« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.28

D902iS

火曜日ー。

携帯変えましたー♪
今まで使っていたのが去年のGWに変えたSH901iCだったんだけど、これはDoCoMoショップで働いてるからのおさがり(笑)<FOMAはFOMAカード差し替えればそのまま端末として使える。
色がだったので早めに変えたかったんだけど、魅力的な端末がなくてそのまま1年以上使ってしまいました(^^;; で、今回その妹から連絡があって、902iSの端末が社販で安くなるって聞いたもんだから、これに飛びつかないわけがありません(笑)

どの端末も一律の値段だっていうから、そこからは必死で機種選択ですよw 手元にカタログもないし、仕事中だから量販店にモックを見に行くわけにも行かず、webだけで判断するしかなかったんだけど、スペックはwebで十分チェック出来るし、スタイルもFLASHである程度判断出来る。
まー、元からを狙っていたので、Dのスペック&スタイルチェックをメインに、残りの端末は軽くチェックする程度だったので、それほど時間も掛けずにに決めちゃいました(笑)

一番悩んだのは

ピンクは元から除外で、黒・白・ブルーの3色で悩んだんだけど、どれもなかなか良くて捨てがたい。で、前の902iはが第一候補だったんだけど、今度のはシルバーと白のツートンでちょっと地味。もつや消しっぽいのでこっちも地味かと思って、最終的にブルーに決定。

メーカーサイト

電話でその旨を伝えて、あとは翌日妹が持ってくるのを待つだけ。で、本日無事に手元に届きました♪ いやー、やっぱブルーにして良かった。カッコイイよー!!! それに、一番の売りであるスピードセレクターの感触や使い勝手もかなり良くて大満足♪

いやー、コレが○kだなんて・・持つべきモノはだなwww
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
火-木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「BLACK LAGOON」 11話

「ですだよ」姉ちゃん、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

三合会から急な依頼が入ってレヴィをたたき起こしに行くロックなんだけど、レヴィったらあられもない姿で寝てるもんだから、ロックも目のやり場に困って・・ねーー(笑)!! なんかすっかり馴染んじゃってますなwww
で、その張の依頼なんだけど、あるブツをある場所まで届けて欲しいっていうコトなんだけど、そのブツが問題。それは中東テロ組織のテロ計画書で、もちろんそのテロ組織は血眼になってそれを奪取しようと必死で張の事務所を破壊。焼け出された張はその足でラグーン商会へと来たんだけど、ダッチとの会話の途中にも襲撃を受けちゃって(;^_^A アセアセ…
でも、この張がまた強い。レヴィがアニキと言うだけあって二丁拳銃でガシガシ倒していく様は流石でしたなー♪

船に乗り込んだダッチたちは、途中で追撃を受けるんだけどレヴィとロックをボートに載せて、とりあえず二人は無事上陸。でも、そこにはすでにテロ組織のが先回りしていて、ヘタレロックが捕まっちゃいましたよー(笑) あ、、このテロ組織の男は日本人なんだけど、原作では空港で大地康夫って言ってたのにアニメでは高倉健に変わってましたw なんでだー!?

レヴィは一人で運び屋の二人と合流するんだけど、そのままロックの救出に向かう。流石のレヴィも仲間は大切ってことなのか、単にロックが好きなのか・・・(笑)
で、この運び屋の二人がまたスゴイんだよw ドライバーの男は完全なジャンキーで、もう一人がナイフを武器に戦う中国女。英語が上手くないらしく語尾に「ですだよ」って付けるから、レヴィに「ですだよ」姉ちゃんってあだ名を付けられちゃって、それに怒るとこなんて、もう最高(笑)!!

やっぱ、こういうノリがブラクラらしくて良いんだよねー♪ 次回は最終回・・・だけど、制作は2クールで行ってるらしいので、2期も期待して良いのかな!?
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「.hack//Roots」 12話

旅団解散・・・。

いっこうに足取りの掴めないオーヴァンに痺れを切らしている旅団メンバーなんだけど、志乃だけはオーヴァンのコトをずっと待つと言って信じる姿勢を貫く。でも匂坂は大いに不満で、今まで自分のことを全く明かさなかったオーヴァンに対して不信感が募るばかり。そして、ついに衝突してしまうんだけど、ここはハセヲが上手くフォローして・・って、匂坂タビーも結局止めるんかよーー(笑)!!

志乃も旅団を解散すると言い放っちゃうし、もうこれで旅団としての活動はなくなってしまうのね・・・。でもハセヲは志乃の側から離れないといって、志乃を少しだけ安心させるんだけど、志乃はオーヴァンから逃れられないだろうから、このハセヲの思いはちゃんと成就するのかねぇ(^^;;

あ、、当のオーヴァンは元直毘元エンダーに囚われたまま・・って、この直毘とエンダーは、まんまゲーム版の八咫パイじゃん(;^_^A アセアセ… CVが同じだから怪しいとは思ってたけど、ゲーム版ではパイは良いヤツだったから、ちょっとショック。<八咫はゲームでも怪しいwww

さらに徐々に目覚めつつある三爪痕も含め、物語が混沌としてきましたなぁ・・。ホントこの先どうなるんだろう??
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「XXXHOLiC」 12話

水着、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

・・・んだけど、やっぱりホリックの絵柄で水着は萌えないッスね(;^_^A アセアセ… ひまわりちゃんはまだ良かったけど、侑子さんは・・(^^;;

ってなわけで、みんなで別荘に行くお話。四月一日はみんなの荷物を持ったり食事の用意をしたりと、ひまわりちゃんの手前頑張って見せるんだけど、なぜか事あるごとに百目鬼が「助けて欲しいか」と聞いてくる。さらに視聴者側には不気味な声で不気味な文字を読み上げる謎の女性が出てきたりして、話がどっちに行くのか読めなかったんだけど・・・。なるほど、そういうことだったのかー。

今回の旅行で四月一日にドッキリを仕掛けようとしたモコナたちは、四月一日が「助けて」って言うまでドッキリを続けてたんだけど、思いの外ビビる四月一日に逆に引き気味になってしまって、こっちのドッキリは中途半端に終わってしまうんだけど、なんで四月一日がそれほどビビったかっていうと、あの謎の声ののせい。使われなくなってかなり立つのにが飾ってあったり、その花瓶にが入っていたり、怪しい人影をみたりしたのは全部、あの謎の女の仕業だったんですなー。

って、その女の正体は分からず終いかよーー(笑)!!!

やたら怖さだけが引き立つお話で、さすが原作者自らシナリオ書いてるだけあるなぁ・・とちっと感心しました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

新番リスト完成♪

日曜日ー。

ようやく完成しましたー♪

2006年 7月 新番組リスト

来期の新番リストです。来期と言ってももう今週からスタートする番組もあるので、ギリギリ間に合ったって感じですね(^^;; tvk準拠の開始日なので、他の地方局の方はご注意ください(笑)

で、注目作品ですが、まずにあげた作品から。

・「ハチミツとクローバーII
言わずと知れたハチクロの続編です。1期も欠かさず見てかなり気に入ってた作品なので、当然2期も期待です♪ 様々な恋の行方も気になるし、毎回入る絶妙なギャグ描写も楽しみ。実写映画もやるみたいですが、こっちは全く興味なしで、その情報自体も数日前に新聞の夕刊で初めて知ったくらいw まー、アニメには遠く及ばないと思うので見る気もありませんよwww

・「ちょこッとSister
今期の「まじぽか」に続く井出監督作品(厳密には「まじぽか」は監督ではないし、「ちょこシス」も監修w))。原作は全く読んだことないんだけど、井出監督っていうただそれだけで大注目ですよー(笑) どんな話になるのか、今から楽しみです♪

・「コヨーテ ラグタイムショー
ドッコイダー」や「シノブ伝」で一世を風靡して「フタコイ」で世間を唖然とさせたufotableの新作。元々チカラのあるスタジオなので、どんな作品になるか凄く楽しみ♪ けっこうハードな物語っぽいけど、実はコメディ・・・って可能性もあるので、ほんと1話を見るまで分かりませんねー。そんなドキドキも相まって期待度倍増ですよー♪
 
 
注目作品はこんなトコかな? あとは小粒な作品がいくつか。「貧乏姉妹」の真綾たんも気になるし、AT-Xのオリジナルアニメ「地球SOS」、原作が人気な「ゼロの使い魔」「無敵看板娘」なども楽しみ。
あとは「N・H・K」がどうなるか・・・。原作が危ないネタだらけなので、アニメでは何処まで原作の魅力に近づけるかが焦点かな? 「げんしけん」みたいにならないことだけを望みますwww

今期も原作知ってるのは「ハチクロ」と「N・H・K」の2本のみ。やっぱラノベを読まないとダメッスか(笑)? 
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
月曜分をどうぞ♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「涼宮ハルヒの憂鬱」 12話

BECKも真っ青www

ついに開催された学園祭SOS団はアニメ1話で放映した「ミクルの大冒険」を流すだけなので、当日は特にやることもなく、それぞれがクラスの出し物に参加したりキョンみたいにブラブラしたりと、思い思いの学園祭を楽しむんだけど、やることがなくなったキョンは向かった先の講堂でとんでもないモノを目撃することに(笑)

それは、バニー姿のハルヒとクラスの出し物の占い師姿(大冒険でも同じ格好してた気もするけどw)の長門。二人ともギターを抱えて軽音楽部のメンバーと共に登場するんだけど、まさかハルヒが出てくるとは思わなかったキョンは驚愕の顔。徐々に集まりつつある観客に紛れて、いつの間にか古泉もキョンの隣にやってきてイロイロ解説するんだけど、どうやらハルヒは負傷して出られなくなった部員の代わりを買って出たようですな。

開演まで時間がなかったのが嘘のようなハルヒの歌声と長門のギター。いやー、マジでこんなスゴイライブシーンは見たことがないよ。ロックアニメだったBECKも顔負け。。ってか、こっちのが上だしー(笑)

キョンもこの演奏には度肝を抜かしたようで、後でコトの真相をハルヒに訪ねるんだけど、その時のハルヒの様子がいつもと違う感じ。普段なら意気揚々とコトの真相を語り始めそうなものなんだけど、ちょっと物憂げな雰囲気。さらに挨拶に来た軽音部員にもまともな受け流しであしらう所なんか、ちょっと後ろめたさすら感じるんだけど・・・どうやらハルヒ自身、人に感謝されるのになれてない様子。あそこまで上手く行ってさらに感謝までされるようなことがいままでなかったんだろうね(^^;;
その動揺をキョンも感じて、昼休みにハルヒを探しに行くトコなんて・・もう完全にラブコメ状態w そしてその時の会話もまるでラブコメでなんかえらい微笑ましかったです(笑)

今回はハルヒがすげー魅力的でかわいかったなー。歌も良かったし、かなり売れてるみたいで販促効果も十分だったようですな(笑)
次回からは「憂鬱」が2話続くようでアニメはこれで終了みたい。2期も期待して良いのかな??
 
