分を新しい自分と言ってはばからないその姿に、昔の面影はない。ウェンディもすぐには引き下がらなかったが、すでに自分の進むべき道を悟ってしまった兄に届く言葉はない。

そんなウェンディを捜してヴァンやジョシュア・カルメンは必死になるんだけど、結局駅のアナウンスに頼ることに(笑) でもそれが一番確実だよなw

一人消沈しているウェンディの元に現れたのはヴァン。兄にあったと聞いたヴァンは、かぎ爪の男の行方を尋ねるんだけど、ウェンディは兄のコトで手一杯だったのでかぎ爪の男に関しての情報は何一つ得ていなかった。それを聞いたヴァンは切れてウェンディに掴みかかるんだけど、止めに入ったカルメンも言ってたけど、まだ子供のウェンディにそこまで求めるのはだよな(^^;;
かぎ爪の男のことになると見境がなくなるヴァンはいつものことだから仕方ないと言えば仕方ないけどねー(笑)

で、旅の目的を失ったウェンディはこれからどうすればいいのかをヴァンに聞くんだけど、そりゃ目的がなくなったんだからに帰れというのは当然のこと。一緒にいても危険な目に遭うだけだからねー。

その辺次回どうなるのかな? あ、、裏で暗躍していたかぎ爪の同士たちが結集してナニやら怪しげなコトをやってたんだけど、それが次回明らかになるみたい。一波乱起こって元のサヤって感じになるのかなー?
 
 
 
☆ 「あかほり外道アワーらぶげ」 11話

あれっぽっちじゃ詩乃分を補給出来ないよー(T_T)

今回は前後編ともにラブフェロ回。M−1グランプリならぬMoe−1グランプリで優勝するために修行に出る二人。清水愛かほるんのツッコミが弱いのが最大の弱点と言って、かほるんに過酷な修行を強いるんだけど、その度に過去の思い出を振り返るんだよねー。
で、清水愛が完全に妄想の入った思い出を繰り広げるんだけど、もちろんかほるんにはそんな思い出はない。でも清水愛は容赦せずに滝に飛び込ませたりクマをけしかけたりしてかほるんは絶体絶命。その時、本当の出来事が走馬燈のようにかほるんの中を駆けめぐって、その度にピンチから脱するんだけど、同じ展開が何度も続くんだよね(;^_^A アセアセ…

確かに繰り返しは笑いになる時もあるんだけど、今回のは完全にすべってました(^^;; いやー、マジつまんなかったよ(笑) オチもいつも通りのオチで何の捻りもないし・・・。

しかも外道乙女隊の出番は1分足らずじゃ文句の一つも言いたくなるってなもんですなー。前に乙女隊メインの回があったから平等っちゃ平等なんだけど、それならもっと面白く作ってくれーー!!!

で、次回からはまとめに入るのかな? ラブフェロvs乙女隊が見れるのかなー? もし見れるのならすげー楽しみなんだけどねー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

UOリハビリ中

月曜日ー。

相変わらずUOリハビリ中

手持ちのリコスク(魔法移動する時に使う消耗品)が切れしまって、買いに走ったんだけど昔なじみのベンダーが軒並み潰れていて軽いショックを受けました(笑) 途方に暮れてイロイロ回ったんだけど、何故か置いてるトコが少なくて結局買えるまでに2時間以上費やす羽目に(^^;;
買えたところは実は昔何度もお世話になっていた瑞穂シャードでは超有名なトコだったんだけど、ココを忘れていたとは自分でも悲しくなりましたよ(笑)

リコスク秘薬もしこたま買い込んで、いざ狩りへ!!

昔馴らしたシェイムで延々と土エレ狩り。すでに剣術・戦術・解剖がGMになっているキャラなので土エレは敵じゃないんだけど、リハビリにはもってこいですねー。包帯巻きつつ、たまに魔法も使ったりして余裕ある戦いが出来るから、感覚をつかむにはもってこいです。
小一時間も潜ってたら戦利品(主にゴールドと宝石)でバックパックはいっぱい。ペットの青ゴキのバックパックまで使ってウハウハですなー♪

そんな感じで少しずつUOを進めてます。持ち家をゲットするまでは稼ぎまくるぞー(笑)!!
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
土曜・日曜分をどうぞ♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 20話

小狼を待つサクラ姫は健気で萌ゆる(笑)

剣の修行を続ける小狼は、黒鋼に目隠しをしたまま「猫の目」まで帰ってくるように命じられる。たまにだけど見える前に反応出来る右目と、見えてからしか反応出来ない左目を天秤に掛けたら、見える前に反応出来る方を取ったってコトなんだろうけど、そんなのがすぐに出来たらあっという間に超人レベルだよなーw

って、小狼すぐに順応しちゃったよ(笑)

元々武術の心得があったからなんだろうけど、もうちょっと苦労してもいいような・・(^^;; で、帰路の途中でに遭遇したところを龍王に助けられるんだけど、さすがにまだ戦闘は無理みたいでしたね(笑)

一方、フェイ黒鋼は前に訪れたバーで新種の鬼の情報収集。今回は目撃者である織葉と接触して新たな情報を得ることに成功。どうやら新種の鬼は人の形をしているようですなぁ・・。

サクラ姫はお店でマフィンをいっぱい作って小狼の帰りを待つんだけど、何かに惹かれるように店を出てしまう。そこに通りがかった護刃が後を追いかけるんだけど、途中で小狼たちと出会った途端、サクラは倒れてしまう。さらに、そこに鬼が現れて・・・。

鬼を率いて小狼の元に現れた「星史郎」は、どうやら小狼と面識があるようですねー。次回は「すもも」が出てくるみたいなので、期待大ですー♪
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 10話

○○オブジイヤーって、元ネタあったっけ?

今回は6号メインの回でした。って、原作に6号メインのエピソードなんて数える程しかない・・・ってか、他のメンバーの中でももっとも出番の少ない生徒なんだけど、アニメでは何故かレギュラー組に入ってるんだよね(^^;; C組で6人目のキャラだから6号だとかは黒歴史デツカ(笑)?

そんなわけで、今回はほぼオリジナル。6号が謎の車の持ち主に恋をしてるって話だったんだけど、話の大筋はどうでもいいような話で特に感慨はなし。ってか、6号が誰を好きでも興味ないってのが本音か(笑)?
じじいを囮に使って、本命は別の人物(五十嵐先生だろうとは予想してたw)ってのもすぐ分かっちゃったしなぁ・・・。

そんな訳で、今回はニュース速報黒板ネタをメインに見てたんだけど、やっぱこの二つは濃いよねー(笑)
ゲームやアニメ・漫画のネタが随所に出てるんだけど、ちゃんと許可を取っているのかなぁ? ま、あれくらいのネタに使うくらいはそれほど神経質にならなくても良いのかもしれないし、エニックス系のネタは自社だから問題ないだろうし、今後もどんどんやっちゃってくださいw<速報。黒板ネタの詳細は2chのスレでも見てください(笑)

それにしても、ホントにこんなネタアニメを2クールもやるつもりなのかな? 原作を変えまくって小ネタくらいしか楽しむところのないアニメなんて、1クールで十分なのに・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.12

そう選挙デスw

日曜日ー。

今日は選挙の日。一応選挙は毎回行ってるんですが、今回の選挙は「劇場型選挙」とか「ワイドショー型選挙」とかいって、かなり注目を浴びてましたねー。
お陰でテレビは軒並み選挙速報で大盛り上がりだった訳ですが、ウチは別に結果がそれほど早く知りたいとも思わないし、自分が投票した候補者の当落すらも気にならないので、選挙速報はスルー
で、ナニをしていたかというと、せっせとアニメ消化してました(笑) だって自民圧勝な選挙速報なんて見たって、情勢は公示前と変わりない(いや、2/3取っちゃったからより悪くなったのか・・。)訳だしね(^^;;

今回の選挙では「ぱにぽに」が2時間遅れになる弊害があったけど、放映時間を遅らせた分、L字にはならなかったのでこれはこれでOKかな? あ、、TVKの「萌え剣」がL字だったみたいだけど、所詮「萌え剣」だし、これは問題なし。被害が少なくて良かったデスw
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
水曜・木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「極上生徒会」 23話

管理人さんはホウキ笑顔がよく似合うw

いつも不思議な極上寮の管理人久川まあちたん。今回はこのに迫るってコトで、生徒会メンバー有志で探偵団を結成。彼女の動向を探ることになるんだけど、週に何度かぶらりと外出する管理人さんを何度尾行してもいつも途中で巻かれてしまい、彼女のヒミツは闇の中。

それでもどうしても管理人さんのヒミツが知りたいりの。彼女は管理人さんだけ仲間はずれになっているような気分になってしまったようです(笑) で、必死に管理人さんを探すんだけど、見つけた所はの家。そう、管理人さんは香の弟たちの面倒を見に来ていたのだったー!!!

って、、、そんなヒミツが知りたいんじゃなかったんですけど(^^;;

小学生なのにどうして管理人なのかとか、どうして尾行をあっさり巻くことが出来たのかとか、もっと解明して欲しいはたくさんあったのになぁ・・・。

ま、これも極上流ってコトですかね(^^;;
 
 
 
☆ 「タイドライン・ブルー」 8話

思ってたのとだいぶ違った展開になったかも(笑)

前回離ればなれになっていた4人が再開したシーンで終わったんだけど、このまま4人で行動を共にするのかと思ったら、キールはあっさりアオイの元を離れてジョゼティーンの方に行っちゃいましたよ(^^;; せっかくアオイがカラダを張って守ってくれたって言うのにイスラの方を取ったわけですな(笑)

自分の元を去ったキールを案じて失意に暮れるアオイなんだけど、これがまた萌ゆるw あと30才若かったらすげー萌えキャラになりそうなんだけど、おばあちゃんなのが残念だ(笑)

キールたちは何とかユリシーズに戻ろうと移動出来る浮きドックに潜入するんだけど、安易なキールは話し合いで何とかしようと一人で飛び出しちゃう。案の定とっつかまって酷い目に遭うんだけど、前回潜水艇を賭けた男が出てきて事態は好転するかと思ったんだけど、やっぱり処刑確定のようで(^^;;

って、また凄いトコで終わっちゃったよー。最近こんなヒキが多いけど、続きが気になるって点では良いかもね(笑)<インパクトあるから話を思い出しやすいしw
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「ぺとぺとさん」 9話

結局カンナはナニがしたかったんだろう?

1日署長をすることになったぺと子ちょちょ丸と一緒に制服を着て張り切るんだけど、その制服がぶかぶかで萌ゆる(笑) さすがちょちょ丸、萌え所を分かってるなーw

そんな中、家庭に不満を持ったのかカンナが家出をするんだけど、家出と言っても離れて暮らす兄さんの元へ向かっただけなんだよね(^^;; 途中でチンピラに絡まれたところを謎の男に助けられて、一緒に兄の家に向かうと兄は海外旅行で不在。途方に暮れて帰路につくんだけど、その頃地元では大騒ぎに。

カンナの不在に気付いた父親が警察に連絡したトコにぺと子が通りかかって、勝手に誘拐事件と勘違いして飛び出すんだけど、途中でカンナの家の犬を連れ出して捜索開始した途端にカンナ発見(笑) 一緒に来ていた鬼っぽい警官が飛び出して、無事確保するんだけど、一緒にいた謎の男がなんとぺと子の父親(笑)!!

いや、別にぺと子の父親はナニも悪いことはしてないんだけどねーw でも、借金まみれで逃げ回ってたみたいだから、次回はその辺が焦点になるのかな?

冒頭しか出番のなかったくぐるがちょっと哀れだでした(笑)<一番の萌えキャラなのにーw
 
 
 
☆ 「苺ましまろ」 7話

伸姉のチチちら・・・正面から見せてくれーーー!!!

夏休みに入ってそれぞれの休みを過ごす面々。千佳が家でのんびりしてるトコにビデオカメラを持った美羽が現れるんだけど、美羽の自由研究はなんと伊藤家の生態観測(笑) こういうトコに目を付ける美羽は実は天才なんじゃないかと思うんだけど、一般社会からしたらただのぶっ飛んだ子にしかならないんだよねー(笑)

でも、そうそう面白いことが起こるわけでもないので、美羽自らお手本を見せたりするんだけど、千佳たち相手じゃ盛り上がるわけもなく・・・(^^;;

結局茉莉アナが戻ってきてから海水浴に行くことになったんだけど、着いた早々にナイ胸を指摘された美羽が伸姉のブラの紐を外すという暴挙(いや、快挙か!?)に出る。うー、なんでバックショットなんだよーー(T_T)
その後もスイカ割りをしたり、海で泳いだりとしっかり海水浴を満喫して、これで美羽の自由研究もばっちりか・・と思ったら、そういえばビデオカメラ持ってきてなかったんだよね(^^;;

そんな美羽の自由研究が、何故か銀賞に。って、全部でっち上げの記事じゃないかー(笑)!!
やっぱ、美羽は天才じゃないかと思う今日この頃ですw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.10

買い物&UO「宝珠の守人」

金曜日ー。

昨日は昼過ぎに起きて、早速お出かけ。まずはメイトに行って予約分のDVDを引き取りに行きました♪

メイト購入分

・ CD
「奥さまは魔法少女」 ドラマCD2
「これが私の御主人様」 キャラアルバム みつき

・ DVD
「AIR」 6巻
「これが私の御主人様」 4巻

その他、コミック数冊ってトコで締めて18k。CDが少なかったからこんなもんかなー?
その後はソフマップまで行って、UOの新バージョン「宝珠の守人」を買ってきました。今まで散々探してなかったから、ココでも売ってないかとちょっと不安だったんだけどの2個残ってて無事ゲット出来ました!! いやー、良かった良かった(笑)
でも、メイトからソフマップって結構歩くんですよねー。昨日は残暑が厳しくてかなり汗だくになりましたよ。

買い物も終わって、今度はスバルへ。こないだ直したドアがまたおかしくなって、修理しに行ったんだけど、今度は絶対大丈夫だと太鼓判を押してもらったので一安心かな?

で、、帰ってきてから久しぶりにUOをやったんだけど、すっかりやり方を忘れていてもう大変(^^;; 街やダンジョンへと移動する時に使う呪文すら、何だったか忘れて街に移動するのも一苦労でした(笑) でも、やっぱりやり始めると面白いんだよねー。前は一気に根詰めてやったから飽きるのも早かったけど、今回はまったり育成していく予定です。blog始めてからゲームに割く時間はかなり減ってるしね(^^;;

とりあえず目標は家の購入。前持ってた家は、しばらく放置してたら他人のモノになってたから今は家なし状態なんですよー。家があると何かと便利だし、とりあえず金を少しずつでも溜めて、家の購入を目指しますー♪
 
 
さてさて、アニメ感想
火曜分をどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 21・22話

2話一挙だとは知らなくて、スゲー焦った(笑)

21話を見終わって、「ふぃー、満足ー」とか思ってたら、またOPが始まってビックリ。慌ててTVの前に戻りましたよー(;^_^A アセアセ…

そんなわけで、まず21話

前回の続きかと思ったら、福岡で核爆弾が発見されてさぁたいへん。クゼもプルトニウムの奪取には失敗したモノの停電の混乱に乗じて出島入りしているようですな。爆弾解体に9課が応援に駆け付けるんだけど、そこにはゴーダもいて・・・。せっかくのチャンスなので、バトーがゴーダと対面するんだけど、バトーの言動は全て少佐の外部記憶を元に組み立てられたモノ。さすがに素子の外部記憶を使ってるだけあってバトーの言葉は真に迫ったモノになるんだけど、その間ゴーダはほとんど口を挟まずにただ聞いているだけで、このままはぐらかされるんじゃないかと思ったら、ゴーダはあっさり認めちゃいましたよー(;^_^A アセアセ…

核爆弾の方は無事解体も終わって、プルトニウムを抜き出すことに成功したんだけど、そのプルトニウムを9課が強奪しちゃいました(^^;; まぁ、このプルトニウムが前に旧東京の原発から出てきたモノかを調べるためもあったから正統な理由ではあるんだけど、これで9課もお尋ね者に(笑)

そして22話

福岡での爆弾騒ぎや出島に持ち込まれたと噂されるプルトニウムのことなどもあって、政府は自衛軍の出動を決めてしまい、戦争勃発までは後わずか。この最悪の事態を回避するために9課は必死に動くんだけど、相手はゴーダだし一筋縄ではいきませんねー。

一方、出島のクゼは自衛軍に囲まれつつある出島の中で、一人静観を決めているんだけど、そりゃ今動くのは不利になるだけだから自重してるんだろうね。そこに少佐がプルトニウムを持ち込むって知らせが入って事態は一変。その直後に内調の差し向けたジャミングでクゼとの接続を絶たれた難民が自衛軍に向かって発砲してしまい、自衛軍も応戦の為に発砲。自走式戦車も動き出してこのまま一気に戦争に突入か!? と思ったら、今度は難民が出島に掛かっていたを爆破しちゃいましたよ(;^_^A アセアセ…

でも、やはりこれで戦争への突入は秒読み段階になってしまいました。少佐のプルトニウムが抑止力になればいいんだけど、無事持ち込めるかな?
 
 
 
☆ 「かみちゅ!」 9話

選挙とは、なんともタイムリーな(笑)

生徒会長の選挙に無理矢理出ることになったゆりえの口の巧さと強引さは凄いよなー(笑) 健児の書道部に部室をプレゼントするためとか言ってたけど、裏でナニ考えてるのか想像が付くトコも可愛い♪

ライバルは生真面目すぎて周りから敬遠されていそうな子だったんだけど、こいつがまた濃いキャラで、ゆりえに宣戦布告をしたりしてゆりえを困惑させるんだけど、まぁ当て馬としてはこれくらいのキャラじゃないとねー(笑)

そして日は過ぎて、全校生徒の前での演説大会。ライバル君はちょっとずれた視点の演説を繰り広げて会場の空気は白けきるんだけど、ここで光恵登場。始め祀の怪しげな演説を草案に持って行った光恵だったんだけど、意を決して自分の言葉でゆりえの紹介をし始めた途端、会場もヒートアップ。熱のこもった光恵の応援演説を聴いてゆりえもなんか見せちゃって、無事演説も終了。

そして・・・。ゆりえは無事生徒会長になったようなんだけど、なにか様子がおかしい。祀と光恵のテンションが異様に低いし、学校も異様な光景に(;^_^A アセアセ…
どうやら、ゆりえは会長になったうれしさから神通力を目一杯使って学校にプリンを出したり様々な改変を与えたようです(^^;; 結果、生徒会長からは降ろされて後始末は祀や光恵が担当。当のゆりえはチカラの使いすぎで眠っちゃったままで・・・。

あのままゆりえが生徒会長ってのも見てみたかったけど、さすがに神と会長じゃゆりえもパンクしちゃうしねー。オチも笑えたし可愛かったからヨシとしましょうかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.08

「第6.5回感想率調査」

水曜日ー。

光希桃AnimeStation」さんで行われていた「アニメ感想率調査2005夏」の結果が発表されましたー。もちろん今回も参加させて頂きましたよー♪

第6.5回感想率調査

大方の予想通り1位は「まほらば」でした。まぁ、他になかったってのもあるんだけど、出来は確かに名作クラスの作品だったし、ウチも名作評価で出してましたから、これは妥当かな?
2位が「エマ」。これもまずまず妥当なところかな? ラストの唐突な終わり方はアレだったけど、それ以外はかなり丁寧に作られていたし十分に面白かったです。
3位が「LOVELESS」。これはちょっと意外だったかも。個人的には好きな作品で、もちろん最後まで見たんだけど、ココまで評価が高くなるとは思ってませんでした(^^;; やっぱ今期終了番組はタマ不足だったってコトかなぁ・・・。

4位以下は割愛。まぁどれも妥当な順位だと思うしー。<「ネギま」の12位も妥当(笑)

あ、、、ウチの大好きwな「いちご100%」ですが、総合13位でした。「ネギ」の下で「IZUMO」の上という、これまた妥当な位置なんだけど、「いちご」に殿堂入り評価を下したのがウチ一人だけってのがなんとも・・・(;^_^A アセアセ…
ってか、ウチが殿堂入りを付けなかったら、「IZUMO」の下に来ていた可能性もあるんだよね(^^;; 評価数が二桁以上ある中で最下位の「IZUMO」の下って・・・、もしかして、今期最低の作品だったってコトですか?

正直あの出来からすれば、この結果はある程度予想出来たし、それ故に信者であるウチは援護射撃の意味もあって「殿堂入り」の評価を付けた訳なんだけど、それが見事にを奏しましたな(笑)
 
 
とまぁ、今回もいろいろ興味深い結果となった感想率調査光希桃さん、お疲れ様でしたー! 次回も楽しみにしてまーす♪
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
月曜分をどうぞー!!
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「奥さまは魔法少女」 10話

うーん、、、やっぱり嬉子がダメすぎ・・・。

あっさりとくっついちゃった嬉子は、巽に自分のヒミツをあっさりバラしちゃうんだけど、そんなにすぐバラすようなヒミツなら、なぜ旦那には打ち明けなかったんだ? お互い信じ合って結婚したんじゃなかったのか? 心の底では信じていなかったとするならば、嬉子の「」は何処にもないと思うぞ・・・。

そんな嬉子を排斥しようと、評議会から大量の魔法少女が送られてきて危機一髪の嬉子。そこにクルージェが現れて、なんと嬉子を助けてしまいましたー!! って、前回の流れからすると、クルージェが助けるのは当然と言えば当然か(笑)

で、その時の魔法の欠片が火を起こして、学校が火事になってしまうんだけど、この異変に嬉子よりもクルージェの方が早く気が付くって・・・、嬉子はすでに管理者失格じゃないか?
クルージェの頑張りで優勝旗も燃えずに済んだし、もうヒロインはすでにクルージェになってるんじゃ・・・(^^;;

最後に、魔法少女の姿のままで旦那の元へ向かう嬉子。けじめを付けたいってことなんだろうけど、今更なにを言っても無駄なような・・・(笑)
 
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 23話

シルヴィアはやっぱ萌えるなぁ♪

前回に引き続き、シリウスの乗ったケルビム兵と強攻型アクエリオンが戦うんだけど、強攻型アクエリオンの搭乗者グレンは堕天翅の羽根が植え付けられていて、その姿を見たディーバの面々は一様に驚くんだけど、そりゃそうだよなー。新国連がナニをやっていたのかを知らされてなかったんだし・・・。

グレンは、堕天翅の羽根のチカラで一人でアクエリオンを動かすんだけど、これがまた強い。でもシリウスも負けじと反撃して両者譲らずなんだけど、戦いの最中にシルヴィアが強攻型ベクターマシンに強行テレポート。それを見たシリウスが自らの側に呼び寄せようと呼びかけるんだけど、これを阻止しようとアポロ麗花が通常のベクターマシンで強攻型ベクターマシンとの合体に挑み、あっさりと合体成功(笑)

それでもシリウスの勧誘は止まずにシルヴィアは葛藤するんだけど、最後はアポロたちを取り必殺技「哀・天使劍」炸裂(笑)!! こんな時にもネタを忘れないアクオンは最高ですなw

シリウスには逃げられちゃったしベクターマーズも奪還出来なかったけど、とりあえずはこれで一息かな? 次回は堕天翅たちの総攻撃みたいで、話も佳境になってきますねー。どんな結末が待っているのか、今から楽しみですー♪

ってか、最近アポロのが薄いのが気になるんだけど・・(^^;;
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 10話

サイコロを振らないカイジなんてカイジじゃないー(違)

列車に乗るために海辺の街へやってきたヴァンウェンディジョシュア。でも乗る寸前で列車が大破してしまい足止めを喰らってしまう。そこにサルベージ協会のビビアンがやってきて、鎧に乗れるヴァンに一仕事を頼むんだけど、仕事はどうやら護衛のようです。
大きな引き上げ作業があるんだけど、それを邪魔する海賊がいて、その相手をして欲しいってコトなんだけど、問題はこの海賊。カイジっていうリーダーがまた曲者で、登場からして危ない香りwを出していたんだけど、やっぱり危ないヤツでした(笑)

海賊は潜水艦を操っていて当然ヴァンも海中での戦いになるんだけど、多少の戦いづらさはあったみたいだけど、それほど苦もなく戦っちゃうトコがさすがというかなんというか・・・(^^;;;
結果、無事カイジたちを倒してサルベージも成功。無事報酬と目的地までの足も確保して一件落着かな?

ってか、なんかやっぱり物語に厚みが足らないんだよなー。せっかくよさげなキャラが出てきても彫り込みが少ないからたいした感慨もなく終わっちゃうし・・・。感想書くのも辛くなってきたなぁ・・(;^_^A アセアセ…
 
 
 
☆ 「あかほり外道アワーらぶげ」 10話

銭湯は文化の極みでありますw

今週も前半外道乙女隊。今までの統計とか取ってないけど、2週連続はあっても3週連続の記憶はないから、ちゃんとバランスは取れてそうですねー。まぁラブフェロはなくても良いけどw
で、乙女隊なんだけど、家のお風呂が壊れちゃってみんなで銭湯に行くことに。って、銭湯キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! いきなり裸祭りですかー(笑)!! いやー、やっぱ乙女隊最高ッスよw

っとと、、取り乱してしまいました(笑) 今回の話はメイン。母親との思い出が銭湯しかない翼はアクマコの持ち出した風呂撲滅作戦に乗り気じゃない。他の姉妹が次々と成功していく中、一人佇む翼にアクマコはけしかけるんだけど、どうしても実行することの出来ない翼。それでも立派なになるために必死で魔法を使うんだけど、この辺結構じーんと来ちゃうよねー。
結局、魔法で地面を引き裂いたんだけどそこから温泉が沸いちゃって、銭湯は大繁盛。今回もまたほのぼのした良いお話で終わってました(笑)

後半はラブフェロ。メジャーになりたくてメディアミックスを狙うんだけど、なんかどーでもいい話(笑) 今更メディアミックスって言われても困るし、中身も微妙。しかも最後は小説って、順番おかしくないか? いくらあかほりを出したいからって、そんなオチじゃねぇ・・・(^^;;

やっぱ、ラブフェロはいらない子(笑)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.06

また買えなかった・・・(T_T)

月曜日ー。

今日は昨日買えなかったUOの新バージョン「宝珠の守人」をゲットするべく、彷徨ってました。昨日はコンビニで失敗したから、今日はちゃんと公式にも載っているオフィシャルショップに行ってきたんですが・・・・。

取り寄せって何ですか?

新規アカウント版は在庫があるみたいなんだけど、アップグレード版は取り寄せだって・・・。それでもオフィシャルショップかーーー!!!
悔しかったので、そのまま町田まで行こうかと思ったんだけど、雨も酷くなってきたし面倒くさくなったので、そのまま帰って来ちゃいました(^^;;;

ま、次の休みにでもまた買いに行くか・・・。
 
 
さてさて、今日は他にネタもないのでアニメ感想行きましょー。
土曜・日曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル」 20話

牧野由衣は普通にうまいなw

まぁアクエリオンのED歌ったり、ツバクロでも劇場版EDを歌ったりしてるから上手いのは分かってたけど、今回の劇中歌もなかなかの出来でしたなぁ。よし、おじさん、CD出たら買っちゃうぞー(爆)

前回の戦いで、ある程度以上の鬼児と戦うためには武器が必要だと分かった小狼黒鋼に剣を教えてもらうコトに。二人一緒に武器屋に向かい、それぞれにあったを手に入れて、そのまま修行に行くんだけど、小狼の右目が見えないのって急に出てきた設定だからイマイチ実感がないんだよねー。それに、黒鋼の修行自体も左側の反応速度を上げるとかなんとかで、微妙にあってるんだかずれてるんだか分からないような修行だし(^^;;

一方、サクラ姫は「猫の目」でウェイトレスとして頑張ってました♪ ちゃんとお客さんに情報を聞いたりして、自分の役割っていうか、しなきゃいけないことをちゃんと分かってるトコがまた可愛いッスね(笑)
フェイが役所に出かけることになって、サクラとモコナでお留守番をするんだけど、フェイが居なくて客が来たら、誰が料理を作るんだろう(^^;;; ま、結局料理を頼むような客は来なかったけど、妙なが一人やってきました。

この客なんだけど、前回フェイたちが訪ねに行った新種の鬼の目撃者じゃないのか? で、この人がフェイが気まぐれで買ってきたピアノを弾くんだけど、そのピアノに合わせてサクラが歌い始める。歌と共にサクラの思い出が次々と出てくるんだけど・・・歌い終えたサクラはこのことを全く覚えてないのかな? 小狼との幼い思い出とか、心に染みたんだけど、ああいう特殊な場面でしか思い出せないのはやっぱり可哀想だなぁ。

でも、侑子の代価は甘くない罠(;^_^A アセアセ…
がんがれ! サクラ姫ーー!!

・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 10話

松来未祐はすっかりエロ声優だなw

こいこい7」の山田さんの時も凄かったけど、今回のベホとの絡みもまた凄かった(笑) 舞太もいい感じに乗ってたしー♪

そんなわけで、前回編入してきたメディアベホイミの交流会。ベホとメディアの謎の経歴が明らかになるんだけど、この辺は原作準拠なんですよね。これだとますますベホ魔法少女の回が浮いて見えるよなー。ホントに、なんであんな話を作ったんだか・・・。
そんな二人が屋上で怪しい物体を見つけるんだけど、それが時限爆弾。これ以外にも校内に無数の爆弾が仕掛けられていて、それを片っ端から集めて解体するコトになるんだけど、その手際はさすがですなw

一方、ベキ子のクラスでは夏休みの自由研究を発表してるんだけど、みんな小学生並みの作品ばかりで、おまいらホントに高校生か(笑)?

爆弾解体も着々と進んで残り一個になったときに、ベキ子乱入(笑) 最後の一個となった爆弾をベキ子が誤って持ってしまい事態は急を告げるんだけど、そこは「ぱにぽに」 結局メソウサが犠牲となって、事なきを得ましたw

って、メソウサは最後どうなったんだーー(笑)!!

今回は学園篇と言うこともあって黒板ネタ復活。でも、こんなに早く爆弾話を持って来ちゃって、ベキ子が狙われている感を出しちゃったけど、その辺の収拾はちゃんと付けるのかなぁ? オチは相変わらず投げっぱなしだし、伏線の積み重ねもないし・・・最後まで投げっぱなしは勘弁して欲しいかも(^^;;; 原作みたいに、伏線だか伏線じゃないんだか分からないような渋い展開をキボンヌw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

「AIR 夏・特別編」 後編

日曜日ー。

今日は待ちに待った「AIR特別編」の後半の放映日ですー。

開始までUO新バージョンをやろうと思って、仕事帰りに買いに走ったんだけど、コンビニでも売ってるからと思い近所のコンビニを数軒回った所、3件目でやっと棚にパッケージを発見。よしよしと思って、そのパッケージとアイスを持ってレジに向かったんだけど、レジの姉ちゃんの動きが怪しい・・・。散々待たされたあげく、あっさり「在庫切れ」と言われちゃいました(^^;;
失意に暮れて他のコンビニも回ろうかとも思ったんだけど、アイスが溶けるのがイヤで断念しました(笑)<UOよりアイスを取った漢w

んなわけで、放映開始までダラダラとアニメ消化したりして時間を潰して、さぁいよいよ午後11時半です!! さっそく感想行ってみましょー♪
 
 
☆ 「AIR 夏・特別編(AIR イン サマー)」 後編

神奈の長い髪がこれほど邪魔だと思ったことはないw

前回、柳也に見せたいモノがある・・と意味深な引きで終わったんだけど、蓋を開けてみれば「お手玉」でしたかw 胸元をはだけようとするからてっきりあのシーンが来るのかと思ってたのにー(笑)

でも、この腰砕け感がまた良い感じ♪ 必死にお手玉を見せようとする神奈がまたラブリーだし、それをきちんと見届けようとする柳也の愛情に感動。って、朝までやってたのね(^^;;
その後も旅は続き、追っ手を回避するために山道を行く3人。朝、柳也に起こされる神奈は妙にエロい寝言を言って柳也をはっとさせたり、2度寝・3度寝をして裏葉に強制的に起こされたり、文字が読めなくて裏葉に散々な目に遭わされた思い出話とかもあって、ホントにラブリーな神奈の魅力が満載♪ 途中で遭遇して神奈に懐いた子ウサギなんかも、良い感じに和ませてくれますなぁ。

そして、ちょっと場を離れた神奈が悲鳴を上げるんだけど、急いで駆け付けた柳也と裏葉はそこで行き倒れの僧侶の死骸を見つける。その後から柳也の様子がおかしくなり、心配した神奈が柳也の元にやってくるんだけど、柳也はそんな神奈に向かって自分の過去を話始める。

柳也は親の顔を知らない。道ばたで泣いていたところを旅の僧侶に拾われて、そのご一緒に旅をするようになった。そんな中に山賊に襲われて僧侶は一太刀で殺されてしまい、また一人きりになってしまう。その後は生きるために自分本位に生きてきたんだけど、神奈や裏葉に出会って変わったようですなー。
そんな柳也の昔語りをきいて、神奈はついに・・・。

胸はだけ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

大事な部分はで隠れちゃってるけど、スゲーエロいッス。も露わになってるし、あんなん見せられたら絶対襲っちゃうよw 柳也もそんな神奈の姿を見て、初めはビックリしてイロイロ聞き出すんだけど、ついに意を決したのか、神奈に襲いかかるーー!!
って、すぐ側に裏葉がいることを十分承知しての行動だったのね(笑) まぁ裏葉も柳也がちゃんと分かってくれてると思っての行動だろうけど、ウブな神奈で遊ぶのはほどほどにねw

そして祭りで踊っている人々から少し離れた場所でたき火を囲む3人なんだけど、この時に神奈が見ていたって、観鈴晴子往人たちなのかな? 神奈は二人に精進してきたお手玉を披露するんだけど、今までで一番上手く続けることが出来て、頑張った成果がちゃんと現れていて良かったですー。

ラスト、また母親の元へと向かう旅に旅立とうとする3人。神奈は途中で一緒になった子ウサギを気にして、一緒に来るか?と訪ねるんだけど、子ウサギは神奈の元を去り、母親であろう親ウサギの元へと駆け出す。そんな子ウサギの姿を見て、優しい言葉を投げかける神奈にもう号泣・・・。

大丈夫、神奈ももう少しでお母さんに会えるから・・ね。

と、思ったんだけど、その先を思い出してまた(^^;; 神奈にはホントにシアワセになって欲しいです・・・・。
 
 
さて、今回の特別編。ホントに「SUMMER篇」の穴埋めみたいな感じのお話だったんだけど、話数の少なかった「SUMMER篇」を補完して余りある内容でした。

ってか、神奈がラブリー過ぎーーー!!!

んもう、あの神奈のかわいさと言ったら筆舌に尽くしがたいですよ。とにかく映像を見てくれって感じデス(笑) ドジばっかりで世間知らずなお姫様なんだけど、芯はしっかりしていて優しい心を持っている・・・。実はAIRヒロインの中で一番の萌えキャラなんじゃないかなぁ?
実は「AIR」って自分の中では微妙に萌えキャラが居ない作品だったんですよ。いや、どの子も可愛いし、それぞれの世界を持っているんだけど、イマイチ萌えとは違うんですよね。そんな中で神奈は完全に萌えキャラ(笑)

そんな感じで、新しい発見をさせていただきました♪ もう番外編を作るコトはないだろうけど、この特別編だけでも十分満足させて頂きましたよー!! 京アニサイコー(笑)!!
 
 
さてさて、通常のアニメ感想ですー。
木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「ぺとぺとさん」 8話

竜太めーーーー(笑)

前回準備していたキャンプがいよいよ始まります。みんなでキャンプファイヤーを組んだりして、着々と準備は進んでいくんだけど、銀座に出かけていたぺと子たちはまだ戻らずそわそわするシンゴ。って、そんなに気にしてたら一目瞭然じゃないか(笑)

ちょちょ丸の配備した黒塗りの車3台で移動するぺと子が到着したのは、キャンプファイヤーを囲んでのフォークダンスの途中。シンゴにいきなり飛びかかったくぐるは、そのままシンゴをぐるぐる振り回してしまうんだけど、それを止めようとしたぺと子にシンゴが飛び込んできて、吹き飛ばされたぺと子が竜太とぺとっちゃいました(^^;;

それをみたシンゴは嫉妬を隠せない様子で、若いって良いなーとか思っちゃいましたよ(笑) でも、シンゴのが熱を出しちゃってぺと子の側には付いていられず、くぐると一緒に妹を送っていくコトになるんだけど・・・なんかもう、バリバリの三角関係で甘酸っぱいッスよねー(笑)

結局ぺと子はすぐ寝ちゃって竜太とはちゃんと離れたんだけど、ぺと子ママンの言うように、ホントの恋に目覚める日はやってくるのかな? って、これがラストの伏線になってたりして・・・(笑)
 
 
 
☆ 「苺ましまろ」 6話

ああ〜ん、あたし、ほてっちゃってー♪

折笠のボイスが妙にエロかった(笑)
ってか、能登にも言って欲しかったぞー!!

前回放送事故でちゃんと放映出来なかった5話と一緒に1時間枠で放映された6話TBSフェスタで先行上映された話で、かなり評判が良かったので期待して視聴♪

前半はオリジナル要素を絡めつつも、原作ネタのカバン持ちとかも出して良い感じ。千佳の部屋での探検隊ごっこは、相変わらず美羽の不条理な飛ばしッぷりが最高でしたw で、茉莉アナはナニをやっていたかというと、茉莉はせっかく登った坂の上で買ったジュースを取り落として坂の下まで取りに戻るというかなり悲惨な目に遭っていたのと、アナは途中で入った店に、例のレストランにいたじいちゃんがいて慌てて出てくるという、こっちも微妙に悲惨な目に遭ってましたw
この辺のテンポが良くて、オリジナルネタで久しぶりに笑えたかも。特にじいちゃんに出会ったアナが可笑しくて可笑しくて(笑)

後半は、クーラーの効いた千佳の部屋でみんながお昼寝してるところに伸姉が帰って来るんだけど、そこでベッドの取り合いに。でも千佳と美羽と茉莉が争っている間にちゃっかり伸姉がベッドを占領して寝ちゃいました(笑)
そこで美羽たちは伸姉を起こさないようにと、言葉を発せずスケブで会話することになるんだけど、やっぱり美羽が様々な仕掛けをしてきて、千佳はその度にツボに入っちゃってもう大変。さらに、何故か携帯の録音メモ機能を持ち出してきて、そこに怪しい音声を吹き込むんだけど、それが・・・。

ああ〜ん、あたし、ほてっちゃってー♪

少6の美羽が何故こんな言葉を選んだのか不思議だけど、面白いので許すw そして、それを伸姉に聞かせて喜んでる美羽なんだけど、その後ろでアナの出したスケブに書かれていた言葉が「あの方、頭おかしいのでは?」って(爆)
いやー、アナたんも言う時は言いますなぁ(笑) でも、その反応は正しいと思うw

で、オチはコンビニで買い物をしてる伸姉の携帯から流れる「ああ〜ん、あたし、ほてっちゃってー♪」(笑)
いやー、強烈なオチでしたなーw
このオチは今までで最強の出来だったかも(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.09.03

「劇場版 xxxHOLiC&ツバサ・クロニクル」見てきたー♪

金曜日ー。

昨日は予告通り「劇場版xxxHOLiC&ツバサ・クロニクル」を見てきましたー。川崎のチネチッタ14:40の回を見てきたんだけど、何故わざわざ川崎まで出たかって言うと、京都から知り合いが出てきてたのと、映画の後に他の人も合流してみんなで遊ぼうってコトになったので、合流しやすい川崎を選んだ訳です。

まぁ、川崎には何度か行ってるので特に問題はないし、チネチッタの映画館も綺麗で広いので結構お気に入り♪ そんな訳で、早速感想行ってみましょー!!
 
 
☆ 「劇場版xxxHOLIC&ツバサ・クロニクル

まずは『劇場版 ツバサ・クロニクル年代記 鳥カゴの国の姫君』から。

TVアニメとして放映もしている「ツバクロ」ですが、今回の劇場版は完全オリジナルのシナリオでした。原作ともTVともまったくリンクしない話なんだけど、設定はきちんと継承されているので特に違和感はなかったですねー。元々短編を作りやすい設定だしね(笑)

で、中身の方ですが、劇場作品だしネタバレはまずいので内容は語れないんだけど、なかなかに面白かったです♪ 若干前後のつながりが悪いところもあったし、短い上映時間なので伏線が上手く張れなかったりしていた部分もあったけど、物語のスジとしては良くできていたし面白かった。全ての作画クオリティがTVの比じゃないし、見せ場のシーンも迫力があって、「さすが劇場版!!」って感じの出来でしたねー♪
 
 
お次は『劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢』。

原作は連載では読んでないけど、コミックは毎巻買ってます。「ツバクロ」とはまた違った魅力で良い感じです♪

そんな「xxxHOLiC」のアニメ化と言うこともあって、かなり期待してみたんだけど・・・、なんか手足長すぎ(;^_^A アセアセ… 冒頭からうにょうにょした動きの四月一日が出てきて、ちょっと不安がよぎったんだけど、ラストのひまわりちゃんで呆然としましたよ(^^;; あの頭身は何とかならなかったのかなぁ・・・。あと、屋敷に招かれた人たちの中で一人、スゲーヘタレ声優が混じってて焦った(笑) 一体誰が声を当ててたのかと思ってテロップパンフを確認したんだけど、役名が付いてなくて誰が当ててたのか分からないまま。うーん、いったいあれはなんだったんだ?(;^_^A アセアセ…

いや、でもシナリオは「HOLiC」らしい雰囲気だったし、映像はさすがプロダクションIG。3Dでのカメラワークはお手の物ですねー♪ 劇場版と言うこともあって、意外と分かりやすい話だったし、こっちも十分面白かったですよー。

点数を付けると「ツバクロ」=85点 「HOLiC」=75点って感じかな? 原作が割と好きな人なら不満も出ないと思いますよー。
 
 
で、映画を見終わってからは、ビリヤードしたりダーツしたりと結構遊んだんだけど、ダーツはなかなか面白いッスねー。金もそんなにかからないし、単純な割には結構熱くなれるし(笑) ちょっとダーツにはまりそうな予感・・・(^^;;

散々遊んで、さぁ帰ろう!! と、駐車場に向かったんですが、よくよく考えたら午後1時に入庫して出庫しようとした時間が午後11時。映画を見てるので2時間分の割引券はあるんだけど、8時間分は自腹で払わないといけないわけで・・・。で、表示された金額はなんと!!

4900円デスタ・・・・_| ̄|○

いやー、こんな金額の駐車料金を払ったのは初めてですよー。普段は多少気を遣ってるので、長くなりそうだったら車を動かしたりするんだけど、昨日はそんなことを微塵も思わず遊んでたからなぁ(^^;;<時間料金がもう少し安いと思っていた。
ま、あれだけ遊んだんだから、仕方ないと割り切るか。。。
 
 
さてさて、通常のアニメ感想ですー。
火曜・水曜分をどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」 20話

ティルトローター、大破(^^;;

やっとの思いでクゼを追いつめたバトー。対峙する二人はそのまま戦闘になるんだけど、紙一重の差で勝利はクゼに。バトーはそのまま身動きが取れなくなってしまうんだけど、トドメを刺されなかっただけ救いかな?

クゼはそのまま偽装船に乗り込んで逃走。あと一歩のところで逃げられてしまった少佐は急いでティルトローターで追跡しようとするんだけど、そのティルトローターも爆弾を抱えた難民の特攻で撃沈(;^_^A アセアセ…

クゼを追う手段をなくした9課は、ひとまず体制を立て直すと共に択捉で暗躍していた佐川電子の内定を進めることにするんだけど、どうやらここにも内調の手が及んでいたようですなー。

結局、未だに内調の手のひらから逃れられない9課。さらにクゼも不可解な出島の停電とかゴーダに踊らされているようですねー。あ、、あとクゼはやっぱりあの少年(過去の少佐と関わりのある少年)でFAか? 折り鶴がなかなか印象的でした。

早くゴーダの尻尾を捕まえて欲しいモノですなー。
 
 
 
☆ 「かみちゅ!」 8話

大和浮上時にあの音楽が流れなかったことだけが悔やまれる(爆)

ヤマト発進と言えば、「ちゃーちゃーちゃーちゃっちゃちゃっちゃちゃーん♪」でしょw 波動砲もないし、ツバサもないヤマトなんてヤマトじゃないー(笑)!!<いや、それはどうかとw

ってなわけで、今回は沖縄沖で沈んでいる戦艦大和を復活させるお話。健児の知り合いのじいちゃんが昔ヤマトの乗組員で、一緒にその時の思い出話を聞いてきたゆりえの元に、三つ葉丸っていう変な物の怪がやってきて、大和を生まれ故郷であるに帰して欲しいという願い事を聞くことに。

復活させるためには正確なイメージが必要と言うことで、様々な資料を使って大和のイメージを作ろうとするゆりえなんだけど、首相に直電話して国家機密まで取り寄せるとは、さすがネ申ですなー(笑)
そんなこんなでイメージ把握も無事終了して、いざ大和の元へ向かうゆりえ。上ではああ書いたけど、大和の発進シーンは結構頑張ってたし、尾道に立ち寄った時の姿もなかなかでしたなー。

昔のままの姿を見せてもらったじいちゃんも満足したし、健児もゆりえのチカラに惚れ惚れしてたし、みんなシアワセで良かったねー♪

ゆりえの頑張りは世界を救う(笑)!!
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「極上生徒会」 22話

で、このカードゲームは売り出すの(笑)?
まぁ売り出したとしても、絶対買わないけどなー(爆)

極上生徒会の運営には膨大な資金が使われているようで、その資金源が不思議だったりのに訪ねると、歩はクラス中で行われているカードゲームを指し示し、それが生徒会の資金源になっていると告げる。
そのカードゲームは生徒会の面々がトレカとなっている訳なんだけど、カードのスペックと本人のスペックがあまりにも似ているそのカードに不満を漏らす人も出てきているようで・・・(^^;;

反対組は、ぬいぐるみフェチを暴露された奈々穂を先頭にれいん・小百合・りのの4人。賛成組は、久遠・まゆら・聖奈・みなも。特にみなもはこのゲームの発案者でゲームデザインもやっているので自信満々まゆらも大事な資金源なので反対する理由もないしねー。
ヒロインであるりのは普通なら賛成しそうなモノなんだけど、自分のカードのスペックがあまりにも酷すぎ(全て0)なのが不満で反対組に回わるんだけど、このままじゃ収拾がつかないので会長の判断でお互いにカード勝負をすることにw

でも反対組は普通に勝負をしたらこのゲームを設計したみなもには勝てる訳ないので、隠し球であるプッチャンを使うことに決めていざ勝負!!

案の定、みなもの手練れた攻撃に為す術のないりの&プッチャン。やっとこちらの攻撃が回ってきても手の中にあるカードはすべてなんの役にも立たない「りのカード」ばかり(^^;; 万事休す・・・かと思ったその瞬間、なんと「りのカード」は5枚集めると全ての攻撃が無効化になり、さらに場にあるカード全てが自分の手札になるという反則過ぎる超絶コンボになるのであった(笑)!!!

いやー、、、さすが黒田超先生だ(笑)

最後はいつもの極上節でマターリユルユルで締めてくれましたよw
これでこそ極上だーーー(笑)!!
 
 
 
☆ 「タイドライン・ブルー」 7話

ジョゼが・・・ジョゼがーーーー(笑)!!!

なんかスゲー萌えマスタよー!! とにかく表情が多彩で、いままでもコミカルな描写は多少あったけど、今回のはそれの比じゃないくらいにジョゼオンパレードイスラも良いけど、ジョゼもいいねー♪

そんなわけで、前回ユリシーズに置き去りにされてしまったキールジョゼはチベットの街へやってくるんだけど、燃料も底を尽きちゃって為す術がない。そこでキールはイカサマで一儲けを企むんだけど、相方のジョゼが大根役者すぎで結局大負け。最後の勝負にと潜水艇を掛けるんだけど、これもあっさり取られちゃって、完全に無一文になってしまう(;^_^A アセアセ…

それでもキールはヤビツの時の知り合いに出会って、他の住民もこちらに移住したり、ヤビツの復興に出向いたりしていると教えてくれて、キールに希望をもたらせてくれる。さらにヤビツの艦長とも再会して良い感じ♪
かたやジョゼは途方に暮れて、街をふらふらと彷徨うんだけど、そんな時にアオイの乗ったヘリを見つけて、こちらも希望?を持つ。

アオイはチベットの法王との会談にやってきたらしく、法王チェンレーシ(これがまた美人w)との会談を恙なく済まそうとするんだけど、ダチョウの乱入で一波乱。でも、逆にそれが功を奏して法王の笑顔が見れましたー♪

法王との会談も終わって街に出るアオイとティーンなんだけど、そこでついにキールとジョゼに見つかっちゃいました(笑) って、ここで終わりかー。

最近結構面白くなってきたTLB。潜水艦が出ない方が面白い潜水艦アニメってのもどうかと思うけど、こういった人物描写をしっかりやってくれるだけでも十分なので、今は結構満足してます(笑)

この調子で残り半分もがんばってくれー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.01

ネタがないw

水曜日ー。

ネタがないー(笑)

昨日も今日も特に変わったコトをしてないので、ホントに書くようなネタがありません(笑) ってか、昨日からが痛くて何もする気が起きないってのがホントのトコロなんだけどね(^^;;

あ、、明日は「劇場版xxxHOLIC&ツバサ・クロニクル」を見に行く予定。ちょっと楽しみにしている作品で、見に行った知り合いも面白いって言ってたから期待してます♪

見たらまた感想書きますので、お楽しみにー(^^)/
 
 
さてさて、アニメ感想です。
月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「奥さまは魔法少女」 9話

ゆう子結婚リタイアなんてーーー!!!

酷い、酷すぎる・・・。一番の萌えキャラだった後輩が、いきなり結婚リタイアってどういうコトですか? のことを影ながら思っている姿が健気で可愛かったのに、嬉子とのフラグが立ったら用済みですか・・・。いや、別に用済みになるのは分かってたコトだけど、いきなり結婚はないだろー(;^_^A アセアセ…

そんなこんなで、もうすっかり興味をなくしてしまっている「魔法少女」ですが、今回は嬉子の前の管理者だったフレイヤ(ばぁちゃんの娘らしいw)が出てきたり、クルージェが巽に振られたりと、内容は盛りだくさんでした(笑)
中でも嬉子は、旦那と完全に決別したり巽とフラグが立ったりと、尻軽っぷりを発揮している訳ですが、管理者を譲ることだけは絶対拒否の姿勢を貫いてますねー。クルージェもこの世界にイロイロと未練が出てきてるみたいだし、フレイヤとばぁちゃんがリルムに乗り込んで直談判したりしてるので、上手くしたらこの世界は残るかもしれませんねー。

って、それじゃこの一連の騒動が全く無意味なモノになってしまうので、もうちょっと波乱が欲しいかなー?
残り4話くらいでどうまとめてくるかがこの作品の評価に直結しそうなので、頑張って欲しいトコですなー。
 
 
 
☆ 「創聖のアクエリオン」 22話

なるほど。そういうことかー!!

前回、堕天翅の側に堕ちてしまったシリウスはアトランディアの生活をいたく気に入ったようで、そこにシルヴィアも呼ぼうとするんだけど、間一髪アポロが助けに入ってシルヴィアは無事でした♪

やっぱりシリウスとシルヴィアは、アポロニアスセリアンの子孫で半分が堕天翅で半分は人間みたいですなー。で、男であるシリウスはアポロニアスが濃く出ていてシルヴィアはセリアンが濃く出ていたって感じでしょうか。ま、所詮シリウスは当て馬なのでどうでも良いけどw

そんなシリウスが、ベクターマーズを駆ってディーバに攻め入るんだけど、ケルビム兵と合体しちゃってさぁたいへん(笑) ディーバ側はアポロと麗花が出撃したんだけど、2機じゃ合体も出来ないので、当然やられちゃって行動不能に・・・(^^;;
対抗する術を失ったディーバはシリウスの攻撃に耐えるしかないのかー!! と思ったら、なんか出てきましたよ(笑)
それは、新国連とディーバが共同開発していたらしいアクエリオンの偽物w 前に捉えた双翅のデータやら、ちょっと前にリタイヤしたグレンやら、なにやらかなり非人道的な行いを繰り返して開発されたようですね(^^;;

そんな偽アクエリオンがシリウスと対峙するんだけど・・・とりあえず、こいつに勝ってもらってベクターマーズを奪取しないと、話が続かないから、頑張って欲しいトコですなー(笑)

あ、、アタマの「なるほど」ってのは、双翅とグレンの行き先が新国連だったこと。これが伏線になってたのねーって感じです(笑)
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 9話

もうちっと捻りが欲しい・・・。

今回はカルメンの故郷に帰るお話。途中で拾ったヴァンたちも一緒に・・ってか、ヴァンの用件で故郷の村に帰ることになったんだけど、久しぶりに帰った故郷は少しあか抜けていて綺麗になってたいたようです。でもなんか怪しいがそこかしこに・・・(^^;;

で、そのまま幼なじみの元へと向かうカルメンなんだけど、その幼なじみがどうも怪しい(笑) 久しぶりにあったという二に表情もなんか暗いし、父親に合わせようとしないし、なにより街に溢れていた花がいっぱいw

なんかもうこの時点で先の展開が読めちゃいましたよー。あのが麻薬かなんかで、人体に悪いと知りながらそれを栽培して生計を立てて、父親もそれを知っていながら止めることが出来ずに悶々と暮らしていた・・って感じ? そこにカルメンがやってきて幼なじみの愚行を止めるんだろうなーって思ってたら、ほとんどそのまんまでした(笑) 

一応、花の元締めにかぎ爪の男を持ち出したりしてたけど、基本プロットはありがちすぎる話。結局何の捻りもなく終わっちゃいましたよ(;^_^A アセアセ…

え? これってやっつけ仕事ですか?

いや、王道パターンだって、キャラが立っていればキャラの魅力でそれなりに面白くもなるんだけど、カルメンの登場はまだ3回目で、そのキャラの本質は全然見えていない。そこでこんな王道話をやられても、なんの感慨もないですよねぇ(^^;;

あとひと捻り・・いや、ふた捻りくらい欲しかった。。。
 
 
 
☆ 「あかほり外道アワーらぶげ」 9話

水着、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ラブフェロの水着は前にも出たけど、やっぱ乙女隊が本命でしょー(笑)

ってなわけで、前半は外道乙女隊音子が海の家でバイトするので他のみんなも一緒に海に。水着な乙女隊勢揃いなんだけど、詩乃たんも相変わらずラブリーだし、音子可奈子ナイスバディに萌えまくりー!!
そんな中、眼鏡にゴーグルを付けた妹香の動きが怪しいw いつもの如く悪事を急かしにやってきたアクマコが怪獣のことを持ち出したとたん、さらに怪しくなって、その辺にいるらしい怪獣を呼び起こしてしまいました(笑)

出てきた3匹の怪獣。辺りは騒然となって自衛隊とかもやってきて怪獣を包囲してしまうんだけど、悪い怪獣にも見えないし可哀想だなぁ・・と思っていたら、乙女隊も同じ思いだったらしく魔法を使って包囲していたを解いてあげてました。で、怪獣が向かった先は・・・放尿w そりゃ一晩ずっと包囲されていたら溜まりまくってるよなー(笑)
なかなか微笑ましい1話でした♪

で、後半はラブフェロ。前半のほのぼの具合とはうって変わって、こっちは枕営業ですか(爆) いやー、タイムリーですなー(笑)<Zガン○ムねw
月9・・・じゃなくて月8のヒロインを射止めるべく、スポンサーの社長にあの手この手で迫る清水愛と、社長の子供にショタ心をくすぐられたかほるんがそれぞれ悪戦苦闘を繰り返すんだけど、かおるんは結構まともにやってたのに、清水愛が暴走しまくり(^^;;
社長との出会いを演出するために事故を起こしたりビルを崩壊させたりと、やりたい放題(笑) 結果スポンサー企業は潰れて、社長は無一文に・・・(;^_^A アセアセ…

いやー、ホント極悪非道ですなー(笑)

かほるんのショタ心を満たした子供も実はオニャノコだったし、今回はホントに実りのないお話でした(笑)<いや、いつも実りなんてないけどさ(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »