« TVブースターとか「ちょこシス」とか | トップページ | ハウルとかー。 »

2006.07.19

夏の映画特集?

火曜日ー。

今年の夏は映画が盛りだくさん!!
作品の出来に関わらずアニオタには欠かせないジブリの新作「ゲド戦記」を始めとして、GONZOXフジテレビの「ブレイブストーリー」に、細田監督の「時をかける少女」。アニメ放映中の「ハチクロ実写版」や、往年の名作リメイクな「日本沈没」とか、トムさまの「M:i:III」やジョニー・デップの「パイレーツオブカリビアン」とかもある。

上に挙げた作品は少なからず興味のある作品なんですが、全部見るのは到底無理(^^;; アニメ三作はなんとしても見ようと思ってますが、実写モノは「ハチクロ」が見れたら嬉しいなーってくらいです(笑)

で、早速今度の休みに「時をかける少女」を平塚まで見に行こうかと考え中。早い時間しか上映がないのがちょっとネックですが、早起き出来たら行ってきます。感想、こうご期待(笑)!!<いや、起きられる保証はないからwww
 
 
さてさて、新番感想ですー。
これで一段落かな?
 
 
・ 「僕等がいた

大地監督の最新作ー。って最近大地監督の作品ってあんまし見てないんだよな。tvkで放映がないので、一番遅いキッズでの視聴になってしまったんだけど、前評判は賛否両論。結構好きって言う人と、だめだこりは・・て言う人がいて、その時点で万人受けはしないんだろうとは思ってました(笑)<その点、大地監督作品らしくもあるなw
で、自分の感想なんですが・・・ちょっと評価に苦しみますねー。主人公の女の子は結構可愛い感じで面白いんだけど、相手役の男がいかにもな感じで軽く拒否感がwww しかも話は意外と重くて、お気楽ラブコメって訳じゃなさそう。その重苦しさがこの作品のキモである切なさとなっていくだろうコトは容易に想像付くんだけど、その容易さが「取って付けた感」となって、素直に受け入れられない罠(^^;;; しばらく様子見で視聴は続けるけど、たぶん切るんだろうなー(笑)

初回評価=60点
 
 
さてさて、アニメ感想ですー。
土曜分をどうぞー♪<あれ?日曜分は(笑)?
 
 
・ 土曜日
 
 
☆ 「ツバサ・クロニクル 第2シリーズ」 12話

電気自動車ってトコに妙に感心(笑)

普通なら何も考えずにガソリン車だと思うんだけど、そこにちゃんと気を遣って電気自動車にするあたりNHKらしさを感じましたよwww

ってなわけで、今回もオリジナル話。前回のモコナワールドから旅立った小狼たちが降り立ったのは道の真ん中w そこでモコナサクラから預かっていた羽根を返そうとしたときに後ろから巨大なトレーラーがやってきて、羽根を引っかけて行っちゃいましたよwww
当然小狼たちはそれを追うんだけど、車と徒歩じゃいくら追っても追いつかない。途方に暮れていたときに長距離バスが通りかかって小狼たちを載せようとしてくれるんだけど、当然お金が必要。この世界のお金をまだ持ってない小狼たちは困ってしまうんだけど、そこに譲刃(当然この世界の譲刃ねw)が現れて、小狼たちの旅費を出してくれるという。不思議に思いながらも譲刃の話を聞くと、変な老人に絡まれているのを助けて欲しいって言うことなんだけど・・・その変な老人も前にあった武器屋の主人じゃんw しかも、別に老人はそれほど悪い人ではないし・・・うーん、謎だ(笑)
他の乗客も、笙悟・プリメーラ・千歳など、他の世界であったことのある人たちばかりなんだけど、何やら訳ありっぽい様子だし・・・。

羽根を引っかけたトレーラーになんとか追いついた小狼は、少ない時間をモノにしようと必死に羽根を追うんだけど、すんでの所で取り逃がしてしまう。そして、になり、この世界では夜は車を走らせては行けないらしく、チャンスと思った小狼なんだけど、そこにギャングが押し寄せてきて・・・。

うーん、、、この話、どういう結末を迎えるのかまだ分かりませんねー。ギャングたちは小狼や黒鋼が倒すとして、単にバイクを奪って羽根を奪取して終わりってコトはなさそう。バスの乗客たちの不穏な動きがどう関わってくるか、後半に期待ですなー♪
 
 
 
☆ 「コヨーテ ラグタイムショー」 2話

フランカのケツの肉付きが・・・エロい

まだ子供のはずなんだけど、カラダは妙に肉感的でなかなかにエロいデスw チェルシィもそのおっぱいでイロイロ人脈を持っているようで・・・この先の期待が膨らみますよー(爆)

ってなわけで、2話目です。1話目で脱獄に成功したミスターが向かった先は、自分が営業してるバーなんだけど、ミスター不在の間そこを切り盛りしていたのがフランカ。フランカはミスターの友人の忘れ形見ってコトらしいんだけど、それ以外にも財宝のとなる存在みたい。フランカはソレを知っていてミスターに素直になれないんだけど、ミスター自身は鍵というよりフランカ自身を大事に思っているように見えるんだよね。

で、ミスターを追ってきた12姉妹が早速襲撃を仕掛けてくるんだけど、2話目でもアクションシーンは見応えありましたねー。派手なドンパチで死人出まくり(笑) それでもコヨーテたちは必死に応戦して、ビショップカタナを逃がしたりしてイイ感じ。でもミスターの方はかなり追いつめられちゃって絶体絶命(^^;; ビルの屋上でフランカと一緒にぶら下がってますよ(;^_^A アセアセ…

ここでもミスターのフランカに対する思いが見られるんだけど・・・今回の話って派手なアクションシーンを見せながらも、ただこれだけが言いたかったんだろうね(笑) まー、あれだけのアクションシーンを見せられたらそれだけでもある程度満足なんだけど、もうちっと話の中身も欲しいと思ったりするのは贅沢なのかな(笑)?

まー、まだ話は始まったばかり。まだまだはイロイロ残ってそうなので、今後も楽しみにしてますよー♪

あ、絶体絶命だったミスターは、ちゃんとカタナたちに助けられました。ってか、お約束すぎる救出シーンだったけど、やっぱああいうのは燃えるね(笑)

|

« TVブースターとか「ちょこシス」とか | トップページ | ハウルとかー。 »

コメント

どうもです~~。

>僕らがいた
大地監督は暗いの描かせると凄いですからねぇ。
この作品がどうなるのか怖くて私は観れませんです(笑)

明るいのを描くと凄く面白いのに、暗いのを描くと信じられないほど暗くなるので凄い監督だと思いますわ。

投稿: シバッチ | 2006.07.19 午前 11時55分

時をかける少女は見るべきですよー、私は見たばかりですが、夏アニメいや夏映画中でもダントツの面白さと思います。

「取って付けた感」そう僕等がいたはソレが鼻に付いてて、私も倍速で再生流し見してたけど、次第にはまって普通再生となった。

だんだん大地監督らしさが出てきたらどうなるか期待して継続。

投稿: くさなぎ | 2006.07.20 午後 11時06分

>シバッチさん

> 大地監督は暗いの描かせると凄いですからねぇ。
ホント、暗い方向に行ったら際限なく暗くなるんですよねー。
「今僕」はトラウマになりかけましたよ(^^;;

でも、「僕ら」はまだそこまで行きそうにない(ってか原作もあるし)から
もうしばらくは様子を見ながら視聴しますー。

>くさなぎさん

> 時をかける少女は見るべきですよー
> ダントツの面白さと思います
おお、すでに見られたのですねー。
くさなぎさんのお墨付きもありますし、安心して見に行けます♪

> 次第にはまって普通再生となった。
キッズは一番遅い放映なので、明日やっと2話目だったりします(^^;;
次第にはまって・・ってコトは、徐々に面白くなっていきそうなのかな?
その辺も合わせて楽しみにしたいと思います♪

投稿: 萌え店長 | 2006.07.22 午前 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37558/11003647

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の映画特集?:

» 僕等がいた 感想 [漫画とかドラマとかネタとかアレとか.com]
今期からアニメ化している、僕等がいた。 アニメ版の僕等がいたは、録画したけどまだ見れず。 意外に作画もよく、好評だとか? 矢野の声がどうとか、知り合いがいってたが… [続きを読む]

受信: 2006.07.23 午後 11時50分

« TVブースターとか「ちょこシス」とか | トップページ | ハウルとかー。 »