 
 
☆ 「シムーン」 12話

エロ過ぎデツ・・(;^_^A アセアセ…

相変わらず老朽艦での任務が続くコール・テンペスト。今回はドミヌーラの提言で姉妹であるアルティカイムのパルを試すってお話なんだけど、この二人、どうやら過去に何かしこりがあるようですなー。特にカイムはアルティを避けていて、その理由が激しく気になるんだけど、、、どうやら予想通りの理由みたいですwww

アーエルネヴィリルに付き添ってもらって、二人のパル適正を試すための偵察飛行にでるんだけど、そこでも二人が衝突(っていうかカイムがアルティを拒絶)しちゃって、その結果シムーンが暴走。必死に二人のシムーンを追いかけるアーエルたちなんだけど、その途中で敵国の母艦みたいなのを発見しちゃって、そのまま偵察任務に移行。ネヴィリルとアルティが母艦に乗り込んで調べ始めるんだけど、残されたカイムはアーエルにアルティとの確執に核心を突くようなコトを言われ、急にアルティを追いかけに飛び出しちゃって、さらに敵に見つかる罠(笑)

それでも、なんとか脱出して無事帰還することは出来たんだけど、今回の一件でもアルティとカイムの間のミゾはそれほど埋まらなかったのかな? なんか消化不良な話だったけど、多少でも距離が縮まったからヨシとするべきなのかも。。。

あ、、、アルティとカイムの確執の原因は想像通り近親相姦でした(爆) まー、どこまでやったのかはぼかされてたけど、アルティの「初めての感覚をくれた手」発言とかを聞く限り肉体関係があったのは確かのようですなw くー、エロいぜーー(笑)!!
 
 
 
☆ 「吉永さん家のガーゴイル」 12話

ママさんの怒りは怖すぎ(笑)

御色町にも春がやってきて、商店街ではさくら祭りの準備が着々と進められてます。さくら祭りの実行委員でもあるママさんやイヨさんもやる気満々で意気揚々としてるんだけど、そんな時に北口に新しくできるデパート支配人がやってきて、デパートの開店日をさくら祭りに合わせると言ってきました。このあからさまな宣戦布告に、もちろん商店街のみんなは激しい反発をするんだけど、特に反発したのがママさん。無言で支配人に喰ってかかる様は怖かったよー(;^_^A アセアセ…

怒り心頭なママさんなんだけど、追い打ちを掛けるようにパパさんがデパートの協力をするって言い出したもんだから、さらにママさんの怒りはヒートアップ。パパさんにしても支配人が幼馴染みで、そのたっての願いだから協力したいっていうのは分かるけど、ママさんの気持ちももうちょっと考えてあげないとー(笑)

二人のケンカに巻き込まれないようにと必死に逃げる双葉たちなんだけど、ガーくんもママさんの怒りを静めるにはいたらず、物語はこのまま混迷の一途を辿ることに・・。

行方不明になったオシリスや、暴走してしまったケルプなど、最終回に向けていろいろと不穏な空気が流れているんだけど、最期は大団円で終わって欲しいなー。<ってか、この話で大団円で終わらなかったら詐欺www

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.24

惨敗・・・(T_T)

金曜日ー。

いやー、惨敗でしたねwww
もうほとんど期待はしていなかった1次リーグ突破ですが、王国ブラジルが完膚無きまでに叩きのめしてくれました(笑) ここまで完敗だと気持ちいいねw

って、一瞬を見たんだよ。。。。前半の玉田のゴールシーンを見たら、ちょっとでも夢を見てもいいよね? あのゴールはスゴイ綺麗なゴールで、ウチが一番見たかったゴール。アレを見せてもらって、さらに10数分だけでもを見せてくれたブラジルに感謝しますm(__)m
 
 
っとと、、、お通夜ムードはここまで。
昨日のメイト行脚の報告をー(笑)

・ CD

「錬金3級 まじかる?ぽか~ん」 ドラマCD
「舞-乙HiME」 ドラマCD2
「ぱにぽにだっしゅ!」 DJCD
「DEATH NOTE」 挿入歌
「CooRie」 2ndAlbum

・ DVD

「魔法少女リリカルなのはA’s」 6巻
「水樹奈々」 武道館ライブDVD

と、メイトでは24kくらい落としてきたんですが、amazonでも「びんちょうたん」と「まじかる?ぽか~ん」を買ってるので、こっちで12k。うーん、、、やっぱり使いすぎ(笑)?
 
 
あ、、前回告知した7月新番のリストですが、まだ完成してません(爆) 一応テキストベースでは拾ってきてあるので、あとはエクセルで加工するだけなんだけど、その時間が取れない罠。日曜の更新までにはなんとかしないとなー(^^;;
 
 
ってなわけで、アニメ感想ですー。
土-日曜分をどうぞー♪
(なんかもう寝不足でヘロヘロ(^^;;)
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」 8話

ターイムスリップー!!

前回、サクラ姫が引き金となって阿修羅像夜叉像が光に包まれてしまったんだけど、その結果、モコナ小狼たちをまた別の世界へと運ぶことになってしまいました。って、別の世界といっても、前の世界との繋がりは深いようで、小狼が拾われたのが阿修羅王の元で、黒鋼たちは夜叉王の元にと、前の世界と同じ構図になってます。

ただ決定的に違うのは、前の世界では争いを起こさないように努めていたのに、この世界では戦争が日常茶飯事。ってか、不思議なチカラによって戦争を引き起こされてるっていのが正しいのかな? こっちも前と同じく頭首同士が恋仲みたいな感じだしー(笑)

で、事情を大体飲み込んだ小狼は、阿修羅王について戦いに赴くんだけど、それは夜叉側にいた黒鋼たちと合流するため・・だったんだけど、いざ戦いになったら黒鋼ったら手加減なしで襲ってきましたよー(;^_^A アセアセ…
小狼も必死に防戦するんだけど、黒鋼ったら容赦ないw 地力の差もあるんだろうけど、小狼が負けそうになった所で阿修羅王が助けにはいって、事なきを得るんだけど、そこで夜叉王も出てきて・・こっちも強そうですなー(笑)

話はまだ序盤なので、大きな動きはなかったけど、今後この二つの国がどう和解していくか楽しみにしておきましょー♪
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ARIA The NATURAL」 12話

アリスたんのスク水ーー!!!!

OPにちらっとだけ出てきたんだけど、今回はもうそれだけでお腹いっぱいですw その後の話はもうオマケとしか思えなかったwww

っとと、それじゃ流石にアレなので・・・。今回は2本立て
1本目は夏の暑い午後に灯里が体験した不思議な喫茶店のお話なんだけど、まーいつもの如く猫妖精の仕業ってコトで・・(^^;; アリア社長たち猫が涼しいところを探すのが上手ってトコから話を広げていくんだけど、それだけ。灯里の表情を見てるだけでも楽しいけど、もうちょっと話を広げて欲しかったなー。

2本目は夜光鈴のお話。ネオヴェネチアの夏の風物詩、夜光石を使った風鈴を買いに行く灯里。その道中で藍華アリスと合流してそれぞれ目当ての夜光鈴を買うんだけど、灯里のソレはなにか一目惚れのような感覚で他とは違うモノを見つけたようです。で、その夜光鈴と一緒に毎晩アリア社長と夜のお茶会を楽しむ灯里なんだけど、夜光石には寿命があって、お別れの時が刻々と迫ってきていました。他の夜光鈴も大体同時期に寿命を迎えるようで、その日海には多数のゴンドラが出て、みんなそれぞれに夜光鈴とのお別れをして、灯里もそれに習うようにお別れをするんだけど・・・あれ?なんか結晶が出来てますよー。どうやら滅多に見られない夜光石の結晶化らしいけど、それを灯里がゲットするとは・・・相変わらず出来すぎな話だなぁ(笑)

いや、でもその出来すぎの話が許せてしまうのが、灯里であって、ARIAなんだよね♪ あのを見ちゃったら何でも許せちゃいますよ(爆) 灯里への優遇措置はそうそう崩れませんなw
 
 
 
☆ 「Fate/stay night」 24話(最終回)

・・・あれ? 全部セイバーのだったの(笑)?

最終回ですー。すでに展開は最後の大ボスと戦うって言うクライマックスにはいっていて、前回は二人とも劣勢の状態で終わったので、今回はそこからどう巻き返すかが焦点になるんだけど・・・あっけなさ過ぎ(^^;;
セイバーは士郎から返して貰った無敵の(コレもどうかと思うけどw)を使って金ぴか野郎を撃破して、士郎はその鞘を投影して言峰を撃破。なんか、あっけないよなー。もう逆転前提で話を作ってるのがミエミエで悲壮感もないし。。。

まー、これで念願の聖杯に手が届くことになったんだけど、聖杯を破壊することを決めていたので、セイバーは士郎にその命令を求めるんだけど、聖杯を壊してしまえば今度こそ本当にセイバーに二度と会えなくなってしまう。士郎の葛藤は前回よりさらに激しいモノとなるんだけど、それでもセイバーに最後の命を下すシーンはちょっと感動した。

そして聖杯戦争が終わり、日常が戻るんだけど、エピローグで大河センセやイリアたちの無事ではっちゃけた姿を見れたのはすげー久しぶりで嬉しかったなー。もっとああいう描写をしてくれれば良かったんだけど、本編はを追うので手一杯だった感じだし、勿体なかったなぁ。。。

で、最後の最後にアーサー王時代のセイバーが出てくるんだけど、傍らにいる騎士のCVが・・・能登でした(^^;; まー、それはいいんだけど、どうやらアーサー王の今際の際のようで、目覚めたセイバーがを見ていたってコトなんだけど・・・まさか、全部セイバーの夢の出来事ってことはないよね(笑)?
想像するに、聖杯戦争での出来事(召還されたり戦ったり)が聖杯がなくなったコトによって、生前のセイバーに生まれたって感じなのかな?<全く違ってたらごめんw

総合評価=70点

大半がセイバー加点かも(^^;; 長編ノベルゲームをアニメ化する際に障害
となる複数ルートの問題はそれほど感じなかったけど、肝心のセイバー編がきちんとアニメ化されたのかがかなり疑問です。ってか、正直アニメのみの視聴だと、決して良くできた話ではなく、その場しのぎの展開のつなぎ合わせにしか思えなかった。士郎もそれほど魅力的なキャラではなく、中身が分かれば分かるほどその我が儘さが前に出てしまい感情移入は出来なかったしなぁ・・・。作画面はそれほどレベルが低い訳じゃないんだけど、高くもない微妙なところw
でも、セイバーは最高でしたw そのビジュアルはもう思いっきりツボだし、CV川澄の演技も良かった。なにより、あの頬染めセイバーは・・・とろけそうなくらいでしたよー(笑)

あ、、川澄セイバーに関しては、どこかで考察を書くことになるかもしれません(笑)<いや、お前承諾しただろwww
詳細が分かり次第、告知出来るかもー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.21

新番チェック中♪

火曜日ー。

6月も後半に入って、最終回が近づくアニメが増えてきたんですが、もう来週にも最終回WEEKに突入してしまうんですねー。それでも今期は2クールアニメが多いみたいで、その本数自体はそれほど多くないかな?

で、昨日ちょっと時間が出来たので、来期の新番チェックをしてみたんですが・・・数が異様に少ない(^^;; まー、今期異常だったってのもあるんだけど、それにしても数が少ない。一応リストアップした作品数はたったの16本。今期が45本だったので約1/3に減ってます。しかも未だに放映日が決まってない作品もあって、ちゃんとしたリスト化も出来ないんですよー。元々7月1月の本数は少ないんだけど、に持って行きすぎたんじゃないのかな(笑)?

今週末あたりにはリスト化して公開できると良いんだけどなー♪
もうしばらくお待ちください(笑)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
火-木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「BLACK LAGOON」 10話

世界最強最悪の3人だ・・(^^;;

倒しても倒しても迫るくる恐怖。いやー、ロベルタはマジ死なないねー(笑) ベニーの車にしがみついて、ダッチの至近距離からの発砲にも意を介さず、んもう、マジでターミネーター顔負けだよー(;^_^A アセアセ…
結局、車は埠頭のコンテナ置き場でクラッシュしちゃうんだけど、とりあえず乗ってた全員は無事。ロベルタは流石にあのクラッシュじゃ大ダメージだろう。。。って、普通に起きあがってるよー(笑)

レヴィもやっと目を覚まして、ここからレヴィvsロベルタの銃撃戦の始まりー!! 二人ともマジで撃ち合ってるんだけど、お互い致命傷にならないのはスゴイよなw 車から一歩も出られない男共のキモチはよーく分かるぜー(笑)!!

で、やっと決着が着きそうになるんだけど、アレはどう見ても引き分けですw お互い銃口突きつけてにらみ合うだけじゃ、どうにも締まらないw そこで出てきたのが3人目のバラライカ(笑) しかも自分の指揮下にある軍隊引き連れての堂々の登場ですー♪
バラライカはロベルタにこれ以上戦う意味のないことを告げるんだけど、ロベルタはそんなコトじゃ止まらないw 坊ちゃんに止められても止まらないロベルタなんだけど、バラライカのはお願いじゃなくて命令。ロベルタに向けて多数の銃口を突きつけるあたりは流石ですなー。坊ちゃんの懇願もあって仕方なく折れるロベルタなんだけど・・・もう一方のレヴィはそんなコトじゃ止まりませんwww

レヴィの怒りは収まらず、どう決着を付けるか思案したところ、ダッチがアイデアを出すんだけど、二人で気の済むまで殴り合えって・・・(;^_^A アセアセ… でも、二人ともそれで納得して、ひたすら殴り合いを続けてますよwww
いやー、男同士で殴り合いの決着ってのはよくあるけど、女同士(しかも二人とも美人w)の殴り合いなんてなかなか見れるもんじゃありません。しかもそれがすげークオリティだから大満足ですよー♪

結局ダブルノックアウトでこれまた決着着かずだったんだけど、この二人は決着付けちゃいけないねwww 連載の方では「SHE IS BACK」なんて煽りで再登場するみたいだし、こっちも楽しみにしておこうっと(笑)
 
 
 
・ 水曜日
 
 
1☆ 「.hack//Roots」 11話

カイト、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

って、「G.U.」じゃ三爪痕(トライエッジ)っていうんだっけw 多分今作でも同じ名前なんだろうなー。でも前作ゲームをやってた人間からすればカイトとしか思えないわけでwww

で、今週。TaNの不正がばれてギルド消滅・・・俵屋もTaNの表の顔ってことでアカウント停止になってしまうようですな(T_T) 最後にハセヲを呼んで、教会とかの傷痕のコトを名付けるんだけど、その名が「サイン」。最後にこの世界に存在の証しを残したかったのかな?
一方、勝ち組と噂されている旅団でも、オーヴァンの不在が重くのしかかってるくんだけど、志乃はそれでも我慢してくれと匂坂を説得。タビーは元々気にしてないようだし、ハセヲは志乃さえいればいいので、匂坂だけが不満なんだよね(笑) あ、Bセットとかゴードも気にしてるかw

TaNのギルマス直毘もアカウント停止からは免れられないようで、最後にフィロの元へ行くんだけど・・・なんかフィロに囁いてますよー。オーヴァンはもう戻って来れないとか言ってたけど、それ以上に何かある感じ。それを受けたフィロは志乃を呼んで確かめるように話を始めるんだけど、オーヴァン・直毘・フィロの繋がりとか、黄昏の鍵が見つからなかったこととか、すでに分かってることの確認でした(^^;;

結局、黄昏の鍵はなかったってコトになるんだけど、なくはないんだよなー(笑) 旅団もその報告を受けてバラバラになりかけるんだけど、タビーの明るさが救いになって解散は免れましたね♪

で、ラストシーンで三爪痕が・・・。

うーん、この先どう話が動いていくのかちょっと予測しにくくなりましたなぁ。1クールじゃ終わりそうにないし・・・(^^;; まー、生暖かく見守りますかー(爆)
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「XXXHOLiC」 11話

ホリックに萌えッコがwww

朝の5時にたたき起こされて侑子さんのためにおはぎを作ることになった四月一日。それでもきちんと美味しいおはぎを作るところは流石ですなw で、無事侑子さんに届けて絶賛を頂いたところで、ひまわりちゃんにもお裾分けーって、お中元宜しく持って行ったんだけど、ひまわりちゃんは避暑で軽井沢の空の下(笑) 一人寂しく公園で佇んでたら、いつの間にか出てきた百目鬼におはぎを食べられちゃいましたよwww

まー食べられてしまったものは仕方ない。諦めて回りを見渡すと、見知らぬ少女がこちらを伺ってる・・・どうせ百目鬼のファンだろうと、四月一日は気を利かせて百目鬼の隣に少女を促すんだけど、その少女、いきなり百目鬼のに手を突っ込んで、食べたはずのおはぎを取り出しちゃいました(笑)

あっけにとられている四月一日なんだけど、そこにこれまた突然侑子さんが現れて百目鬼の様子を見るんだけど、どうやらも一緒に抜かれている様子(^^;; このままじゃ死んじゃうらしいので、四月一日はそれを取り戻すべく侑子さんの呼んだ巨大なモコナと一緒に乗り込んで少女を追うことになるんだけど、空を飛んでいる少女を見つけたまでは良かったんだけど、あっけなく逃げられてしまう罠w そしてそこに今度は可愛い鴉天狗たちが邪魔をしに現れて四月一日は空から落ちてしまう・・・んだけど、少女に助けられて・・・って、こいつは一体ナニモノなんだー!?

と、思ったら雨童が出てきて、少女の正体が座敷童だっていうことが判明。そして四月一日に好意をもっている・・と。くそぅ、四月一日ってば妖怪にはもてるんだよなーw おはぎも戻ってきて百目鬼も無事復活。まー、一件落着ってトコですな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.19

引き分けー(>_<) & Please!閉鎖(T_T)

日曜日ー。

あちゃー、、、引き分けでしたかー。

絶対に負けられないクロアチア戦でしたが、結果は引き分け。まー、実質負け試合だったのを引き分けに持ち込んだだけでも価値はあるけど、出来れば勝ち点3が欲しかったよな・・。これで次戦のブラジル戦に勝つ以外決勝T進出の夢は潰えてしまうわけだけど、を繋いだだけでもヨシとしますか(^^;;

次戦、オーストラリアとクロアチアが引き分けて日本が3-0でブラジルに勝てば決勝に進める・・・って、無理だよなー(^^;;<クロアチアが勝つってパターンもアリだけど、こっちも大差でブラジルに勝たないと無理w

まー、3連敗は免れたってコトで納得するか(笑)
 
 
ここで一つニュースを。

Please! 公式サイト

もう知ってる人も多いと思いますが、「おねてぃ」や「おねツイ」で一世を風靡した「Please!」の公式HPが今月いっぱいで閉鎖になります。
どうやらドメインが切れてしまうようで、ドメイン消滅=サイト閉鎖という形のようです。<更新を忘れたのか、もう十分と思ったのか、真相は分かりませんが(^^;

サイト閉鎖につけて、出演者・スタッフからのコメントと脚本の黒田さんから書き下ろしの秘密会議が載せられてますが、アニメの公式HPでは異例中の異例。普通はひっそりと閉鎖するモノなんですが、こういうコメントが寄せられるってことはそれだけスタッフにも愛された作品だったんだなぁ・・・と再確認させられますね。

ともあれ、この「Please!」には、この数年の生活を大きく変えられたので、感慨もひとしお・・・。全部オフラインで保存して、永久不滅に残しておきますー(>_<)/

早く新ドメイン取って、復活してくれーーー!!(希望)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「涼宮ハルヒの憂鬱」 11話

長門、スゲーなwww

作中で長門が駆使していたPC操作。実際に実行中のプログラムをフックするコードだったようです(^^;; そんなトコにも拘る京アニ・・・恐るべし!!

ってなわけで、今回はコンピ研とのPCゲームバトルです。脚本にフルメタの賀東招二を持ってきたりして、すげー気合いを見せてくれたんだけど・・・話自体は凡夫なモノでした(^^;;
だいぶ前にハルヒに半ば強引に奪い取られた最新PCを取り返すべく、コンピ研がSOS団に勝負を申し込むんだけど勝負と聞いて引き下がる訳のないハルヒは、ノリノリでこの勝負を快諾。でも、1週間の練習期間を与えられるんだけど、ハルヒの戦術は突撃の一つ覚えでCPU戦にも苦しむ有様です(笑)

そんな状況の中、決戦の火ぶたが切って落とされるんだけど、出だしは意外とイイ感じだったんだけど、中盤から攻められっぱなし。まー、元々コンピ研の作ったゲームだし、の一つや二つあるだろうと思ったら、案の定、コンピ研の方はSOS団の位置が丸わかり(笑) それが分かったSOS団も善戦するんだけど・・やっぱり無理か。。。と、思った瞬間、長門がスゴイ勢いでキータイプし始めましたよー(笑)

リアルタイムでプログラムを書き換えて、相手の手を封じ、逆にこちらの有利になるように持って行くなんて・・・長門以外には出来ない芸当だよなw まー、PC戦となった時点でハルヒもみくるんも使えないので、長門に期待するしかなかったわけだけど・・・(笑)

この長門のミラクルプレイでコンピ研との戦いは無事勝利したんだけど、それ以上にキョンとハルヒの間の信頼関係が徐々に強固になっていくのは古泉の指摘がなくても見て取れましたな。この辺がこの作品の真骨頂なのかも。。。
 
 
 
☆ 「シムーン」 11話

巫女は処女じゃなきゃダメなのかな?

まー、巫女っていうくらいだから当然処女だよな。ってか、この設定だと若いウチにに行かなければ若い男もいないわけで・・・(笑)

今回は、活発なロリッ子フロエの初恋話。と言っても甘く切ないような展開ではなく、元気ッコのフロエが押して押して押しまくる話でしたwww
前回と同様、老朽艦に乗っているコール・テンペストなんだけど、今回の任務は前線部隊をシムーンで運んで、奪われた街を奪取しようという作戦なんだけど、こうまで生臭い作戦参加は初めてなようで、シムーンに取り付けられる輸送用のコンテナを見て不満を漏らしたりして・・って、アレは作戦云々より単に格好悪いと文句を言ってるだけなのかもねw

で、その作戦に参加していた若い兵士を気に入ったフロエが猛烈アタックをして、若い兵士もまんざらでもない様子。でも作戦が近づくにつれて徐々に緊迫していく様子もあって、この作戦が甘くないコトを予感させるんだけど・・・まさか、作戦が完全にばれてるとは(笑)
シムーンで配達した兵士たちは、待ち伏せされていて返り討ちにあってしまうんだけど、劣勢を見たアーエルネヴィリルたちがシムーンで必死に攻撃。そして、最後にリ・マージョンを決めて大勢を決してしまうんだけど、そのせいで街は大破。若兵士の望んでいたような決着を付けることは出来なかった・・・んだけど、これはこれで正解だよなw 街は再建出来るけど、死んじゃったら終わりだしー(笑)

でも、これでまたコール・テンペストとしては、いろいろと吹っ切ることが出来ただろうし、より成長出来たかな? 1クールじゃ終わりそうもないので、この先も期待してますよー♪
 
 
 
