« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

大晦日

大晦日ー♪

冬コミ怒濤の2日間も無事終わり、帰ってきたのは昨日の深夜3時過ぎ。
1日目の某所のオフでは、前にも書いたとおり1次会・2次会とも初めての場所でしたが、大きなトラブルもなく無事過ごせました。1次会はやっぱりかなり狭い場所だったけど、ま・・もう2度と来ないと思えばね(笑)

ってなわけで、今年も1年お疲れ様でしたー。

今年もいろいろあったけど、概ね平穏な1年でした。って、毎年平穏なんだけどなーw
 
 
さて、今年の汚れは今年のウチに・・・。
ってコトで、感想に行きましょー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「地獄少女」 13話

昔は新聞の通信欄だったのねーw

今回は冒頭からいつもと違う雰囲気。つぐみたんの目があいたんの姿を捉えるんだけど、そこはいつもと違い依頼者が居るわけではなくて、柴田にたいしての何らかのメッセージっぽい感じ。あ、、柴田が我が子のつぐみたんをセクハラするトコは萌えたなw

で、柴田はその情報を頼りに、ある小説を発見する。「煉獄少女」というその小説の内容はまんま地獄少女(笑) 時代が違う分だけ、ネットは使わず新聞というメディアを使ってるけど、それ以外はまるで一緒。そこに気付いた柴田は作者を捜し始めるんだけど、これがまたあっさり見つかっちゃうんだよねー(^^;; 50年前の作品の作者。それもほとんど名の知れてない人があんなにあっさり見つかっちゃうのはどうにも・・・。

って、思ったら、コレも全てあいたんが仕組んだことだったみたい。その作者、福本はすでに自分の死期を悟っていて、訪ねてきた柴田を渋々と引き入れるんだけど、それでもソレがあいたんの意志だと分かってからは饒舌になって、自分がなぜ地獄少女と契約をしたのかを語り出す。そして奥の部屋に柴田を招き入れるんだけど、そこにあったのは数々のあいたんの肖像

うーん、、、あいたんは柴田にどうして欲しいんだろうね? いろいろと情報の断片を見せて、最終的に自分を止めて欲しい・・・って訳でもなさそうだし、契約者を少なくしたいって訳でもないだろうし・・・。あ、福本の方は満足して逝ったから、あれはあれで良かったのかな? ジゴク行きはアレだけど、あいたんと会って以降の人生はシアワセだったのかもしれない。
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「ARIA The ANIMATION」 13話(最終回)

アウグーリオ・ボナーノ!

毎週癒しの時間をくれたARIAも今日が最終回。最終回の今回は、時節にも合わせて年越しのお話でした♪

年の瀬も迫った24月31日灯里アリシアさんはアリア社長をつれてサンマルコ広場へ。そこにはすでにウッディーが待っていて・・・って、アイちゃんも来てたのかー(笑)!! 次々に集まるいつものメンバー。藍華さん(オマケでアルw)、アリスアテナさんにグランマまでやってきましたよー♪
で、このまま年越しの大騒ぎになるのかと思ったら、またまた猫妖精の仕業か、アイたんと灯里がアリア社長の後を追って、またまた昔のアクアに行っちゃいました(笑) でも、これがまた幻想的で良い感じ♪

無事戻った二人をすでに戻っていたアリア社長や他のみんなも迎えて、いよいよカウントダウン。そして、ヴェネチアの習慣である古いモノを投げるってので、みんなで帽子やリボンを投げ合って無事新年を迎えることが出来ました。

最後、みんなで初日の出を拝んで、これまたまったりと終わりましたねー(笑) でも、これこそがARIAの雰囲気。まったり楽しめました♪

総合評価=75点

たいしたドラマがあるわけでもないし、成長を描くわけでもない作品だったんだけど、その空気や雰囲気が良くて、良い感じに仕上がってました。原作の持つ空気は存分に表現出来たんじゃないかな? 灯里の感動が素直にこちらに伝わってきて涙する話もたくさんあったし、やっぱサトジュンは上手いなーと実感。ただ、所々作画がヘタレたトコがあったので、あれだけちょっと減点かな?

すでに2期制作が決まってるみたいなので、今から楽しみですー♪
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「魔法少女リリカルなのはA's」 13話(最終回)

ぐぁーーーー、6年後って何だーーー!!!

前回、防御プログラムを無事消滅させたなのは・フェイト・はやてなんだけど、終わった途端はやてが倒れてしまってさぁ大変。原因は魔力と体力の激しい消耗で、時間がたてばまた防御プログラムが再発してしまうよう。コレを防ぐにはやはり「夜天の書」を消滅させなければならないのだけれど、守護騎士たちはすでに独自に切り離されているので、リインフォースの消滅で自体は解決するようです。

リインフォースはそのことをはやてには告げずに、なのはたちに自分を消すよう依頼して、なのはたちもそれを受け入れる。そして、いよいよその時が迫ると・・・はやてが車椅子でやってきましたよー!!
一人置いてけぼりなはやては、何故一緒じゃいけないのか訪ねるんだけど、もうこれは仕方のないこと。はやてもそれを受け入れて、今度こそ本当にお別れ。やっぱ、別離は寂しいね・・・・。

これで今回の件は全て終了。事後処理も進み、なのはは今までのことを全部アリサすずか家族全員に自分が今までやってきたことを全て告白したりしてました。

そして、6年後・・・。

いやー、中学生になったはやては萌えるねw 守護騎士たちは年を取らないのでそのままだけど、はやては可愛く成長してました。フェイトも良い感じに育っててコレも萌えクロノは声がすっかり変わっちゃって・・・(^^;; でもエイミィと良いコンビだったし、ユーノ君も眼鏡っ子になってたけど、なのはとも良い関係を保ってるよう。

で、肝心のなのは・・・なんだけど、やべー、微妙ーー(笑)!!

やっぱツインテールじゃないと別人にしか見えない罠。幼い頃のかわいさがスポイルされちゃって、かなり微妙な感じでしたよ(笑) しかもアリサやすずかの方が普通に可愛かったしwww

ま、それぞれ肩書きがイロイロ出来てそれぞれに成長してる姿が見れたし、良かったのは良かったのかな? これで続編の可能性はほとんどなくなったけど、それも広がりすぎた話をここで収束する意味でも良かったかもデス。

総合評価=85点

やはり1期に比べると、どうしても評価が落ちてしまうのは致し方ないのですが、それでも毎回イロイロ話の展開があって十分に楽しめました。ただ、キャラが多くなりすぎた感はどうしてもあるので、一人一人の描写はちょっと足らなかったかな?<特にはやてとなのは。

さ、DVD買うぞー(笑)
 
 
これで、年内の通常放映分は終わりかな?
特番(ファフナー)の感想は年明けにでも・・・(笑)

ってなわけで、良いお年をー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.29

パチスロ サクラ大戦

水曜日ー。

いよいよ明日から冬の祭典wが始まりますねー。ウチはいつものように本祭は顔出し程度で、メインはその後のオフ会です。今回も参加人数が30人近いんですが、今回はその手配がきつかった・・・。

いつも使っている所が先に予約が入ってしまったようで、店を変えざるを得なくなってしまったんですが、やっぱり30人くらいのキャパで低予算で未成年も入れる場所とかってかなり少なくて、店の選定にはかなり苦労しました。決まったら決まったで予約人数の変更とかなにやらで今回の店はその融通があまり利かずにスゲー困りましたよ(^^;;
いつのも店なら、多少の人数の変動は快く応じてくれたのに、今回は1人増えただけでぶーぶー言われた・・_| ̄|○

ま、もう2度と使わないと心に決めたので、明日は思う存分暴れてきてやるー(爆)!!
 
 
あ、、昨日は今年最後の眼科の日。この日は午前のみの診療だったので、予想通りの混雑ぶり。午前の診療が終わったのが2時過ぎ。それからお昼を食べて・・・さぁ帰ろう! と思ったら、午後もしばらく大掃除の手伝いをしてました(笑) ま、これも営業の一環だと思えば、それほど苦でもない・・・と思いこませながら働いてきました(^^;;
で、もう店に帰っても仕方のない時間になってしまったので、そのままスロを打ちに(爆)

そう、やっと近所の店に「サクラ大戦」が入ったんですよーー!!!

パチスロ サクラ大戦

昨日は導入2日目だったので、座れないだろうと思ってたんだけど、しばらく待ったら空き台が・・・。閉店までまだ5時間ほどあったので、勝負開始です!

投資5kで初BIG。すんなりスーパーで当たってくれて、そのまま持ちコインでしばらく遊んでたら、結構ぽこぽこ当たってくれて、あっという間に1000枚ほどの持ちコインが出来たんですが、そこから先がつらかった・・・。中ハマリを2回ほど喰らって、持ちコインを半分ほど減らしてから、当たっては飲まれ当たっては飲まれの連続で、全然コインが増えない(^^;;
結局閉店間際まで粘って、流したのが600枚・・・。約5時間フル稼働して、たった7kくらいしか浮きませんでした(笑)

うーん、、、やっぱ5号機は渋いねー。確率は設定6と1のちょうど中間くらいだったから、6のヒキ弱か1のヒキ強のどっちかなんだけど、やっぱこの確率では勝ちきるのは難しいかも。<サクラ大戦は設定6と1の2段階。

あ、、、でも、台自体は面白かったですよー。エヴァより数段完成度が高かったと思う。エヴァは液晶演出なんて全く無意味な代物でしたが、サクラ大戦はチャンス目とかがあって、ちゃんと液晶がゲーム性の中にとけ込んでる。もちろん熱い演出や薄い演出はあるからメリハリも十分だし、逆にいきなりリーチ目出現!!なんてビックリパターンも出たりして、かなり楽しめました♪

5号機というコトもあって、正直ギャンブル性はかなり薄い台ですが、遊ぶにはもってこいかもしれませんね。普通のヒキなら10kあればかなり遊べるし、設定1でもちょっとヒキが強ければ十分浮く可能性もありますしねー。

マジで、「サクラ大戦」ファンの人にはお勧めしたいです(笑)

オマケ:
スーパーBIG動画


ショート 


ロング(ホッパーエラー付きw)

再生はQuickTime等でどうぞ♪
ってか、撮影時すげー恥ずかしかったーーー(爆)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
土・日・月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「銀盤カレイドスコープ」 12話(最終回)

ピート・・・成仏してくれw

そんなわけで最終回です。前回SPで2位に付けたタズサフリーでどんな演技を見せるかがだったわけですが、先に女王リアの演技が始まっちゃって、しかもソレがスゴイ演技だったもんだからタズサの逆転は望み薄(笑)

それでもタズサはピートとの最後の演技と言うことで、かなり気合いも入っていて、コーチにも自信を見せたりして、結構余裕? いざ演技が始まっても、ピートとの息もぴったり合っていて、思い通りの演技が出来たみたいです。

って・・・・作画マジやばすぎ(;^_^A アセアセ…

せっかくタズサが渾身の演技を見せようとしてるのに、ソレを表現するだけの作画力がない。観客とかもスゲーいい加減でトリノのくせに全部日本人にしかみえないってのはどうかと思うぞw

ま、、、それはおいといて・・・。最後、タズサは郊外のに一人赴き、そこでピートとの別れをする。完全にピートに惚れちゃってるタズサはソレを伝えようと必死なのに、ピートは上手い具合にはぐらかしちゃって、ちょっと大人(笑) いよいよお別れの時が迫っても、結局言えず終いのタズサは、最後ピートが消えた後に自分の思いを言うんだけど・・・遅いよね(^^;;
でもあの別れ方だと、マジで最後のエピローグで復活するかと思ったけど、それもなくて、意外とすっきりしたラストでした。

総合評価=70点

うーん。。。やっぱり作画クオリティが・・・・。題材も面白かったし、時期的タイミングも良かった。話も面白くて、タズサはマジ萌え。あれだけの素材を生かし切れなかった制作陣には怒りさえ覚えますね。
なんか、最終話は放映2週間前にやっと作打ちが終わったとかって聞いたけど、コンテ自体は3週間前に上がってたっていうから、どれだけ無能か分かりますよね。

すげー勿体ない作品でした・・・。
 
 
 
☆ 「MAJOR 2nd season」 3話

吾郎、完全復活!!

前回左腕での投球を見せた吾郎なんですが、今回完全復活ですw って、展開はえーな(笑)

山根も戻って復活した野球部。でも、以前の部員までは戻らず、新入生数人と素人の多数混じったかなりレベルの低い状態なんだけど、いきなり他校との練習試合が行われました。
当然苦戦するのは目に見えてたんだけど、予想以上に山根が攻められてかなり悲惨。投げられない山根を集中攻撃される様を目の当たりにした吾郎が、山根の気概にも感化されたのか、途中からピッチャーとしてマウンドに登るコトに・・・。

って、やっぱ吾郎はすげーな。大苦戦していた打線を相手に1点もやらない展開。しかも最後は逆転勝利とこれでもかってくらい出来すぎなお話でした(笑)

ま、この再生復活ってのがこの作品のテーマだから、それを30分で見られたからヨシとしましょうか(笑)
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 26話(最終回)

ああー、、、終わっちゃった・・・。

前回無事に地球の危機を救った桃月学園の一同。最終回の今回はどんなハードな展開が待ち受けているのかと思ったら・・・、すっかり日常を取り戻してました(笑)

校長の恩赦で学園から巨大なプール施設が出てきて、みんなで遊びまくるんだけど、今回は原作ネタがいっぱいで嬉しかったなー♪ 結構新しい巻数のネタも入ってたし、原作ファンとしては申し分なし!! たぶん、素直にアニメ化したらこんな感じになっただろうという想像も出来て良かったです。
いや、、、かな? 今回のアニメ化の方向性がああだったからこそ、この原作ネタの散発も許せるようになったのかも(笑)
そうじゃなかったら、巻数の違うネタが使われてる時点で文句言ってる可能性が・・・(^^;;

そんなわけで、なんかすげーイロイロと寛容になれたのも、このアニメのお陰です(笑) パロとかオマージュとかいろいろあったけど、そのクオリティはどれも高かったし面白かった。

総合評価=80点

原作とはだいぶかけ離れていたので、開始当初はかなり不満だったんだけど、だんだん「アニぽに」に落ちていきましたねー(笑) 自分では分からないネタも2chwikiでだいぶ分かったし、そういう重箱の隅を突くようなのはあんまり好きじゃなかったんだけど、この作品はでしたねー。知れば知るほど濃いネタの嵐にノックアウトですよ(笑)
ただ、やっぱり一条さんを自由に使いすぎるのはちょっと頂けなかったかな? 一条祭りとか訳分からなすぎだし、そこまでしなくても・・と思うことはありました。
でも、やっぱり終わっちゃうのは寂しいなー。あのムチムチエロエロなキャラたちに会えなくなると思うと・・・(笑)

2期があるといいんだけど、もしあるなら今回のスタッフでおながいします♪
 
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 26話(最終回)

結局、かぎ爪は何をしたかったの?

いよいよ最終回な訳ですが、前回復活したヴァンかぎ爪をどう止めるのかが。何やら巨大なバリアの中にかぎ爪とヴァンとが対峙している訳ですが、ヴァンの攻撃はことごとくはね除けられ、子供(バカ)扱いされてますよ(笑)
ウェンディミハエルと対峙してて、なんとかこの分からず屋の兄を止めようと必死。右腕を打ち抜くという離れ業まで繰り出したのに、やっぱり別々の道を歩むコトに・・・。ウェンディはもうちょっとになるかと思ったんだけど・・・。

ってなわけで、やっぱり鍵はジョシュアに託されるわけですねー。覆っていたバリアを解いてかぎ爪のシステムを壊したりして、やっぱ一番の功労者は彼(笑) ヴァンもぶち切れモードで覚醒したりしてたけど、それくらいは当然でしょ(爆)
結果、あっさりかぎ爪を撃破しちゃって、あっけなかったなー。いくら矮小と言えどもラスボスなんだから、もうちっとなにか盛り上がりがあっても良さそうだったのに・・・。

で、世界を救ったヴァンたちは、それぞれ別々の道を歩むことになるんだけど、最後の最後で、成長したウェンディが記者に答えてる場面が出てくるんだけど、予告のアレはやっぱりウェンディが過去を振り返ってるっていうことだったんだねー。そういう細かい作りは良かったかな?

総合評価=70点

作画は良かったし、面白い話数もあったんだけど、やっぱり物語として1本の通ったモノが感じられなかったのが勿体なかったかな? いや、、、ちゃんとした復讐劇ではあったんだけど、どうしてもかぎ爪の矮小さが目に付いちゃって・・・。結局、かぎ爪は何がしたかったのかをイマイチ理解出来なかったし、ミハエルが心頭する根拠も分からず終い。きれい事を並べただけの詐欺師って訳でもなさそうだし、もっと分かりやすくてインパクトのある理由が欲しかったかも。。。

最後の決着の付き方もイマイチだったし・・・・相対的にイマイチな感想でした(^^;;
 
 
 
☆ 「ToHeart2」 13話

初めてこのみに萌えたw

あれー、今回が最終回かと思ったら、まだ1話残ってたのねー(笑) TVK、年またぎで「東鳩2」なんて、スゴイ英断したな(爆)

ってなわけで、ラス前です。出だしからなんかこのみの様子が変なんですが、タカ坊姫百合姉妹と仲良くしてるトコを見たり、友達二人(こっちのほうがこのみの数倍萌える罠w)に唆されたりして、やっと自分の気持ちに気付き始めたようですねー。
タカ坊が家に来ても、普段なら別段何ともないのに急に恥ずかしがったり、二人きりの食事に耐えられずに部屋に逃げ帰ったりと、なんかすげー初々しくて、ちょっと萌え(笑)
正直いままでこのみは全く眼中になくて、どうでもいいキャラだと思ってたんだけど、ああいうのを見せられちゃうと結構萌えるもんですなぁ(笑)<いや、お前が節操ないだけだからwww

ってか、タマ姉は近くに居るんだから、もうちょっとフォローしてあげないと・・・(^^;; 最後、タカ坊の口から今のこのみに対する思いを聞いて、流して駆けていっちゃいましたよー(笑)

で、ラストは感動の最終回。このままこのみエンドで終わるのか、はたまたハーレム状態のまま終わるのか・・・ちょっと楽しみになってきたぞー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

2006年 1月 新番組リスト

日曜日ー。

えーっと、12月も最終週に入って、最終回を迎えるアニメも増えてきましたが、正直言って、この時期はアニメの最終回より仕事やプライベートの方が大事な罠(笑) もちろんアニメの方も見てはいますが、「そいうや、もう最終回だっけ?」くらいな感じですねー(^^;;

で、終わる番組があるとすれば新しく始まる番組もあるわけで・・・。今までほとんどチェックしてなかったんですが、時間が出来たので纏めてみましたー♪

2006年 1月 新番組リスト

あれ? 意外と少ない??
なんか、の新番からするとやたらと少ないような気もするんですが、去年のを見てみたら、去年も1月は同じ数くらいなんですね(^^;; 良く考えたら本格改変の春・秋と比べたら少なくて当然か(笑)

注目番組として5本ほどを付けましたが、実は本気で期待してる作品ってないんですよねー。周りでは「Fate」とかが人気だけど、ウチは原作知らない罠。「びんちょうたん」も15分番組でほのぼの系だから大期待って程でもないし、他の作品も似たような感じです(^^;;

うーん、、、最近アニメに対するモチベーションが下がってるから、ここらで一発でかい作品(個人的に大ヒットな作品)があるといいんだけどなー。ちょっと期待薄ですね・・・。
 
 
さてさて、気を取り直してアニメ感想行きますよー!!
木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「魔法少女リリカルなのはA's」 12話

全員揃っての波状攻撃は痺れたー!!

闇の書」から切り離された防御プログラムの暴走。それを止めるために、はやても立ち上がるんだけど、もちろんそれにはヴォルケンリッターたちも必要・・・ってことで、はやての魔力で無事4人とも復活しましたよー♪

これで戦力が整ったので、みんなで防御プログラムを止める方法を考えるんだけど、クロノが提示した2つの案はどちらも却下。アルカンシェルは地表で使うには威力が強すぎだし、デュランダルも再生するので意味なし。ってなわけで、新しい作戦を考えるんだけど、なかなか意見が纏まらずに困っていたところ、なのは・フェイト・はやての3人がある案を提示する。
それは、みんなで総攻撃をしてプログラムのコアを露出させて、そのコアのみを宇宙空間に転移魔法で移動。そしてアルカンシェルで撃破っていう、確実ではあるが難易度の高い作戦。しかし他に方法もなく、この案を採用することになるんだけど・・・。

いやー、やっぱ全員参加の総攻撃は見応えあるねー♪

でも、騎士も混ざってみんなでかなり強力な攻撃を仕掛けるんだけど再生スピードが速すぎて追いつかない。でも攻撃は通っているので、そのまま攻撃を続け、クロノの氷結魔法デュランダルでヤツを固めてから、なのは・フェイト・はやての三位一体攻撃!!!

さすがの防御プログラムもこれは効いて、コアを露出させたところで、ユーノたちの転移魔法で宇宙空間へ。そして、絶好のタイミングでアルカンシェルを放つリンディ提督!! 夫の敵取ったどーー(笑)!!

こうして防御プログラムを破壊することが出来て、世界は平和になった・・・・と思ったら、はやてが倒れちゃいましたよー(;^_^A アセアセ…

うーん、、、、最終話は完全にエピローグだと思ってたけど、まだ何か一波乱ありそうですねー。って、ただ単に魔力を使いすぎて倒れたとかだったりしたらどうしよう(笑)
 
 
 
☆ 「舞-乙HiME」 12話

マシロの初恋は不発に終わりそう(^^;;

なんか巧海とすげー良い雰囲気だったけど、巧海にはきゅんっていう決定的な相手が居るしねー(笑)

ってなわけで、前回の続き。マシロ姫は逃げ出したままで、ジパングの王子も実はニセモノ。でも、ソレを知らないヴィント側はマシロの身代わりにアリカを立てて、なんとかその場を誤魔化そうと必死(笑) ってか、何故アリカなんだろうw ニナのが王女らしいと言えばらしいよなー。いや、、すげー面白かったからいいんだけど(笑)

で、マシロといえば、助けられた巧海をいろいろ連れ回すんだけど、自分をだと知らない巧海と一緒にいる時のマシロはいつもに増して輝いてましたねー。しかも巧海にちょっと惚れちゃってるしwww

結局、晶きゅんの変装は筋金入りの百合なシズルにばれちゃって、追われることになるんだけど、そこで倒れている巧海を発見。もちろん側にいたマシロも見つかったわけだけど、晶きゅんはマシロを敵だと勘違いしちゃうし、シズルやアリカはマシロを庇おうとするし、面白い展開になってました(笑)

結局、すぐ誤解は解けたようで、そのまま巧海たちは帰国することになるんだけど、傷心のマシロたんは、部屋から出ないまま見送りもせず・・・(^^;;

あ、、、そいや今回舞衣の存在がやっと明らかになりましたねー。予想通り巧海の姉で元?オトメで、ナツキたちと同期って感じなんだけど、まだまだそのベールは包まれたまま。前作主役の登場で、アリカが喰われる・・・なんてことにならなきゃいいけどなー(笑)<某種死のようにねwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.24

忘年会ラッシュ!

金曜日ー。

なんか忘年会続きでヘロヘロっすー。

水曜は某眼科の忘年会。すげー高級焼き肉を食べたんだけど、この歳になると霜降りいっぱいのカルビって2・3枚でもういいや・・・って感じになっちゃうんだよね(笑) それより脂身の少ないロースとかハラミとかが美味しく感じてしまう・・・。やっぱ味覚って変わるのねー(^^;;
で、1次会は9時頃お開きになったんだけど、内輪での2次会に誘われて行ったのが運の尽き・・・。延々4時間の愚痴大会で、もう身も心もグロッキーになりましたよ(;^_^A アセアセ… しかも帰りは全員車で送って行ったし・・・。

で、昨日は昔の同期との忘年会。たまーにしか会わない友達なんだけど、昔から仲が良くて事あるごとに集まったりしてるんですが、ウチ以外全員既婚者(笑) いやー、やっぱ一人毒男だと肩身が狭いねw
 
 
そんなわけで、この何日か忙しくて更新も出来なかったし、ゲームも全然進んでません(^^;;
それにしても、こう忘年会が続くと年末っていう実感がわいてきますねー。しかも来週はもうコミケの週ですよー。ホント1年なんてあっという間だね(笑) 過ぎゆく年をゆっくり振り返るもないデス(^^;;
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
更新が滞っていたので、一気にどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」 12話

クギミヤなハルナたん、萌えー(笑)

また浩樹と暮らすことになったエリスなんだけど、やっぱり微妙な空気。そんな時に浩樹の従姉妹の娘であるハルナを1日預かることになるんだけど・・・。

このハルナたん。お母さんが居なくなると突然張り切っちゃって絵本の主人公を真似るんだけど、エリスもこれに乗っちゃってさぁ大変(笑) 浩樹も従者の一人に扮して、絵本の物語に沿って街中を探索することにwww

それでも無邪気なハルナたんに付き合っていくウチに、二人の間にあった微妙な空気は吹き飛んで、また昔の雰囲気に戻って良い感じになってましたねー。浩樹にとっては妹であるという再認識っぽい描写もあったけど、それをはね除けるだけの勢いがエリスにはあったし。
って、今回は一回も出てこなかったんだけど、余裕こいてるとエリスに攫われても知らないぞー(笑)
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 25話

ヴァン、復活した割には・・・(^^;;

前回レイの犠牲でなんとかかぎ爪に一矢報いるコトが出来たんだけど、それもわずかな時間稼ぎにしかならず、かぎ爪の作戦は未だ続行中。それでも、エルドラじいさんたちやプリシラが復活したり、カルメンユキコがベース内に侵入したりして、反撃のチャンスはまだまだありそうデスね。

そんななか、ヴァンもやっと宇宙から帰還してかぎ爪との一騎打ちに望むんだけど・・・あれー、全然大したことないじゃん(^^;; ミハエルは撃破したけど、かぎ爪には歯が立たないようじゃ、何しに戻ってきたんだか(笑) ま、それでも何か起死回生の大逆転があるんだろうけど・・・。

結局、一番活躍してるのはジョシュア。レイの時もそうだったけど、実は一番の功労者ってジョシュアじゃないかと思うんだよねー。今回も孤軍奮闘してたし、最後の鍵はジョシュアかもw

って、最後の最後にウェンディとミハエルが鉢合わせで、やっぱり鍵はウェンディかー。一体どんなラストになるのか、まだ分かりませんが、次回の最終回できちんと決着してくれると信じてますよー。
 
 
 
☆ 「ToHeart2」 12話

ネギーーーーーー(笑)

いや、ネギはアニメには全く関係ないんだけどねw だって、今回は完全に総集編で何も書くことがナシ。ナレーションのこのみタマ姉が、今までのヒロインを紹介していくだけのお話でした(^^;;

ま、今回は特別版だし、次回の最終回に期待しますか(笑)
 
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「地獄少女」 12話

もうちょっと考えてから行動しようよ(^^;;

今回は、ヒキコモリな少女@田中理恵と、その少女を何とか学校に復帰させようと頑張る正義感の強い先生のお話。少女は、学校での人間関係がイヤになってヒキコモリーになっているんだけど、先生はそんなことも知らずに毎日のように訪問してくる。それを疎んだ少女がいつも相談しているメール相手から聞いた地獄通信にアクセスして、あいたんから藁人形を受け取るんだけど、先生は先生でイロイロなしがらみもあって苦労してるんだよねー。

ふとした時に先生の苦労や本音を聞いて、を解くことをやめ学校にも通うようになった少女なんだけど、そんな先生が相談していたメール相手だと気づき、全てを先生に告白

あー、今回はジゴク送りナシかー・・・・と思ったら、何を血迷ったかその先生、自分をジゴクに送ってくれと少女に懇願してますよー(笑) おいおい、良く考えろよ。今の状況から逃げたいってだけでジゴクにいくのはどうかと思うぞー。ジゴクは永遠の苦痛が待ってる場所なんだから、今より良いわけないだろ。しかも送った少女も将来ジゴク行き・・ってか、すぐ後を追うようなこと言っちゃってるし(;^_^A アセアセ…

うーん、、、なんともバカな二人でした(^^;; あいたんも呆れてたよ(笑)
 
 
 
☆ 「ガンパレード・オーケストラ」 12話

ありゃ・・・死んじゃったよ(;^_^A アセアセ…

相変わらず戦闘には縁のない第7中隊。駐屯地での生活が続くんだけど、そんな時に病院の変電施設が故障したとの連絡があり、メカに強い深澤が応援に駆け付ける。そこで深澤はある少女@川澄に出会うんだけど、この少女、難病に冒されているらしく余命一ヶ月あまり・・・。そんな彼女は何故か病室を抜け出して、どこかに行こうとしてるところを深澤が見つけて看護婦さんを呼んでしまうんだけど、これがまずかったようで、深澤は彼女に嫌われてしまう(^^;;

それでも深澤は彼女のコトが気になって、壊れたボイラーを治す口実で病院へ足繁く通うんだけど、少女もその姿を見て徐々に心を開いていく。そして意を決して彼女をバイクで外に連れ出すことにした深澤は、深夜の病院に忍び込んで彼女を連れ出すことに成功。少女はを見たいと深澤に告げ、海に向かって走り出すんだけど・・・・・。何故の方へ向かう?(;^_^A アセアセ…
案の定、険しい道でバイクを放棄せざるを得なくなるんだけど、何故かその先に健司美姫が待っていて、これで一安心か・・・と思ったら、今度は幻獣出現(笑)

それでも、幻獣を避けて先を進み、念願のが見える場所までたどり着いたんだけど、ひと目海を見た少女は・・・・死んじゃいましたよー(^^;;

なんか、わざわざ険しい道を進んで、やっと見た海も遠くの方にちょっとだけだし、しかも見た途端に死んじゃうなんて・・・すげー報われない話でした(;^_^A アセアセ…
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「ARIA The ANIMATION」 12話

サトジュンはやっぱ泣かせ上手だよなー(^^;;

今回はオリジナルなのかな?コミックではないお話でした。大雪で開店休業なARIAカンパニーなんだけど、アリシアさんもこの雪を見て閉めちゃおうと提案。そこで灯里は前々から行きたがっていたネオヴェネチアに一番最初に掛かったを見に行くことにするんだけど、大雪の中その橋を渡った瞬間、何故か空は晴れ雪も解けていました。橋の中にあの猫妖精の姿が見えたから、多分そのせいなんだろうねー(笑)

そこで灯里は一人の女性と出会うんだけど、この彼女・・・すげードジッ子で萌えー(笑) いきなりカメラを落としたり、自宅に灯里を招待するんだけど、そこでも自作のウッドデッキが壊れたり、ロールキャベツを焦がしたりして、かなりのドジッ子ぶりを発揮してましたよー♪
それでも、結構雰囲気がほんわかで灯里と似たトコもあったりして良い感じ。しかも学校の先生だっていうから、萌え度は倍増ですよ(爆)

そして、いよいよ水路に水が来るってコトになるんだけど、そうそう、この世界はアクアの入植が始まったばかりの世界で、ネオヴェネチアにもまだ水路がまばらな時期。そこに初めて橋が架かり、初めて水が流れてくる瞬間に灯里が立ち会うんだけど・・・もう、感動ですよー。アクアが手作りの星で、いろんな苦労を乗り越えながら徐々に環境を整えて人が住める環境になっていく過程がよく分かるし、そこに住む人々の感情も凄く伝わってくる。。。

やっぱ、サトジュン&吉田玲子、うめぇーーーー!!

牧野由衣の挿入歌もすげー良くて、アレが掛かるとどうもダメだね。。。泣いちゃって(^^;;

で、次回は最終回ですか。このまったりな時間がなくなるのは惜しいけど、楽しみにしてますよー♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.21

対戦プレイ

火曜日ー。

昨日はまたまたマリオカートの対戦に熱くなってました(笑)
初めて3人対戦(「ともだちと」で)をやったんだけど、やっぱり2人対戦とはまた違った面白さがありますねー♪ で、一人増えたところで勢いに乗って4人対戦にチャレンジしたんだけど、フレンドコードを設定してるのにも関わらず、いっこうに検索が進まない罠・・・。

4人同時で検索スタートしてみたり、時間差で検索スタートしてみたり、いろんなコトをやってみたんだけど、1人や2人はhitするのに、3人全部埋まることは最後までありませんでした・・・_| ̄|○

うーん、、、実は任天堂のサーバって貧弱

まぁ、昨日は他でも繋がりにくいって報告が上がってたから、結構混んでたんだとは思うけど・・・最大4人対戦ってのが売りなんだから、もうちょっと検索精度を高めても良いと思う。
あと、2人や3人でやる時も全員がヒットしたあとも延々検索し続けるのも時間の無駄だよなー。確定ボタン付けてくれ(笑)

そんなわけで、対戦プレイはかなり熱くて面白いマリカですが、その前の手順がかなりお粗末なのが勿体ないッス。あそこをもうちょっと上手くやれたら、もっと手軽に対戦プレイが楽しめるのになー。
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
土・日曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「銀盤カレイドスコープ」 11話

なんか展開はえーなー(笑)

前回ピートにキスを迫ったタズサだったんだけど、それは騙しでピートの反応を喜んでただけ・・だと思わせたのはミスリードだったんだなー。

今回いきなり話が進んで颯爽とトリノ入りするタズサなんだけど、さすがのタズサもプレッシャーは隠せず、滑走順も一番不利な1番手を引いちゃって前日はよく眠れないまま。それでも、例のウェイトレスバージョンで会場の喝采を浴びて見事SPでは2位をゲットしましたよー。

って、滑り終わってからピートにキスをせがむタズサ・・・・うわーーータズサが中古にーーー(T_T)
ま、相手は幽霊だから許すけど、やっぱああいうのを見ちゃうと相思相愛なんだなぁ・・と思ってしまう。これでますますピートの復活が現実味を帯びてきたかな?

次回はいきなり最終回。全12話は短すぎですよー。ってか、この3話くらい話がすげー勢いで展開していったから、見ていて面白いのは面白いんだけど、やっぱり短さを感じてしまうなぁ・・・。

ま、ラストでタズサの華麗な滑りを堪能しましょうか♪
 
 
 
☆ 「MAJOR 2nd season」 2話

山根の坊主頭は似合ってないぞw

新入部員を集めるために必死に勧誘活動を続ける小森なんだけど、相方のデカ男が山根組のヤンキーに脅されて一人で孤軍奮闘中。で、デカ男が吾郎に相談を持ちかけるんだけど、吾郎もそんな根性なしに掛ける言葉もなく放っておくんだけど、意外とこのデカ男は友達思いで翌日は小森と一緒に勧誘活動再開

でも、そんな二人を山根が放っておく訳もなく、部室に潜り込んで備品をボロボロに破壊してしまう罠。それを見かけた清水が小森を呼んでくるんだけど、そこには吾郎もいて・・・さすがに吾郎もコレには切れて、山根にタイマン勝負ですよー(笑)

吾郎の身体能力からすれば圧勝かと思ったんだけど、さすがに山根もヤンキーを束ねていただけあって、それなりに強い。それでも吾郎がプールに投げ込んで勝負あったかな? そこに小森たちが駆け付けてきて、山根がどうして野球部に対して嫌がらせをするのかを問い詰めたら・・・。
山根も昔は普通に野球を愛する少年だったのが、あくどい先輩のせいで腕を怪我させられて利き腕壊しちゃったんですねー。吾郎と似たような境遇な訳なんだけど、ソレを聞いた吾郎は、ついに左手でのピッチングを披露!!

あらー、もうゴタゴタは終わりですかー。もうちょっと引っ張るかと思ったけど、意外と早い吾郎の復活ですな。でも、これで本格的に野球モノになるので、これからの展開に期待してます♪
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 25話

一条さんを自由に使いすぎだよ・・・。

前々回の話の続きをココに持ってくるとは、さすが一筋縄ではいきませんなーw ってことで、地球存亡の危機に立たされたわけなんだけど、ソレを救えるのはC組の面々のみ。でも、やる気のないC組に期待するだけ無駄だと思ったけど、学食のタダ券に釣られてるよ(^^;;
っとと、、ここで世界各地の状況を諜報部が伝えるんだけど・・・衣装が何故かメイド服。綿貫と来栖はめっさ萌えたーーー(笑)<宮田はどうでもw

で、いよいよ宇宙に出発する面々なんだけど・・・ここから先はもうなにがなんだか・・・。いろんなパロの詰め合わせで、いちいちあげるのが面倒なくらいの量ですよ(^^;;

まぁ、元凶が一条祭りで原因が宇宙人艦長で、締めはクラス愛ってな感じだったんだけど、ホントにパロだけの勢いだけ。アニぽにの悪い部分が前に出ちゃって、ラス前でこれだと最終回がどうなるコトやら・・・。ま、最後も最後でバカパロノリで突っ走るんだろうなー(^^;;
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.12.19

マリオカート中毒w

日曜日ー。

このところすっかり「マリオカートDS」に夢中です。自分でも徐々に上手くなってるのが実感出来てはいるんですが、グランプリ100ccにはかなり苦戦してます(^^;; もっと上手くなりたいけど、長い時間やってるとが吊りそうになる罠・・・。
実はDSってかなり持ちにくいんだよねー。重量もかなりあるし、長時間プレイには向かないのかも。今まではタッチペンメインのゲームばかりだったから、置きながら出来たんだけど、マリオカートはちゃんと両手でホールドしないとプレイ出来ないから、この重量が結構クルんだよねー(^^;;

もっとを鍛えなければ・・・(笑)<上手く走らせる腕と支える腕ねw
 
 
うーん、、なんかが酷い。熱もないしそれほど体調も悪くはないんだけど、夜中寝る前になると咳が出て寝るに寝られない罠・・・。咳止めシロップを飲んで何とかその場は収めるんだけど、早く治ってくれないと、この時期つらすぎデス(T_T)
 
 
さて、アニメ感想ですー。
木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「魔法少女リリカルなのはA's」 11話

やっとはやて存在意義が・・(笑)

前回「闇の書」に取り込まれてしまったフェイトですが、一応無事で「闇の書」内で生存している模様・・・って、目覚めたフェイトの隣にアリシアがいるーーー!!!
アリシアとは、プレシア・テスタロッサの本当の娘で、実際は過去の事故で亡くなってる存在。さらにやたらと優しいプレシアに、その使い魔であるリニスまで登場しちゃって凄いことになってますw でもCDドラマにしか出てなかったリニスの動く姿が見れてかなり感動しましたよー♪

で、この世界は「闇の書」が作り上げたフェイトの理想の世界な訳なんだけど、優しいプレシアに可愛いアリシアに大好きだったリニスまで出てきちゃって、この世界から抜け出すかどうか迷うフェイトなんだけど、アリシアの後押しもあって脱出する決意を固めるフェイト。いやー、やっぱフェイトはカッコイイ!!

一方同じ「闇の書」の中で、はやても「闇の書の意志」と遭遇するんだけど、闇の書の意志ははやてに対してどんな望みでも叶えると約束する。すると、はやては闇の書の意志に対して名前「リインフォース」を授け、この破壊活動を辞めるように説得するんだけど、すでに暴走を始めてしまった防御プログラムは本体から切り離しても活動を辞めない。

なのはは一人必死にこの防御プログラムを止めようと頑張り続けるんだけど、エクセリオンモード発動でエクセリオンバスターACSを撃っても止まらない防御プログラムに苦戦中・・・・。

そこに、「闇の書」から脱出したフェイトと、はやての元新たな意志を持ったリインフォースが現れ、いよいよ最終決戦!!!!

って、また良いトコで終わったよー(^^;;
前作と同じ流れなら、次回で決着が付いて最終回はエピローグってパターンかな? なのは・フェイト・はやての三位一体攻撃の盛り上がりが今から楽しみですー♪
 
 
 
☆ 「舞-乙HiME」 11話

ファザコンニナが萌ゆる・・・(笑)

普段はかなりクールなキャラなのに、セルゲイのコトになると途端にデレキャラに変わるから可愛いよねー♪
今回はそんなニナの誕生日のお話なんだけど・・・あれ? マシロアリカも誕生日ってどういうことよ(笑) まー、アリカとニナの誕生日が一緒なのは、セルゲイの憧れの人のの誕生日をニナの誕生日にしたから分かるんだけど、マシロは何故?? 行方不明から戻ってきたマシロの誕生日がこの日ってコトは、真の姫も多分この誕生日だろうから、真の姫とアリカの誕生日が一緒ってコトだよね。
ニナとマシロのホントの誕生日は確定出来ないし、オトメであった母親の娘であるアリカが真の姫の可能性は薄いだろうから、ニナとマシロ・・どっちが真の姫だったとしても、アリカと同じ日に仕込まれた可能性があるってことか・・・(笑)<絶望先生ネタ

ま、真の姫捜しはナギにでも任せておくか(笑)

あ、、話の方は、ニナがセルゲイから貰った時計のがスられたり、船に落ちたり、カラスに弄ばれたりしたけど、結局セルゲイの手によって元に戻るってなお話でした。巧海が出てきたりきゅんが出てきたりしたけど、その話が本格的に動くのは次回以降かな?

マシロと巧海は意外と良いマッチングかもねー♪
 
 
 
☆ 「ローゼンメイデン トロイメント」 9話

蒼星石、アボーン・・・・(;^_^A アセアセ…

本格的に動き出した水銀燈薔薇水晶に混じって、蒼星石もより一層悲壮感を漂わせているんだけど、ソレを心配した翠星石が様子を伺いに行ってもあっさり引き替えされてしまう罠(^^;;
落ち込んだ翠星石を流しソーメンとかして元気づけるジュンたちは健気で可愛いと思ったり、のりにやたら色気を感じたりしてるうちに話は進んで、いよいよ本格戦闘の始まりですー。

真紅たちが寝ている間に周りをnのフィールドに変えてしまった水銀燈は、薔薇水晶と一緒に真紅・翠星石・雛苺を迎え撃つわけですが、相変わらず真紅は全く戦う気はなし。逃げる真紅たちを追いかける水銀燈の前に颯爽と現れた蒼星石が立ち向かうんだけど、翠星石の必死の説得も聞かずに水銀燈と戦い続ける蒼星石はちょっと悲しかったなぁ・・・。しかも、最後はやられちゃってローザミスティカが白日の下に・・・。

薔薇水晶に追いかけられてた真紅たちもそれをみて青ざめるんだけど、時すでに遅し・・だよな。真紅がもうちょっと戦う気を出してれば蒼星石もあんな無惨な姿にはならなかっただろうし・・・。でも、真紅の言い分も分かるから複雑な所ですねー。

・・・全く蚊帳の外だった金糸雀たん。お前の存在意義は何処にあるのだーー(笑)!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

マリオカートDS

金曜日ー。

水曜は「ToHeart2 XRATED」をずっとやってて更新さぼっちゃいました(笑) で、昨日ヨドバシでついに買ってきましたよーー!!

マリオカートDS

言わずとしれた「Wi-Fi」対応のDS用ゲームなんですが、「おいでよ どうぶつの森」で通信環境は整っていたので、すぐさま対戦プレイ開始(笑)!!
で、これがまた面白いんですよー。同じくマリオカート初心者のお友達BABさんと、熱いバトルを繰り広げたんですが、もちろん一人プレイでは味わえない感動っていうか、熱さがありますねー。ウチの方が1週間遅いプレイだったから、まだまだほとんど勝てないんだけど、たまに勝ったりしたらかなり嬉しい

一人用プレイは完全に対戦の練習用ですなw

でも、なかなか上手くドリフトが出来ないし、ミニターボも使いこなせない・・・。まぁ、開始2日でそこまで上手くなるわけもないので、こつこつとテクニックを磨いていきますわー♪
 
 
さて、冒頭にも書いた「「ToHeart2 XRATED」ですが、結局、タマ姉から攻略しました。やっぱ、あの目つきには逆らえませんよ(^^;;

で、そのタマ姉シナリオなんですが、いやー、良かったですねー。普段強がって人々を支配下に入れるのが当たり前なタマ姉が、タカ坊に自分の思いを告げるシーンなんて涙ものです。そのちょっと前くらいからのデレっぷりも良かったし、もう言うコトなしッスねー。もちろんPC版にしかない例のアレもすげー濃くて・・・エロかったです(笑)

ってか、ネギがーーーーーーーー(笑)!!!

しばらく、ネギを見ただけで笑ってしまいそうデスwww

さー、次はささらだー!! かなり長いシナリオらしいので、気合い入れて攻略していくぞー♪
 
 
ってなわけで、遅れまくったアニメ感想です。
月・火・水曜分をどうぞー♪
ちょっと本数が多いので短めデス(^^;;
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」 11話

朋子の趣味・・・好きだなぁ(笑)

北海道から帰ってきたエリスは、浩樹の元へは戻らず朋子の家に押しかけるんだけど、朋子も薄々事情が分かってるから文句も言わず泊めてくれてるのかな? でも1週間はさすがに長いんじゃ・・・(笑)

そんな日々の中、体育祭が開催されることになるんだけど、可奈が変な気を回して借り物競走にエリスを出場させるんだけど、もちろんエリスが拾った紙には浩樹を暗示させるような文章。横にいたはそれをみてエリスを促すようにするんだけど、霧・・・余裕だな(笑) それが間違いだったことに気付くのはそう遠くない気がするぞw

浩樹の元へやってきたエリスは照れながらもしっかりと浩樹を連れて1位をゲット。しかもこの日はエリスの誕生日だったようで、久しぶりに浩樹の家に寄って手作りケーキ(だよね?)を食べたりして・・・。いやー、これで二人の仲もちょっとは良くなったかな?

ってか、浩樹はやっぱエリスを心の底じゃ好きなんじゃないかと思う今日この頃・・。霧危うし!?
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 24話

レイ、アボーン(;^_^A アセアセ…

いやー、熱かった! vsファサリナの時もかなり熱いバトルだったけど、いざかぎ爪を目の前にしたレイは最強に輝いてましたねー。でも、最終話を待たずして逝っちゃったのはちょっと寂しいかな? さすがにアレで生きてるとも思えないし・・・。

ってなわけで、かぎ爪の本拠地を目指すホバーベースなんだけど、立ちはだかる敵にかなりの苦戦。レイはファサリナに、プリシラエルドラじいちゃんたちは無人の鎧の前に足止めを喰らっちゃって、さらに岩の下敷きとかになっちゃってます(^^;;
そこで二手に分かれて目指すことにしたんだけど、ファサリナを撃破したレイが先走っちゃって、一人でかぎ爪の元へ特攻。残念ながらかぎ爪にキズを与えることは出来なかったけど、かぎ爪の夢である装置を止める起死回生の一発で、レイ自体はかなり満足だったかな? 死に際は格好良かったー。

レイの犠牲で若干の時間的猶予が出来た訳だけど、今回1度も登場しなかったヴァンは生きてるのかしら(笑)? ま、生きてるんだろうけど、かなり美味しいトコを持ってかれちゃって、残り2話どう決着をますます楽しみになってきましたー。
 
 
 
☆ 「ToHeart2」 11話

やっぱ、タマ姉はコワイ(笑)

今回は完全にアニメオリジナル回だったみたい。今まで出てきたヒロインたちをタマ姉が訪ねてあるいて、何やら催し物に招待してる様子。その都度タカ坊のコトをどう思うとか聞いてたから、なにかがあると思ったら・・・。

催し物自体は、風流なお茶会として進むんだけど、みんなが集まってからタマ姉のひと言が・・・・。まるで自分の所有物のようにタカ坊を言うもんだから、みんな目を丸くしちゃってましたよー(笑) でも、それでこそタマ姉!! 一生ついていきますよー(爆)!!

アニメでも最強キャラなタマ姉がステキングでした♪

あー、、、作画がかなり酷いことになってたけど、もう諦めてるので気にしない方向で・・・(^^;;
 
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「地獄少女」 11話

依頼なんて聞かなくて良いのに・・・(笑)

今回は依頼者がってコトで、かなりテンションが低いです。父親の黒い交際などが明るみにされた少年が、それを暴いた記者に復讐をするという話。まぁ、父親の罪は事実だから仕方ないとしても、家族をネタにでっち上げ記事を書いたりした記者もかなりの悪者だったから、ジゴク送りには何の問題もありませんねw
ただ、今回の相手が柴田の知り合いだったのが問題。さらにその少年とも面識が出来てしまって、詳しい事情まで伝わっちゃいました(^^;; 柴田はヒモを解くなっていってるのに、解いちゃうのもなー(;^_^A アセアセ…

これで、ますます柴田の疑惑が深まっていくわけですが、正直柴田はどうでもいい。つぐみたんの出番をもっと増やしてくれーー(爆)
今回のジゴク送りコントも短めで取り立てて面白くもなかったし、あいたんもあれじゃ寂しいよな(笑)

ただのホラーモノならたいして面白くもないんだから、もっとネタを仕込んでくれー(笑)
 
 
 
☆ 「ガンパレード・オーケストラ」 11話

やっぱ、男が主人公なのはキツイ(^^;;

しかも筋肉バカでケンカでしか物事を解決しようとしないヤツだから困ったモノですなぁ・・・。 
今回の話は、病院の物資を他の中隊が横流ししているのを見つけた第7中隊がこそっとその報復をするって話だったんだけど、第一発見者である健司は怪我してるのにもかかわらず拳でカタを付けようと奮戦。他のメンバーは、頭を使って組織的に動いて無事悪事を暴いたんだけど、一人我が道を行く主人公の姿に・・・萎えた(^^;;

うーん、、、今回はホントにコレといって見所のない話。一応隊員のキャラ付けはある程度把握出来たけど、ただそれだけでぐっと来るようなキャラもいない。白の章は見所のあるキャラがたくさん居た分、かなり寂しく思えますねー。

やっぱ、咲良たん戻ってきてくれーーー!!
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「ARIA The ANIMATION」 11話

アテナ先輩、いくらなんでもボケ過ぎじゃ・・(^^;;

本格的なが到来して、寒いなか合同練習を終えて震えながら戻ってきた3人組を出迎えたのはなんと水の3大妖精たち。そこで暖炉を囲んで6人で話に花を咲かせるんだけど・・・。

アリシアさん・さん・アテナさんの3人も、昔は一緒に合同練習をしていたみたいですねー。アリシアさんと晃さんは幼なじみだから分かるんだけど、そこにアテナさんが混ざった時のお話をしてくれたんだけど、オレンジぷらねっとにスゴイ新人が居ると聞きつけた晃さんが、たまたま出会ったアテナさんを捕まえてイロイロ聞くんだけど詳細は分からず・・。で、それがきっかけで3人で練習することになるんだけど、たまたまカンツォーネの練習をした時にアテナさんの歌声を聞いた二人は固まってしまう(笑)
そう、有望な新人ってのはアテナさんのコトだったんですねー。それを聞いた以降もやっぱりそのまま3人で練習を続けて、今の地位を築いた・・・と。

でも、今は3人とも押しも押されぬ3大妖精。なかなか3人揃って会うことも出来ずに昔を懐かしんでいたりするんだけど、それを見た灯里たちは、将来自分たちも先輩たちみたいになかなか会えなくなってしまうんじゃないかと不安になってしまう。でも、ちゃんとアリシアさんたちがフォロー入れてくれるんだよねー。「昔は楽しかった」じゃなくて「昔も楽しかった」って。そう、3人とも今も楽しいから、こうやってたまに会うだけでも十分なんだろうね。

帰り際、藍華アリスを送っていく灯里なんだけど、頭ではアリシアさんの言葉を理解出来ても、それでも寂しく思ってしまうのが灯里なんだよねー(笑) 別れ際、大きな声で「また明日ー!!」と叫ぶ灯里は・・・かわいかったデス♪

ホント、ハートウォームな話。良い時間を味わえました(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

SC420にPCI-Ex16ビデオカード増設!!

火曜日ー。

昨日はなんだか風邪がぶり返したようで、頭痛とだるさが急激に襲ってきました(^^;; なので、家に帰ってからずっと寝てて、夜もちょっとだけ起きたけど、ガンソ東鳩2見てまた寝ちゃった(笑) で、薬飲んで寝たおかげか、今日は昨日よりだいぶ調子が良かったので、兼ねてから考えていた計画を実行しました♪ そう、それは・・・

DELLPC(SC420)PCI-Expressx16のビデオカードを載せること!!

いやー、ビデオカード自体は夏コミ後には買ってたんだけど、作業が面倒くさくてそのままずっと放置してたんですよねー。で、昨日寝てる時にふと思い出して、今日早速情報を集めて店から工具一式持って帰ってきました(笑)
元々眼鏡工具っていろんなモノを使うから、その中に電動ドリルなんてのもあったり、バーナーとかもあったり、工具には不自由しないのです♪

そんなわけで、帰ってから早速作業開始したわけですが、x8で使う部分(端子がある側)をマスキングなどで保護して、まずは端子のない方の突起からガリガリ削っていったわけですが、これが意外とスムーズ。初めは恐る恐るだったんだけど、意外にチカラを入れてもぶれないので、そのまま一気に削り取っちゃいました(笑) でも端子側はさすがにそうはいかず、端子に傷を付けないように極細のドリルで削っていったんですが、それでも10分も掛からずに削り取っちゃいました。最後の残った突起を丁寧に削ってあげて作業完了

さっそく買ってあった「ATI RadeonX300SE(バルク・メーカー不明)」をセットして起動開始!!

X300SEは動作報告まとめページだと、動作確率が半々くらいだったしバルクでメーカー不明なのでちょっと不安だったんですが、起動一発目であの「DELLロゴ」が出現!! さらにXP上でもきちんと認識していて、付属のCDからドライバをインスコして無事セットアップ完了です♪
試しにFFベンチを走らせてみたところ、Lowで4000ちょいくらいのスコアがでました。まぁX300ならこのくらいが妥当かな?

いやー、まさかこんなに簡単に上手くいくとは思ってませんでしたよ。動作保証もないボードで、素人の工作技術(眼鏡は作るけど、他の工作はほとんどしないw)で、ここまでバッチリなんて、自分でも信じられません(笑)

でも、これで「To Heart 2 XRATED」のミニゲームも、「スクールデイズ」も「らぶデス」も動くってもんですよー♪

って、ますますDELLPCがエロゲ専用機になっていく罠・・・(;^_^A アセアセ…
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。今回は久しぶりに新番アリ!!
土・日曜分をどうぞー♪

・ 土曜日
 
 
☆ 「銀盤カレイドスコープ」 9話

これでピートが死んでなかったどうするんだ(笑)?

トリノでの決戦日も決まり、プレッシャーと戦う日々のタズサなんだけど、ふとしたことからその決戦日が、ピートがタズサの元から消える100日目だと言うことに気付いてしまう。って、そいえばそんな設定あったねー(笑) すっかり忘れてましたよwww

そのことに気付いてからのタズサは練習にも身が入らず、コーチ新田にも心配される始末。もちろんピートもいろいろ聞いてくるんだけど、それに逆ギレしたタズサはピートとの会話を拒んでしまう。

それでも、一人ではやっぱり答えが見いだせず、深夜部屋を抜け出したタズサは一人(ピートも一緒だけどw)埠頭へとやってくる。そこで自分が思い悩んでいることをピートに告げるんだけど・・・なんかもう、完全に出来上がっちゃってますよねー(笑)
ピートもピートで、自分の夢はタズサだとか言っちゃうしwww<いや、それがお手本のような答えではあるんだけど(笑)

まぁ、これでタズサも思い残すことなく晴れの舞台に立てるってコトで、二人の夢を叶えてみせてくださいな♪ ってか、コレでホントにピートが生き返ったり、実は死んでなかったとかいうオチだとした・・・ガクブルガクブル(^^;;

ちゃんとした解決が見れるといいな♪
 
 
 
☆ 「MAJOR 2nd season」 1話

清水の発育ぶりに感動(爆)

今年4月まで放映していた「MAJOR」の続編。1期がリトルリーグ編で、今度は中学生になった吾郎が活躍するお話・・・になるんだけど、1期から声優陣ががらっと変わっちゃってちょっとショボーン。まぁ、あれから年月もたってみんな成長してるから声変わりしてもおかしくはないんだけど、吾郎の声はそのままくまいさんでも良かったんじゃないか?<もちろん小森はクギミヤでw
ちょっと声になれるまで時間が掛かりそうですが、清水桃子さんの声はそのままだったのが救いですなー♪

第1話の今回は、福岡に転校していった吾郎が数年ぶりに三船に戻ってくるって話。野球部のキャプテンになっていた小森は、不良のたまり場になっている野球部をなんとかしようと奮戦してるし、沢村はサッカー部のキャプテン。清水はソフト部・・・と、それぞれの道を歩んでいるようです。
小森が不良部員から至近距離のノックで痛めつけられている所に、ヒーローさながら吾郎がやってくるんだけど、やっぱに違和感あるわ(^^;; それでも、さすが吾郎。至近距離からのノックもモノともせずに不良共に恥をかかせるんだけど、そこに真のボス山根が登場。山根は野球部になにやら恨みがあるようなんだけど、ひとまずこの場は収めて退散していきました。<次回はなにやらやらかすようですが・・・(笑)

で、やっと吾郎と清水の再会なんだけど・・・いきなり右ストレートはないだろー(笑) いや、清水の気持ちを思えばあれくらいで済んで良かったのか(笑)? ま、このころの清水は良いツンデレだから、生暖かく見守りましょうw ってか、清水萌えーーー(爆)!!

ってなわけで、第2部がスタートした「MAJOR」ですが、中学・高校の話は結構キツイ話も多いので、リトルリーグ編みたいな純粋な感動はあまり期待出来ないかも(^^;; それでももちろん面白い話なので、楽しみに視聴してきますー♪

清水のサービスカットがどこまであるかも楽しみだし(爆)<NHKに期待するなw
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 23話

玲&鈴音・・・・エロ過ぎデツ(^^;;;

今回は完全なオリジナル回。いきなり時代劇チックな展開で、先週のやたらでっかいヒキは全く無視ですか(^^;;; いや、でもこの話がまたスゲーぶっ飛んでて面白かったー♪

ベキ子が悪の天才勘定奉行になって「はうはう税」なるものを導入したんだけど、このせいで町はちょっと泣いただけで鬼のような取り立て(ヤンキー&ズーラ)がやってきて税を徴収される罠(笑) そんな悪行三昧に町の住人もかなり不満が溜まっていて、水戸黄門一行やら、子連れ狼やら、ネズミ小僧やら、あの時代の正義のヒーローたちが集結するんだけど、やっぱり本命は必殺仕事人なC組の面々でしょー♪

そんなこんなで、最安値の50円で依頼を受けた仕事人たちは、颯爽とベキ子の元へと集結するんだけど・・・くるみは置いてけぼりですか(笑)
集結の仕方も格好良ければ、仕事の仕方もカッコイイ!! それでも巧みにメソウサを身代わりにするベキ子は仕事人の手から逃れ続けるんだけど、やっぱりには捕まっちゃうのねー(笑) ってか、玲半ケツ出てるよー(爆)

で、最後が「よよよいよよよいよよよいよい」ですか・・・(^^;;

このネタで笑えるのって、確実に30代以降だよなー(笑) 今回はいつもの黒板ネタのような簡単なモノじゃなくて、本編に練りに練って入れられたネタの数々。スタッフも大変だったろうけど、かなりの完成度で大満足でした♪

さぁ、残り2話。どんなラストが待っているのか今から楽しみです(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.12

カレイドスター 〜レイラ・ハミルトン物語〜

日曜日ー。

昨日一昨日とずっと「東鳩2X」をやってたわけですが、それでもトータル8時間くらいしか出来てません(^^;;; 元々それほど時間に余裕があるわけでもないし、アニメ視聴の妨げにならない程度だと、どう頑張ってもこれくらいが限界か・・・。ま、急いでやる必要もないし、ゆっくりまったり行きますー♪

で、途中経過なんだけど・・・、PC版のオリジナルキャラ「久寿川ささら」が激萌えっ!!!
生徒会長なんだけど周りから疎まれていて一人孤立してるってキャラなんだけど、もちろんソレはささらが不器用で自分の思いを上手く伝えられないのが原因。そんなささらの内実が分かるたびに萌え度が鰻登りですよw しかも巨ニュウキャラ(爆)!!
そんな訳で、このキャラを一番始めに攻略しようと思って進めていくと、、、いよいよタマ姉の登場シーンが来ました!!

うわっ・・・タマ姉、マジヤバイよ・・・(;^_^A アセアセ…

それまですっかりささらを攻略する気でいたウチの脳内は大パニック。さすが「東鳩2」最強キャラですなー(^^;; タマ姉の強烈なキャラ性を前にして、どちらを取るか今真剣に悩み中だったりします(笑)

とりあえず今はルート分岐で止まってますが、これからどちらにするか決めないと・・・(;^_^A アセアセ…
 
 
あ、、、今日はAT-Xでカレイドスターの続編OVAが先行放送されましたー♪

カレイドスター Legend of phoenix 〜レイラ・ハミルトン物語〜

言わずとしれた名作「カレイドスター」のその後を描いたOVAの2作目。1作目はロゼッタをメインにした話ですたが、今回は副題通りレイラさんが主役!! んもうこれだけで期待大だった訳ですが、本編を見てその期待を裏切らない出来にただただ感動

中盤のレイラさん幼少時代のシーンあたりから、がこぼれてきて・・・・そのまま最後の最後まで泣きっぱなしでした(^^;;

やっぱ、レイラさんとソラのは泣けるねー。TVシリーズ前半の出会いや過酷な特訓を乗り越えてきた二人を知ってるから余計泣ける。ラストシーンもただただ感動で、二人の演技に見入ってましたよー。そしてラストのあの台詞・・・「翼は夢、そして空へ・・・」でまた号泣(;^_^A アセアセ…

いやー、泣いた泣いた。久しぶりにあそこまで泣きましたよー(笑) なんかやたらとツボに入ったけど、疲れてたのかな?(;^_^A アセアセ…
ま、でも確かに話も良くできてたし、動きも良かった。十分感動に値する作品だったと思いますー♪
 
 
ってなわけで、残りのアニメ感想行きましょー!
木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「魔法少女リリカルなのはA's」 10話

フェイトが消えたーーーー!!!!

なんか今回はいろんなコトがありましたねー。クロノに捕まった仮面の男たちの正体は案の定リーゼ姉妹で、グレアム提督クロノパパンを失った過去の事件の因縁を何とかはらそうとしていたようです。ただ、そのやり方はちょっと問題かも。確かに「闇の書」を封印するためには主と共に封印するしかないのは分かるんだけど、そのためになのはフェイトまで危険にさらす(ってか、攻撃してたし)のはどうかと・・・。それに、もちろん主であるはやてを犠牲ってのがちょっとねー。グレアム提督もそれには思うところがあったらしく、から支えてたりしていたようだけど、それは自分の良心の呵責をいくらかでも埋めるためのモノで、はやてにとっては何の意味もないし。。。

覚醒したはやては、なのはとフェイトを騎士たちのとして執拗に攻めるんだけど、なのはの最大級の魔法攻撃であるスターライトブレイカーまで打てるのかー(^^;; 確かに以前シャマルにリンカーコアを吸われたから、可能ではあるだろうけど、ここでそれを持ってくるのは反則ですよー(笑) 必死に遠くへと逃げるなのはたちなんだけど、逃げる途中で何故か結界内に取り残されていたアリサすずかを発見。自分たちの正体がばれるのも厭わず、二人をスターライトブレイカーの衝撃から守るんだけど・・・後でどうなるのかちょっと不安でもあり楽しみでもあり(^^;;

そして、覚醒はやてを止めるためになのはとフェイトははやてに武装解除するよう訴えかけるんだけど、二人の言葉ははやてには届かず・・・いや、届いているのかもしれないけど、すでに覚醒してしまったはやてはそれ以上に騎士たちの仇を取ることに執着してしまっている。そんなはやてをフェイトが止めようと近づいた時・・・・持ってた「闇の書」に吸われちゃいましたよーーーー(;^_^A アセアセ…

あわわわわ・・・凄いことになってきましたねー。なのははスゴイ形相してるし、暴走しちゃいそう(^^;; あと、クロノがグレアム提督から託された「氷結の杖」も最後の鍵になりそう。あ、予告では本の中のフェイトは普通だったから、本の中からはやてを救うのかな?

残り話数も少なくなってきたところで、今後の展開がますます気になってきましたぞー!! あ、、、それと植田の台詞が聞き取りにくいのを何とかしてくださいw ってか、やっぱ植田って微妙だな(笑)
 
 
 
☆ 「舞-乙HiME」 10話

セルゲイ、逝ってヨシ!!

前回の続き。行方不明のアリカたちを探しに行ったセルゲイなんだけど、あっさり戦いに巻き込まれてボートが大破(笑) それでも何とかアリカを海から引き上げることには成功したんだけど、その後が悪い。近くの小屋で一晩明かすことになるんだけど、アリカが寒そうだからって、全裸に剥くことはないだろー!!!!
そりゃ確かに濡れてるから寒がってるってのは分かるけど、そこはそれ、他にも方法はあったはずだ!!
さらに、一晩明けた後も、道中での会話とかでいきなり呼び捨てにさせたりして、徐々にフラグ立てようとしてるのがミエミエだよ・・・。そいや舞衣の時のもこんなヤツだったよなー。死んでくださいwww

一方、エルスちゃんは無事発見・保護されて一安心。これで残るはアリカとセルゲイの捜索になるんだけど、セルゲイが行方不明だと聞いて慌てるニナは良い子だよなー。地味に可愛い(笑) あ、、細工を仕掛けたであろうトモエの表情は怖かったですw

アリカとセルゲイは戻る途中で、またあの変なのと出くわしちゃってさぁたいへん。今度はちゃんとミドリの出番もあって・・・って、デボチンvsミドリかー!! と思ったら、シズルvsミドリですよー!! 愕天王も出してきてミドリもやる気満々だし、シズルも本気モードだから、すげー見応え。舞-HiMEの時には見られなかった戦いが見れて満足至極

これでミドリたちアスワドも本格参戦してきたわけで、話の本筋の方はますます混迷を極めるんだけど、細かいことはあまり考えずに、場面場面を楽しく見ていく方向で行こうと思ってます(笑) だって、その場面場面がすげー面白いんだもん♪
 
 
 
☆ 「ローゼンメイデン トロイメント」 8話

やっとが動いてきたぞー!

今までのが長いプロローグで、これからがやっと今回のシリーズの本題が始まるって感じかな? 真紅のトラウマとか、水銀燈の復活とかで話数使いすぎた気もしないでもないけど、残り話数でちゃんと決着着くのかどうか、ちょっと心配かもw

ってなわけで、今回の話ですが、いよいよ人形屋が本格的に動いてきましたねー。手始めにジュンを人形作成の場にご招待ですか。ってか、人形師の男・・・テラキモスwww ジュンの何を見て合格としたのかよく分からないけど、ジュンもその作業には興味があったのか、食い入るように見つめてますねー。まぁ、ビスクドールの作成風景なんて普通はみられるモノじゃないし、自分も呪い人形を3体も保持してるわけだから、興味があるのは当然か。

で、蒼星石は鏡の中にローゼンの姿を見てしまい、和気藹々としている真紅たちに宣戦布告してしまう訳なんだけど・・・蒼星石はマジメな子だからなー(^^;; 確かに翠星石たちの言うとおりみんなで仲良くしていた方がシアワセなのは分かってるんだろうけど、それでも、ローゼンの言いつけは守ってしまう悲しい性なのんだよね(笑)

これで人形屋の思惑通りコトが進んでるっぽいんだけど、あの人形師ってどう見てもローゼンだよな。人形屋はそれを分かってるんだと思うけど・・・今ひとつ何がしたいのかよく分からない。<薔薇水晶もね。

ま、話は動いてきたし、生暖かく見守りますかー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.10

To Heart 2 XRATED

金曜日ー。

ついに来ました!!
ペリカン便の兄ちゃん、さぼらず届けてくれてありがとー♪
ってなわけで、早速行きましょー!

To Heart 2 XRATED

しっかりと営業時間内に届けてくれたペリカン便の兄ちゃんに感謝しつつ、速攻で帰宅して速攻インスコ開始!! 今回インスコしたPCは例のDELLPCなんだけど・・・あれ?要求スペック高くないか?(;^_^A アセアセ… よく見ると、推奨環境

Direct3Dに対応したビデオカード(VRAM16MB以上)」

うぐぅ・・・、DELLPCはオンボードをそのまま使ってるからこの要件満たしてないよ(^^;;<Vカードは夏に買ったんだけど工作が必要なのでそのまま放置中w
ま、ハイスペックが必要なのはミニゲームらしいから、本編はプレイ出来るってコトで、そのままインスコ続行。無事インスコも終わり、さっそくプレイ開始してみたわけですが・・・。

やべぇ、萌える(笑)

アニメで事前知識があるせいか、それぞれのキャラのイイトコが分かってる分初回プレイだというのに萌えまくり(爆) ヤバイよコレwww

とりあえず2時間ほどプレイしてみましたが、委員ちょに激萌え(笑) 初回はタマ姉攻略するつもりだったんだけど、委員ちょ攻略に変わりそうでちょっとコワイですw<このみからヤルと後が楽らしいけど(^^;;

あ、、、システム的なコトを書くと、自動送りはイマイチ使いにくいね。送りスピード自体は設定出来るんだけど、それをヤルと長文もサクサク飛ばしてしまう。文字表示スピードも1文字ごとの設定が出来るわけでもないので、コレはツライ。結局手動で送る方が効率が良かったりするんですが、これだと自動の必要性が薄まっちゃうよなー。見てるだけが一番なのに・・・。
あと、OPムービーですが、最高画質にしても微妙に乱れるのは仕様なんでしょうか? これはラデ積んでるサブPCでも同じだったのでDELLPCの描画能力が足りないわけではなさそう。しかもプログラム内包だから、OPだけ切り出す訳にもいかないし・・・。ちょっとサービス悪いよね(^^;;<最近サービス良いトコのゲームしかやってなかったからなぁー。

攻略もかなり上がってますし、すでにフルコンプセーブデータも入手済み(笑) これで途中で挫折してもエロシーンは見れるってもんですな(爆)<いや、今回はマジメに読破するつもりだけど(^^;;
速攻で出た修正パッチも当てたので、あとは時間の許す限りプレイするのみ!!

ってなわけで、しばらく「東鳩2X」モードに入りますw
アニメ視聴の妨げにならない程度にがんがります♪
 
 
さて、アニメ感想です。
火・水曜分をどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「地獄少女」 10話

つぐみの出番が少ないぞー(笑)

今回の依頼者は、親友だと思っていた友達@豊口めぐみが自分の元から去ってしまい、それを恨みに思った少女@石毛佐和。裏切られたと思いこんで、それ以降ずっとその友達を鋭い目線でにらみ続けていたりして、ちょっとコワイ感じ。
そのまま地獄通信に書き込みして、あいたんが現れるんだけど、そこまでするからにはかなりの裏切りがあったのかと思えば、原因は石毛の方にもあったようですねー。メールの量が半端じゃなく多くて、それに困った豊口の方が先生にちくったらしいwww<まぁ、それも唆されたっぽいんだけどねー。

思い詰めた石毛は、あいたんから貰った藁人形(輪入道)を学校に持ち込んで、今か今かとヒモを解く準備をしていたんだけど、あろう事か藁人形を豊口が見つけてしまい、そのまま持ち去れれちゃいましたよ(笑)

で、今度は豊口が石毛に対してこの藁人形を使って呪いを始めるんだけど、それが丑の刻参り(爆) しかもやり方間違ってるしーーwww 輪入道・・・悲惨だな(笑)

結局、この呪いは効果もなく石毛のほうはピンピンしてるんだけど、豊口は効果があったと勘違いしてしまいます。で、修学旅行の斑決めの時に干されてしまった豊口は石毛のコトを思い出して干した友達を呪おうと画策するんだけど・・・あちゃー、ヒモ解いちゃいましたよー(笑)
元々豊口をジゴク送りにするための藁人形なんだから、ヒモ解いたら自分がジゴク送りになるって言うのに、そうとは知らずに拒む石毛を無理矢理掴んでヒモ解かせちゃうなんて・・・ああ、無常(^^;;

ま、今回はどっちもDQNなヒロインだったので、それほど心も痛まなかったかなw あ、、柴田は今回も一足遅れ。ってか、つぐみの出番をもっと増やせーーー(笑)!!
 
 
 
☆ 「ガンパレード・オーケストラ」 10話

新章、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

前回「白の章」が終わって、今回から中国地方を舞台とした「緑の章」の始まりですー。沖縄・九州をほぼ制圧し、更に中国地方へと進行を続ける幻獣。それを食い止める為に山岳戦を得意とした第7芝村中隊が迎え撃つ訳ですが、この部隊、雷電っていう特殊な動物?を使役した竜騎兵を要した特殊部隊なわけですよ。

そんな第7中隊が今回の話の核になるのですが、今回は顔見せ程度。部隊全員の紹介と雷電と呼ばれる怪しい生き物の紹介がメインでしたねー。ってか、赤い髪の子が雷電に乗ってると某十二国記を思い出してしまう罠w
あ、、それといきなり主人公チックな少年が大怪我してしまうんだけど、マーチのアレを思い出しちゃって、ちょっとマジ死ぬんじゃないかとビビッたw<普通に生きてたけど(笑) ま、これはこの部隊員と雷電とのを描きたかっただけだろうしねー。

なんか、主人公がって時点で見る気がかなり殺がれてしまうのですが、まだまだ始まったばかりなので、しばらくは様子見かな?

咲良たん、かむばっくーーーーーー!!!
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「ARIA The ANIMATION」 10話

バスタオル、禁止ーーーーー!!!!

せっかくの温泉なのに、バスタオルなんて使ったら雑菌が繁殖して不衛生ですわよ!!  即刻バスタオルは外してください!! って・・・原作でもバスタオル巻いてたよな・・・_| ̄|○

ってなわけで、いよいよ冬がやってきた惑星アクアです。灯里アリシアさんは冬支度とばかりに町はずれにを拾いに行くんだけど・・・ちょっと足を伸ばしただけで薪が拾えてしまう環境ってある意味スゴイよな(^^;; ヴェネチア自体は結構な街なのに(笑)
ま、それはそれとして、灯里はそこで「ゆきむし」と遭遇するんだけど、この雪虫、調べてみたらホントに実在するんですよね。北海道ではお馴染みのらしいんだけど、ウチはまだ見たことありません(笑)<そりゃそうだw
一匹の雪虫に懐かれた灯里はそのまま一足先に街へと連れて帰ってリボンを付けたりしてなんか良い感じです♪

その後は、みんなで温泉に行くことになるんだけど・・・上記の通りバスタオルは却下ですな(笑) ま、それでもまったりとした雰囲気がホントに温泉でくつろいでいるようで羨ましかったデス。最後にさんやアテナさんまで出てきたしねー♪

ってか、アテナさん・・・台詞なかったような(笑)

今回はほぼ原作通り。雪虫と温泉のエピソードを上手く絡めて綺麗に纏めてましたねー。めっきり寒くなった今日この頃だし、実際の寒さも手伝って心に染みいるお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

風邪気味・・・。

木曜日ー。

いやー、ホントは昨日の夜に更新するつもりだったんだけど、なんかやたら眠くてだるくて・・・。さらに起きてみたら喉はイタイは熱はアルはで、結局今日は1日寝てました(^^;; 金・土は仕事がキツイので風邪はしっかり直しておかないとねー。

あ、、amazonから発送通知が届きました。これでペリカン便がさぼらなければ明日には「東鳩2X」が出来るぞー♪

ってか、風邪引いてるのにエロゲやる体力あるのか?
それは仕事に影響しないのか?

否!!これも明日への活力ってヤツですよ(爆) これで明日明後日は生き延びてやるぞー!!
 
 
てなわけで、アニメ感想です。
月曜分をどうぞー。
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」 10話

エリスたん・・・玉砕wwww

前回、勢い余って告白してしまったエリスなんだけど、それを聞いた浩樹はあっさりしたもんで、小さい頃からとしてしか見ていなかったと告げる。まぁ、一緒に暮らしてるわけだから、完全に拒否する訳にもいかずに浩樹としてはソレが妥協点だったんだろうけど、結果は同じなんだよね(笑)

それを聞いたエリスは、案の定沈んじゃって・・・。それでも、朝を一緒に食べたりして気丈な所もみせるんだけど、やっぱり一緒にいるのはツライのかな? 翌日、浩樹に何の報告もなく両親の墓がある北海道へ旅立っちゃいました(^^;;
北海道では、おばあちゃんが優しく接してくれて良い気分転換になるかと思ったんだけど、一泊した翌日浩樹が訪ねてきて・・・。ま、浩樹もエリスの両親の親戚なんだから来て当然と言えば当然か。いや、それなら命日に一緒に墓参りしろよwww

で、この浩樹なんだけど、にわざわざを付いてまで北海道に来たわけですが、そういうのを見ると何か後ろめたいコトがあるのかと邪推しちゃいますよねー。エリスに対しても、ただ心配だから来たってコトだけど、置いてけぼりにされた癖にわざわざ北海道まで迎えに行くってのも怪しいw 実は浩樹も自分では気付いてないだけで、かなりエリスが気に掛かってるんじゃないのかな? それが今後の伏線になったり・・・・・しねぇか(爆)
あと、やけに鋭い霧のメールがちょっと怖かった・・・(笑) やっぱ女の感はコワイねーw

でも、これで一つの山場は終わったわけで、この先どんな展開が待ってるのか楽しみですなー♪
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 23話

なんだか、よく分からん話になってきたぞ?

前回ダンを直すために宇宙へと旅だったヴァンなんだけど、その後の消息は不明。ホバーベースでは敵の本拠地へと進軍を進めるんだけど、ファサリナが立ちはだかってさぁ大変。

ファサリナとその手下たちの攻撃をレイが出撃して応戦するんだけど、出撃前のユキコと会話は・・・完全にフラグ立っちゃいましたねw ユキコもそのまま見届けるって言ってるし、それはやっぱレイのコトなんだろうなー。
で、戦闘の方はレイ一人じゃやっぱりきつくて、エルドラじいさんプリシラも出撃。これで何とかなるかな??

一方、月のミハエルは着々にフェイズを進行させていて・・・って、なんかが大変なコトになってるぞ(笑)? 月の裏側にあった何やらよく分からない物質が地球(エンドレスイリュージョンだけどw)を覆い始めてたりしてますよw ホント何がやりたいのかよく分からん(^^;;

で、しばらく出番のなかったヴァンがやっとココで登場してミハエルと戦うんだけど、宇宙空間での戦いは見応えあったなー。でも、結局ミハエルには逃げられちゃって、ヴァンは大気圏突入の変形が出来ずに・・・どうなっちゃうんでしょうね?

なんか場面場面で見ると面白いんだけど、話の大筋がどんどん分からなくなってきました。かぎ爪の男がいつになったら消えるのかも分からないし、その方法も不明。それを止める方法もまだよく分からないし・・・。うーん、、、あと3話で終わるのか(笑)?
 
 
 
☆ 「ToHeart2」 10話

イルファ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

やっぱ「東鳩」シリーズときたら、メイドロボ!! メイドロボと言えばHMX印な訳ですが、12なマルチや13なセリオから進化し続けていたメイドロボはついに17αまで来ていたのですねー(笑)
そんな、HMX−17αなイルファさんですが、元は珊瑚が作ったサッカーロボ。それを長瀬さんがボディを提供してプログラムもさらに進化させて、満を持しての登場です♪

姫百合家にメイドとしてやってきたイルファは、瑠璃はなかなか心を開いてくれずに苦悩するんだけど、そこでタカ坊このみにカレーのアドバイスを聞いて、愛情のスパイスってのを理解。丹誠込めて作ったカレーで瑠璃の心を開いていく・・・って、結局はカレーの味じゃなくて、語りで落としてるじゃんw

ま、でもなかなか心を開かない瑠璃を懐柔したのは立派かな? これも珊瑚製の新OSのチカラかも(笑)

さぁ、明日は「東鳩2X」の発売日!!

タマ姉シナリオがかなりエロいらしくて、今から楽しみですー(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.06

東鳩2X 注文♪

月曜日ー。

やっと「To Heart 2 XRATED」の注文しましたw

初回版がまだ残っててよかったー(笑) でも、amazonだからいつ届くか分からない罠w<予定では12/8発送になってるけど、平気で遅れるからなぁ(笑)

ま、早く届いたとしても未開封放置の可能性も十分考えられるから、別にいいかー(爆
 
 
ってなわけで、他にネタもないし今日はそのままアニメ感想行きますー。
土・日曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「銀盤カレイドスコープ」 9話

顔を赤らめるタズサがすげー萌えるんですけど・・・(笑)

前回の協会関係者の失脚でウザイマスコミの執拗な攻撃はなくなったんだけど、そのことについて朝っぱらから直撃を受けるタズサ。その攻撃からタズサを救ったのが新田なんだけど、学校に送った所を激写されちゃって、今度は新田との熱愛報道ですか(;^_^A アセアセ…

深夜になっても報道陣はタズサの家(コーチの家だけどw)を取り囲んで、寝るに寝られないタズサは意を決して報道陣の前に姿を現すんだけど、多数の報道陣が押し寄せたせいでが壊れちゃいましたよ(^^;; ってか、それって器物破損の不法侵入にならないか? 家を取り囲んでる時点で警察に通報すれば良かったんじゃないかとも思うけど、まぁそれはそれ(笑)
またしても新田に助けられるわけだけど、タズサったらホイホイ新田の家まで行っちゃいましたよー。ピートじゃないけど、そんなあっさりと男の家になんて行くもんじゃないぞー!!

んで、やっぱり新田に迫られるわけだけど・・・、って、あれ? 新田って至藤響子萌えだったのねー(笑) タズサに接近したのは本当に純粋に選手としての輝きを見出したからみたい。でも、迫られた時のタズサは顔真っ赤にしちゃってすげー可愛かったなー。ウチなら思い人が別にいても押し倒しちゃいそうだ(爆)

無事家に帰り着いたタズサなんだけど、もう一つの案件が残ってましたw コーチが朝から何やら言いたげだったのを、タズサが告白と勘違いしてただけなんだけど、案の定それは誤解で、コーチの婚約者を紹介されただけでしたwww

最後にピートにちょっと迫られるんだけど、この時のタズサも可愛かったよなー。ツンデレちっくで、やっぱり本命はピートって感じなんだけど、いかんせん死人(笑) いくらお互いが思い合っても成就することは・・・ないよね、きっと(^^;;

いや、、でも奇跡が起こって生き返ったり、実は死んでなくて意識不明なだけとか、そんな展開もあり得るだろうしなー。タズサは渡さんぞーーー(爆)!!
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ぱにぽにだっしゅ!」 23話

うわ、、なにこの展開(^^;;

冒頭から残り話数を気にしてるあたりで、今回何か展開があるのかとは思ってたけど、残り3話もあるのに、ラストのあの展開はちょっと唐突過ぎじゃないかな? ま、それもぱにぽにらしくて良いけど、どうせならギリギリまでいつもの日常を描いて、ラス前にコレでも良かったと思う。ってか、残り3話でこの話を消化するとしたら・・・想像するだけでコワイッス(;^_^A アセアセ…

ってなわけで、今回の話ですが、今回はバラエティ色豊かな原作ネタオンパレードのお話でした。メインは気温低下不幸話だったけど、それもメインというほどではなくて、小ネタの嵐って感じでしたねー。
でも、原作を普通にアニメ化したらこんな感じの話の連続になってただろうし、それを考えると、今までの話って良くできてたんだなぁ・・と実感。やっぱDVD買っちゃおうかしら(笑)

で、最後に冬の時代が来るわけですが、気温低下と不幸とで伏線はあったんですよねー。でも、いきなり地球滅亡とか言われても・・・(^^;;

ま、なんとかなるさ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

プリティでキュアキュアw

日曜日ー。

いやー、まさか勝つとは思いませんでしたよー(笑)

って、察しのいい方ならすでにお分かりかと思いますが、今日の競馬G1「阪神ジュベナイルフィリーズ」で、まさかまさかの馬が圧勝したんですよー。その馬の名前が・・・

テイエムプリキュア(爆)

いやー、普段からそれほど競馬には興味はない(たまにG1を見るくらい)んだけど、前日にこの馬の名前を聞いてびっくり。レースは2才牝馬戦なので他に知ってる馬も居なかったから、プリキュアだけを注目してたんですが、どうせたいした見せ場もなく馬郡に沈むんだろうなーとか思ってたら、意外や意外、最後の直線で伸びて(他がたいして伸びなかったってのもあるけどw)、なんと1馬身半の差を付けた圧勝(;^_^A アセアセ…

んもう、ゴールの瞬間、大爆笑しちゃいましたよー(笑)

だって、第4コーナー手前でを入れたりして、かなり苦しそうだったから、絶対ダメだと思ってたし、所詮名前だけ・・・とか思ってた馬がまさかホントに勝っちゃうとはねー(笑) もう笑うしかないですよwww

これで、阪神JFの歴史に「プリキュア」の名前が永遠に残るわけですが・・・。ってか、1レースだけじゃなく中央競馬の歴史に残るのか(;^_^A アセアセ… うーん、、よくよく考えると凄いことだな(笑)

あ、、、肝心のプリキュアですが3期目も決まったようで、おめでとうございます。といっても、ウチは1期の途中でバッサリ切ったのでどうでも良いんですけどねー(爆)

ああ、、ナージャがますます霞んでいく・・・(笑)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「魔法少女リリカルなのはA's」 9話

鉢合わせ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

意外と早かったですねー。もうちょっと引っ張るかと思ったら、あっさり鉢合わせしちゃいましたよ(^^;; もちろん、その場は上手く取り繕うんだけど、ヴィータのひと言に思わず爆笑www 真田はホント上手くなったよなー♪

で、当然そのまま何事もなく帰る訳もなく、とあるビルの屋上で5人が相対するんだけど、このままお互い事情を説明しあうのかと思ったら、どうあっても穏便には済まないのですね・・・。ヴィータはやる気満々だし、それを受けるなのはも(話を聞いてくれるのなら)「悪魔でいいよ」なんて返したりして(^^;;
シグナムフェイトもやる気満々で、フェイトは対シグナム用の装備ソニックフォームを初披露。ホントいいライバルとしての構図が出来上がってますよねー♪

そんな、一触即発ながらもこのまま行けば和解もあり得る展開の中・・・ぶちこわしなヤツが出てきましたよー。

そう、仮面の男の登場なんだけど、あっさり二人組だってことがバレましたなw ま、それはいいとして、何故か「闇の書」を携えていた仮面の男は、「闇の書」のプログラムであるシグナムとシャマルをあっさり破壊(分解?)して、ヴィータと危機に駆け付けたザフィーラも拘束。なのはとフェイトも拘束&結界で縛り付けて、「闇の書」の主であるはやてをその場へ呼び寄せる。そして、何故かなのはとフェイトに化けた仮面の男たちがはやてを覚醒へと導くんだけど・・・、変身シーンはエロかったデツ(爆)

って、羽根生えてまるでローゼンの銀様だよwww

ううーん、、、やっぱり仮面の男の正体はリーゼ姉妹でFAなのかなぁ? クロノグレアム提督のコトを調べてたし、過去の因縁とかを考えるとなぁ。
でも、クロノやユーノたちには優しい二人が、いくら目的のためとはいえあんな非情な行為をするとは思いたくないし・・・甘いかな?

なにはともあれ、次回にはまた新たな展開があるだろうから、楽しみに待ちますよー♪
 
 
 
☆ 「舞-乙HiME」 9話

エルスたんのチチは、ぷるぷるだぁーーー!!!

さすが「ちちくらべ」でトップを取るだけはあるよなー(笑)
ってなわけで、今回は期末試験の締めである100km行軍のお話でした。アリカたちコーラルは、試験の締めに海へとやってくるんだけど、海をみてはしゃぐアリカを尻目にみんな緊張気味。ソレもそのはずで今回の試験は過酷を極める、いわゆる篩い落としな試験。

そんな試験に挑むアリカたちなんだけど、二人一組の班分けでてっきりニナとコンビを組むのかと思ったら、なんとエルスと一緒に(笑) いや、エルスは個人的にかなりオキニなキャラなので、ソレはソレで嬉しいんだけど、アリカと一緒だと苦労が絶えないだろうし、今回も案の定かなりなピンチに陥っちゃいましたよ(^^;;
まぁ、ヘビに噛まれたのは仕方ないとしても、居場所を知らせるための発信器が壊れるのは完全に誰かの仕業でしょうねー<怪しい影もあったし

それにしても、アリカの頑張る姿はやっぱり魅力的だよねー。怪我を負ったエルスを庇って荷物を全部持ったり、いよいよ危なくなった時はためらいなく発信器を使ったり(動かなかったけどw)、何故かを一生懸命登ったり(笑)<なんであんなルートを選んだんだかw

って、その崖の上で殺されそうになってるしー(;^_^A アセアセ…

でも、これで次回からもうちょっと17才(ユカリコじゃないほうねw)の出番が増えるかなー? ちょっと楽しみだったりしてますw
 
 
 
☆ 「ローゼンメイデン トロイメント」 7話

みっちゃんの壊れっぷりがステキw

前回の水銀燈復活で、真紅の様子が変わりましたねー。あれだけ鬱ってた真紅が何やらアクティブになってます(笑) みんなでクッキーを作るなんて、以前の真紅だったら絶対考えられないし、作ったクッキーを金糸雀に振る舞ったりして・・・なんか前以上に萌えキャラになってますよーwww

今回は金糸雀がミーディアムであるみっちゃんの為に、真紅たちを打ち負かそうと意気込んでくるんだけど、真紅以外はコレに必死に対応。でも真紅は我関せずで傍観を決めてるだけで何もしなくて、金糸雀がかなり優位に立った最後の最後に動くんだけど、金糸雀を傷つけるわけでもなく、その場をなだめただけ。結局、真紅はドールたちともう争いたくないんだよね。水銀燈との一件でそれを痛感したと・・・。

確かにその流れだと、アリスゲームそのものが起こらなくなるんだけど、それに疑問を感じてる蒼星石の前にお父様であるローゼンの姿が(^^;;

やっぱり、アリスゲームは避けて通れないってことでしょうかね。白崎&槐の動きも怪しいしなー。

あ、、ラストのみっちゃんはすげー幸せそうで良かったです。ってか、真紅たちに用意してた衣装がまたイイ(笑)!! あんなドールたちなら、人形マニアじゃないウチでも欲しいですー(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

金曜日ー。

昨日はメイトで特に買うモノがなかったので、家でブラブラしてたんだけど、そういえば毎月1日は映画の日で映画が安くなってるのを思い出して、近所のシネコンに行ってきましたー♪ 見た映画はもちろん「ハリポタ」の最新作!!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

今日も金曜ロードショーで「秘密の部屋」がやってましたが、これはつい先週見ていたので・・・って、結局最後まで見ちゃいましたよ(笑)<途中ちょっと寝ちゃったけど(^^;;

で、この4作目ですが、また監督が替わったみたいですねー(^^;; 見る前に買ったパンフでソレを見た時はちょっと不安だったんだけど、その不安は杞憂に変わりました♪
今回はかなり重要な話で、前半のクライマックスと言っていいほどのシーンがラストに来るんだけど、それ以外にも3大魔法学校の対抗戦とか、それぞれの恋の行方とか、見所満載

特に個人的に注目していたハーたんの恋の行方は、なかなか見応えありましたねー。クリスマスの舞踏会ハリーロンも誘わないモノだから他の学校の生徒と出ちゃうくせに、そのことを延々と悩んでいたりして、心の動きが分かりやすかった(笑) やっぱり本命はロンっぽいんだけど、ハリーが傷つき倒れた時には真っ先に駆け付けたりするトコもあったり、まだ二人の間で揺れてる感じ。
ハリーはハリーで、中国系のおにゃのこにダンスの申し込みをするんだけど、先約がいて断られちゃってショボーン。ロンは最後まで煮え切らずに一番奥手な感じですw

本筋の方もよく練られていて、ラストの対決は必見!!

いやー、早く続きが見たいですなー。でも5作目はいつ公開になるんだろう(;^_^A アセアセ…<ってか、制作してるのかどうかも知らないw

DVDが出たらまた見直そうっと♪
 
 
あ、、先日書いたココログ不調の件ですが、かなり反響があってビックリ(笑) やっぱりみんな不満に思ってたんですねー。とりあえず、公式に謝罪も出たし、もうしばらく様子を見てみますかー。
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
火・水曜分をどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「地獄少女」 9話

ケーキの家に埋もれたオヤジ・・インパクトありすぎw

今回は新進の女性パティシエが主人公。姉が亡き父の夢を叶えて念願のケーキショップを開店させたので、姉の師匠であるケーキ職人のオヤジに新作ケーキを売り込みに行ったところ、そのオヤジがあろうことかその新作ケーキを自分の作品だとTVで言い出してしまい、同じ番組内で中継されたお姉ちゃんも同じモノを出していたからさぁたいへん。

パクリの汚名を着せられた姉ちゃんの店は開店したばかりだというのに閑古鳥が鳴き、ついに閉店まで追いやられてしまう・・・。それを恨んだ妹が地獄少女に依頼を出すんだけど・・・今回の動機はちょっと弱くないか?
まぁ、それでも姉ちゃんの復讐の為に陥れたオヤジは許せないモノはあるし、何より閉店ってのは実際かなり辛い。人の生き死にはなかったけど、十分ヒモを解く理由にはなるか。。。

で、いつものコントが始まるんだけど、その直前につぐみあいたんの気配を察知してパパンに教えるんだけど、これからしばらくこのパターンかな? で、徐々に追いつめていくって感じかも。
あ、、コントの方は、上にも書いたオヤジケーキがスゴイインパクトでしたw それが凄すぎて他は全然覚えてないんだけどねー(笑)

またしばらく今回のようなパターンが続くのかなー?
 
 
 
☆ 「ガンパレード・オーケストラ」 9話

ええーー、咲良たんにはもう会えないのー!?

ってなわけで、「白の章」最終話でした。ってか、3部作なんて知らなかったよー!! ゲームの方は3部作なのは知ってたけど、アニメはそのまま咲良たんたち第4中隊の話をするのかと思ってたから、今回の終了はマジビックリしました・・・。

で、今回の話なんだけど、前回またしてもを狙った自爆幻獣が現れたので、今回はそれをどうやって食い止めるかが焦点。自爆幻獣は確実に橋への距離を縮める中、咲良たちはそれを止める有効な手が見つからず、結局橋に到達されてしまうんだけど、そこで前に使ったトンネルと列車を使って一気に追いつくことに成功。菅原が捨て身のダイブでなんとか自爆幻獣を海の中で爆発させて、橋は無事守られたんだけど・・・。

あれー、大ボス登場ですかー(笑)

なんかばかでかくてやたら堅い大ボスが出てきましたよw 固い敵にかなり苦労する中、咲良たんが自ら出撃して命からがら弱点を見つけるんだけど、血だらけ(;^_^A アセアセ…
でも、その必死さを見た第4中隊のみんなは奮起してこの大ボスに最後の攻撃を仕掛け、見事打ち倒しましたー♪

いやー、見事にあのダメ中隊がココまで成長したモンだ。前線部隊もそうだけど、整備斑とかもしっかり輪の中に入ってきてたし、なかなか素晴らしい活躍でしたね。9話と短いながらも上手く纏めた感はあるんだけど、いろいろと消化不良なトコもあって勿体ない気も・・・。

次の「緑の章」や「青の章」が「白の章」を越えるくらい面白いといいんだけどなー。
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「ARIA The ANIMATION」 9話

グランマ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

30年以上水先案内業界のトップに君臨した妖精中の妖精、大妖精グランマの登場ですー。怠惰な毎日だと嘆く藍華は、ARIAカンパニーの創設者でもあるグランマの教えを請おうとアリシアさんに頼むんだけど、アリシアさんは、「それなら直接会いに行けば?」と、あっさり(笑)

そこで、3人で休みをもらってグランマの元へ行くんだけど、そこは伊豆の田舎をモチーフにした懐かしい風景が広がる素敵な場所。3人を出迎えたグランマもすげーやさしそうなおばあちゃんで、3人に栗拾いとか芋掘りとか自然を満喫させるようなことを3人にやらせるんだけど、藍華だけは何かの特訓だと勘違いしてました(笑)<灯里アリスは素直に楽しんでたのにねーw

結局、この小旅行はグランマのお家で楽しく過ごすってだけで、意気込んできた藍華はちょっと肩すかしを食うんだけど、それでも最後にアリシアが現在のトップに君臨している理由を聞かされて、また新たな決意を3人それぞれが持つことになりました。

って、こう書くとやっぱりたいして中身はないんだけど、このアニメは雰囲気が一番重要なんですよね。今回も古き良き田舎の雰囲気が上手く出て和みましたよー♪

さ、次回は温泉だー(笑)!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.12.01

ぱにぽにDVD

水曜日ー。

毎週楽しみに見ている「ぱにぽにだっしゅ!」ですが、こないだDVDの1巻が発売されました。ウチは買わなかったんだけど、買った人のサイトを見ると・・・すげー修正入ってるー(笑)!!

ぱにぽにだっしゅ! DVD 1吠刀光 【遊撃】さん)

かなり細かい作画修正が入ってて、ちょっとキャラデザがおかしいなーとか雰囲気が違うなーってトコはかなり修正されてます。さらに、ただでさえスゴイ情報量の黒板ネタがDVDでさらにパワーアップしてますよ(;^_^A アセアセ… 

wikiの中の人がんばれーー(笑)

そいえば、このDVDって4話収録なんだよねー。それでいて価格が8kくらいだから、かなりのお買い得。ここまで作画修正入ってて値段が安いってスゴイかも・・・。うーん、、、買っちゃおうかなー(^^;;
 
 
あ、、、、そいや、ココログってこないだの集中メンテの後にすげー使いにくくなったと思うのはウチだけかな? 20時あたりは管理画面がやたらと重いし、ログイン画面の自動パスワード保存が利かない・・・って、あれ? パスワードの自動保存のチェックがなくなってるぞーーー!!! こないだまではあったのに、いつからなくなったんだ?
サポートとか見てみても、たいしたコトは書いてないしFAQとかもナシ。ってか質問くらい受け付けろよ(-_-;) 「みんなで解決!広場」も準備中だし・・・。

利用し始めて1年半くらい立つけど、真剣にHatena移行を検討しようかな・・・。

ココログ利用してる方、ご意見待ってますー♪
 
 
さてさて、他にネタもないのでアニメ感想行きましょー。
月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「Canvas2 〜虹色のスケッチ〜」 9話

告白、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

夏休みの最終日、エリスは課題の絵を仕上げるために夜更かしをしてるトコに、浩樹が夜食を届けたりしてるんだけど、その光景を見ると前回までのハードな展開が嘘のようですw って、そのあとすぐにから電話が掛かってきて、深夜の密会に出かけちゃいましたよー(笑) さらに戻ってきた後エリスにまで付いちゃって・・・(^^;;

新学期も始まって、いつもの学園風景に戻るんだけど、エリスの様子がおかしい。藤浪とか荻野とかが心配して寄ってくるんだけど・・・エリスってば今まで自分の気持ちに気付いてなかったのか!?
ええーー、それじゃ神社で流したとか、告白されて流したとか・・・あれはいったい何だったの? 訳も分からず泣いてたのか?

まぁ、それでもに諭されてやっと自分の気持ちに気付いたわけだけど、すでに浩樹は霧とかなり近い距離になっていて、今すぐ付き合っても不思議じゃない。そんなときに、課題で出した絵が入賞しちゃって、副賞がなんとパリへの1年間留学ときたもんだ(笑)
エリスもさすがにコレには手放しには喜べず、複雑な表情で帰ってくると、そこには浩樹と霧がエリスのために豪華な食事やケーキを用意して待っていたのだったー(爆) って霧、お前エリスの気持ち分かってるんじゃなかったのか? それなのに「パリ留学おめでとう」ってなんだよー。邪魔者が居なくなって良かったってか?? 最後の霧の目が怖かった・・・(笑)

ソレを見たエリスは霧を追い出して、その勢いで浩樹に告白しちゃうんだけど・・・、あちゃー、今言っちゃダメだよー(笑) 今の浩樹は完全に霧に傾いちゃってるんだから、玉砕するのは目に見えてるんだからー(^^;;;

とりあえず、結果は次回に持ち越されましたが、、、まぁまず無理でしょうw 振られた後のエリスがどうなるか、生暖かく見守りますかー(笑)
 
 
 
☆ 「GUN×SWORD」 22話

ウェンディはやっぱ良い子ってか、健気だなー。

衛星を壊されてしまって身動きの取れないダン。ダンが修復されないとヴァンの生命機能も危うくなってしまう・・ってか、そのままだと確実に死ぬそうな(^^;;;
そんなせっぱ詰まった中、ウェンディはかぎ爪の男に会いに出かけてしまうんだけど、これはウェンディ自身が決めたことで、別に会ってどうこうなった訳じゃないけど、結果的には会って良かったのかな? 情報も引き出せたし。<たいした情報じゃないけどw

ヴァンの容態が徐々に悪化していく中、コレと言った打開策が見つからずに困っていたところ、プリシラがある提案をするんだけど、コレがなかなかいい案。すでにヴァンが倒したオリジナルセブンの衛星を使おうって案なんだけど、これなら何とかなりそうな気がするよねー。
で、早速作業に取りかかるんだけど・・・あれ? てっきりダンの制御回路かなにかを書き換えてガドヴェドのベースに辿り着くように設定するだけなのかと思ったら・・・ダン(ヴァンも含め)自身を宇宙に打ち上げようってな話になってるぞー(笑)!!

確かに、ミハエルを打ち上げた基地がまるまる残ってるから、不可能ではなさそうだけど、いくらなんでもあの人員で打ち上げるのはキツイだろー(^^;; それでも、途中でレイが加入(ユキコとフラグ立ったかw?)したりして、なんとか打ち上げまでこぎ着けちゃいました(笑)

これで舞台は宇宙に移るんだけど、一足先ににむかったミハエルは、月の裏側はなにやら大変なことになってる様子w うーん、コレがラストへの流れになるのかな?

ま、あのキモイかぎ爪が最後にちゃんとヴァンが殺すならどんなラストでもOKですwww
 
 
 
☆ 「ToHeart2」 9話

ああーーー、なるほど、姫百合ってそういうことかー(笑)

珊瑚タカ坊とラブラブなのを異様に気にしていた瑠璃なんだけど、そうか、、瑠璃が珊瑚にそういう感情を持っていたのかー。それなら確かに納得だけど、自分でもその気持ちがなんなんかはっきりは気付いてなかったのかな?

そんな時に、みんなと遊園地に行くことになるんだけど、乗り物苦手な瑠璃が可愛い(笑) 相変わらずタカ坊にはキツイ態度を取るんだけど、乗り物で弱っていく姿は萌えますなぁw お化け屋敷でも、あまりの怖さに腰をぬかしちゃってタカ坊におぶられて出てくるんだけど、あれだけ見ると普通にフラグ立ってるっぽいんだけどねー(笑)

出口に置いてあったUFOキャッチャーのペンギンがえらく気に入った珊瑚なんだけど、結局そこでは取れずにコストパフォーマンスを重視してデパートのぬいぐるみ売り場へと行くんだけど、そこにはペンギンが置いてなくてショボーン。そんな珊瑚を見た瑠璃はもう一度遊園地に戻って必死にUFOキャッチャーと格闘するんだけど、数千円使っても結局取れず・・・。結局、いきなり居なくなった瑠璃を探しに来たタカ坊が変わりにとってあげて、それを珊瑚に渡すことになるんだけど・・・この辺の瑠璃はもう涙ボロボロ流しながら凄いことになってましたねー。世界で一番珊瑚が好きで、誰にも渡したくなくて、珊瑚も自分が好きじゃなくちゃイヤで・・・ってすげー独占欲だけど、双子ってのはそういうモノかもしれないね。

でも、ギャルゲで百合って、ある意味スゴイよな(笑) 主人公置いてきぼりだしw でもその輪の中に入ると、それはそれで新たな世界が待ってるような気もするかも(爆)

PC版が今から待ち遠しいぞー(笑)!!
あ、、早く予約しなきゃ(;^_^A アセアセ…

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »