« W杯終了!! | トップページ | TVブースターとか「ちょこシス」とか »

2006.07.15

「N・H・Kにようこそ!」感想とか。

金曜日ー。

この3日間、ココログのメンテで更新出来ませんでした。といっても、更新スケジュール自体はそれほど大きく狂ってはないんですけどね(^^;; この半年くらいずっとココログの管理画面は異常に重くて、spamトラックバックの削除すらままならない状況だったんですが、このメンテでソレが改善されてると嬉しいな♪<って今試したら、たいして軽くない(;^_^A アセアセ…

さてさて、最近の近況はW杯が終わって一息ついたトコです。昨日もメイトに買い物に行ったり、時間つぶしのパチで思いがけない勝利をして肉の固まりを食べたり、結構のんびり暮らしてます(笑)
 
 
なんかいろいろネタがあった気もするんだけど・・・あ、「サマーデイズ」の回収があったかw

満を持して発売した叔母風呂の新作「SUMMER DAYS」ですが、発売日に2GBのバッチが出て、さらに毎日のようにバッチが出続けていましたが、ついに自主回収になったようですw
ウチも「スクデー」にはまったクチだったので、「サマデー」も買う気でいたんですが、発売前からイヤな噂ばかり流れてきていて購入を渋っていたんですが、それが良かったのか悪かったのか・・・(^^;; 噂では無修正シーンがあったとかなかったとか言われてますが、そもそも完成してなかったらしいので、どれが無修正なのか分からない罠w

アキバではまだ買える店舗もあるらしいんだけど、今更買うことはないでしょう。モザイクが入ってもバグがなくなるまで買いません(笑) あ、、ちゃんとしたVerが出たらそのうち買いますよー。だってドロドロさとエロさは前作なみって噂だしwww
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
新番「NHK」を含めた土-月曜分をどうぞー♪
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」 11話

デフォルメキャラ、可愛すぎwww

紗羅ノ国」から旅だった小狼たちは、また新たな世界に降り立つんだけど、そこはなんだか可愛い雰囲気の国。ってか、キャラ全員がかわいくデフォルメされてるよー(笑)<特にサクラ姫のかわいさは異常!!
訳が分からずモコナに事情を聞こうとするんだけど、そこにはモコナの姿はなく、みんなで探すことになるんだけど・・・なんかデフォルメキャラでシリアスになられても困っちゃうな(笑)

そんなモコナは一人別の空間にいて、そこで謎の女性と会うんだけど、そこにはサクラの羽根まであって、これはラッキーとその女性に羽根のことを話すんだけど・・・。どうやら小狼たちは絵本の世界に閉じこめられてしまって、ソレを救い出さなければならないらしい。モコナは自分なりの脱出劇を考え始めるんだけど、その思いに合わせて動く小狼たちはなんだかスゴイ目に遭ってますよwww

いきなり学園モノになってて、小狼とサクラ姫が淡い恋に落ちる。さらに先生役だった黒鋼が怪獣に変身してその世界を混乱させるんだけど、ファイの導きで・・・ってキスしないといけないのかーーー!! 小狼とサクラ姫のキスなんて見たくないー!! と思ってたら、案の定二人はキスせずに、前の世界からゲスト出演してた鈴蘭蒼石がキス(笑) そしたら謎の遺跡から巨大モコナが現れて全てを吸い込んじゃいましたw

吸い込まれた小狼たちは、無事モコナの元へと戻ってくることが出来たんだけど、全てを導いてくれた謎の女性(エメロード姫らしいw)はすでにその場に居ず、モコナはちょっびり寂しい思いをするんだけど、サクラ姫が優しく接したお陰で立ち直ってまた次の世界へと旅立つのでした♪

いやー、こういうお遊び的オリジナルは面白いねー。原作にはあまりこういった話が見られないからアニメで見られるのは嬉しいかも。しばらくオリジナル話が続くみたいなので、今後も期待ですー!
 
 
 
・ 日曜日
 
 
☆ 「ARIA The NATURAL」 15話

晃さん、男らしすぎ(笑)

何気ない夏の午後、灯里はとある広場にやってくるんだけど、そこに偶然くるみパンを買ってきたさんが通りかかる。そしてまた偶然が通りかかり、さらにアルくんまで通りかかって、いきなり大人数になっちゃいました(笑)
そして、話が弾んでいく中、なんと暁とアルくんが幼馴染みだと言うことが判明。そのまま思い出話に花が咲くんだけど・・・。

子供時代、暁とウッディが公園で遊んでいるところに晃さんとアリシアさんが通りかかって、その輪の中に乱入(笑) 暁はウッディに良いところを見せようとブランコジャンプで気張ったりするんだけど、常にその上をいく晃さん。ついには、アクアの平和を掛けた滑り台勝負に発展するんだけど、やっぱり晃さんは見事なジャンプでクリアして、ソレを見た暁がさらに気張って大ジャンプをするんだけど、着地に失敗www

失意に暮れた暁はアクアの平和を守ることを晃さんに受け渡すんだけど、晃さんってばアクアは自分のためにあるって言い切っちゃいましたよ(笑)

って、そのことをすっかり忘れてる晃さん(^^;;;
いやー、やっぱり晃さんは男らしいッスー!!!
 
 
 
☆ 「ゼロの使い魔」 2話

ツルペタは萌えないwww

ルイズの着替えシーンとか結構頑張ってるんだけど、ツルペタ属性のない自分には全然興味がない罠(笑) どーせならキュルケの着替えシーンを・・・(爆)

ってなわけで2話目です。前回ルイズに召還された才人がどうやってこの世界に来たかが明らかになったわけですが、、、才人、警戒心無さ過ぎ(^^;;; まー、アキバにいきなり変な空間が出現したらウチでも入ってみようかと思いますが、実際そんなことは起こるわけもなく・・・(笑)

と、そんな行き当たりばったりで異世界へと来てしまった才人はルイズのいう貴族平民の違いなど当然理解出来るわけもなく、多少の反発はするんだけど、意外とあっさり受け入れてしまう面もあって、ちょっと不甲斐ないと思ったり・・・。ってか、床にパン一切れって、今まで日本という国で普通に暮らしてきた人間には受け入れがたい屈辱じゃないのか??

まー、それを表に出さずに受け入れてしまうところに才人の才覚があるのかもしれないし、ギーシュとの決闘もいくらやられても諦めず、最後はなんか妙なチカラで逆転してしまうっていう王道(安直ともいうw)展開に繋がったと見ていいかな? 才人の能力がまだどういったものかはっきりしないけど、多分何らかの因子があって召還されたんだろうし、全く理由無しってことはないだろうから、その辺りは今後の展開に期待ってトコでしょうかね。

あー、ルイズのツンデレッぷりは確かに堂に入ってますねー。その辺の劣化Verとは比べようもないツンデレの中のツンデレはやっぱり萌えますなw
 
 
 
・ 月曜日
 
 
☆ 「N・H・Kにようこそ!」 1話

岬ちゃん、萌えーーーーーー!!!!!

原作のコミック版(小説版は読んでないw)をだいぶ前から読んでいたので、結構期待していた作品。ただ、この作品、宗教アリ・薬物アリ・自殺アリの、かなり電波なアリアリ展開なので、そこを何処までアニメ化してくれるか、かなーり不安だったのも確か。とりあえず初回の今回は無難なまとめ方だったけど、序盤の「陰謀」の件はちょっと冗長過ぎたかなー?

NHK(日本ひきこもり協会)の陰謀と印象づけるためとはいえ、電波な演出が延々続くのは正直きつかった(^^;; 佐藤ヒキコモリの原因もかなりの濃さで、視聴者を引かせるのには十分・・・だったんだけど、ちゃんが出てきてからは、この作品が持つ魅力を十分引き出していて、佐藤の空回りっぷりを存分に楽しめました♪

さらに、佐藤の妄想とはいえ自慰シーンまでしっかり再現してくれたGONZOに拍手!! いやー、岬ちゃんが牧野由衣だとは始まるまで知らなかったから、破壊力アリすぎ(笑) あの声で喘がれたら・・・悶え死にますよwww

初回評価=75点

作品雰囲気に合いそうのないキャッチーなOPや、大槻ケンヂ(大岩ケンヂに掛けてるのか?)のEDとか結構話題になりそうだし、作画も良好。電波な演出は好みの別れるところだけど、それ以上にこれから先、原作の料理の仕方が気になりますなー。出来る限り改変しないでやって欲しいですw
 
 
 
☆ 「シムーン」 15話

ドミヌーラ、復活!!

偵察任務に出ていたアーエルネヴィリルが「メッシス」に帰還するんだけど、その「メッシス」では、敵影を察知したシビュラたちがパライエッタの指示の元、次々と出撃していた。ドミヌーラはまだ復調せず、部屋に閉じこもってるらしいんだけど、パライエッタはこの事態の対応への自分の判断に不安を持っていてネヴィリルに縋ったりしてますよー。そのくせ、アーエルにはきつく当たったりして、どんどん回りの人望を無くしていくパライエッタ(^^;; 逆にアーエルは子供たちには受けが良いらしく、アーエル支持派が多くてちょっとビックリ(笑)

そんな状況のなか、残ったアーエル・リモネ・モリナスで隠れんぼを始めるんだけど、リモネはその最中、憔悴しきったドミヌーラを見つけてしまい、現在のドミヌーラの状況を垣間見るんだけど。。。リモネってば優しいねー♪ その優しさに打たれたドミヌーラは無事復活。お互いパルの絆も深めたし、これでこの二人は安泰かなー(笑)

でも、パライエッタの方は相変わらずテンパってるし、偵察に出たシムーンも戻ってこない・・・。この非常事態をどう回避していくか、結構楽しみですー♪ って、次回のサブタイが「翠玉のリ・マージョン」!! 死人が出ないことを祈りましょう(;^_^A アセアセ…

|

« W杯終了!! | トップページ | TVブースターとか「ちょこシス」とか »

コメント

どうもです~~。

>ツルペタは萌えない
いえいえ、きっと微かな膨らみはあるに違いないですよ。
それこそ手のひらサイズな感じで。
え? 貧乳も駄目ですか?

じゃあしょうがないすな・・・(笑)

投稿: シバッチ | 2006.07.15 午後 09時16分

>シバッチさん
どもですー♪

> え? 貧乳も駄目ですか?
普通程度ならいいんですが、貧ニュウも興味対象外ですなー(^^;;
ちょうど今日ゼロの3話目を見たんだけど、やっぱりキュルケの超巨ニュウは萌える(笑)

どうも根っからの巨ニュウ好きみたいです(爆)

投稿: 萌え店長 | 2006.07.17 午前 04時40分

通りすがりですが、ちょっとだけ。
>大槻ケンヂ(大岩ケンヂに掛けてるのか?)
逆です。(大岩の方がそうなのかの確証は無いですが、類似度からすると
大槻ケンヂってのは、ダメ人間界隈では教祖みたいな存在で、今は解散していますが「筋肉少女隊」というバンドのヴォーカルでした。
今回の曲は過去の曲のアレンジ版で、元は
[踊るダメ人間]
http://www.youtube.com/watch?v=fkMBO1IZkBo
http://www.kids.co.jp/King-Show/disco/html/dame.html
という曲でした、歌詞もメロディも素晴らしい曲ですので、一度お聞きアレ。それではっ

投稿: es | 2006.07.22 午前 02時33分

>esさん
どもですー。

>大槻ケンヂってのは・・・
あー、当然大槻ケンヂのコトも「筋少」のコトも知ってますよー。世代ですから(笑)
サブカル系に進出したあたりから、胡散臭さが出てますがwww

書きたかったのは、ケンヂ繋がりでEDに起用したのかどうかってコトです。もちろん「踊るダメ人間」っていう歌のテーマが作品にあってるってのもあるんだろうけど、それ以上に何かありそうな気がしたので(笑)

ってか、ウチがNHKの原作コミックを買ったきっかけが、本屋の新刊コーナーで始めてこのコミックを見つけたとき、大槻と大岩を見間違えて「大槻ケンヂ原作のコミックが出たんだー」と思って本屋で買ったからなんです。<大バカ(爆)
そしたら、作画担当が大岩ケンヂで原作が滝本竜彦だったという・・・全く見当違いもイイトコでしたが、作品が面白かったのでそのまま買い続けて今に至る。。。と(笑)

いやー、人生何が起こるか分かりませんね(爆)

投稿: 萌え店長 | 2006.07.24 午前 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37558/10944451

この記事へのトラックバック一覧です: 「N・H・Kにようこそ!」感想とか。:

« W杯終了!! | トップページ | TVブースターとか「ちょこシス」とか »