☆ 「吉永さん家のガーゴイル」 11話

桃ちゃん、萌え

声も可愛かったのでEDテロップで確認したら・・・ 藤田咲。えーっと誰(笑)?? 検索してみるとどうやら日本ナレーション演技研究所所属の声優さんみたいで、まだまだ出始めって感じの子なのかな?<参考wiki

ってなわけで、今回はオカマアニキの和己に春が来るお話。同級生の妹、ちゃんに好意を寄せられる和己なんだけど、当人は全く気付いてない罠w それでも桃ちゃんはクリスマスになんとか接近しようと兎轄舎にやってきて超怪しい毛糸を買っていくんだけど、この毛糸で作ったプレゼント用の人形が後に大変なことにwww
なんとかクリスマスに和己を呼び出すことに成功した桃ちゃんは、神社の境内まできて人形を渡そうとするんだけど、駅前に落としてきてしまったようでさぁたいへん。和己も手伝って人形探しをすることになるんだけど、その当の人形は、勝手に歩き出してしまってますよー(笑)

そんな人形が商店街の話題になって、双葉ガーくんと一緒に保護するんだけど、人形は和己に会いたいと繰り返すばかり。和己ってのが本当にオカマアニキのコトか分からないのでしばらく躊躇してたんだけど、他にあてもないので神社にいる和己に届けに行くんだけど・・・もうここからは甘酸っぱい青春の始まりですな(^^;;

結局桃ちゃんは告白することは出来なかったんだけど、まだまだこれから。でもあの唐変木なアニキに気付かせるのは大変かもねーw がんばれ、桃ちゃん♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.17

メモリ半壊w

金曜日ー。

どうもメインPCの動作がおかしいと思ったら・・・メモリが1枚死んでましたwww いや、おかしいって言ってもそれほど動作がおかしい訳じゃなく、なんか重いなーって程度だったんだけど、1枚死んだ程度(1GB->512MB)じゃそれほど不安定にはならないのね(笑)
修理(っていうか交換)しようかとも思うんだけど、別に今の状態で不満はないのでしばらく放置。直すんなら2GBくらい積んでやろうかとも思ってますw

ってか、このメインマシンもそろそろスペック不足なんだよなー。CPUはP4-1.6Gだし、ビデオカードはG550(笑)<いや、G550は2D描写は秀逸なんだよーーー!!
実はこの春スペックアップも考えてたんだけど、Vistaが出るまでガマンしよう・・とか思っちゃったんだよねw しばらくは騙し騙し使って行くしかないかな。<ってか不満ならP4-2.8のサブマシンを使えよ(笑)

まー、そのうちメモリとVカード買ってきてやるかー。
 
 
あ、昨日のメイト行脚はCD1枚だけ。ツバクロ2ndのED、坂本真綾の「風待ちジェット」だけ買ってきましたー(笑) 雨も結構降ってたので、早々に引き上げて羽根モノをまったり打って帰ってきましたw

なので、別段ネタもなく・・・。
あ、、例の木崎湖巡礼ツアーの会社マックス・エア破産宣告しましたねw いやー、怪しい怪しいと思ってたら、W杯のチケット問題で破算ですか。すでにアキバnaviのページも消滅していて、跡形もなくなってしまっているのですが、やっぱりねーって感じ。被害者が増えなくて良かった(笑)
あ、、W杯チケットの方の被害者の方は、本当にご愁傷様でした。返金がきちんと進むと良いんだけど、ニュース記事からすると漏れてしまう人も多そうですね(;^_^A アセアセ…
 
 
とっとと、アニメ感想に行きましょうかねー。
土-日曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「MAJOR 2nd season」 26話(最終回)

うぉ・・・最終回かよwww

前回の感想で、話数のことをちょっと書いたんだけど、まだ(予告を見てなかったから)終わるとは思ってなかったのでビックリ(笑) まだ高校編は中盤なのに、ココで終わるのか・・・(^^;;

ってなわけで、1軍との壮行試合も終盤。前回で寿くんも吹っ切れて同点に追いついたので、ゲームはこれから・・・って時に、特待生組が守備につくのを拒否。まぁ、勝ったら海堂を去るって公言している吾郎のバックを守っても彼らには何の特にもならないし、気持ちも分からないこともないけど、やっぱり大人げないよなw<高校生だけど(笑)
それでも、吾郎に意気に賛同した薬師寺だけは守備について、残りは夢島組でバックを固めるんだけど・・・やっぱり特待生組とは同じように行かずにいきなり失点(^^;;

後続はなんとか抑えたモノの、1点ビハインドで相手は1軍のエースピッチャー榎本。って、この榎本がまた笑えるwww CVが桜井なんだけど、初めはクールなキャラかと思ったら、吾郎に決勝点をあげさせるために打席に立った眉村に自慢のジャイロを打たれてから急変貌。熱い漢に生まれ変わって、スゴイ形相になってますよ(笑)

で、こいつと吾郎が対決するんだけど、チカラ対チカラの真っ向勝負。相変わらずスゴイ形相で投げ込んでくる榎本に、眉村にハッパを掛けられて気合い十分な吾郎との対決は流石に見応えがあったなぁ。結局最後は吾郎の特大ホームランで決着が付くんだけど、リアリティ云々よりこうでもしないと説得力がなくなってしまうんだよね(^^;;

無事試合に勝った吾郎は、颯爽と球場を去っていくんだけど・・・ああ、ここで終わりなのか。。。まぁ、話数的にもここでいったん終わりにしないと、次のエピソードはまたかなり長いし、切りの良い終わり方かな?

総合評価=65点

やっぱりリトルリーグ編に比べると感動の度合いはかなり少ない。それでも成長した清水静香たんなど萌えキャラも満載でそういう意味では見応えがあったかな(笑) 作画がかなり低空飛行だったのも減点要因なんだけど、シナリオのまとめ具合は堅実で飽きずに見ることが出来ました。第3期は12月からってコトなので、そちらにまた期待しましょう♪
 
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」 7話

三つ編み小狼www

久しぶりに本線に戻ってきました。モコナの転送でやってきたのは「紗羅ノ国」。でも小狼サクラ姫はいるけど、黒鋼ファイがいない。。。どうやら、黒鋼たちはちょっと違う場所に落とされたらしいですwww

で、小狼たちが落ちたところは女性ばかりの旅芸人一座で、そのオーナーの鈴蘭に気に入られた小狼たちは、この一座のお世話になることになるんだけど、そこには不思議ないわれのある「阿修羅ノ像」が。
そして、黒鋼たちも鈴蘭一座と対立する集団に世話になっていて、こちらにも「阿修羅ノ像」の対になるような「夜叉ノ像」ってのがあって、こっちの像は血の涙を流してます(^^;;

どうやら、この阿修羅と夜叉ってのが二つの一族に大きな影響を与えているようで、今の衝突もそのせいみたい。でも、お互いの長である鈴蘭と蒼石は恋仲で・・・それを目撃してしまった小狼とサクラ姫は、なんとか二人の思いが成就出来るようにと阿修羅像に祈りに行ったら、サクラ姫と阿修羅像・夜叉像に異変が起こって(;^_^A アセアセ…

次回はタイムスリップして、黒鋼たちとの再会。って敵同士になってるじゃないかー(笑)
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ARIA The NATURAL」 11話

ヴェネチアンガラスって高いの?

調べてみるとピンキリっすね。アクセサリー系は安いけど、グラス・器花瓶はやっぱりそれなりのお値段で・・・(笑)

以下、ヴェネチアンガラスの歴史(どっかからの転載w)

今からおよそ700年前の13世紀末、当時のヴェネチア共和国政府はすべてのガラス職人とその家族をヴェネチア本島から1.2キロ沖合いに浮かぶムラーノ島という島へ強制移住させた。東方貿易において主たる交易品であったガラスの技法が外部へ流出するのを恐れたためである。
移住させられたガラス職人たちは、島を出ることを禁じられ、逃亡を図った者は死刑に処せられた。反面、ヴェネチア政府はガラス産業に貢献した者に対しては貴族の称号を与え、厚遇した。こうして完全にヴェネチア政府の保護下に置かれたヴェネチア(ムラーノ)のガラス産業は古代ローマのモザイク技法、レース技法を復活させるなど、目覚ましい発展を遂げ、世界のガラス史に確固たる地位を築くことになる。
このムラーノ島で作られるガラスだけをヴェネチアンガラスと呼ぶことができる。

ってなわけで、今回はヴェネチアンガラスのお話。暁兄から初めてのご指名依頼を受けた灯里は、アリシアさんを伴ってガラス工房の元まで赴くんだけど、そこはマンホーム(地球)から受け継がれてきたヴェネチアンガラスの技術を使ったガラス製品を作っていて、その完成品を運ぶのが今回のお仕事
着いた早々ネオヴェネチアのガラス製品をこき下ろすを見て、ちょっとビックリするんだけど、荷物を受け取って依頼を始めようとする灯里の前に変な小僧が登場w なんかえらい不機嫌なんだけど、マエストロに小突かれたりして、どうやら見習い職人のようですなー(笑)

この小僧と一緒に荷物を運ぶことになるんだけど、その道中でどうして小僧が不機嫌なのか事情を聞き出す灯里たち。どうやら、ヴェネチアンガラスは一度歴史の途絶えてしまったらしく、その模倣で始まったネオヴェネチアのガラスはまだ一般には認められてないらしく、頑張ってるマエストロをいつも横で見ている小僧はそれが悔しくてならない・・・と。
それを聞いた灯里は、小僧を慰めるって訳じゃないんだろうけど、凄く素直な気持ちで、嘘モノなんてない、人の思いが詰まっているモノは全て本物だ・・と言い切り、小僧の気持ちを落ち着かせると共に、恋心まで芽生えさせちゃいましたよーー(笑)

ダメだ、灯里は渡さんぞwww

そして、無事商品を暁兄に受け渡して仕事も完了♪ 初のご指名依頼もきちんとこなして、着実にキャリアアップしてますねー。早く一人前になって、ウチを載せてくれーwww
 
 
 
☆ 「Fate/stay night」 23話

たん・・・・(;^_^A アセアセ…

あれって、死んでないよね? 血だらけでどう見ても死んだように見えるけど、死んでないよね(笑)?

教会から帰った士郎は自宅の異変に気付き、を探すんだけど、見つけた凛は血だらけで虫の息(^^;; それでも最後に士郎にアドバイスをするあたり健気だなぁ・・・とか思ってしまった。ってか、今まで完全にセイバー派だったけど、ああいう凛を見るとぐらっと来ちゃうじゃないかwww
言峰の目的はイリヤで、凛を退けイリヤを奪った言峰は神社に居を移して早速聖杯召還の儀式に入る。それを止めるために士郎は自分の中のをセイバーに返して、颯爽と神社に乗り込むんだけど、最後までセイバーをこの世に止めておきたいという葛藤と戦うところは人間らしくて良かったデス(笑)

で、当然セイバーは金ぴか野郎、士郎は言峰と戦うことになるんだけど、士郎は為す術もなく聖杯の毒気に当てられてますよ(;^_^A アセアセ… セイバーは金ぴか野郎とそこそこ戦うんだけど、やっぱり地力の差か押され気味。それでも最後に顔面キックを浴びせて、ここから逆転劇の始まりかー!?

次回はいよいよ最終回。二人とも劣勢なのは否めないので、ここからどう逆転していくかはちょっと楽しみ。そしてセイバーは士郎の元にいられるのかも気になるかな? いや、、セイバーはウチの嫁だから、この戦いが終わったらウチが召還するんだけどなー(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.06.14

負けちゃった・・(T_T)

火曜日ー。

・・・・負けちゃいましたね(T_T)
この台詞だけは書きたくなかったんだけど、結果は結果。実際試合内容は酷いモノだったし、あれは負けて当然な試合でした。もうちょっとやってくれると思ってたんだけどなぁ・・・_| ̄|○

前半の得点は、完全にごっつぁんゴール。まぁ、それでも得点は得点なので素直に喜んだんだけど、その1点すら守りきれずに連続失点する様は悲惨のひと言。良かったのは得点後の10数分だけで、それ以外は終始攻められっぱなしで、半ばで凌いでいたけど、それも及ばず失点につぐ失点。うーん、、、見応えも何もない試合でしたな・・・。

てか、今まで見た試合の中で一番つまらない試合だったかも・・・(^^;;

これで日本のグループリーグ突破は絶望的になったわけですが、残り2戦は今回のようなお粗末な試合じゃなく、もっと激しい試合を見せて欲しいですなー。死ぬ気で行けーーー!!!!
 
 
あ、、ニューマリオ、オールクリアしました♪
日本戦までに絶対クリアしてやる!! と心に決めていたので、何とか間に合ってホッとしてます(笑)<でも日本が負けたからそんな決意も無駄だったわけだけどw
今回のマリオ、クリアだけならそれほど難易度は高くないと思うんだけど、全てのスターコインや隠し通路などを制覇しようとすると難易度がぐっと上がる罠(^^;; マジで1つの面で30匹とか死んでました(笑)
でも、やっぱりあとちょっと出来そうって思わせるバランスはさすがですねー。難易度自体はかなりあるんだけど、絶対に無理って感じでもないトコが心憎いですwww

すげー売れてるソフトだから、今更宣伝するのもアレだけど、まだ買ってない人は早く買った方がいいですよー(笑)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
火-木曜分をどうぞー♪
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「BLACK LAGOON」 9話

ターミネーター顔負け(;^_^A アセアセ…

前回イエローフラッグで起こった大騒動。その渦中にいたのは、例のメイドさんなんだけど・・・んもう、彼女が強いのなんのって、傘とスーツケースに仕込んだショットガンとマシンガンで次々にマフィアどもを蹴散らしていきますよー。
そんな中にやってきてしまったロックたちは、彼女の探している少年を抱えてしまっているので、この場からどう逃げるか思案する羽目になるんだけど、少年のコトがばれてしまい穏やかには済まなそうですなー(笑) 案の定、レヴィロベルタがやり合うんだけど、ロベルタのが一枚上手で、レヴィは強烈な脳しんとうを起こしてグロッキー(^^;;

なんとかレヴィと少年を抱えてで脱出するんだけど・・・うわ、、ロベルタったら、燃えさかるイエローフラッグから生還ですよ(^^;; さらに車を奪ってロックたちを追い始めるんだけど・・・すげーカーチェイス!!!
ベニーの運転も凄いけど、それに追いすがるロベルタの運転もスゴイ(笑) アニメでココまでのカーチェイスってなかなか見れないよなー♪ で、ロベルタの車は大破してしまって、ここで振り切れるかと思ったら・・・・マジでターミネーターさながらのダッシュで走って車に追いついちゃいましたよ(笑) そのまま車にしがみついてくる様はとても人間とは思えない(;^_^A アセアセ…

ダッチもそれを見て、至近距離からの発砲をしようとするんだけど・・・あれくらいじゃ死なないよなwww

あ、、バラライカの方もロベルタの正体を掴んで、動き出してる様子。これで次回は決着編になるわけだけど、、、史上最怖の女3人が揃うのか・・・。ガクブルだぜー(笑)!!
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「.hack//Roots」 10話

俵屋、哀れ・・・(^^;;

キー・オブ・ザ・トワイライト」まであと少し。ハセヲたちはエンダーの攻撃を必死に耐えつつ、オーヴァンが鍵に辿り着くのを待つんだけど、肝心のオーヴァンは・・・最後の扉を開けた先には直毘が待ち伏せしていて、オーヴァンのPCデータを吸い出そうとしてますよー(笑)
オーヴァンも必死に耐えるんだけど、結局拘束されちゃったようで、急に攻撃の手を止めたエンダーを不思議に思ったハセヲたちが後で調べてももぬけの殻(^^;;

ギルマスが行方不明になってしまったので、黄昏の旅団もすることがなくなるし、TaNも本当の目的を達したので直毘とエンダーは姿を消してしまい、今まで「ザ・ワールド」を賑わしてきた二つのギルドのも下火に。
そんな状況の中、志乃があるネタを持って俵屋の元へ訪れるんだけど、志乃の切り出した取り引きの要件が俵屋には分からない(^^;; まー、俵屋も使い捨てられたわけだから、ちょっと可哀想だよなー。

でも、これで俵屋が本気になるだろうし、オーヴァンへの手がかりも見つかるかな?
あ、ゲームの方はやっとLv25。ジョブエクステンドしていよいよ終盤って感じかなー? 再誕はLv50で頭打ちらしいからやり込み度は少なそう。Vol.2が出るまではまったり遊びますかー(笑)
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「XXXHOLiC」 10話

だから、コワイって・・・(;^_^A アセアセ…

夏も真っ盛り。とろけそうな侑子さんは四月一日に涼しくなるために百物語をしようと持ちかけるんだけど、侑子さんの相談は命令wなので、百目鬼ひまわりちゃんを呼んで、百目鬼の家(ってか)でやることになるんだけど・・・。

いやー、本格的ーー(笑)!!

四隅に蝋燭を立てて、一人ずつ話を始めるんだけど、ひまわりちゃんの話も百目鬼の話もコワイ(^^;; さらに、隣の部屋には死体が横たわっている(寺なので檀家の仏さん)ようで、怖さ倍増。いよいよ四月一日が話し始めるんだけど・・・四月一日の話は自分の体験談なので、たいして怖くない・・・とか思ってたら、侑子さんが余計なことをいうから、やっぱりコワイじゃないかー(笑)!!!
で、最後に侑子さんが、、、後ろのコレはなに? って聞くんだけど、そこにはこの世のモノではない何かがうねうねと動いてますよー! うわーーーとか思ったら、、黒モコナがぶわっと吸い込んじゃいました(笑)

最後のオチが可愛かったから、コワイのも吹き飛んじゃいましたよーw モコナ@菊地美香、らぶーーー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.12

W杯の影響

日曜日ー。

W杯開幕から、すでに今日で3日目
連日いろんな国の試合を見てるんですが、やっぱり代表戦は面白いねー。国ごとで特徴もあるし、なにより通常のリーグ戦とは真剣味が違う。欧州CLもそうだけど、1戦ごとの重要度が通常戦とは比べモノにならないですな。

で、明日はいよいよ日本戦!!

対オーストラリアは実力的には日本が上だし、順当に戦えば勝ち点以上の結果は望めそう。ってか、ここで勝ち点取れなかったら望みはないしねー(^^;; 何とか勝ってくれーーー!!

っとと、、W杯の影響で深夜アニメも多大な影響を受けてますな(^^;; 開幕の9日はTBSの「ウィッチブレイド」が休止。そして今日はU局系がメキシコvsイラン戦を中継するってコトで「Fate」と「うたわれ」が休止・・・。テレ東はW杯とは関係なく、テニスの野球延長+全仏OPで「ARIA」「スクラン2」が4時台っていう飛んでもない構成になってます(;^_^A アセアセ…

W杯が終わるまでの1ヶ月間は、深夜アニメの休止&時間変更にいつも以上に気を遣わないと録画ミスが多発しそうですので、みなさんもご注意くださいねー♪

参考:【改変】深夜アニメ放映時間の変更と重複【隔離】
(本スレは雑談ばっかで見にくいから、こっちをw)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「涼宮ハルヒの憂鬱」 10話

おっきいみくるんにヤラレタ・・・(笑)

また久しぶりに「憂鬱」に戻ってきました。もう前の話忘れちゃってるよーとか思ってたら、今回はまたスゴイ展開で、前の話を思い出さなくても十分楽しめましたよw

ってなわけで、今回はキョン朝倉涼子に襲われるんだけど・・・なるほど、初回から登場していたあの眉毛少女長門と同じ有機生命体用のヒューマロイドだったのですねー。で、いくら観察してもたいした変化のないハルヒに業を煮やして、ハルヒの大事にしているだろうキョンを亡き者にすれば多少の変化が訪れるだろうと、キョンに襲いかかってくるんだけど・・・さすがにクラスメイトだと思ってた人間(それも可愛いw)にいきなり襲われたらパニックになるよなー(笑)

キョンが焦ったトコに案の定、長門がやってくるんだけど、元は同じ組織の二人なんだけど命令系統が違うのか、仲間割れなのか、一枚岩じゃないってコトですな。でもこの二人の戦闘は凄かったねー。長門が串刺しにされたときはさすがにビビッたけど、元々データの集合だからそれほどダメージはないみたいで良かった。朝倉涼子の排除も無事完了して、一安心。でも、キョンってば長門の眼鏡を外すのはどうかと思うぞー(笑) メガネ属性ってのは結構重要ですww

翌日、また呼び出しの手紙をもらい部室に行くキョンなんだけど、そこに待ち受けていたのは、なんだか大人っぽいみくるん。やけに色っぽいなーとか思ってたら、案の定今のみくるんより先の未来から来たみくるんみたいです(笑) で、この子は何しに来たのかといえば、キョンに何かアドバイスをするんだけど・・・うーん、意味不明(^^;; まー、今後の展開の鍵にはなるんだろうから、覚えていて損はないんだろうけどねー(笑)

とりあえず、今回は長門のバトルと大人みくるんが見れたのでヨシ。かなり面白かったデスー♪
 
 
 
☆ 「シムーン」 10話

ネズミ・・マジで喰ったのか(笑)?

アルクス・プリーマの修理期間中に、ドミヌーラの計らいでオンボロ船に乗り込むコトになるコール・テンペスト。解散の危機は脱したモノのこの辺で結果を出さないといけないって訳で、この計らい自体は悪いモノではなかったんだけど、今まで温室育ちだったコール・テンペストの面々はこのボロ船での生活はなかなか新鮮wなようで・・・(笑)

今までは相部屋程度だったのが、今度は全員一緒(ドミヌーラだけ別)な大部屋だし、ネズミは出るしで、庶民の暮らしに大わらわな姿は見ていて微笑ましいですなー♪ でも、庶民育ちなアーエルマミーナは別段不満もなく、特にマミーナはみんなに料理を振る舞おうと腕を鳴らしてますよ(^^)

任務の方は、前線と言うこともあって偵察任務が主になるんだけど、初めの出動でさっそく敵と遭遇。でも敵はかなり遠くだったので、深追いはせず戻ってくるんだけど、後にコレが待ち伏せのための行動だと発覚。次に任務に就いたドミヌーラたちが危ないと気付いたネヴィリルが、仲間総出で救援に向かうんだけど、やっぱりコール・テンペストは強いッスねー♪

しばらくこういう任務が続くんだろうけど、こういう経験も後に役立つんじゃないかな? で、、、ホントにマミーナは料理にネズミを使ったんだろうか・・すげー気になる(笑)
 
 
 
☆ 「吉永さん家のガーゴイル」 10話

ガーくんとオシリスがいれば安泰な気がするw

だって、しゃべる石像に妙にエロいなんて、この世の何処を探したっていないんだから、それだけであっという間に有名になるジャンwww

ってなわけで、今回は客離れを嘆く五色町商店街の不遇を救うために立ち上がるガーくんのお話。お隣さんのおばあちゃんに恩があるガーくんは、おばあちゃんに頼まれて商店街の一角に佇むことになるんだけど、すでにガーくんを見慣れている町の人にはあまり効果がなく、どうしたモノかと思案してると、梨々百色に協力して貰う約束を取り付ける(笑)

百色の犯行予告で盛り上がる商店街。それを聞きつけたヒッシャムオシリスを担ぎだすんだけど、コレはあくまで善意(笑) でも、そのせいで大混乱になってしまうんだけど、最後にガーくんと百色できちんと締めて大団円になってました♪

あ、、、ガーくんののエピソードは、まー想像通りっていうか、あの辺もガーくんの人格形成に上手く作用したのかな? なんともこの作品らしいオチの付き方でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

W杯開幕!!

金曜日ー。

4年ぶりの熱狂がまたまたやってきますよー。
そう、ドイツW杯の開幕です!!

今まさに開幕特番がやってるわけですが、今回日本は何処まで行けるでしょうかねー。もちろんグループリーグは突破して欲しい所なんですが、ブラジルはもちろんクロアチアオーストラリアもかなり強そう(^^;;

日本もかなりのタレント揃いだけど、こういう場だとチカラが出し切れないのが今までの日本だから過度な期待は禁物ですな(笑) とりあえず所詮のオーストラリア戦はなんとか勝ち点を取って欲しいですー。個人的には小野くんに頑張って欲しいな(笑)
 
 
っとと、昨日は記事にも書いたように、昼過ぎまでゆっくり寝て、更新掛けようと思ったらまだメンテが終わってなくて、仕方なく買い物に出ましたー(笑)

メイト購入物

・ CD
「魔界戦記ディスガイア」 ED
「うたわれるもの」 ED
「ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~」 OP

あと「舞-乙HiME」のコミック4巻を買って終了。さすがに毎週メイトに行くのはキツイねー。って、来週も買うモノがあるんだ・・・(;^_^A アセアセ…

で、買い物終わってから、ふらっとゲーセン寄ったら、スロ台の「ボンバーマンビクトリー」が置いてあったのでちょろっとプレイ。某ktmさんに液晶の動画を送ったらえらく喜ばれました(笑)<ボンビクには白ボン役で金朋が出てるw
これで気をよくして、しばらく行ってなかったパチ屋に行ってみたら、もうとっくに外されてると思った「ドンチャン2」があったので、コレが打ち納めと思い9kほど戯れてきましたw 予告なしリーチ目が何度か出たのは嬉しかったなー(笑) 「HANABI」はゲーセンで打てるところがあるけど、「ドン2」はゲーセンにすら置いてない日陰機種だっただけに、感慨もひとしおでした♪
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
日曜分をどうぞー♪
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ARIA The NATURAL」 10話

尻がエロい(笑)

ウンディーネの服装はいつ見てもエロいなぁ(笑) 特に今回はのエロさが強調されてて、ヤケに萌えた罠www あと、アリスのがでかかった(爆)

っと、そんなことはどうでも良くて、今回のお話は灯里の人脈について(笑) まー、人脈って程の人脈はないんだけど、いつも誰かに声を掛けたり掛けられたりしている灯里を不思議に思った藍華アリスが、そのヒミツを探ろうと灯里の後を尾行します。

水上バスに揺られる灯里をこっそり観察する二人なんだけど、ここでもあっという間に人の輪が出来て、今更ながらに灯里の人なつっこさに感心する二人。そうこうしているうちに、怪しい男がやってきて、この男とも仲良くなってしまう灯里に二人は危機感を抱くんだけど、灯里は全く気にせずに、この男と水上バスを降りてしまいました。って、二人とも降りそびれてるしー(^^;;

なんとか灯里が降りた場所まで戻ってきた二人は、必死に灯里を捜すんだけど、アリア社長の声で何とか発見。って、まだあの男といるよー(笑) まー、この男は結局なんてことはない操り人形師だったわけで、一安心する二人なんだけど、その操り人形に二人とも見覚えがあって、子供の頃に見た思い出が二人の中に蘇ってきて・・・。

なるほど、原作とは落としどころがだいぶ変わってたけど、これはこれで良かったかな? 怪しい人形師を死体運搬人と勘違いするアリスとか、水上バスの停止にビビる藍華とかも可愛かったし、何よりいつも笑顔で愛想のいい灯里は可愛いな♪
作画も安定してきたし、この調子で2クール目もがんばってくれー(笑)
 
 
 
☆ 「Fate/stay night」 22話

大どんでん返し・・って、程でもないかw

前回士郎に無理矢理キスされたセイバーですが・・・すっかり恋する乙女状態になっちゃいましたよ(^^;; あれだけ凝り固まってたのに、やっぱ肉体言語ってスゴイねwww

で、なかなか戻ってこない士郎にとセイバーが心配し始めて、居場所をあれこれ思索するんだけど、凛より速くセイバーが教会のことを思いつき、凛を置いて一人でさっさと向かっちゃいましたよw あれー、もう凛は蚊帳の外ですかー(笑)

教会に着いたセイバーは、さっそく士郎の元に辿り着くんだけど、士郎はランサーに串刺しにされた所。でも、セイバーの元に来ればキズも呪いも治るらしくて、全然緊迫感がない罠w
で、今回の黒幕である言峰も出てきて、聖杯戦争の真実を告げ始めるんだけど・・・うーん、、、なんだかなぁ。結局言峰の理想を叶えるためだけの聖杯で、さらに思惑通りにコトが進んでて、セイバーの願いなんて所詮意味を成さない。。なんて今更言われてもねぇ(笑) それでも、セイバーも士郎が散々言ってきた過去のやり直しには意味がないってことに納得する為には必要な展開だったのかなぁ?

ここまでばらしたからには二人を生きて返すつもりはない言峰は、二人を逃さないためにランサーとギルガメッシュを使うんだけど、こっちはこっちで仲間割れ(笑) まー、ランサーにギルガメッシュは止められる訳もなく、時間稼ぎにしかならなかったけど・・・なんかすげー哀れな死に方だったな(^^;;

まー、でも今回でいろんな伏線はほとんど消化。士郎の異常回復は体内にを持っていたからで、ギルガメッシュの存命+10年前の悲劇はどっちも言峰も仕業。なんにせよ、悪は言峰で、聖杯もその悪行にのみ使われるってコトで、士郎とセイバーは聖杯を破壊するために意志を固める・・・と。

残り2話で、どうまとめてくるか、、、大体予想は付くけど、楽しみにしておきましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.09

メンテなんてキライだw

木曜日ー。

昨晩、たっぷり感想を書いた記事をUPしようとココログに繋げてみたら・・・集中メンテって、なんだよー!!

16時までの予定だったけど、早めに終わるだろうと思って14時頃再度チャレンジしてみたけど、やっぱりダメ。結局その後出かけてしまって、結局こんな時間になってしまいました(^^;; メンテするのはいいんだけど、出来れば深夜・早朝帯は外して欲しいよ・・・(T_T)

ってなわけで、以下の記事は昨日UPするはずだったモノですw まー大したこと書いてないからさしたる問題はないか(笑) あ、、今日の出来事は明日の更新で書きます(爆)<それなんて怠慢(笑)?
 
 
そんなわけで、寝ても寝ても眠いッスw

日曜の降臨オフから帰ってきて数日、仕事帰りにパチにも寄らず真っ直ぐ帰宅して溜まったアニメ消化をしようと心がけているんですが、、、1本目を見てる途中に寝ちゃう罠(;^_^A アセアセ…
気付くと11-12時くらいになっていて深夜アニメが始まる時間。結局録画分を見ることが出来ず、結構困った状況になってます(笑)

それでも寝てるお陰か、体力的にはだいぶ復活してきてるのは良いことなのかな? 普段ならあれだけのハードスケジュールだと回復に1週間は掛かるしねー(^^;;

明日は休みだし、ゆっくりアニメ消化でもしますかー♪
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
溜めてたら1週遅れの感想になっちゃいました(^^;;
ってなわけで、火-土曜分を一気にどうぞー!!
 
 
・ 火曜日
 
 
☆ 「BLACK LAGOON」 8話

戦うメイドさん、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

やっとこのエピソードが来ましたよー♪ 原作読んで一番見たかったエピソードがコレなんだけど、放送順が原作と変わっていて、8話にしてやっと登場です!!<原作はもっと登場が速かったw

ってなわけで、今回ラグーン商会にやってきた依頼はある少年の移送。どうやらこの少年、マフィアから売られてきたようでラグーン号でロアナプラまで運ぶことになるんだけど、、どうもこの少年の身の上が怪しい。自分は南米の名家の嫡男でマフィアとのトラブルで今ココにいると・・。聞いていた話と違うってことで、ダッチバラライカに裏を取るように頼んで、とりあえずイエローフラッグに向かうんだけど、途中で少年からメイドの話を聞くことに。
少年によると、そのメイドはレヴィなんかよりずっと強いと言い、それを聞いたレヴィは全く信じないんだけど、イエローフラッグで見たそのメイドは・・・強すぎデスwww

にショットガンを仕込み、スーツケースにマシンガン。あっという間に集まったマフィアどもを蹴散らす姿に唖然w くぅーーー!! やっぱ格好いいよー!! しかもCVが富沢美智恵かよー(笑)

本格的に戦うのは次回だろうけど、これまた楽しみですー♪
 
 
 
・ 水曜日
 
 
☆ 「.hack//Roots」 9話

Bセットはエロいなぁ・・(笑)

今作の最萌えキャラタビーなんだけど、Bセットもイイ感じ。未だにタビータイプのキャラが「G.U.」に出てこないのが不満ですw<まだレベル16くらいだけど(笑)

前回ハセヲが見つけた5つの塔に集結する黄昏の旅団。ただ、まだ全部のウィルスコアが集まってないんだけど、匂坂は自分のあてがある俵屋のウィルスコアを奪いに向かい、もう一つのコアを持っているゴードは自らその場を訪れる。さらに、エンダーが大量の部下を引き連れてやってきて、いきなりPKバトルの始まりになるんだけど、なんとか匂坂が戻ってくるまでは持ちこたえないといけない。ってか、ゴードや匂坂はともかく、ハセヲやタビーのレベルで大量のPKと渡り合うってのがかなり不思議なんだけど・・いつの間にレベル上げしてたんだ(笑)?

しばらくすると、匂坂がなんとか俵屋からコアを譲り受けて、全部のコアが揃ったトコで塔から別の場所に転送されるんだけど、エンダーたちも一緒にやってきちゃいましたよー(笑)

でも、エンダーはなにかがありそうな感じッスねー。直毘が裏で糸を引いているような・・・。まぁ、でもキー・オブ・ザ・トワイライトにはかなり近づいて来てるようなので、次回の展開に期待かなー?
 
 
 
・ 木曜日
 
 
☆ 「XXXHOLiC」 9話

実際ああいうっているのかな?

今回はユビキリなお話。ひまわりちゃんに赤い糸の話を聞いた四月一日は妙な違和感を感じつつも侑子さんの家に向かうんだけど、そこに見た目幸薄そうな女性が訪れる。彼女を見た侑子さんは、前に小さな嘘を積み重ねた女性の時と同じように指輪を渡すんだけど、それが気になった四月一日は、彼女の後を追うことに・・・。ってか、四月一日もいい加減お人好しだよなー(笑)

で、彼女の後をつける四月一日なんだけど、前の子のように嘘を付いている訳じゃない。一体何が彼女の問題なのかと、さらに後を付けていくと・・・普通に彼氏もいるし、ちょっとキャラ作ってるっぽいけど、仲睦まじげな姿。うーん、、ホントに何が原因なんだ??

翌日も彼女見かけた四月一日はまた尾行を始めるんだけど、今度は前日と違う男と会ってますよw しかも、キャラが全然違うー(笑)
そうか・・なるほど、彼女は二股を掛けていたって訳ですねー。しかもユビキリで赤い糸の話なんかを持ち出しちゃってるから、古の契約の儀式であるユビキリが絡んでくるって訳で、その辺が侑子さんの琴線に触れた・・と。

で、しばらくすると彼女の二股はばれてしまう訳なんだけど、その際に次から次へとふった男たちが現れて・・・って、そんな状況は普通有り得ないだろwww

まー、彼女がそれだけ切って捨ててを繰り返してきたと言いたいんだろうけど、実際そんなコトをする女ってホントにいるのかな? まー、アニメだし深く考えずにインパクト重視で見る方が正しいってコトですなー(笑)<解決になってないw
 
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「MAJOR 2nd season」 25話

やっぱ寿くん、カコイイなw

1軍との壮行試合に登板した吾郎。序盤は快投を続けるんだけど、終盤ついに捕まってしまいました(^^;;; 初めは完全試合とか言ってた吾郎だけど、ノーアウト1・3塁で4番を迎えちゃ大量失点は覚悟しないとなーとか思ってたら、この試合全くやる気を見せなかった寿くんがやっと吾郎の元にやってきて少しのアドバイスを与え、なんとか1点で切り抜けることが出来きました。

でも、やっぱり吾郎はこの試合に勝って海堂を出て行くという気持ちは変わらず、それを知った寿くんもやっぱり裏切られた気持ちが強くて、打席でも気のない状態・・・と思ったら、寿くんってばちゃんと自分の中で結論を見つけて、吹っ切れましたよー!!
その結論とは、吾郎は今も昔も野球を死ぬほど楽しんで、強敵と戦いたいというただ一点でのみ行動しているってコトを理解して、自分が裏切られた訳じゃないと納得すること。
それを悟った寿くんは、1軍ピッチャーから同点のホームランを放っちゃいましたよー(笑) いやー、やっぱ寿くんはスゴイねーw

これで同点。吾郎の夢は実現するか・・・って、相手のエースが出てきそうな予感w しかも次回は26話。まだまだ終わりそうにないけど、2nd seasonって何話やるんだろうねー(^^;;
 
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」 6話

ちぃ、覚えた

今回もアニメオリジナル・・かな? なんか見たことあるような話だった気もしなくもないけどちょっと記憶が曖昧です(^^;;

ってなわけで、小狼たちが新たに訪れた地は魔術師の国。魔術師とくればもちろんファイが主役になるんだけど、いきなり現れた桃矢雪兎にビックリした(笑) まー、こいつらが出てきたとしても、やっぱり主役はファイ。この国の王様のことを聞き、スモモコトコが出てきたりしてファイたちはへと連れらて、そこでちぃに出会うファイは、自分が元いた国での出来事を思い出したりするんだけど・・・ファイの過去って一番不透明なんだよねー(^^;;

それでも二人惹かれるところがあったらしく、城から抜け出してデートを始めるんだけど、どうもちぃは知識がまだほとんどないようで、この辺も妙に凝ってますなw で、ちぃはそのままファイと一緒に旅立ちたいと言うんだけど、この国の王であるちぃがいなくなったら、この国は永遠に明けないに包まれ魔法も使えなくなり滅びてしまう。ファイももちろんちぃと一緒にいたいんだけど、その辺の状況も分かってるので、ココは大人らしくしっかりちぃを言い聞かせる。うーん、ファイはやっぱ大人ッスねー(笑)

あ、、ここで流れてた挿入歌がスゲー気になるんだけど、EDテロップには乗ってなかった(^^;;; ネットでもちょっと調べてみたんだけど情報ナシ・・・。サントラには収録されるだろうけど、出来れば単体シングルで出てくれると嬉しいんだけどなー(笑)<サントラは高いw

あ、次回はやっと原作話に戻るようですなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.06

降臨オフ終了♪

月曜日ー。

怒濤の2日間が終わりましたー。

土曜の朝7時に起床。そのまま眼科へ向かい100名超の視力検査で体力を削られながらも19時前に店に帰還。ガソリン入れて洗車してから自宅へ戻り出発まで仮眠を取ろうと思ったら・・・眠れない(^^;; 仕方ないのでそのまま4本ほどアニメ消化してからネットに出たら、メトロイド対戦を申し込まれちゃいました(笑)

まー、出発までまだ時間があるしーと思って気軽に参加したら・・・これがまた面白い!!

実は買ってすぐに5分ほどプレイしたっきり全く触ってなかったんだけど、他の人たちも同じような状況らしく腕に差はナシ。初体験のボイスチャットは初め恥ずかしかったけど、それもまた面白くってゲーム以外の部分でも楽しむことが出来ました♪ あ、、もちろんゲームの方も面白くって、徐々に慣れていく操作感システムなど、さすがは任天堂だなーとか感動しながら1時間ほど対戦に熱中してましたヨー(笑) これから木崎湖に出発するって言うのに何やってるんでしょうねー(;^_^A アセアセ…

でも、面白かったから良いのだー!!

ってなわけで、1時半過ぎくらいに出発。厚木経由で相模湖ICから中央高速に乗ったんだけど、深夜の412号は前に遅い車さえいなければ気持ちよく飛ばせるのはいいんだけど、燃費が心配な罠w 3時過ぎに談合坂で一休みしてから、そのままゆ~ぷるまでノンストップで直行。5時半に到着して、少し休憩してから仮眠に入ったんだけど、誰かが起こしに来るだろうと思ってたら7時過ぎまで誰も来なくて・・ちょっと焦った(笑)

でも、なんとかモーターボートの搭乗には間に合ったので良かったー。

モーターボートって初体験だったんだけど、コレはなかなかスゴイッスねー。どれくらい速度が出てるのか聞いたら60-70kmくらいだって言うんだけど、体感的には80-100kmくらいに感じるほどの疾走感。これはになりそうですなー♪

モーターボートの次はキャンプ場に移動してお昼のBBQ大会。20人以上でのBBQはなかなか壮観で、BBQ用コンロ4台に6~7人ずつ別れてみんなでを頬張る姿は凄まじかったです(笑)

 
(拡大画像はナシw)

お腹もふくれたところで小熊山登頂。今回は軽トラの荷台に載せてもらって登ったんだけど・・・アレはヤバイw 公道では違反なんだけど林道なので治外法権(だけど自己責任w)ってことで荷台に載って林道を走っていったんだけど、山道なので急カーブはもちろん木の枝が危険(笑) 気を抜いているとバシバシ当たってくるのでそれらを避けながら必死にしがみついてるだけでも楽しいんだけど、追走してきたハーレーから流れてくる大音量のアニソンや、さらに後ろを走っていた白デリカからのカメラに答えたりして、大はしゃぎで山頂まで登っていきました♪

GWは雪がまだ残っていて登ることの出来なかった小熊山山頂。今年初の木崎湖一望はやっぱり壮観で、新緑の美しい風景は心休まりますなぁ。そこで集合写真を数枚撮って、降臨オフ自体はそこで解散。と言っても、誰も帰りませんけど予定は終了ってコトですな(笑)

 

山から下りてきて、再度キャンプ場へ。3時過ぎだけど、まだ日が高くて日差しが暑い・・・。と、、来たらやっぱりアレしかないでしょー(笑)!!
今回は事前に情報を得ていたので準備はバッチリ。ちゃんと荷物に水着や水中眼鏡まで入れてきた甲斐があったってもんですよw さっそく着替えて木崎湖へ入水・・・ってまだ水冷たいじゃないかーー(爆)!!

いや、、でもGWに比べたら全然マシだし、何より外気温が高いのでそれほど寒くない(笑) 水温も浸かってしまえば苦にならない程度だったので、意外と気持ちよく泳げましたよ♪ さらに桟橋からの飛び込みも3・4回程楽しんで、もうノリノリー!!!
やっぱ水着って偉大だよねーw 普段はいつもノリで飛び込んでしまっていたので、下はジーンズとかチノパンとかが多かったんだけど、アレはやっぱり泳ぎにくい(笑) 今回ほど水着のありがたさを感じたことはありませんでした(爆)

って、はしゃいでたら・・・体力なくなりました(爆)<泳いでたので画像はナシw

もうちょっと遊びたかったけど、仕方なく温水シャワーを浴びて着替えてから縁川へ。GWに食べ損ねたうどんを食べて、まったりモード。6時過ぎまで縁川でゆっくりしてから、前回時計を忘れたすずむし荘へ温泉にー♪ って、人大杉ーwww
縁川にいたほとんどの人が温泉に来たので、洗い場とか露天風呂が全部身内で埋まっちゃいましたよー(笑)
その後、豊科IC手前の「びっくりドンキー」で夕食♪ 縁川でうどんを食べていたのでハンバーグ食べずにデザートだけで済ましちゃったけど、意外とお腹はふくれましたw


(携帯画像w)

帰りの高速は関東組で追走大会(笑) アルテッツァ2台にハーレー(諏訪までコロナもw)で抜きつ抜かれつでぶっ飛ばして来たんだけど、、みんな速いよー(笑) 普段、高速は燃費重視の走行だから、それほど飛ばさないんだけど、今回はみんなに着いていく為に結構踏んでましたw でも眠気もそれほどなくて(体力的には限界だったけどw)気持ちよく帰って来れましたヨー♪

そして、2時半過ぎに無事帰宅。いやー、今回もよく遊んできましたなー(笑) 3日の午前7時に起床して、5日の午前3時半に就寝するまで約44時間。仮眠2時間で乗り切ったのはさすがにきつかったけど、楽しかったので全てヨシ!!!<おぃw

主催の舘さん、お疲れ様でしたー&ありがとうございましたー♪

また来年も参加出来るといいな(^^)
 
 
っとと、、アニメ感想はまた後日で(^^;;;
消化が追いつかないー(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.06.03

メトロイド買ってきたw

金曜日ー。

明日は眼科が終わってから木崎湖へ出発予定ですー。
何故この時期に木崎湖かというと某降臨オフに初参加するため♪ っていうか、夏場(まだ初夏だけど)に木崎湖行くことって今までなかったんですよねー。この時期の眼科は死ぬほど忙しいし、7月の連休はキャラショーに行ってたし、お盆はもちろんビッグサイトwww
必然的に夏場に木崎湖に行く機会はなかったんですが、今回はなんか無性に行きたくなったのでかなりの強行軍ですががんばって行ってきます!!

天気はそれなりに良さそうなので、良い写真が撮れるといいなー♪
 
 
あ、、、昨日はメトロイド買ってきましたよw
ヨドバシで見かけて、たいして迷わず買っちゃいました(笑)

で、ちょろっと遊んでみたんだけど・・・ヤバイよ、これ。難しいよー(;^_^A アセアセ… 左手で移動操作+ショット、右手タッチペンで照準・・・というかなり独特な操作性。これに慣れないとまともに遊べそうにない罠(^^;;

うーん、、、とりあえずニューマリオをコンプするまで封印かな(爆)
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
日-月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ARIA The NATURAL」 9話

眼鏡アリシアさんは萌えるなぁ(笑)

今回はお泊まり話。アリシアさんとの指導員練習の際にまだまだ自分の知らないアクアのステキな場所があるとしった灯里は、コレはいけないとステキ探しを始めるんだけど、藍華アリスも自分だけが知っているようなステキな場所を持っていて、さらに感動して、自分でも探そうといいだすんだけど・・夜は停電が起こるらしいッス(笑)

真っ暗なのが苦手な灯里はアリシアさんに相談すると、アリシアさんは蝋燭をいっぱい持って泊まりに来てくれましたー。蝋燭に照らされたARIAカンパニーが不思議な雰囲気に包まれ、さらに入浴シーンもーー(笑)!!!

その夜はアリシアさんとアリア社長の3人でゆっくりと語り合う灯里。知らないことだらけと悲しむ灯里をグランマのエピソードを交えゆっくりと励ますアリシアさん・・・。くー、いいなー♪

やっぱり寝る前に見るのが最適のアニメだわー(笑)
 
 
 
☆ 「Fate/stay night」 21話

キス、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

そういえば、キスは初めてか。なるほど、これはクるなぁ(笑)
ってなわけで、前回セイバーを置き去りにした士郎は、慌ててセイバーを探しに行くんだけど、その帰り道で前に出てきた金ぴか野郎wが出てきて行く手を阻む。金ぴか野郎はギルガメッシュで、セイバーは全く歯が立たない。このままだと二人ともやられてしまう・・・って時に、士郎が根性見せます(笑) やられてもやられても立ち上がりセイバーを助けようとする姿は、愚直ではあるけどなかなかのモノ。そして、エクスカリバーの失われたを投影して、ギルガメッシュを敗走させるなんて・・士郎にしては出来すぎじゃないか(笑)?

なんとか無事自宅に戻った二人だけど、セイバーに現世に留まって貰いたいという士郎の気持ちは変わらずセイバーに言い寄るんだけど、セイバーは個人の感情より王としての責務を果たしたいという至極真っ当な意見で対抗。こりゃセイバーの言い分のが正しいよなー・・とか思ってたら、士郎ってばキスしやがりましたよー!!!

いや、、まぁ、あそこまで凝り固まったセイバーの思考をほぐすためにこのキスは必要だったんだろうけど、セイバーの言うことにも一理あるので微妙な感じ。まー、これでセイバーの気持ちはぐっと士郎に傾いていくのかな?

で、コトの真相を確かめようと、また一人でノコノコと教会へ赴く士郎なんだけど、教会はいつもの雰囲気と違い危険な匂いがプンプン。それでもまたセイバーも呼ばずに一人でずんずん進む士郎・・・またこいつ死ぬ気だなwww

案の定、そこにはしばらくぶりに見たランサーがいて・・・刺されてますよ(爆)

もう、いい加減にこいつの鳥頭はなんとかならないのか? こんなヤツにセイバーが傾くのはムカツクぞーーー(笑)!!!
 
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「涼宮ハルヒの憂鬱」 9話

あっかんべーするハルヒは良かった。

けど、ただそれを見せたいが為だけに延々とどうでもいい描写を見せらるのはちょっとなぁ・・・・(^^;;

今回はアニメオリジナル話らしく、時系列が一気に飛んでになってました。まー、その辺はもう慣れたのでどうでもいいんだけど、話の中身はほとんどないし、絵も動かない。同じまったり空気なARIAと比べても明らかに劣るダメ話でしたなぁ・・。

SOS団の日常をまったりと描いていて、キョンのストーブ引き取りやハルヒみくるん撮影会とかはまだ良かったけど、長門が延々本を読んでる描写は何とかならなかったのかなぁ? バックの会話も聞き取りづらくてたいして面白くなかったし拷問かと思ったよ・・・。あと、みくるんの着替えで邪魔してたしー!!<コレは完全に私怨だけどw

まー、脚本・作画の小休止回ってトコだったのかねぇ。次回はまた「憂鬱」に戻るようなので、そっちはちょっと楽しみかな?
 
 
 
☆ 「シムーン」 9話

ドミヌーラがコワイ・・・(^^;;;

前回のテロ騒ぎで一時的に復活したコール・テンペストなんだけど、やっぱり解散は解散らしく審問会ネヴィリルが呼ばれ詰問されることになる。諦めムードの他のメンバーは、テロでなくなった人々への祈りのリ・マージョンの準備を始めるんだけど、やっぱり浮かない様子。。。

詰問会では、コール・テンペスト不要派が初め主権を握るんだけど、ネヴィリルの答弁で徐々に逆転。さらに女神であるオナシアがネヴィリルを擁護するような構えをみせ、逆転出来るか・・・と思ったら、ネヴィリルったら自分は人殺しの戦闘員だーなんて不利になるような発言をしちゃって、反感買いまくり(笑)
さすがに旗色が悪くなったんだけど、そこに他のコールの人がやってきてネヴィリルは尊敬に足る人物でコール・テンペストも自分たちの目標だと告げると事態は一変。

と、そこに追悼のリ・マージョンの準備をしていたアーエルたちの所に敵国の突撃廷みたいなのが大挙してきて大わらわ(^^;; 6機揃っていないコールテンペストは確実にその大群を沈めるリ・マージョンが使えず慌ててしまうんだけど・・・そこに、ネヴィリルがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

いやー、やっぱり6機揃ったリ・マージョンは壮観ですなー。あれだけいた敵(そもそも、本拠地にあれだけの戦力を送ってこれること自体不思議だけどw)も一掃してしまうほどの威力・・・神官や巫女たちがなんと言おうと、ありゃ戦闘機だよ(笑)

コール・テンペストの解散も正式に撤廃され、これでアーエルも思う存分戦えますなー♪ って、まずは辺境警備かー(笑) ま、それもそれで楽しんでくださいな(^^)v
 
 
 
☆ 「吉永さん家のガーゴイル」 9話


怪盗梨々、、、萌ゆる(笑)

百色との暮らしも長くなり、その間に梨々は百色への尊敬の念は日に日に募っていくんだけど、コトもあろうか梨々ってば将来の夢に怪盗になりたいと思うようになっちゃいましたよー(^^;;
それを聞いた双葉も当然怒り心頭でケンカが始まってしまうんだけど、一度決めたら曲げない梨々は頑なに怪盗への憧れを抱き続け、それを知った百色も危惧し始めるんだけど、この肝心なときに風邪でダウンとは何事だーーー(笑)!!

ガーくんもこの事態を危惧して百色の元を訪れるんだけど、百色の思いを聞いていったんは静観することに。

そんな中、百色に恨みを持った人間が百色に変わって犯行予告を出してしまい、風邪で寝込んでいる百色本人に変わって、梨々がこっそり犯行に及ぶことに・・・。ガーくんと双葉は清川刑事の依頼を受けて警備にあたるんだけど、そこに梨々が現れて愕然。犯行を停めようとガーくんはデュラハンと戦い始めちゃうんだけど、双葉は犯人が別にいることに気付いてその戦い止めに入り、先に脱出した梨々は百色と真犯人との戦いの場に紛れてしまうんだけど・・・風邪で調子のでない百色は苦戦気味。でも戦いをやめたガーくんとデュラハンが間に入って無事決着・・・かな(笑)?

百色は梨々に怪盗とはどういう仕事なのかきちんと説明して、梨々を説得するんだけど・・・うーん、あんまし聞いてない様子(^^;; まー、技術は覚えて損はないけど大きくなるまでに善悪の判断をきちんとつけてくださいな(笑)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.01

時間が足りない・・・。

水曜日ー。

明日はメトロイドの発売日!!
今日もマリオカートをチャット仲間とやってたんですが、メトロイドが出るとなるとしばらくはマリオカートは追いやられてしまいそうです(笑)

と言うのも、このメトロイドもマリカと同じくネット対戦が出来るのです!! となれば、またWi-Fi通信を使った対戦に熱くなるのは必至。当然対戦で勝つためには自主トレという名のソロプレイもやり込まないといけないわけで・・・(^^;;
ニューマリオもまだWORLD-5の途中だっていうのに、時間がいくらあっても足りないじゃないかーー(笑)!!!

なので、買うのを先延ばしにしようかとも思ってるんだけど・・・見たら買っちゃうんだろうな(^^;;
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
とりあえず、土曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「MAJOR 2nd season」 24話

いきなり試合開始www

残り話数が少ないのか、前回1軍との試合の話が出てきたと思ったら、さっそく翌週の今回で試合開始ですw 劇中では半年くらい間があったはずなのに、Aパートでだだだっとカットが入っただけで終わっちゃいました(笑)

まー、話のメインはこの試合なので、早く試合を見せてくれた方が楽しめるってことで、見ていて不快感はなかったんだけど・・・あれー、やる気満々の吾郎はこの際良いとして、寿くんがなにやら不穏な動きを見せてますよー。
試合前に監督に直訴して、この試合から外してくれと言ったり(もちろん、ベストメンバーで挑むわけだからそんな我が儘は聞かない)、試合中もボーっとしたりしていつもの寿くんでは有り得ない姿を見せてますなぁ。

でも、その気持ちは分からないでもないかも。吾郎は一人で1軍を倒すと躍起になって周りが見えてない。で、それに気付いてしまった寿くんは寂しいんだろうな(^^;; 今回の試合も吾郎は一人でやる気になってるから、それも寂しいんだろうな。結局勝っても負けても出て行くつもりなんだし(笑)

あ、試合の方は半年間チカラを付けてきた吾郎のピッチングには一軍の強打者たちも驚いたようで序盤は無得点の争い。吾郎の言うとおり、このまま完全試合・・とはならないだろうけど、簡単に打ち崩すコトも出来ないだろうから、しばらくは息詰まった戦いが楽しめるかなー?
 
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」 5話

藤隆さん、出たーw

って、子供の姿じゃん(^^;;
今回もまたアニメオリジナル話。前回の「ツァラストラ国」を旅だった小狼たちが付いた所はのど真ん中。ちょうど通りがかった船に助けられるんだけど、そこの船長が「ナユタヤ国」で登場した悪の領主だったのでちょっと身構えちゃったけど、この船長はどうやらいい人っぽいw
助けられた恩もあり船の手伝いをすることになって、サクラ姫ファイは調理場へ、黒鋼は甲板へとそれぞれ役割が振られて、小狼は機関室に連れて行かれるんだけど、そこにいた機関長ってのが・・・初め誰だか分からなかったんだけど、言われてみると確かに藤隆さんだ(笑) 見た目は子供なんだけど、妙な雰囲気を持っている辺りは藤隆さんっぽいねー。そんな藤隆少年に小狼は引かれていくんだけど・・・。

うわ、急にがwww

しかも、ご丁寧に小狼と藤隆少年だけ投げ出されちゃいましたよーw で、流れ着いたのが曰く付きのなんだけど・・別段変わったトコは見られない。小狼たちはその島を探検(っていうか、逆側に船がいそうなのでそっちに移動)しはじめるんだけど、どうやらそこは昔人が住んでいたようで、遺跡みたいなのがあって、それを頼りに島の裏側に辿り着く小狼たち。もちろん黒鋼たちも助けの小舟を出していたんだけど、いざ救出ってトコで、首長竜みたいなのが出てきて黒鋼たちを襲・・・・って、、、、黒鋼が瞬殺しちゃったよwww

なんか、オリジナル話はやっつけ仕事っぽくて、たいして面白くないなぁ(^^;;<原作が面白いかと言われるとそれも困るけど、少なくとも話の進展はある(笑)
次回もまたオリジナルっぽいんだけど、ちぃが出るなら話は別だ!!
期待して視聴しますぞーw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »